FC2ブログ
ポストハスラー候補1 カローラ
- 2019/11/10(Sun) -
ハスラーちゃんに乗って6年目。良い車です。
でも、なにせ軽自動車。街乗りは全く問題ないものの、もういい歳のドラ左エ門にとって遠乗りは結構しんどい。特に高速道路、さらには強風時の高速ではハンドルを握る手に力が入っちゃって、肩が凝ること凝ること。
ということで少し前から買い替えを検討してました。

ポストカーのドラ左エ門の希望スペックはこんな感じです。
1.最新安全装備が装着されてること。特に緊急ブレーキ、ACC、前方後方誤発進防止は必須。もういい歳なんでこれから反射神経が鈍っていくことを考えると安全装備は必須。
2.燃費が良いこと。20km/ℓ程度は走ってほしい。環境にも優しいしね。
3.大きすぎないこと。川内の道は狭い所があるんですれ違いが楽に越したことはない。加えて大きな車は最小回転半径も不利。
4.全高が高すぎないこと。横風に弱くなっちゃうし、洗車も面倒。
5.最低地上高が低すぎないこと。川内の道では動物が死んでることもあるんで、またいだ時に当たったらイヤ。砂利道や急坂もあるんで150mm程度は欲しいですね。
6.4輪駆動。坂道のアイスバーンで脱出できなくなっちゃうと命にかかわるもんね。
7.4人が乗って充分なスペースが確保されてること。

この時点でスペックを調べた車は以下の通りです。
トヨタ ヴィッツ、カローラ、フィールダー、プリウス、プリウスα
日産 ノート
ホンダ フィット、シャトル、ジェイド、ヴェゼル、グレイス
マツダ デミオ、CX-3
スズキ スイフト、イグニス

こんだけ車があるのに希望スペックに合う車って無いんですよね。なので新型車に期待してモデルチェンジを待ってました。
ところがモデルチェンジしても希望スペックに達しなかったり(シャトルなど)、モデルチェンジしなかったり(マーチ、イグニスなど)でズルズルと2年ほど…
それがここに来てやっと動き出したようです。
ということで第一段は新型カローラツーリングを検討してみました。
カローラツーリング1110
(カタログ表紙より)

中々カッコイイですよね。実はドラ左エ門、ステーションワゴンファン。昔、サニーカリフォルニアやカローラワゴンに乗ってたことがあります。
そして検討の結果です。
最新安全装備→問題無し、燃費→ハイブリッドならOK、サイズ→ちょっと大きめだけど何とか、4駆→設定あり、車内空間→問題無し。 

ところが一つだけ引っかかっちゃいました。
最低地上高が130mmしかないんです。四駆でも。これじゃムリ。
で販売店さんに聞いてみました。
Q1:最低地上高上げられませんか(心の中ではムリとおもいつつ) A:無理ですね~
Q2:(最低地上高が高い)カローラトレックって発売予定はないんですか(海外では発売されてる) A:ありません。
ところがその後のニュースによると、カローラトレックも販売検討中だそうです。でも発売になるのがいつになるか判らないんで、待ってる訳にもいかないですよね。

そしてその後の台風19号と翌週の大雨。これでちょっと希望スペックが変わっちゃったんです。
変わったのは2点。
1点目は最低地上高。 19号の大雨でそこらじゅうが冠水。道には10cmほどの石がゴロゴロ。砂利道は削れれちゃって深いワダチ跡。という状況。なので150mmほどと思っていた最低地上高はもっとアップ。高いほど良いですね。

2点目は新規項目。できればハイブリッドはやめたいと思ってます(マイルドハイブリッドはOK)。なぜならハイブリッド車ってエンジンが止まってるけどモーターで走ってる時があるじゃないですか。この時は排気ガスが出てない状態。なのでマフラーの高さ位まで水が上がっちゃうと、マフラーから水が逆流しちゃうでしょ。エンジン車でもマフラーの高さを一定限度超えたら排気できなくってエンジンが止まっちゃうらしいんですけどね。

今後、地球温暖化で台風19号並みの大雨が増える予想もでてますよね。避難するときに車は必須なんで、この2点の条件変更となったような次第です。
やっぱり命には代えられまでんから。

ということで今後の新型車(モデルチェンジ含む)に期待!
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初霜が降ったようです
- 2019/11/09(Sat) -
今朝のこと、目覚めたら”寒!”(まだ布団の中です) 手を伸ばして、温度計を見たら14℃でした。
今年一番の冷え込み。こりゃ外気温は氷点下かな?

アメダスを確認すると
アメダス1109
やっぱり。

でもアメダス設置地点より7kmほど離れていて、標高が200mほど高いドラ左エ門宅。アメダスより気温が高い時もあれば低い時もあるんです。おそらく今日はドラ左エ門宅のほうが気温が高いはず。
外気温です。
外気温1109
2℃ですね。
6時前だったんで2~3℃ドラ左エ門宅の方が高い状況。こういう時は放射冷却が起きたことが多いんです。

それでも2℃。ということは…・
明るくなってから確認したら、霜が降ったみたい。
初霜1109
初霜ですが、真っ白っていう感じじゃありません。部分的に白くなってる、っていう状況。
それでも今年一番の冷え込み。
寒い、寒い。

こういう時はストーブの前で温まるのが一番!
ストーブ1109

あー、癒しの炎でちゅ。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
稲刈りのお手伝いにいってきました が…
- 2019/11/04(Mon) -
毎年お手伝いにいってる稲刈り、今年は大雨の影響などによって遅れてしまい、やっと始まりました。
が、田んぼはこんな状況↓
水びたし1104
ドロドロ、ビチャビチャ! 水を逃がすための水路を掘ってあるけど、あまり水が引かないんです。

なんで効率が悪くって…
非効率1104
上の写真、田んぼ1枚なんだけど、水が一番引いてるのが赤枠のところ。だからそこを最初に刈るのに、赤線の下側は手で刈ってコンバインが侵入できるようにするためにひと手間。

次に水が引いてる黄色枠部分を刈るのにもコンバインが入る通路を手で刈ってから稲刈り。これでふた手間。

さらにコンバインは四隅が上手く刈れないんで、ここも手で刈る。田んぼ1枚ならば4回だけど、2回に分けてるんでプラスの手間。三手間目。

そしてコンバインが刈る直線が減って方向転換が増えてるんで時間がかかり、さらにドロドロなんで稲わらが詰まっちゃって時間が増加。
コンバインが走ったあとはこんな状態。
クローラー跡1104
最大20cmほどの溝ができちゃってます。

こんな状態なんで普段だったら1日で3~4枚ほど刈り取りができるのに、この日は3/4枚で暗くなってきてしまい終了。
こんな所にも大雨の関節被害が発生。

こちらの農家さんでは直接被害もいくつか発生。
ここは土手が崩れて下の田んぼに流入。
畦崩れと砂流入1104
田んぼの稲も端の方は埋まっちゃったようです。

こちらは沢が土手を削って危ない状態。
沢近く1104
いつもはもっと穏やかな沢なんですよ。

こっちは畦を越流した水が排水路ごと土手を削っちゃってます。
排水路損壊1104
これらを直さないと来年の稲作に影響がでちゃいますね。
たぶん川内のいたるところでこんなことになってるんでしょう。

こんな話題ばかりじゃ暗くなっちゃう!
ではキレイな光景を2枚ほど。
11月なのに蝶々が蜜をすってましたよ。
蝶1104
キチョウかツマグロキチョウか…

きれいな紅葉も
紅葉1104

さて、昨日稲刈りが終わらなかったんで、今日も今からお手伝いに行ってきます。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
B50JA8
- 2019/11/03(Sun) -
先日、富岡駅のちょっと南側に見慣れない車両が止まってました。
マルチプルタイタンパー1103
なんらかの工事関係の車両であることには間違いないんだけど… 

現在常磐線は富岡~浪江間が運休中。震災・原発事故の復旧工事の真っ最中。
だから検査車両かな? と思って調べてみたら、スイスMATISA製のB50JA8という車両のようです。
この車両、マルチプルタイタンパーという種類に分類されるようで、線路下の砂利を突き固め、線路の高さを調整し、線路の曲りの修正を同時にやっちゃう優れものだそう。
どの区間で作業をするのかは不明ですが、一般的には夜間に列車が走行していない時に作業するはずなんで、日中に出動してるっていうことは、富岡~浪江間のいづれかで作業をするのでしょうね。

今年春の発表では、秋までに工事終了、年内に試運転を開始、来年3月までに運転再開っていお話。年内といえばもう2ヵ月を切ってるんで工事の最終仕上げっていうことなんでしょう。

もう一つJR東日本さんからは、7月に特急再開も発表されてます。こちらは停車駅・再開時期は未定とのことですが、早く再開してほしいですね。

ドラ左エ門的にはJR東日本さんにもう一つお願い。終電の時間をもうちょっと遅くしてくれるとありがたいんです。
現在の終電はいわき発が20:20。上野発だと18:00になっちゃいます。これだと17時過ぎまで都内で仕事をすると、場所によっては乗れないんです。せめて19:00上野発の特急列車に接続できるように終電があるととても便利になると思います。
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カメムシ実験結果
- 2019/11/02(Sat) -
前回のブログで、カメムシ駆除・忌避剤を購入したことをお伝えしました。以前使っていた薬剤もちょっと残ってたんで実験をしてみることに…

実験方法は以下の通り。
新薬剤-”IKARIのカメムシ駆除”と今まで使っていた薬剤-”虫こないアース”を3か所の窓に半分ずつ噴霧して、カメムシの忌避状況を観察。
薬剤1102

結果は大きな違いはなかったようです。どっちの窓にもカメムシがついてました。

この実験で今まで使ってた”虫こないアース”は無くなっちゃったので、”IKARIのカメムシ駆除”を他の窓と玄関入り口に撒いておきました。
結果、こんなです。

まず当日。
噴霧してしばらくしてからサッシを空けたところです↓
当日1102
2匹のカメムシがご臨終。1匹も元気がない状態。
おおおおお、効果があるんじゃないのー!

そして2日後の玄関前です↓
二日後1102
ご臨終、もしくは動きが鈍くなったカメムシ他が4匹。
おおおおお

さらに噴霧して5日後の玄関前↓
五日後1102
2匹がご臨終、1匹が動けず。

そして今朝、6日後↓
六日後1102
1匹ご臨終。
っていう結果になってます。
むろん全て薬剤が原因とは断定できませんが、”IKARIのカメムシ駆除”なかなか効果があるようです。

ちなみにカメムシに直接噴霧してみた結果はこうなりました。
ハエ・蚊用の家庭用殺虫剤→→→→→カメムシは何事もなかったように歩いてました。
虫こないアース→→→→→同じく、何事もなかったように歩いてました。
IKARIカメムシ駆除→→→→→噴霧直後に足早になり、数秒後には壁から脱落。
(いずれも20~30秒の観察なんで、家庭用殺虫剤・虫こないアースともしばらくしたら効果がでるのかもしれません)

ドラ左エ門の結論。
カメムシを駆除するには、IKARIのカメムシ駆除が最も効果がありました。
しかも噴霧して最低でも1週間程度は殺虫効果があるようですね。

ついでに一言。
近くにIKARIのカメムシ駆除が売っていないという方、ヨドバシ.comで扱ってましたのでお知らせします。(送料無料、お値段もドラ左エ門が買ったホームセンターより安かったです)
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ