fc2ブログ
室外機の日除け
- 2023/08/01(Tue) -
今年の夏は暑いですね〜。アブもブンブン飛んでるし雑草も伸びるのが早い。
高原のドラ左エ門宅でも30℃を毎日のように超えてます。熱中症も怖いのでエアコンも例年になく使っている気がします。ところがこのところの電気代の高騰、少しでも抑えるため、ひいては地球のため、エアコン室外機に日除けをつけようとDIYしました。

まずは天井部分の木枠。
230801_01天

さらに南側に枠を拡大。
室外機に乗っけるとこんなです↓
230801_03前枠

強度がちょっと不安なので、斜めに補強材をつけました。
230801_04補強
これで枠は完成。

枠に遮光ネットを張ります。
230801_05遮光ネット

これだと乗っけてるだけなので強風が吹けば飛んじゃうかも?
なのでベルトで固定します。
230801_06固定用ベルト
このベルト100円ショップで調達したスーツケース用のベルト。
2本あるのは1本では室外機の外周より短いため、2本連結して固定します。
230801_07完成
じゃーん! 完成!

ちなみにベルト以外は我が家にあった端材なので、総費用は220円也。
気休めかもしれませんが、やることはやったぞ!
 
スポンサーサイト



この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パレットデッキ〜その4
- 2022/12/25(Sun) -
寒い日が続きますね。
雪が降っていなくって、しかも積もっていないときだけしかDIYができないのでパレットデッキの完成が遅れちゃいましたけど、ようやく先程完成しました。
前回の続きになります。

1✕4材をパレットデッキのサイズに合わせてカット、塗装しました。とりあえず前後分だけです。
221225_01前後枠塗装

うち手前の1✕4材を取付。
221225_02前枠取付
なんでこれをつけたかというと、パネルを敷くための外枠にするためです。
パネルを敷くのはパレットのままだと凸凹があるし、パレット板は目が荒くガサガサしてるし、節穴も開いてたりするので、まぁボロ隠しです。

使うパネルがこちら↓
221225_03パネル
ダイソーさんで1枚200円。9✕7の63枚使用しました。これの入手がちょっと面倒。お店で頼もうとしたら取り寄せ不可商品で、しかもお店でも1回に40枚までしか発注できないのだとか。結局60枚をオンラインショップで、3枚をお店で購入しました。
こういう商品なので使うときは数十枚まとめて使うと思うのですが、必要数をお店で確保できないのはなぜなんでしょうかね?

1枚が30cm角で隣のパネルと接合するためのジョイントがついてます。
221225_04ジョイント

このジョイント、端になる部分は不要なので丸鋸でカットしました。
221225_05ジョイントカット

パネルを取り付けた枠に合わせて並べ、後ろ側の枠も取り付け。
221225_06後枠取付

左右の枠と隙間を埋める材料の作成です。
221225_07左右枠作成
奥の長いのが左右分のうちの1枚(もう1枚別にあります)。手前の短いのが隙間を埋めるためのものです。

塗装して取り付けて完成。
221225_08完成

どうにか年内間に合いました。
目下の懸案は風で飛ばされないか? 地面に固定してないのでちょっと心配ですが今の所問題なしです。

田舎暮らしといえばウッドデッキはつきもの。なので勢いで作ってみたのは良いけどあまり使わないような???
(春から秋にかけては虫がたくさん出てくるし、冬は寒いし…)
 
この記事のURL | DIY | CM(4) | TB(0) | ▲ top
パレットデッキ〜その3
- 2022/12/11(Sun) -
パレットデッキ製作ですが、土台部分が組み上がり、段差縮小のためのサイズ調整も終わったのでいよいよ設置です。
でもその前にやっておかなきゃいけないことが一つ。
防草シートの設置です。デッキの下はメンテナンスが大変なので防草シートを敷くことにしました。

まずは沓石に合わせてシートをカット。
221211_01沓石切り込み
どうやってカットするか悩んだんですが、結局沓石のサイズを紙に書いて防草シートに貼り付け、線に沿ってカットしました。

防草シート用の留め具とピンを使って地面に固定。
221211_02防草シート完了
10年ほどは大丈夫だそうです。
ちなみに防草シートってどういう原理で草が生えてこないようにするんだか気になったのでちょっと調べてみました。
結果高い遮光性で光合成を阻害し草の発生を防ぐんだそうです。そういえば水溶性の除草剤も光合成阻害剤が主成分ですね。

いよいよパレット設置です。でも上からコーススレッドが打てません。パレットなんで上がふさがってるもので。
なので土台の木材にL金具を先に固定。
221211_03L金具取り付け

ここにパレットを置いて、パレット下に潜り込んで固定する羽目に…
さらにお伝えしたようにパレットが歪んでたりの影響で土台との間に隙間ができちゃう。
対策としてこうなりました。
221211_04重し
パレットに重しを載せて土台との隙間を無くしてから下に潜り込んで固定です。

221211_05L金具ビス止め
二人いれば、一人が抑えて一人が固定、となるんですが、一人作業って思わぬところで手間がかかっちゃいますね。

これでパレット設置完了です。
221211_06パレット設置完了

でもこれで完成じゃないですよ。
これから仕上げに入ります。
最初に段差確認。
221211_07段差
多少の段差はガマンするとしても大きな段差は無くしておきたい。確認したところ4mm以上の段差がある部分が3箇所。

その3箇所はゴムマットを敷いて段差を縮小することにしました。
221211_08段差縮小ゴム
お金かけないと色々手間がかかります。

いよいよ最終工程に入るんですが、このところお天気が不安定。雪が降ったり、雨模様だったり。
昨日までの天気予報では作業ができそうな感じだったのに、今日も雨が…

いつになったらできますかね??
 
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パレットデッキ〜その2
- 2022/11/26(Sat) -
あいも変わらず時間を見つけてはパレットデッキを作ってます。
今日は天気がよろしくないので作業は中止、今までの進捗のご報告です。
前回はこちらから。

今回はパレットの整形から。
パレットは9枚使用、3✕3枚ですが、どう考えてもデッキの下には雑草が生えてきそう。なので中央の1枚はメンテナンスように取り外せるように作ります。
取り外すためには他のパレットより若干小さくしないと…
ということでパレットの各辺を5mmづつカットしました。
221126_01部分カット
赤線のラインにそって切り込みがあるの判りますか? 丸鋸で切り込みを入れた跡です。パレットをひっくり返して反対からも切り込みをいれて切断しました。

同じく取り外しを容易にするため持ち上げるための手がかりとして小さめの穴を2箇所あけてます。
221126_02穴あけ

そして中央列の3枚に補強材を入れます。
221126_03補強
土台の構造上奥の列と手前の列は支えになる2✕4材を入れましたが、中央のパレットを外せるようにしたので中3枚は支えになるものが無いので補強しました。

次は土台になる木材の塗装です。
221126_04土台塗装

この塗料を使いました。
           221126_05塗料
水性のステイン。やっぱり防腐処理しておかないとね。

これでやっと土台の組み上げです。
221126_06土台
水平出しながら沓石に設置。コーススレッドで固定しました。

これで土台完成。
221126_07土台完成

ここで改めてパレットを仮置。
221126_08仮置
いい感じです。

でも近くで見るとボコボコ。
221126_09パレット厚誤差

原因はいくつかあります。
1.パレット自体のサイズ違い。しょせんパレットなので数ミリの誤差があるんです。
2.パレットの歪み。雨ざらしになっていたので、歪んでるものも。
3.土台の角材の歪み。購入してから数年経った角材なので少し歪んでるものも。
プラパレならパレット自体の歪みはほとんどないのでしょう。まぁ仕方ないですね。

パレットサイズ違いの例です。
221126_10パレットサイズ誤差
構成材の厚みが5mmほど違ってる。

できるだけ段差を無くすため、パレットを加工しました。
221126_11調整
それでも誤差は残ってますが、やむを得ません。

そしてパレットの塗装。
221126_12パレット塗装

今回はここまでになります。
この後、組み上げて行くことになります。
やっと半分程度といったところでしょうか? どんなものができることやら?

つづく。
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パレットデッキ〜その1
- 2022/11/15(Tue) -
しばらくご無沙汰しちゃいました。実は11月に入ってから天気が良い日が続き、ブログ更新の時間を惜しんでDIYに没頭してました。今日はあいにくの雨模様なんで、キリの良いところまでご報告します。

先日頂いたパレット、9枚の残りがあるので、これを使ってウッドデッキ的なものを作ったろう! という趣旨です。名付けて”パレットデッキ” パレットなりの苦労はありますが安くあがりそうです。

まずはデッキ予定場所の草取り。
221115_01草刈り
三角ホーで草を削ぎ落として予定地整備。

最初に悩んだのがどうやって水平出すか、という点です。
結局これが一番カンタン確実ということで、こんなものを作りました。
221115_02高さ合わせ板

使い方です。
221115_03使い方
母屋の基礎の上の張り出しに当てて沓石の高さを一定にする作戦。母屋が斜めになっていないことが前提ですが。

でも母屋の基礎から離れたところはこの作戦が使えません。
221115_04範囲外水平出し
こういう所はトラディショナルに水準器つかってます。

そんなことを繰り返して沓石を仮置。
221115_05沓石仮置

この沓石の上に角材を載せます。
でも沓石上の角材だけだと歪んじゃうんで縦横に組む必要がある。なので角材に切り込みをいれます。
まずは丸鋸で1cmほど間を開けて切り込み。
221115_06切込作成

この丸鋸跡に沿ってノミで切り込み。
221115_07削り取り

切り込み作業完了です。
221115_08削り取り終了

沓石の上に角材を置いて、パレットを仮置してみました。
221115_09パレット仮置

おー、いい感じ!
でもこれからが大変です。

つづく。
 
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ