トノカバー改良~その2
- 2018/06/30(Sat) -
前回に続き、トノカバー改造のお話。

天板張りからになるけど、今回の天板は厚さ1mmの塩ビ板。色は白。
本来ならポリカ板が欲しかったんだけど、この辺では売ってませんでした。それでも郡山まで行ってやっと見つけた塩ビ板。
ホームセンターには1mm厚と2mm厚の2種類の在庫あり。どっちにしようかなぁ~と迷った挙句、重さを優先して1mmとなりました。
当然サイズが合わないんで、カットしてから骨格にタッピングで固定。
板張り0630

タッピングと天板の間にはゴムワッシャー。
ゴムワッシャー0630
(ピンボケでスミマセン)
1mmの塩ビ板なんで衝撃を少しでも吸収できるようにすることと、雨滴の侵入防止にも期待して使用してみました。

3枚の塩ビ板をついで仮の天板張り完了。
板張り終了0630
中央部は約15cm間隔、周辺部は約10cm間隔にタッピングで固定。

最後尾は幅10mmのアルミ板を使用して、面的に骨格に固定。
最後尾処理0630
よーし! 思惑通りきれいに密着。

天板同士の継ぎ目はコーキング材を垂らして
コーキング0630

幅30mmのアルミ板で固定。
中央継ぎ目処理0630
骨格が木だからできるだけ水が入らないようにしてみました。

さて両サイドはアルミ板は使わずにタッピングだけで固定。
雨だれが逃げるようにしたかったんで。
ところが…
隙間0630
ありゃりゃ、隙間が出来ちゃってる。ベースが軽トラの荷台だから、雨が降ろうとホコリが入ろうと問題は無いんだけど…
1mm厚の塩ビ板に10cm間隔でタッピングを打ったんじゃ無理だったのね。

急遽タッピングの間隔を5cmに変更。
隙間対策0630
なんとか隙間は解消。
でもまるでハリネズミ。
ハリネズミ0630

落下防止のためのゴムバンドを装着。
ゴムバンド0630

最後に最前部の処理。
最前部処理0630
これは前回使ってたアルミL型アングルの再利用(だから2本づつタッピングを打ってる所があるんです)。
不足部分だけは新品を継ぎ足しました。

ジャジャジャーン!
完成!
完成0630

塩ビ板なんで対候性が心配なのと、1mm厚なんで割れないかも心配。
1週間ほど走ったけど、今の所は問題ありません。

トノカバーを付けてない時と比べるとやっぱり空気抵抗減ってるみたいです。
なんで正規オプションでトノカバーないんでしょうかね?
 
スポンサーサイト
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<白菜とブロッコリー | メイン | トノカバー改良~その1>>
コメント
-エンビ板?-
エンビというと波板しか浮かびませんが板も売っているんですね?
2018/06/30 22:22  | URL | まいのすけ #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: エンビ板?-
塩ビやポリカは平板もあるんです。ホームセンターだと1800mmぐらいまでしかないんですが、通販だとそれ以上のサイズも売ってます。ただ配送会社が西濃や福通なんで、震災以降川内には配達してくれないんです。
2018/07/01 06:08  | URL | ドラ左エ門 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/761-5d041539
| メイン |