トノカバー改良~その1
- 2018/06/24(Sun) -
昨年6月に完成したキャリーのトノカバー、1年後の姿↓
肌荒れ0624
肌荒れも激しく、ベニヤの継ぎ目も隙間。
ペンキだけじゃ雨や紫外線に耐えられなかったんだろうね。継ぎ目の方も乾燥したり走行時の振動で割れちゃったんだろう。

ベニヤ腐食0624
ベニヤ自体も剥離がはじまってるし、釘も少し浮いちゃってる。

補修すればもう少しは使えるんだろうけど、どうせ補修するんなら改造しちゃえ!
ということでDIYスタート。
まずは傷んだベニヤを除去。
ベニヤ除去0624
接着剤でつけたベニヤ、水やショックに強い強力接着剤をうたってただけあって、接着部分じゃなくベニヤ自体が剥がれちゃったけど、除去完了。
2×4材で作った骨格自体はまだまだ使えそうなんで、骨格はそのまま使用。

骨格にくっついたベニヤ片などの邪魔ものをスクレーパーで削り取ったところ。
ベニヤ片除去0624

骨格には補強などに使ったタッピング穴が開いてる。
タッピング穴0624
このままだと今度タッピングを打った時に効かなくなっちゃう可能性もあるんで穴埋めしなきゃね。
穴埋め材はこちら↓
とがった割箸0624
割箸ちゃんを鉛筆削りでとんがらせたもの。

接着剤を付けてから、タッピング穴に差し込んで、ゴムハンマーでガンガン。
適当なところで鋸で切断。
穴埋め0624

飛び出した割箸はディスクグラインダーで研磨。
割箸カット整形0624

以上で骨格の補修完成。
新骨格0624

前回は完成してからペンキを塗ったけど、今回はここでペンキ塗り。
塗装0624

そして骨格の上にゴムラバーを仮止め。
ラバー仮止め0624
今回は天板の取り付けに接着剤は使いません。次回のメンテナンスが大変になっちゃうからね。
代わりにゴムラバーで、天板への衝撃の緩和と天板の密着をもくろんじゃいます。

ゴムラバーを骨格の上面にぜーんぶ貼って
ラバー仮止め後0624
いよいよ天板張りなんだけど、次回のお楽しみっていうことで…
(つづく)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<トノカバー改良~その2 | メイン | 川泰のラーメン>>
コメント
-素晴らしいの一言です-
なんて仕上がりが綺麗なのかと感動してしまいますよ
そのうちにサイドバンパーとか付いてウッディー軽トラになりそう。
楽しみです
2018/06/24 08:29  | URL | まいのすけ #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: 素晴らしいの一言です-
いやいやお恥ずかしい。
素人の細工ですんで。
ただアイディアは一杯あるんで、少しずつ使いやすいものにしてきたいですね。
2018/06/24 17:15  | URL | ドラ左エ門 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/760-4d1cb8f7
| メイン |