FC2ブログ
ストーブ初日
- 2018/09/29(Sat) -
川内では毎年秋の彼岸を過ぎると気温がグングン低下、暖房シーズンに突入してく。
だから1週間ほど前からストーブの準備を整えてました。
準備完了0929
薪の説明しちゃいますね。
一番右の小さなブリキバケツに入ってるのが、着火剤。今は数年前に切った杉の小枝を使用中。
薪置きにおいてあるのが燃料の薪。今の時期、まだちょっと燃やすだけなんで細め。これも数年前に買ったバタ材(栗の木)。
洗濯カゴみたいなのに入ってるのは、薪を玉に切った時の端材。寸足らずやら形を整えるため切り落としたもの。
ストーブの下にあるのが着火材に火が付いた後、最初に入れる細薪。

そして昨日9月28日(金)、朝起きたら室温が17℃台。いよいよやってきましたストーブシーズン。
室温0929

外気温は10℃を下回ったところ。
外気温0929

さぁ、ストーブ点火するぞ!
今シーズン初めての点火なんで、着火方法をご覧ください。
まずは着火準備。
着火材新聞紙0929
端材を周りに置いて、後で投入する薪の空気道を確保。そして真ん中に新聞紙を軽く丸めて置いときます。

次に短冊に切った段ボールを乗っけます。
着火材段ボール0929
この段ボールの短冊、着火剤によっては使わないんだけど、今使ってる杉小枝はちょっと火が付きにくいんで。

その上に杉小枝を乗っけて
着火材杉枝0929
チャッカマンで点火。
着火0929

杉小枝に火が回ったら、細薪を投入。
細薪に火が回ったら、薪を投入。
端材0929
端材を早く使い切っちゃいたいんで、薪と一緒に端材も投入しちゃってます。

数メートル離れて後を向いてても、背中がポカポカ。
やっぱり薪ストーブ、いいですねェ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
チェーンソー買っちゃいました
- 2018/09/16(Sun) -
新しいチェーンソー買っちゃいました。コチラです↓
NEWチェーンソー0916
タナカのPMS-335A。
ガイドバーは350mmで排気量は33cc。
ストーブの燃料用の原木を切って玉にするのがほとんどだから、そんなに高性能なものは必要ないんで、そこその性能で安ーいのを探してたら通販で見つけたんで即決。

こっちが旧チェーンソー↓
旧チェーンソー0916
リョービのESK-3835。
ガイドバーが350mmで排気量は38cc。

今までのチェーンソー、エンジンは絶好調なんだけど問題が…
最大の問題点はすぐにチェーンが緩んじゃう。調子が悪いときは玉を1つ切っただけで緩んじゃうこともあって、その結果チェーンが外れることも。ゆえにチェーンキャッチャーが傷だらけ。
チェーンキャッチャー0916
チェーンの消耗も激しいし、一歩間違えたら事故になっても不思議じゃない。

もう一つの問題点は重い!
約5.2kg。38ccあるんでパワーはあるけど、チェーンソーを使ったあとは決まって肩こりと腰の張り。
新しい方は約3.4kgだから2/3位に軽量化。

もう一つPMS-335Aにした理由がコイツ↓
パワーシャープナー0916
パワーシャープっていう代物。
こいつをガイドバーにセットしてエンジン回して5秒で刃研ぎ完了っていう触れ込み(まだ使ってないんで評価は後日)。

中はこんなになってました。
パワーシャーップナー中0916
こんなに単純な構造で5秒で刃が研げたら中々の優れものですよね。
実はドラ左エ門、刃研ぎが苦手なんで、これは便利とコイツに。

さてパワーシャープで前から疑問に思ってたことが一つ。
パワーシャープの中に砥石が入ってるであろうことは想像してたんだけど、どうやって研ぐのかがよく判らなかったんですよね。
旧チェーンソーの刃の部分はこんなになってる。
旧刃0916
中央の丸く湾曲した部分に丸いダイヤモンドやすりを入れて研ぐんだけど、言ってみれば内側から研ぐ形。
でもパワーシャープだと内側から研げるわけないし、どうなってるんだろう? っていうのが気になってたんですね。

答えは簡単でした。
これが新チェーンソーの刃。
新刃0916
外側から研げるように刃の形が違うだけでした。

これを考えた人、頭いいですよね。
これで遜色ない切れ味が確保できるんなら、今後どんどん広がってくのかもしれない。

実際に使うのは冬になってからだと思うんで、後日使用感ご報告しまっす。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
(夏の)薪割り~その6
- 2018/09/02(Sun) -
3月に頂いた原木、5月に玉切りして(ブログ掲載は6月です)こんだけ残ってました。
残ってた玉0902

その後、畑やら、草刈やら、猛暑やらで手付かずだった薪割り、ようやく少し涼しくなったお盆頃から着手。
すこーしだけ薪割り。
25%薪割り0902

これで薪棚1号の空いてた場所は一杯。
第一薪棚0902
残るは薪棚4号の1区画のみ。

またちょっと割って
50%薪割り0902
積んでみたらもうちょっと詰めるんで追加薪割り。
60%薪割り0902

これで薪棚4号も満杯。
今シーズン完了0902
今シーズンの薪割りは以上で完了。置き場所がありましぇん。

今月末ごろにはストーブを運転する時期になるんで、薪棚が1区画空くのは11月末ぐらいでしょうかね。
そしたら残ってる玉を薪割り予定。

それにしても薪割りってのは夏にやるもんじゃないですね。
下着からシャツ・ズボンまで汗でビショビショ。スポーツドリンクの1リットルなーんて楽勝で飲んじゃいました。
おまけにアブは寄ってくるは、雷様は鳴り出すは…
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
免許皆伝
- 2018/08/26(Sun) -
移住してから4回の冬を越した薪ストーブちゃん、煙突掃除のシーズンになりました。
煙突掃除道具もそろえたんで自分でもできるけど、今年はプロにお願いしました。ストーブ屋さんから「3年に1回は掃除させてくださいね。ストーブの状態も見たいんで…」っていうことで、過去2年は自分でやったから、今年がその3年目。

まずは室内の養生。
室内養生0826
ススが飛ばないように毛布でグルグル巻き。

煙突トップを外して
煙突トップ外し0826

煙突掃除用のブラシでゴシゴシ。
煙突掃除0826
ちなみに煙突掃除をしてるのは薪ストーブミュージアムの店長さん。人手不足だそうで自ら煙突掃除。

トップを装着して
トップ装着0826

耐熱塗料で塗装。
塗装0826
以上で完了。

さてストーブの状態は…・
「とても良い」そうです。
というのも、ススがサラサラしてて、煙突用ブラシで簡単に落ちるのがその証拠とのこと。
状態が悪くなるとススがこびりついたり、煙突から液体がたれてきたりっていうことになっちゃう。

店長さんによると
1.乾燥した薪を燃やしてる
2.無茶な燃焼温度にしない
(500℃とかで運転する人もいるみたい。ドラ左エ門は200~300℃です)
3.年に1回の煙突掃除をきちんとやる
これ位を守ってればひどい状態にはならないそうです。

そして煙突掃除の注意事項。
注意事項0826
1.鉄板が屋根材の下にも入ってるんで、鉄板部分は踏まないように(屋根材に負荷がかかって割れちゃうこともある)
2.屋根と煙突の継ぎ目なんかはコーキング材で防水処理をしてるんで、ひび割れしてたり剥がれてたりしたら、その部分ははがしてから充填。見栄えよりも機能重視なんでモッコリと。
3.ブラシでゴシゴシやってる最中に「引っかかる」ような感覚があったらプロに連絡。穴あきの可能性があるそうです。

これだけ守ってくれれば、もう煙突掃除はお願いしなくってOKとのこと。
やったぜ免許皆伝!
 
店長さんから聞いたヤバイ例、興味がある方はどうぞ。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃材頂きました
- 2018/07/15(Sun) -
先日、家に帰ってみると入り口付近に廃材。
廃材0715
カミさんに聞いてみると「集落の人が、倉庫か車庫を直したとかでもってきてくれた」そうな。

有難いお話ですよね。
さて困ったのは置き場所。
あいにくとシーズンオフで薪棚は満杯。まだ前回いただいた原木も薪になってましぇん。
薪棚をジックリ観察して薪棚の屋根裏(?)に収納。

薪棚1号
1号上0715
(今回保管したのは赤印の木です)

2号と3号
2号3号上0715

置ききれないんで裏側にも
2号3号裏0715

4号
4号上0715

ここも裏側にも保管。
4号裏0715

全部で100kgほどかと。
ちょっと湿っぽいんでしばらく乾燥させてから切断の予定。

ところで持ってきてくださった方がどなたか良く判らないんです。
苗字はお伺いしたんだけど、同じ苗字の方がいらっしゃるし。ご自宅の場所も伺ってないみたいで…
もってきてくださった方、申し訳ございませんが、この場で御礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ