fc2ブログ
原木調達〜その7
- 2024/04/11(Thu) -
”原木調達〜その5”の続きです。
前回軽トラに積みきれなかった桜の原木、ぜーんぶ頂いてきました。
240411_原木調達7
思ったよりもたくさんありました。
薪棚が1台空いているので、次は玉切りになります。

そして”原木調達〜その6”の現場は、全身筋肉痛が1周間以上続いたので別の方法を模索中。
そうこうしているうちに、そろそろ草刈りのシーズンになっちゃいます。
玉切り、薪割り、原木調達、草刈りとやらなくてはいけないことがいっぱい。
体は結構きついけど、やることがあるってことは良いことですよね!
 
スポンサーサイト



この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原木調達〜その6
- 2024/04/02(Tue) -
前回ご報告の通り伐木した原木をいただけることになったので引き取ってきました。
現場です。
240402_01伐木現場
繰り返しになりますが田んぼに木の陰がかかっちゃうそうで伐木したそうです。
樹種はいろいろ、ドラ左エ門がわかったのはナラ、ヤマザクラだけですが、その他も半分ぐらいあると思います。
この現場も斜面、60度ほどあるでしょうか?

午前の作業でこれだけ↓
240402_02午前

午後の作業でこれだけ↓
240402_03午後
合わせて薪棚1台分ほど。
今回確保した分からは薪棚が空いてないので玉にして保存、乾燥させるつもりです。
持ってきた分は全体の1/4ほどなので、全部持ってくれば薪棚3〜4台分になりそう。
でも斜面であり、また田んぼと斜面の間に水路があり、あぜを担いで運ばないといけないのでかなり大変です。
ぜーんぶ持ってこられるかどうか?
まぁ、やるだけやってみましょうかね!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
原木調達〜その5(犬も歩けば)
- 2024/03/25(Mon) -
ドラ左エ門宅の近くで斜面の木を切り倒している方がいたのでお話したら「持っていってOK」と了解をいただきました。
だけど、その現場に入るためには別の方の田んぼを通っていくしかない。またその田んぼの畔で適当な長さに切らないと運べない。
という経緯で田んぼの持ち主の方に了解をいただくためにご連絡したところ、こちらもOKいただきました。加えて「切ったばかりの桜があるけど見に来るかい?」とのお言葉。早速伺いました。
240325_01桜原木
こんな感じでお庭の木を倒したそうです。約60cmに切ってあります。
なんでも母屋に枝がかかっちゃうんで伐木したそうです。
ありがたく頂戴してきました。
(犬も歩けば…とはこの事!)
240325_02軽トラ1台分
1回では乗り切らないので後日もう1回引き取りにうかがう予定です。

これで今シーズン空きができる薪棚は全部埋まると思われます。
あれ? もともとの斜面の原木もいただきにいかないと…

薪棚満タンで置くとこないけど、来シーズン用のストックですよね!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪割り〜その5
- 2024/03/23(Sat) -
ご無沙汰しちゃいました。
2月に入ってから雪の日が多く、降っては積り、溶けたと思ったらまた降って積りの繰り返しで野良のお仕事がほとんどできませんでした。ようやく積もっていた雪も溶けたので今シーズン5回めの薪割りです。
240323_01薪割り5
これで玉にした分は全て薪割り完了。

薪棚4本目は満タン。
240323_02薪棚4本目
あれ? 隣の棚と比べると割った薪がずいぶんと太いような…

薪棚5本目は8〜9割といったところでしょうか?
240323_03薪棚5本目

残った原木は軽トラ1台分なので、おそらく薪棚半分ほど。
すでに6台目の薪棚も1割くらいしか残っていないので、今後の使用分は薪棚1台に満たないと見積もると軽トラ1台分程度不足ですね。
ちょっと調達しないといけないです。(でも、腰がイタイ!)
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
さすが中山間地
- 2024/03/06(Wed) -
昨日から降るぞ降るぞと言っていた雪、やっぱり降りました。
240305_01積雪
積雪20cmオーバー。

実は今日はカミさんのデイサービス通所の日。
これじゃ送迎車来れないかも? もしかしたら遅れて来るかも? と考えながら雪かきを始めてしばらく。
なんと定刻に送迎車が到着(写真を撮っている余裕がありませんでした)。

運転手さんに入れますか? と聞いたら
「入れますよ」
定刻通りに出発していきました。
写真の雪の上のタイヤ痕は送迎車のものです。

20cmオーバーしたらドラ左エ門は、まず出かけません。除雪が終わるまでは。
さすが山間部のデイサービス、ビックリです。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ