FC2ブログ
たまちゃん お掃除範囲拡大~その2
- 2021/06/18(Fri) -
たまちゃん(ロボット掃除機です)にお掃除してもらいたいけど、無理だった所がもう1か所残ってました。
ソファーベッドの下です。
210618隙間無し
ほとんど隙間が無いのでたまちゃんが入れません。

このソファーベッド、川内に移住した時にリサイクルショップで購入したもの。
210618旧ソファーベッド

なんでカバーを掛けているかというと、合成皮革の継ぎ目がさけちゃってるんです。
210618破れ有り
「いずれ交換しなきゃ」と思ってたんで、たまちゃんの活躍の場を広げる為にも入れ替えることにしました。

新しいのはソファーベッドじゃなく、2人掛けのソファーです。
210618新ソファー
カミさんが病気になっちゃったんで、大人数のお客さんに泊まっていただくこともできないので、小ぶりのソファーにしました。

床からの隙間は約10cm。
210618隙間10cm
これならたまちゃんも潜ってお掃除ができるはず。

たまちゃんは掃除範囲を拡大する場合、古いMAPを削除して、新しいMAPを作ってあげないといけないんです。
ただMAPを作るにあたってはイスやクズカゴなどの邪魔になりそうなものをどかしたり、ストーブ周りに物理的に進入できないようにしたりとちょっと面倒。だからたまちゃんのMAPを作り替えるのは明日の予定。
 
これが完了したら、たまちゃん・てんちゃんの当面のエリア拡大は完了です。
たまちゃん・てんちゃん頼りにしてるからね。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
たまちゃん お掃除範囲拡大
- 2021/05/31(Mon) -
” Kyvol E31”の高さが7.24cmなのに対して”たまちゃん”の高さは9.3cm。だからいくつか入れない場所が出てきちゃいました。
そのうちの一つがカミさんのベッド下。ここは面積も広いのでやっぱり掃除できるようにしないといけません。

ところで” Kyvol E31”にも名前をつけることができました。たまちゃんは初期設定中に「名前を付けてください」という工程があったのですぐ気が付いたんだけど、” Kyvol E31”は設定中にそれが無かったので気が付きませんでした。
そしてつけた名前が”てん”です。
210531てん
いろいろ考えたけど”たま”とバランスが良くて、性別がニュートラルで、かわいい感じ、ということで決定しました。

さて現状のベッド下の高さは約8cm。
210531210531H81mm
ということで約2cm上げないと掃除ができません。

最初は2×4材でも敷こうかと思ったけど、木材は劣化するし、地震でズレたりすることもありうるのでコレにしました↓
防振パッド
厚さ2cmの防振パッドです。30cm×30cmのパッドをカッターナイフで15cm×12cmにカットしました。
210531カット

あとはベッドの脚の下に敷けばいいんだけれど、作業できるのがドラ左エ門一人しかいません。ベッドの重さは約80kg。どうしようかと考えた末、こうなりました。
210531一人作業
てこに使ってるのは斧の柄、傷んだので取り替えた物。ベッドに傷をつけないようにタオルを巻いて、床は冊子で養生。エイヤ!と持ち上げた後に端材をかまして高さを確保。それから防振パッドを差し込んでます。

パッドを敷いた後は10cmオーバーの高さを確保できました。
210531100mmオーバー

たまちゃんのお掃除結果です。
210531ベッド下掃除

マップを見てもくまなく掃除してくれてます。
210531掃除結果
たまちゃん、これからも頑張ってね!

ちなみにたまちゃんは現在昼寝中です。
210531睡眠中
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
たまちゃんの水拭き
- 2021/05/29(Sat) -
たまちゃん(ECOVACS DEEBOT N8+)のマップ作成時は、バキューム清掃でした。今度は水拭きしてみました。
たまちゃんは掃除機前方でバキュームして、後方で水拭きをするっていう器用な掃除機です。
210529ダストボックス
だからダストボックスは上部から引き抜く感。
もちろん水拭き専用機ほどきれいになるとは思ってませんが、これは便利!

まずはタンクに注水。
210529注水

モップツールはこんな感じ。
210529モップツール
上の濃い青のモップは洗って繰り返し使うやつ。下のストライプは使い捨てタイプ。
グレーの板がモップ装着台。

今回は使い捨てモップを台に装着して、タンクにセットしました。
210529使い捨てモップ

さらに掃除機本体に取り付けます。
210529装着

カーペットの部屋は掃除されちゃ困るし、水拭きするにあたりチェアーや屑籠など床に直接おいてあるものは邪魔になるので他の部屋に退避。そしてリビングダイニング・玄関廻り・洗面廻りだけを水拭きします。

ここで役に立つのがMAP。
通常こんな色合いです。
210529指定前マップ

掃除したい部屋をタップすると色が変わり指定済みに。
210529指定後
このように指定してからスタート。

デフォルトの水の出具合です。
210529拭いた後
しばらくすると室温でも乾くぐらいです。

侵入禁止としたエリアを回避して掃除します。
210529進入禁止エリア

こちらが清掃結果。
210529清掃結果
何故か判りませんが一部飛ばしちゃいました。
上の枠はマップ作成時に小さなカーペットがあった部分。斜め線が引いてある所です。これを認識したのかもしれません。
右の枠は、掃除を飛ばした理由に思い当たる節がありません。

ともあれ掃除したいのでカスタム清掃を実行。
マップ上から掃除したい部分を枠で囲います。
210529カスタム

これで清掃開始にすると、この部分だけ掃除してくれます。””Kyvol E31”には無かった機能です。
210529カスタムエリア清掃

掃除が終わってモップを見ると…
210529使い捨てモップ
キタナーイ!
水拭きも役に立ってくれそうですね。

さて、たまちゃん結構な実力だと思います。
ダイニング部分の走行記録です。
210529清掃ライン
とても無駄のないルートを選んでます。
まずは周辺を走行して、次に内側を走行します。同じ場所はほとんど走行しません。
中央の青い線はダイニングテーブルの脚。ぐるっと回り込んで清掃しました。

日本語はしゃべるし、部分掃除もできるし、長ーい直線だとスピードを上げて掃除してくれます。
充分役に立ってくれそうな予感がします。

それにしても6万円弱でこの機能です。15万円近くの掃除機だともっともっとすごいことができるんでしょうかね?
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT N8+ マップ作成
- 2021/05/28(Fri) -
"ECOVACS DEEBOT N8+"が到着しました。
210528DEEBOT到着
デカイ!

開梱して取説に従ってブラシ等取付の小組立。
アプリをダウンロードして、指示に従って進めると準備完了です。
でも出来るだけ早く変更しておいた方が良いのが言語。デフォルトでは英語になってました。

”ECOVACS DEEBOT N8+”は”Kyvol E31”と違ってMAPに従って動作するので、最初にMAPを作らないといけません。と言っても一部を除けば普通に掃除するだけ。
早速掃除開始。
210528清掃開始

掃除しながらMAPを作っていきます。
210528マップ作成中
青○が現在位置、白い線が走行軌跡。
下の放射状の青いエリアは反射波が帰ってきてないので障害物を検知できてないエリアなのでしょう。

家具下も入り込んでくれました。
210528家具下
ただ”Kyovol E31”よりは背が高いので、一部のエリアは進入できません。そのうち手を打たないといけませんね。

MAP作成の留意点がコチラ↓
210528進入禁止ゾーン
進入禁止エリア設定はMAPから行うけど、現在MAP作成中。つまりどこでも入っちゃいます。なのでドラ左エ門はストーブ周りに物理的障壁を配置して進入を防止しました。ちなみに使ったのは鉄パイプ・コンテナBOX・杖です。

そうは言っても落下防止センサーは機能してるんで玄関から転がり落ちることはありません。
210528落下防止

1階部分を一通り掃除して、充電台に帰還。
210528充電台帰還

最後に掃除機内部ダストボックスのゴミを自動収集機に移送して完了。
210528ゴミ移送

完成したMAPがこちら↓
            210528完成MAP
AからHのアルファベットと色は掃除機が自動的に付与してくれます。
ここからMAPのカスタマイズです。

まずはエリア指定。
            210528エリア設定
赤点線で囲った部分は進入禁止エリア。薪ストーブがある所です。
黄色点線で囲った部分は水拭き禁止エリア。カーペットが敷いてあります。

そしてエリア統合・分割とアイコン指定。
            210528カスタマイズ
完成時のMAPと比べてくださいね。
例えば完成時にはA・Bとなっているところを一つのエリアに再設定します。ここはカミさんのベッドがある部屋なのでベッドのアイコンを入れてみました。

さらに”ECOVACS DEEBOT N8+”には恐るべき機能が付与されてます。見てください↓
210528名前
”たま”ってありますよね。
実はロポットに固有名詞を付与することができます。ドラ左エ門は”たま”と名付けました。
以降、たまちゃんと呼ぶことにしますので、ご了承くださいませ。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
2台目
- 2021/05/26(Wed) -
ロボット掃除機とっても便利です。
2階部分の虫掃除のために導入したんだけど、とっても良いんで運んできて1階でも使ってます。でも2階では十分な働きをしてくれる”Kyvol E31”だけど、1階では力不足が目立つんです。ストーブの周りに入らないように障害物を置いて掃除したり、部分的にカーペットがあるので水拭きができなかったり、MAPの精度に限界があるのでやり残しがあったり…
元々、1階用にもう1台導入するつもりだったけど、速攻導入することにしました。

数千円から20万円近くするロボット掃除機。”Kyvol E31”が約2.3万円だったので、それ以上のお値段としても、いったい何機種あることやら? いろいろ検討はしましたがすべての機種を比較するのはムリなので、代表選手をピックアップして検討開始。
希望スペックは、こんな感じ。
1.E31に比べてマップ精度が高いこと
2.薪ストーブがあるので磁気テープによらない進入禁止エリア設定ができること
3.お値段が高くなりそうなので、アフターケアがきちんとできること

脱落した順番でご紹介していきます。
まず最初に検討したのが”ルンバ i7” 
210527ルンバi7
ロボット掃除機と言えばルンバと言えるほどの信頼を勝ち得たルンバですが、やっぱりお値段もそれなり。信頼度は最も高いのだけれど、お値段も高い! これが原因で脱落決定。

次に脱落したのが”Kyvol S31” 
210527s31
ドラ左エ門が購入したE31の兄貴分といった感じの掃除機です。
ところがS31は不思議が一杯。Yahooや楽天では売っているものの、Amazonや家電量販店では販売してません。でもアメリカのAmazonでは売ってる(しかも結構評判は良いみたい)。
さらにKyvolの日本向けホームページにも取り扱いが無いんです。
ムムム… これは怪しいと思ったドラ左エ門、Kyvolのサポートに問い合わせてみました。が全く音沙汰がありません。
ということで脱落となりました。
お値段とスペックからは結構いい線いってたんですが残念!

次の検討対象が”Proscenic M8 PRO”という機種。
210527Proscenic M8 PRO
これは日本のAmazonでも売ってます。でもサポートが心配だったので、窓口に問い合わせ。こちらも音沙汰無しで脱落しました。

そして残ったのが”ロボロック S5 Max”
210527ロボロックS5MAX

と”ECOVACS DEEBOT N8+”
210527ECOVACS DEEBOT N8プラス

ロボロックのほうはヤマダ電機さんが店頭販売をしている機種なんでサポートはバッチリのはず。カタログもヤマダ電機さんにあったので、カタログにあったカスタマーサポートに電話してみました。ちゃーんと電話にでてくれ、きちんと応対してくれました。サポートは合格点間違いなしです。

エコバックスもヤマダ電機さんにカタログが置いてありましたが、カタログには”ECOVACS DEEBOT N8+”は掲載無しです。こちらはAmazon専用モデルだそうです。エコバックスはお客様相談センターがあったので、そちらに電話問い合わせしたところ、こちらもバッチリ回答いただきました。充分サポートしてくれそうです。

さてどちらにするか? ロボロックは約5.8万円、エコバックスは約7.5万円。でもエコバックスのほうは自動ゴミ収集機が付いてるんです。他の機能の差は実際に使ってみないと判らない感じ。
どうすべー、どっちにしようか、と悩んでいたところとんでもない解決策が発生しちゃいました。なんとAmazonさんがタイムセールを開催して、エコバックスのお値段が56,100円になっちゃいました。ということで速攻導入決定です。

ちょっと”ECOVACS DEEBOT N8+”を、導入済みの”kyvol E31”との比較感でご紹介しておきます。右側が”kyvol E31”です。
 ナビゲーション 光学式D-ToFマッピング(光の反射時間による距離測定)===ジャイロ
 進入禁止エリア設定 アプリ上から指定===磁気テープ
 自動ゴミ収集機 付属===無し
 拭き掃除 バキュームと拭き掃除同時===バキュームまたは拭き掃除どちらか
 カーペット 拭き掃除の時は回避===拭き掃除の時はカーペットを撤去
 作動音 日本語で発信===電子音で発信
随分と高機能になった感じがしますね。

これが検討した機種の比較表。
210527比較表
参考になれば幸いです。

”ECOVACS DEEBOT N8+”は使ってみてご報告しますね。
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ