新兵器
- 2018/05/13(Sun) -
先日入手した新兵器。
新兵器0513
感の良い方はお分かりですね。

ヒント1 購入場所は100均
ヒント2 ドラ左エ門が使うのは主に春から夏
ヒント3 ほかにパーツが無いと使えません

他のパーツはコレ
メモリ0513

正解は噴霧器、ドラ左エ門は除草剤散布に使います。
上の写真のペットボトルの下のほうにあるマジックで書いた線まで除草剤を入れ、上の線まで水を入れれば50倍希釈。
こんな感じ↓
除草剤充填0513

家庭菜園やご近所の田んぼなんかもあるんで、散布場所は家の周り限定。
噴霧場所0513
他の場所はは草刈りするか燃やしちゃうかなんだけど、こんなところはやっぱり除草剤が便利。

去年まではこんなの使ってたんだけど
去年の噴霧器0513
これだと右手の手首が腱鞘炎になっちゃいそう。

新兵器を使ってみたらラクチン、ラクチン。
手首も疲れないし、何よりも霧が細かいんでまんべんなく散布できちゃう。

100均、すごいですねエ~。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
芝張り
- 2018/05/06(Sun) -
宅盤改良工事の時に業者さんが貼っていってくれた”こも柴”が強風で剥がれちゃいました。
剥がれ箇所0506
こんな感じで都合6枚分。

業者さんは”貼りなおす”って言ってくれたんだけど、自分でやるから芝だけ手配していただいて、到着したのがコチラ↓
ハリシバタイ0506
前のと違うタイプ。
そして剥がれた部分の数倍の量。

まずは補修。
補修10506

こっちも補修。
補修20506

たっぷり余ってるんで、工事で土盛りをやり直した部分も芝張り。
車庫横の土手下に排水管を通したんで、土がむき出しになってたところ。
車庫横0506

こちらは排水管の放流部分。
排水管土手0506

まだまだ余ってるんで、気になってた部分の芝張り。
U字溝を入れたんで急斜面になっちゃった家の北側。
気になってた場所0506

追加10506
これで崩れてこないはず。

ここは宅盤部分からのスロープ。
坂になってるせいか、種をまいてもあまり根付かないんだよね。
追加20506

以上で一旦終了。
使用した芝は持ってきていただいた量の半分ほど。
有難うございました。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
U字溝工事
- 2018/04/07(Sat) -
去年の12月にやってもらった宅盤改良工事。仕上げ工事が入りました。

まずは家の北側にある山からの排水。普段は何ともないんだけど、雨が降ると斜面から水が…、っていう所。
ドラ左エ門放水路(工事前)0407
写真の一番奥がドラ左エ門放水路。
ドラ左エ門放水路の右側を去年の工事で土盛りしてもらったんで、ここにU字溝を入れてもらいました。
ドラ左エ門放水路(工事後)0407

反対側は薪棚1号の所まで。
薪棚1号横0407
うーん、斜面が急になっちゃったよね。少し心配。

そして仕上げに”こも柴”貼り。
去年の工事後の土手。
工事後の土手0407

土手が大きくなっちゃったんで、流れないようにっていう事で。
こも柴0407

以上で完成。
これで当面は安心だね!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の準備~イタリアン&オーチャード
- 2018/02/25(Sun) -
積もってた雪が「だいぶ融けてきたなぁ。今度の休みに薪割りができそう。」と思っては雪が積もり、また融けたと思ったら、また雪が積もり… という状態がもう半月ほど続いてる。ま、雪かきするほどの雪じゃないんで助かってるけどねぇ。

そんな川内でも徐々に温かい日がふえてるのは間違いなく、そろそろ春の準備をしておこうと、のーんびり準備中。
まずは第一段。牧草の種を準備しました。
こちらがイタリアングラス。
イタリアン0225
横になぜ手袋があるのかっていうと、この種通販で買いました。そしたらオマケについてきた次第。

ちなみにちょっと調べてみたらこんなヤツ。
一般的にはネズミムギっていうものでよく見られる雑草なんだそうな。背丈は30~100cm。外来種なんで原生的な自然界では在来の生態系に影響する懸念も。もう一つ、花粉症の原因にもなるらしい。

もう一つがオーチャードグラス。
オーチャード0225
こちらは船引町にあるサンガーデンっていう農業用品のお店で購入。

こちらはこんなヤツ。
和名カモガヤっていう多年草。背丈は100cm位になるらしい。英名は”cock's-foot grass”で、訳すときに cock(ニワトリ)を duck(カモ)と間違えたといわれてて、今では広く野生化。常緑芝として用いることもあるんだって。

何に使うかって言うと12月に改良してもらった宅盤の土手部分に種まきして、土手の保護に使う予定。いづれも工事してくださった方が「撒いときな」って教えてくださいました。

雪が融けたら種まきだね。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ベランダマット
- 2018/02/04(Sun) -
つららシーズンになって困ることが一つ。玄関に上がる段の部分がつららから滴った水で凍っちゃう。
迂回路0204
黒の玄関マットが敷いてある下の所が丁度つららの水滴が落ちるところ。だからここに氷が固まっちゃってツルツル。

そこで有孔ラバーマットの成功体験(?)があるドラ左エ門は、こう考えた次第。
”ここにもマットを敷けばいいじゃん!”
ところがこんなに小さい有孔ラバーマットは近くのホームセンターには売ってない。そこで代替品を探してたらこんなのがありました。
ベランダマット0204
ベランダマット(ジョイントタイプ)。ちなみに見つけたのは100均。

このマットのジョイント用の突起をニッパーでプチプチ切断。
ジョイントカット0204

2枚つなげて氷が張るところに置いてみました。
設置0204

翌朝、少し雪が積もった朝。
朝A0204

ひっぺがしたら下はこんなでっす。
朝A効果0204
くっ付いてるのは雪。だから一掃きすれば雪はとれちゃう。
マットの方もペラペラっと振り回せば雪はとれちゃう。
コレ、イケるかも…

別の朝、今度は本命のつららからの水滴で凍っちゃってる。
朝B0204
氷の上に雪が少し積もってる状態。

ベランダマットをひっぺがしてみると、ぴっぺがす過程で氷が落ちるじゃん。
朝B効果0204
丸い部分が氷が落ちた所。
ならば縦に横にベランダマットを曲げてみると、ほとんどすべての氷の剥離に成功!
結構イケル。

別の日、一番困ったのが中途半端な氷。
ベランダマットに空いてる1mmぐらいの小さな穴。落ちてきた水滴がココだけに溜まって氷になっちゃった時。
あまりに小さくて曲げてみても取れない。でも表面はツルツル。
結局10回ほどゴシゴシこすったら摩擦熱なのか融けちゃいました。
水をかければ一発で融けちゃうんだろうね(もちろん別の場所で)。

有孔ラバーマットほどの効果は無いけど、十分使えそう。
100均。エライ!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ