FC2ブログ
玉切り~その1
- 2019/07/06(Sat) -
(ちょっと前の出来事ですが)なんと今シーズン初めての玉切りです。
普通は春先までには薪割りを終わらせるんですけど…
玉切り
原木の半分ほどを玉にしました。
玉にしたのは檜。4月に倒して、4月から5月にかけて沢から引き上げたやつです。

積んでみたらこんだけ↓
こんだけありました
薪棚1台分ぐらいでしょうかね。

本来ならとっとと割って乾燥に入らなきゃいけないんだけど、梅雨に入ってからなぜか土日は雨が多く、たまに雨が降らないと草刈りなどの用を足すのが精いっぱい。
雨が多いとお勤めの方も忙しくなるっていうお仕事なんで、余計に時間がなくなっちゃってる状況。

いつになったら薪になることやら…
早くしないとキノコがはえてきちゃうよ!
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
斧1号修理
- 2019/06/22(Sat) -
先日の薪割りの際、いつかは来るだろうと思っていた悲劇がやってきちゃいました。
斧1号を振りかぶった瞬間、頭がぐらつく感触。確認してみたらこんなです。
柄破損0622
この柄、3年ほど前に自作したもの。
ヒツが大きくって市販の柄だとブカブカ。しかたなく材木屋さんで楢材を調達して削りだした次第。
ヒツだけでなく、クサビも特大なんで修理の最後にクサビを打ち込んだとたん、ヒビが入っちゃいました。
当時の写真です(再掲)↓
完成0604
それでも頭がぐらつく訳じゃなし、普通に使ってたけど、遂にその時が来ちゃったようです。
確かに修理当時と比べると、ヒビワレが拡大してる。

さて、また材木から削り出すか、はたまた別の方法をとるか、今回は考えるまでもなく別の方法です。
なにせ草刈りは溜まってるは、薪割りはせにゃいかんは、雨はふるはでやることが一杯。
斧を車に積み込んで”永井のくわ”さんに持ち込んじゃいました。

お店の工場に案内されて職人さん(?)が確認。斧1号に合う柄があることを確認し「15分でできます」!!
ドラ左エ門が材木から削り出したら2~3日必要。早速お願いして、こちらが出来上がり↓
柄すげ替え済0622
今度の柄は樫。固くって斧の柄には最高の素材。でもその分重い材。
なので斧のバランスが変わっちゃって、ちょっと慣れるまで慎重に扱わないといけないかな。

クサビも今風のスマートなものに。
クサビ0622

これで3000円でお釣りがくるなら、また次もお願いしちゃおうかな!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
薪割り~その4
- 2019/06/09(Sun) -
前回、斧で割れなかった玉をクサビとハンマー、もちろん斧も使って割り終えました。
割り終えた分です↓
終了0609
実はこの前にも一度割ってるんですが、写真が行方不明になっちゃいました。
なので写真は約半分といったところですね。

薪棚はこんな感じ↓
薪棚0609
前回分と合わせて、薪棚1台分といったところでしょうか?

ところでまだ残ってる原木がこんだけ(再掲載)あります。
こんだけありました0506
川内も梅雨に入っちゃったんで雨が続きそうだし、草刈りもやんなきゃいけない。
残りはいつになったら薪になることやら…
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
薪割り~その3
- 2019/06/02(Sun) -
沢に生えてたけど、枯れちゃった、もしくは枯れそうな木を切ったのが4月。それから2月近く経って、やっと薪割りに着手。
とりあえず、沢で玉にした分がこんだけ↓
玉0602
こいつを割っちゃいます。

ところがどっこい、写真の結果になっちゃいました。
終了0602
割れたのは25%ほどでしょうか。
沢で玉にした訳は、小さくしないと持ち上げられなかったから。つまり太いのが多いわけで、太い=割れない、っていう当然の結末になっちゃいました。

薪棚に積んだらこんだけ↓
積み込み0602
(右の分です)
半分ほどの長さの薪棚に、さらに半分ほど。

残った玉は切れ目を刻んで後日クサビ対応。
切り込み0602

ところでこの玉、桧なもので、割った時に桧独特の香りが…
昔、風呂桶が木だった頃、風呂桶を新調した時にかいだ香りです。(お届けできないのが残念ですが)
これも田舎暮らしならではの体験、ですね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪割り道具の手入れ
- 2019/04/07(Sun) -
今年ちょっとしかやってない薪割りですが、そろそろ使用に支障が出てる道具が2つ。斧(2号)とクサビ。

まずは斧2号。
こいつの症状は玉を数回叩くと柄を止めているクサビが飛び出してきちゃう。その都度ハンマーで打ち込むんだけど、数回振り下ろす度に打ち込むんじゃ仕事になりましぇん。ということで修理。

まずはクサビを外して
斧2号0407

外したクサビです。
クサビ0407
クサビっていうより和釘みたいになっちゃってる。これじゃ効かないわね。

これがホームセンターで買ってきたクサビ。
新クサビ0407
よーく見ると用途の所、「唐鍬、鍬」ってなってるでしょ。斧用のクサビってホームセンターに売ってないんですね。
仕方ないんで鍬用を購入した次第。

ところが鍬用なんで斧には幅が合わない。これより幅が狭いクサビだと今度は厚みが足りなくなっちゃう。
なので幅合わせ作業。
万力0407
万力で固定して、ディスクグラインダーですこーしずつ幅合わせ。

できました。
完成0407

斧の柄の方もちょっとお疲れの様子。
柄0407

こちらはヤスリで整形。
柄_手入れ後0407

柄に頭をはめてクサビで固定。
クサビ打ち込み0407

下から0407
以上、完成でっす。


もう一つがクサビ。
クサビといっても今度は斧じゃ割れない玉を割るためのクサビ。ハンマーでガンガンやるんで潰れちゃいました。
クサビ0407
もう一番太い部分と同じくらいの幅。こうなると玉に打ち込んでるときに引っかかっちゃう。

こっちは作業台に直接固定して、ディスクグラインダーでバリを削り取っていきます。
固定0407

半分削り終えたところ。
左右比較0407
ずいぶん違うでしょ!

反対側も削って、完成です。
完成0407

これで斧2号もクサビちゃんも復活(したはず)。
また活躍してくれるでしょう。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ