FC2ブログ
台風19号被害
- 2019/10/14(Mon) -
台風19号、すごい雨でしたね。
ドラ左エ門宅はほとんど被害はありませんでした。唯一、停電したんですが2時間ほどで復旧。購入したカセットコンロをのボンベを少し使っただけですみました。
ご心配いただき、ご連絡くださった方に御礼申し上げます。

雨が激しくなってきた12日の夕食後、会社から呼び出し。手に負えないんで富岡の仕事場まで来てほしいとのこと。
大急ぎで出発。
いつも使ってる県道112号線の川内村中心部へ通じる道はすでに大雨で通行止めのはず。なのでう回路を通ったらこのありさまです。
12夜う回路1014
車の中からなんで不鮮明なんですが、道路が川のよう。

やっとう回路を抜けたら、あっちでも冠水、こっちでも冠水。
それでもわが車はハスラーちゃん。最低地上高も高く4WDなんで前進あるのみ。国道399号を進んでいくと、あれ?行き止まり?
いつもの道のはずなのに? 脇道なんかなかったはず。
場所は国道399号、川内村役場の対岸のあたり。やむを得ずUターンすると人がいるんで、確認。
ドラ左エ門 「崩れてますか?」
Mr 「今から通行止めにします」
えー、もうちょっと早く通ってたら巻き込まれてたかも!
(余裕がなくって写真が取れませんでした)

そこを迂回して国道399号を富岡方面に進行すると、お巡りさんが停止合図。
なんでも富岡に通じる道が土砂崩れで通行止めだそうな。他の道を聞いてみても国道399山越えルート、国道288双葉町周りもダメ。お巡りさん曰く「不要、不急の外出はしないでください!」
ドラ左エ門の仕事内容を説明したら「不要・不急」ではないと判ってくれたらしく、唯一可能性のあるルートを教えてくれました。
川内→小野→国道49号→いわき→国道6号→富岡。高速道路はすでに閉鎖中で、教えてくれたルートも今はどうなってるか判らないそうです。
ドラ左エ門も迷ったんだけど、そのルートだと通常で2時間超。この天候・道路状況だと4~5時間はかかりそう。ここに来るまでも至る所が冠水、山崩れ発生の状態なんで、会社に説明して仕事場へ行くことを断念。何とか家に帰りました。

翌日になってインターネットを駆使して道路状況を調査。もしかしたらお巡りさんが土砂崩れで通行止めと言っていた川内→富岡のルートが通れる可能性が最も高いと判断。
朝、7時に仕事場へ出発。
まず目にしたのがドラ左エ門が住む集落の川。
前谷地土手1014
コンクリ積みの土手が崩れちゃって道路が崩壊、通行止め。
いつもの通勤路は大雨で通行止めなんで、昨晩通ったう回路へ。こんな状態があちこちで↓
13朝う回路1014
山から土砂や小岩が流れ出ちゃって道路を覆っちゃってます。
今も山から水が出てる。
昨日の夜、ここを通ったわけだけど、無事で良かったぁ。

国道399号の土砂崩れがあった場所は通行止めのバリケード。迂回して、富岡へ通じる道路へ入ると、お巡りさんもいないしバリケードもない。これは行けそう。
で、その道もこんな状態でした。
崩落11014

崩落21014
なるほど小規模ではあるけど土砂崩れ。
あの雨じゃお巡りさんも通って良いとは言えないよね。

他に目にした光景は、
田んぼの中に倒木。川があふれて田んぼまで流木を運んじゃったらしい。
道路の一部陥没。水が道路下を削っちゃった。
田んぼの畦崩れ。高低差がある田んぼでは畦が崩れ、田んぼがエグレている所も。

聞いた話では、
インターネット回線不通。光電話も通じないようです。
道路崩壊。これは程度が不明。

おそらく至る所でこんな状態になってるんでしょう。
でも幸いなことに川内では死者は出てません。知人ではケガもないようです。
これだけは幸いですね。

最後に台風19号の被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
一刻も早く復旧できますように。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
台風19号接近中
- 2019/10/12(Sat) -
台風19号がヤバそうです。
なんでも過去最大級の勢力と大きさを持っていて、雨・風ともに非常に激しい模様。
先日千葉県に大きな被害をもたらした15号。その被害状況を見ていると進路に当たる地域では、それなりの準備が必要。
と思っていたら10日の進路予想がこんな状態。
進路予想10日1012
(気象庁HPより)
13日午前3時過ぎ、おそらく川内村のちょっと西側を通過の模様。
台風は進路の東側の方が雨風ともに激しいんで、かなりヤバイ。

ドラ左エ門宅も一応準備しました。
<飛びそうなもの>
まずは一輪車。普段は外に出しっぱなしだけど、倉庫内に移動。園芸用支柱も倉庫に。
一輪車ほか1012

いつもは立てかけてあるパレットも横倒し。、薪子ちゃんもパレットの下に入れて飛ばないように。
重石1012
鎌と植栽シャベルも倉庫にしまいました。

<停電対策>
15号では大規模停電が発生。復旧にかなりの時間を要したわけで、オール電化のドラ左エ門宅では停電したら大変。
まずは水。これは買い置きがあるんで数日はOK。
食料は今から追加購入しに行こうかと。
暖房は薪ストーブなんで心配なし。
照明は、塩で点灯するランタン、なるものを買っておいたのでこれもOK。

あとは煮炊きの燃料。
真冬ならいざしらず、今の時期一日中薪ストーブは焚けないのでストーブ調理はムリ。バーベキューセットと炭はあるものの、これでずーっと煮炊きを続けるわけにはいかない。こんな時に頼りになるのはカセットコンロ。ということでボンベを追加購入。
ボンベ1012
本当はこんなにたくさん買うつもりはなかったけど、3個で660円というグッドタイミングのセールをやってたんでまとめ買いしちゃいました。
これで数日はしのげるはず。


幸いドラ左エ門宅は山影になっているし、周辺には防風になる木も生えてるんで風は弱まってくれると思うんだけど、ハウスのビニールは外せなかったんです。実はこれが一番心配。

あとは雨。
予報では川内村は300mmオーバー。
気象庁の「今後の雨」を見てもこんなです。
今後の雨1012
これも幸いなことにドラ左エ門宅は緩やかな傾斜地にあるんで、大水が出ることはない。
でも雨で土盛りが流されたりする可能性はある訳で、こっちも気がかり。

川内村に限らず、まだ稲刈りが終わってないところも結構あると思います。
こっちの被害も気がかりですね。
なるべく小さな被害で済みますように…
 
追記
明日のブログ、お休みします。
台風のせいで、お仕事になっちゃいました。
これが最初の被害?
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふぅ
- 2019/10/06(Sun) -
タイトルの”ふぅ”っていうのはカフェで、ふたば未来学園の中にあります。
学校の中にあって一般の人間でもお茶が飲めるカフェっていうのは中々ないのでは? いつかは行ってみたいと思ってた所だけど、学校内なんで営業日は平日のみ(火曜日は定休日)。なので中々行くことができなかったんだけど時間が取れたのでお邪魔してきました。

ふたば未来学園の正門です。
ふたば未来学園正門1006
”ふぅ”ののぼりが立っていて、その横には営業案内。
営業案内1006
営業日は月水木金の週4日、営業時間は11時から18時が基本。でも学校行事などの都合で休日に営業したり、時間が変更になったりすることもあるようなんで、行かれる方は営業時間をブログで確認したほうが良いようです。

正門を入るとキレイな校舎。
学園内1006
”ふぅ”の場所は正面の渡り廊下の先に、もうひとつのぼりがあるんでそこを目指して歩いていくんです。すると校舎の中では生徒さんたちが授業中。あまりワイワイ・ガヤガヤして歩くのはご迷惑になりそう。

のぼりの所の入り口を入ると、靴を脱いでスリッパに履き替えた所が地域協働スペース。こんな感じです。
地域協働スペース1006
左側がカフェのカウンター、冷ケース内にはケーキも。
右側の一段高い所は、小さなお子さんが遊べるようになってますね。

システムはこんな感じ。
カウンター1006
ブルーのトレイがあるあたりで、注文とお会計。
オレンジのトレイのあたりで、お茶やケーキを受け取って、周辺のテーブルでお茶をします。
飲み終えた容器はカウンター左側に返却。
ドラ左エ門が行った時間帯は授業中なんで、店員さんが対応してくれましたが、放課後は生徒さんが対応してくれます。

焼き菓子も生徒さん手作り。
焼き菓子1006
なかなか上手にできてましたよ。

メニューです。
メニュー1006
メニューには無いけど、カルピスもありました。お子さん向けなんでしょうか?

東日本大震災と原発事故で大きな被害が出た双葉郡。震災前は県立高校が5つあり、川内村の高校生の多くも富岡高校に通っていたけど、すべての高校が本校舎での授業再開のめどがたたず、このままでは双葉郡の教育が崩壊しちゃう。ということで作られたふたば未来学園。中高一貫、全寮制の学校です。教育内容もドラ左エ門たちの学生時代とは違って、テーマごとの研究なんかも取り入れてるようです。ドラ左エ門が若い頃にこの学校があったら通ってみたかったですね。

最後に”ふぅ”っていう名称について、ドラ左エ門の想像では…
想像1 Who   あなたはだれ? 知らない人間同士の絆を深めていこう、的な意図
想像2 風    風のように時には厳しく、時には和やかに、的な意図
こんな想像をしてたけど、ぜんぜん違いました。

ひと仕事終えて、ちょっと一息入れる時に、「ふぅ」って息を吐く、みたいな表現をするでしょ。それだそうです。
これも生徒さん発案だとか。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マムシ騒動
- 2019/09/23(Mon) -
ある日のこと、その日のお勤めも大方メドがつき、一息入れていた、と思ってください。
携帯電話が鳴って、見てみるとカミさんから。「なんだ、買い物でも忘れたか?」と出てみると、「●●ちゃんがマムシに噛まれて、ふたば医療センターに運ばれたんで、見てきて!」
これはチンタラしてる場合じゃない。会社を早抜けして、ふたば医療センターへ駆けつけてみるとこんな状況でした。
ふたば医療センター0923

とりあえず命に係わる状況ではないものの、噛まれた部分から毒が回って手首から先が膨らんでる。血清を打つほどじゃないが抗生物質を点滴し感染を抑制。なので要入院。
一安心して、状況を聞いてみるとザックリこんな話。

場所はお墓。川内のお墓は山の斜面にある所が多いんだけど、掃除をしに行ったところ、マムシに左の指先を噛まれたそうな。
そこからが都会人のドラ左エ門には考えられない。指先の毒を吸い出し(ドラマなんかでは見たことあるけど)、自分で車を運転して川内の診療所に行ったそうな。
ところが診療所には入院設備もないので、そのまま救急車で医療センターに搬送。
噛まれた左手は包帯でグルグル巻き。右手は点滴で動かせないので、ドラ左エ門が必要書類を代筆してその日は帰りました。

翌日行くと何やら昨日より腫れてるような。よく見ると左手にマジックで線が書いてあり、時間の経過とともにどこまで腫れたかを記してるそう。お医者さん曰く、血液検査の数値が悪化してるんで退院はまだ無理。
それから数日してようやく退院。でも家に帰れた訳じゃなく、お医者さんの指示でその足で、いわき市医療センターに直行。
そこで診察してもらって今後どうなるか決まるらしい。

診察の結果、一部の組織が死んでる可能性があるとのことで、移植種手術が必要かも? とりあえずしばらく通院が必要だそう。
今は2日に1回ほどの割合で通院中です。

ところで、ふたば医療センターを退院した時は手に巻いた包帯が指先だけだったのが、いわき市医療センター診察後はバナナほどの太さになり、次に診察した時にはミカンほどの太さになり、今ではリンゴほどの太さになってます。
つまり腫れが引かずに膿が大量に出ちゃってるようです。
移植手術をするにしても、腫れが引かないとできないでしょうから、しばらくは経過待ちになりそうですね。

たまにニュースでマムシに噛まれたっていう話は聞くものの、直接ドラ左エ門とかかわりのある事じゃなかったんで別世界の出来事でしたが、いきなり日常の出来事になっちゃいました。
ドラ左エ門宅近辺にもマムシがいるらしいんで気をつけないと!
(とは思いますが、どう気をつければいいんでしょうか?) 
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
戸渡トンネル
- 2019/09/21(Sat) -
ドラ左エ門宅から一番近い都市は郡山。新幹線も通ってるので東京に行くのも便利だし、大きなお店も沢山あるんで買い物も便利。なので最近はメッキリ”いわき”に行く機会も減っていまいました。久々に”いわき”に用事ができたので、国道399号を走って、今年7月に開通した戸渡(とわだ)トンネルの通り初めをしてきました。

これが”いわき”側入口。
いわき側0921
ここは”いわき市”で、ここから768m先に川内側の出入り口があります。

川内側の出入り口です。
川内側0921
ここは川内村になります。

まだ交通量が少ないので、道に立って銘板も記念撮影してきました。
銘板0921


このトンネルができるまでは、それはスゴイ道路で、一部には「酷道399」との情報も。
なにせ軽自動車でも、すれ違えないような道が続いてたんです。でもその分自然は豊かで、よーく見ると道端にモリアオガエルのタマゴなんかがあったりすることも…
でも住民にはそんなことはあまり関係なく、冬場でも安心して通れる道路が欲しい、っていう思いがこのトンネルになった訳ですね。

もっとも国道399号のさらに”いわき”寄りには、いまだに軽自動車がすれ違えないような場所が何か所もあり、こちらは十文字トンネルとして工事中(ドラ左エ門が見学に行ったやつです)。これが完成すれば本当に安心して通れるようになるんですが…

ところで戸渡トンネルは川内村の四つ目のトンネル。
最初にできたのが、割山トンネル。これは1997年に開通。川内から富岡に向かう道路(県道36号)にあります。ドラ左エ門が初めて川内に来た時にはこのトンネルはなく、割山峠を通ったはずなんだけど、あまりよく覚えてません。それほど昔に開通したっていうことですよね。

二つ目が手古岡トンネルで2009年開通。これは国道399号の川内と”いわき”の間にある210mの短いトンネル。短いけどこのトンネルができるまではちょっとした山越えだったんですよ。

三つ目は鍋倉トンネル。これはブログの中でご紹介しましたよね。

四つ目の戸渡トンネルで、当面の間新しいトンネルはできないと思われます。がドラ左エ門的には大滝根山の下をくぐるトンネルが欲しいですね(県道112号)。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ