FC2ブログ
ストーブ初日
- 2019/10/19(Sat) -
今年のストーブ初日は10月17日でした。
朝、起きたら室温が13℃代。
室温1019
(ピンボケですみません)
こりゃストーブ点けなきゃ。
でもなんでこんなに急に気温が下がったんだろう?(後でカーテンを開けたら窓が少し空いてました) と疑問に思いつつ準備開始。

まずはマクラを置いて、新聞紙を半分ほど緩く丸めたものを枕の横にセット。
枕と新聞1019

ダンボールを短冊にしたものを数枚乗っける。
ダンボール1019

その上に着火材を設置。
着火材1019
以上で準備完了。

短冊ダンボールに火を点けて
着火1019
下の方に置いて着火。

火が充分に回ったら
火が回ったところ1019

細薪を投入。
細薪1019

細薪にも火が回ったら
中薪1019
中太薪を投入。
あとは空気量の調整だけです。

外気温は4℃ほどでした。
外気温1019

それにしても今年は暖かかったですね。
ストーブ初日がいつだったか、ちょっと調べてみました。
2014年は慣らし運転から始めたんではっきりしません。
2015年 10月5日
2016年 10月11日
2017年 10月5日
2018年 9月28日
平均すると約2週間ほど遅いんでしょうかね。
これも温暖化なんでしょうか? 台風も大型化してるし…

なにはともあれストーブシーズンに突入しました。
これから半年ほどは炎が癒してくれます。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
煙突掃除
- 2019/10/05(Sat) -
今年は温かいですね。
10月に入ってもストーブを焚かなくて充分室温が確保されてます。
とはいってもそろそろシーズンイン。シーズン前のお決まりのお仕事が煙突掃除。去年はストーブ屋さんに頼んだんで2年ぶりですね。

屋根に上って煙突のトップを外したら、結構ススが付着。
最上部1005

中はどうなってるかというと
煙突内部1005
キラキラ輝いていて中々キレイ。
ここに煙突掃除用ブラシを突っ込んでゴシゴシ。

部屋に戻ってみるとストーブの上がススだらけです。
ストーブ上1005
ストーブ周辺用の小ほうきでかき集め、これも専用の塵取りにとって処分。
もちろんストーブの下にも飛んじゃってるんで掃除しました。

ストーブ内部はススの山。
ストーブ中1005
ススの状態は合格ですね。サラサラしてるんで問題無し。

煙突トップはワイヤーブラシでスス落とし。
トップ掃除1005

そしてこれがストーブ燃焼室の上部に設置してある鉄板。
鉄板1005
グニャーっと歪んじゃってますね。去年までは歪んでなかったんだけど…
こんな時は鉄板を裏返してセットします。そうすれば来年には元に戻ってるハズ。大体ですが。

煙突トップと鉄板をセットして今年の掃除は完了。
あとは寒くなるのを待つだけです。
早くコイコイ、ストーブシーズン。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
薪割り~その6
- 2019/09/29(Sun) -
残っていた桧の玉、やっとこさ薪に加工できました。

残っていたのはこれだけ。
原木残り0929
判りにくいけど、前後2列あります。

薪棚の空は1本分。全部割っちゃうと置けなさそうなんで、まずは前の半分を薪割り。
半分0929

薪棚に積んでみたらこんだけ↓
薪棚60%0929
6割強っていうところでしょうか。

残った玉の半分をさらに薪割り。
さらに半分0929

これも積んでこんな状態。
薪棚95%0929
あとちょっと置けますね。

ちょい割り。
追加0929

これで薪棚が満杯になりました。
満杯0929

以上で2018年シーズンの薪割りが終了(すでに2019年も10月になろうとしていますけど)。
残った玉は、先日仕入れたと原木と一緒に、12月ごろ割るようになりそうですね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原木到着
- 2019/09/22(Sun) -
一昨年は「田んぼにかかる木を切るから持って行っていいよ」と原木を頂き、昨年は「庭木切るから」と頂いた原木と枯れた桧を切って薪材料にしたんだけど、さすがに毎年そんな訳にはいかない訳で、今年は仕入れないといけない。

山の木は水分の少ない冬の間に切る。そして切るのは他の山との兼ね合いがあるんで、明確な時期が不明。
だから残っていた玉を割って薪にして原木を玉にして原木置き場を空けたのが今月初め。
場所があいたので、いつもお願いしてる白岩材木店さんに原木を発注しました。
そしたら「今、在庫有るんです」ということで、早々と原木が到着しちゃいました。
原木0922
ドラ左エ門の想定より、1~3か月早い到着。
まだ玉にした桧を割り終えてない状況。この桧を割らないと玉置き場があかないんで玉切りができません。
しかもまだストーブを焚いてないんで、薪棚も桧を割ったら一杯になっちゃう。

なのでこの原木、玉切りが10~11月。薪割りが12月頃っていうことになりそうです。
割ったら2021年分の薪です。随分先ですよね~。
 

この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
玉切り~その2
- 2019/09/14(Sat) -
そろそろ気温も下がり、過ごしやすくなってきましたね。
川内では朝は寒いくらいですよ。今朝、寒暖計を見たら12℃まで下がってました。

もう少しすると秋雨前線もいなくなり、台風も来なくなる。そうしたらいよいよ伐木のシーズン。それまでにココ(↓)空けとかないと。
残りの原木0907
(再掲)

ということで玉切り開始。
チェーンソーでブツブツ切ってこんだけありました。
玉0914
こんだけネコ車で運ぶのも大変なんで、キャリーちゃんの出番。

こんな感じで軽く2回分。
運搬0914
やっぱり田舎暮らしに軽トラは必要ですね。

玉置き場に積んでみたらこんだけ↓
成果物0914
薪棚の空は、あと一棚。これ全部入るかギリギリのところ、といった量です。
ネコ車に乗ってるのは細いので割らずに燃やしちゃう分。

これで次の原木を仕入れられるようになりました。
再来年分の燃料の予定。我ながら先の長い話ですねぇ~。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ