FC2ブログ
GWにやっつけました
- 2020/05/09(Sat) -
残っていた原木・玉、GWにぜーんぶ処理しました。
けっこうな量あったんですよ!

まず残っていた玉を薪割り。
薪割り0426_0509

積んでみたら薪棚半分でした。
積込み0426_0509

日を改めて玉切り。
玉切り0430_0509

玉置き場に保管。
玉0430_0509
薪棚1本分ほど。

日を改めて薪割り。
薪割り0501_0509

薪棚に積み込み。
積込み0501_0509
1本ちょっとありました。

日を改めて玉切り。
なんですが、ここで大物登場。
大物0502_0509
押しても引いても全く動きません。

直径は57cm。
大物直径0502_0509
短い所でも49cmありました。

さてどう処理したら良いもんか???
薪ストーブに合わせて40cmに切った時の推定重量は約60kg。動かせないかもしれません…
30cmに切った場合で約45kg。この辺で手を打つしかなさそうです。

チェーンソーの刃の長さは35cmなんで反対に刃が抜けません。なのでこうなりました。
上から切込みを入れて
大物切り込み0502

細い原木を使って”てこの原理”すこーし回転。
ロール0502_0509

また切込みを入れて回転。これを繰り返してブツ切りに。
まるで太い海苔巻きです。
玉切り完了0502_0509
これが玉切り終了時。奥の方にあるタイヤみたいのが大物のブツ切り。

ところで直径が60cm近くあると、薪割り台に乗りません。仮に乗ったとしても割れないでしょうね。
なので十字攻撃↓
十字切込み0503_0509
あとはクサビで小さくしてから、斧で薪割りです。

こんな方法だったんでいつもの薪割り場所じゃなくって、原木置き場に薪割り道具を持ってきて処理した次第です。
薪割り完了0504_0509

軽トラちゃんで運搬して
運搬0504_0509

薪棚に積み込み。
積込み05041_0509

積込み05042_0509

これで薪棚がいっぱいになりました。
そして今シーズンの薪割りも終了です。
なんとかGW中に終了しましたが、体中筋肉痛です。

まぁ都市部の方と違って家の中にはいなかったわけですが、家の敷地からはほとんど出ませんでした。
これもStay Homeですよね。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
玉切り~その3
- 2020/04/26(Sun) -
3回目の玉切りです。
前回でこんだけ残ってました。
残り0202
(再掲)

前回はまだ寒い頃。
急いで割らないと、今年も夏になっちゃう。

午前中から割り初め、ここまでで終了。
終了0426
あまり進んでないんですが、ここでガス欠になっちゃいました。

積んでみたらこんだけ↓
成果物0426
これだと薪棚に半分から7割といった所でしょうね。

こうなってくると勝負はGW。
5月初めまでにはメドをつけたいですが、玉切りと薪割りを連続してやると体がボロボロになっちゃう。
なのでそこそこ、っていう所で制限しながら薪つくりのGWになりそうですね。
 
福島も不要不急の外出禁止なんで、ちょうど良いかも。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪割り~その2
- 2020/04/04(Sat) -
今シーズン2回目の薪割りです。
いろいろ忙しくって、玉切りしてから2か月ほど経っちゃいました。
それでも、まとまった時間がとれずに薪割りも2分割。

1日目でこんだけ割りました。
初日0404

これが2日目。
2日目0404

薪棚はこうなりました。
1本目
薪棚1本分0404

さらに2本目に少し。
プラスα0404

この分だと今シーズンの薪使用量は、薪棚5本分ほど。
今回の薪割りで2本とすこーし埋まり、空きスペースは3本ほど。
残ってる玉はこんなにあるんです。
残り0202
(再掲)

もしかしたら置ききれないかもしれません。
それだけ暖かい冬だった、っていうことなんですね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
玉切り~その2
- 2020/02/02(Sun) -
大変申し訳ございません。
ドラ左エ門のミスでパスワードを入れないと閲覧できないようになってました。
今後もよろしくお願いします。
--------------------------------

ほーんとに雪がありません。
暖かいです。
多少雪が降っても、すぐに融けちゃいます。

なので薪が減りません。
でも玉切りだけはしておかないとね。

チェーンソーを出して3時間ほどでこんだけ玉にすることができました。
玉切り終了0202

今回はさほどの大物は無かったんで軽トラに積んで運搬。
運搬0202
軽ーく1台分ですね。

玉の置き場に積んだらこんだけありました(前回の大物も含んでます)。
玉0202
前回残り問わせると薪棚1本分、といったところ。

原木の残りはこれだけ。
残り0202
半分ちょっと残ってる感じです。

次は薪割りの番なんですが、薪棚が空かないんでもうちょっと後になりそう。
このまま大雪も降らずに終わっちゃうんでしょうかね?
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
玉切りのつもりが
- 2020/01/18(Sat) -
1回目の薪割りも終わったし、雪もないし、「今のうちに2回目の玉切りをしておこう」 でもその前にせっかくチェーンソーを出すんで、「素性の悪そうな玉を処理しておこう」
と思い、斧だけじゃ割れそうもない玉に切れ目を入れておくことにしました。
残りの玉0113
(再掲)

切りやすいように並べ替えて
並べ替え0118

まずは飛び出してる枝部分をカット
枝別れ部切断0118

そしてクサビで割るための切れ目を入れました。
切れ目入れ0118

積みかえてこんだけです↓
積み直し0118
まだ薪棚が空かないんで、空き待ちの状態。

そしてこっちは持ち上げることが難しかった大物。
重い玉0111
(再掲)

左の玉に切れ目を入れて、クサビをガンガン!
ところがクサビを2本打ち込んでも割れません!
大物10118

どうなってるかというと
つながってる部分0118
繊維が左右をつないじゃってます。

持ち上げられないし、クサビがあるんで斧も打てない…
考えた末、こうなりました↓
ノコ挽き0118
使ってるのはDIY用の挽き廻しノコギリ。
こいつでつながってる所を切ったら真っ二つになりました。
繊維方向0118
赤線の方向に繊維が走ってますね。しかも繊維が詰まってて重い。こりゃ割れないわ!

もう一つの重量級(5枚前の写真、右側)も中ほどまで切れ目を入れて、クサビをガンガン!
大物20118
ところがビクともしません。というかクサビがはじかれちゃいます。
さらに70%ぐらいまで切れ目を追加。クサビを打ってもやっぱりはじかれちゃう。

こうなりゃ奥の手!
切れ目に合わせて斧を打ち込めばクサビ以上の衝撃が加わる。問題はチェーンソーの切れ目の幅に斧がきちんと下せるかどうか。
何回かのチャレンジの後、鈍い音とともにストライク!
斧入れ0118
これが斧が入った跡。

ここまでくれば斧で割れるんですよね。割ってみたところこんなになってました。
繊維方向0118
赤い線の方向に繊維が走ってる。だから割れなかったんだよね。
青い線はチェーンソーを入れたライン。こうやってみると8割ほど切ったかも?
重いし、繊維は詰まってるし、良い薪になるんだろうけど、これもさらに割らなくっちゃいけない。
斧で割れるか疑問だねぇ~。

と、ここまで約3時間かかっちゃいました。
1時間ほどでここまでやって、あとは玉切りの計画だったんだけどー。

まぁ、こういう事もありますよね!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ