FC2ブログ
パン屋さん?
- 2019/01/19(Sat) -
薪も割っちゃったし、玉にする原木もない。雪こそないものの畑は凍ってるはず。
「じゃお風呂でも行くか」っていう定番パターンで”かわうちの湯”へ行って露天風呂に浸かってたら、トンテントン、トンテントン、○×▼□●△◆……とリズミカルな音。
建築中のパン屋さん0119

そういえば”かわうちの湯”の向かい側で家建ててたみたい。そこの音だよね。
でも住宅地じゃないし? と思ってかわうちの湯の従業員さんに聞いてみました。

ドラ左エ門 「向かい側、何造ってるの?」
従業員さん 「なんでもパン屋さんっていう話ですよ」

え、パン屋さん! うそっ! スーパーもない村にパン屋さんができるの?(*´∨`*)
凄いじゃん。

実はパン、結構大変だったんです。
食パンや菓子パン・調理パンは村のファミマで売ってるけど、一番困ってたのがバケット。
20km以上走って船引のスーパーに行かないと売ってないんです。しかも在庫が少ないからわざわざ買いに行っても売り切れ、なーんていうこともあって。 

ピザとかナンも売ってるパン屋さんだと嬉しいし、もっと贅沢言えばケーキなんかもあると良いね。
さぁて、どんなパン屋さんができるんでしょうか?
期待してますね。

ちなみに別ルートからも建築中の建物はパン屋さんっていう情報がありましたんで間違いないと思われます。
暖かくなる頃にはOPENするらしいですよ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
富岡は建築ラッシュ
- 2019/01/06(Sun) -
富岡町の放射線量が比較的低い地域で、避難制限が解除されて1年8ヵ月。町は徐々ににぎわいが出てきてる感じ。でも昔に比べればまだまだっていう状況。
そんな富岡町、除染は一部を除いて終了。家屋の解体は現在でも進行中。でもそれよりなにより目立つのは建築ラッシュ。
今日はそんな状況をお届けします。

今回いくつかの物件をご紹介してますが、駅近から順に並べてます。
最も近いのが消防詰所。約200mっていう所でしょうかね。
消防詰所0106
もうちょっとで完成しそうな感じ。
建物の左側には防火水槽が埋められてるみたい。

ここも約200m。レンタカー屋さん。
わんわんレンタカー0106
自動車が見当たりませんけど、ここは去年12月に既に営業を開始。
似たような名前でワンワンレンタカーとかわんわんレンタカーとかありますけど、ここは”わんわんれんたかー”。全部ひらがなです。お間違いないように!

お次はアパート。駅から500m前後でしょうか。
アパート0106
実はアパートはこのほかにもいっぱい建築中。すでにできてるアパートも結構あります。
ただ残念なのは復興・復旧に携わる方が主な入居者なんで、一時的な需要っていう所。
それでも、住人ができる→飲食店や商店ができる→住人が増える、っていう循環になってくれれば良いですね。

お次は800mほど。
この建物、なんだと思いますか?
フィットネスクラブ0106
こうやってみると一般住宅のようですが、違います。
中央ちょっと右寄りにあるプレート、拡大してみました↓
プレート0106
”ラフィットとみおか”って読めますよね。
そうなんです。フィットネスジムなんです。
建物はすでにできてますけど、営業は今月(2019年1月)からとのこと。さすが富岡、民営のジムができるなんてすごいですね。

駅からちょっと離れて3kmほど。
巨大建築物が出現。
ホテル0106
こちらは今年4月にオープン予定の”蓬人館”さん。7階建て195室の大浴場付ホテル。
いやー立派なホテルですよね。

こちらは駅から約8km。
アスファルト工場0106
あれ? なんか作ってるぞ! って思ったらいつの間にか大きなプラントが出来ちゃいました。
さて何なんだろうと思って付近を探検してみたら、常磐自動車道 楢葉~双葉舗装工事っていう看板があったんで、おそらくアスファルト製造プラントなんでしょう。

このほかにも個人のお宅やら、事務所らしき物件も工事中です。
活気が出てきた富岡、今度は定住人口が増えるといいですね。
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
富岡町オーバーパス
- 2018/12/29(Sat) -
今年の3月以来のご報告。
3月は送り出し工法での橋桁設置工事の途中まででした。その後橋脚間をまたいで橋桁が無事設置完了(すみません。写真なしです。)。

しばらく工事に進捗が無かったんだけど、10月に入って動きが…
海側から見た所です↓
10月土盛り開始1229
右端のユンボの隣にある壁みたいのが、3月にご報告してた橋脚。中央から左にかけての白い巨大な建物は減容施設。
その減容施設の手前で土盛り開始。

11月にはJR側から見てもわかる高さになりました。
11月反対から1229

橋脚にも動きあり。
11月橋脚1229
足場が組まれて鉄筋を入れてます。

12月に入ったらこんなに高くなりました。
12月上旬1229
JR側にもスロープができて重機が出入り。

橋脚は型枠ができてます。
12月上旬反対から1229
橋桁の上には転落防止柵みたいなものまで付きました。

そしてこれが年内最終型(だと思います)。
12月下旬1229

オーバーパスの工事は徐々にですけど確実に進んでるんですが、道路の方はまだ見たいですね。
どんな街並みになるんでしょうかね?
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぶどうの防寒対策
- 2018/12/24(Mon) -
昨年に引き続きワイン用ブドウの防寒対策に行ってきました。
今年は2回お手伝いするつもりだったんだけど、最初の日は突然の雪で中止。なので今年は1回のみのお手伝いになっちゃいました。
朝8時頃、現場到着。
絶景1224
この日は霧がかかってて、徐々に晴れだしたとこ。
右隅には山の間に霧が見えてるでしょ。

そして久々の圃場。目に入ったのがコレ↓
ベニヤハウス1224
大きなルービックキューブ?

近くで見ると正面に大きな扉。
ベニヤハウスアップ1224
これが噂のベニヤハウスっていうやつなんでしょうね。
中はどうなってるのか、ちょっと興味がありますねぇ。機会があったら見せていただきましょう。

さて肝心のぶどうちゃん。
こちらが対策が終了した所。
防寒終了部分1224
ほとんど終わってるみたい。

でもどこで作業いてるか判らないんで、散策してたらぶどうが随分と成長してるじゃん。
大きくなったぶどう1224

そしてこの後は昨年と同じ作業。
プチプチを巻いてから、その上にアルミ蒸着シートシートを巻き付けていく。
(昨年の作業)
夕方までかかって、残っていたぶどう全ての防寒対策が終了しました。

まだ飲めないワインですけど、ワインができたら美味しくいただけそうですね。
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
県道36号線 拡張工事(ほぼ)完了
- 2018/10/14(Sun) -
ちょっと前のことですが、富岡町と川内村を結ぶ唯一の道路「県道36号線(小野富岡線)」、またの名を「県道112号線(富岡大越線)」の一部拡張工事が完了。
これでまたまた便利になりました。

キャリーちゃんのドライブレコーダーの画像を交えてご報告しまっす。
今回は富岡側から川内っていうルート。
富岡側から幅の広い道路を通って滝川ダム横の最後のトンネル「滝川トンネル」の出口。
滝川トンネル出口1014
ここから左に登り急カーブ。
ヘアピン的なカーブをいくつか抜けると、富岡町と川内村の境の橋。
富岡川内境1014
ここからさらに急カーブをいくつか抜けると、また幅の広い道路に。

そこを数百m走ったところが拡張区間の東端。
完了区間始点1014
ちょうど小屋のあるあたりから先の2kmちょっとが広くなりました。

工事中はこんな感じ。
始点付近1014
薄緑のユンボ、ひとつ前の写真の黄色のユンボとほぼ同じところにある感じですね。

拡張区間中ほどにあった橋のあたり。
橋付近1014
こっちはちょっと手前に側道ができてこんな風になりました。
橋付近1014

そして一番川内側。
完了区間終点1014
この先は去年開通した鍋倉トンネルにつながってます。

道が良くなったんで富岡までの移動時間が短縮。
順調に流れてる場合どうしで比べて1~2分。これはカーブが緩やかになり車速がUPしたため。
でも改良前は大型車がすれ違えなかったんで、ダンプやトラックが集中しちゃうと複数個所で渋滞。10分ほど余計に時間がかかったことも。

ただし滝川トンネルから川内方面への2km弱はまだ大型車がすれ違えません。
ここはいつ工事が始まるんでしょうかね?
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ