FC2ブログ
川内村訪問記録~外観出現
- 2014/06/30(Mon) -
川内へ向かった日は朝から降ったり、止んだり。
最近恒例となった、途中で薪を購入して現場への途中。もうちょっとで到着する所まで来て一抹の不安が…
「2週間前と変わってなかったらどうしよう」
とカミさんと車の中で会話。

カミさんが発見。「足場がある!」
ドラ左エ門の思い。(足場だけじゃな)

現場進入路まで来たら、外観を視認。おもわず進入せずに数メートル行きすぎ、バックして改めて進入。
               外観1
あーよかった。(念の為、平屋です)

裏側からはこんな感じ。
               外観2

井戸はもともとあったんだけど、パイプ1本しかなかった所に枠ができて、中には新品の(当たり前だ)ポンプが鎮座。
               井戸
このあとアーデンホームさんと打合せしたところでは、やはり7月末ギリギリとのこと。あとは天気次第ってとこらしいです。

さて、薪の方はっていうと、ニッサンADに400kg積むとこんなんです。
               薪1
この薪「樫」なんで比重は0.9ほど、杉とか桧だと比重は0.4なんで、カサは倍以上になっちゃうからADには積めない。今後の薪集めのために、この感じ覚えとかないといけないね。

薪の「積み木」(これがホントのツミキ)も3回目になったら大分上達。
                     薪2
奥にあるのが前回分。ほぼ垂直に積み木ができたんで、高さが2割ほどUP。

完成に向けて、ここから1カ月が正念場でしゅね!

おまけ。
今回のADの燃費は、21.4km/ℓでした。エコドライブ(6/10ブログ参照ください)本物みたいです。
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
POST
- 2014/06/27(Fri) -
DIYの第5段はPOST。今回は気に入ったものがないっていう訳じゃないんだけど、いろいろとやってみたくってチャレンジ。
ドラ左エ門流は原則現場合わせ。理由は、精度の高い図面を引いても、そこまでの精度で材料を切ったり張ったりする能力がない。なので結局その場で合わせるしかなくなっちゃうんだよね。これからは精度もあげてかないといけない。
今回そこそこ手間がかかってるんで、そこそこ長くなりますがご容赦ください。

まずは基本材料。一応、角2封筒までは入るように材料を確保。
               基本材料
 1.上の方にある5枚の板:ホームセンターで買ってきた集成材のハギレ。買ってきた時からこのサイズ。
    POSTの天板と側面
 2.一番下になってるMDF合板:100均で購入
    POSTの底板
 3.15mm×15mm角材×2:100均で購入
    POSTの側面に固定して、底板を支える

まずは側面の板の切出し。
               側面板
ハギレを買ってきてるんで、全部大きさがバラバラ。一番小さいのが手前にある板で、これは買ってきた時のサイズそのままで使用。左右の板は小さい方に合わせてカット。一番奥の板は組み立て時に上端がナナメになるので木工用のヤスリで傾斜をつけときました。

組み立て前に防腐のため柿渋を塗布。
               柿渋塗布
裏表、側面とも2回ずつ塗ってみた。

側面の板4枚を組上げ。
               側面組上
板の接合部にはボンドを塗ったうえで、木ねじで固定。ボンドも100均(酢酸ビニル系ボンドは水に弱いんで使ってません)。底板になるMDF合板を大きさに合わせてカット。底板を支える15mm角材もカット。

追加の材料です。
               追加材料
 4.雨切り用に天板に横付けする板:100均で購入
 5.POSTの蓋を開ける取っ手:100均で購入

木工材料全て。
               切出柿渋塗布後
左下の4枚の小さな板が雨切り用で、100均で買ってきた1枚の板から切出してます(追加材料の4)。
追加材料も含め柿渋塗布済。

ホームセンターで買ってきた天蓋用ストッパー。
               ストッパー
金属材料として他に、超番2個を100均で購入。
他に扉ストッパー2個も、ホームセンターで購入。

組み立てたら、こんなんなりました。
               組上底なし
扉ストッパーは本来なら一番手前の板につければいいんだけど、天板が閉まった時、前の板との角度が直角にならないんで、左右の板に取り付け。
底板をはめたらこんなです。
               組上底あり
雨切り板はヤワイんでボンドで接着。

斜めから撮影。
               組上閉
うん。ここまでは自己満足。

「POST」って書くために、パソコンで文字をプリント(フォントはカミさんの意見を採用)して、3層で貼り付け。
               マスキング作成
3層の構成は、
 上層 パソコンからプリントした紙(中層にセロハンデープで固定)
 中層 マスキングテープ(これも100均)
 下層 マスキングテープがはがれやすいプラ系シート

こいつをカッターナイフで切出して、下層のシートからマスキングテープを剥がし、本体に張った所。
               マスコング1
PとOの真ん中はハサミでカットし、後付け。

全面養生。
               マスキング2

100均で購入した、ホワイトのアクリル系スプレーを少量ずつ4回「シュー」。
剥がしてみて一旦は完成。
               完成
なかなか良いんじゃない!
細かく見るとマスキングと木の隙間から塗料が少し入り込んで、POSTの文字がギザギザになってる所もあるけど、これもDIYの愛嬌っていうことで、ご勘弁。

製作費はっていうと、3,000円位かな?
集成材(1,500)、MDF(100)、角材2本(200)、取っ手(100)、雨切り板(100)、天蓋ストッパー(400)、扉ストッパー(200)、超番(100)、マスキングテープ(100)、ボンド(100)

あとは、「どうやってどこに置くか?」っていうことと、置く場所によっては「防水が必要かな」なーんて思ってるけど、これは家が完成してからだね。

明日28日(土)・29日(日)は川内に行くんで、お休みさせてください。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
矢切の渡し
- 2014/06/26(Thu) -
昨日ご報告の寅さん記念館のあと、江戸川土手まで出て「渡し場」を探すと…
               柴又土手より
ちょうど舟を発見。寅さん記念館より少し上流側に船着き場があるみたい。
前後しちゃってすいません。探してたのは葛飾区柴又と松戸市矢切の間で運行されている「矢切の渡し」です。

細川たかしさんの声が頭の中に「つれて~逃げてよ~ ついて~おいでよ…」って響いてくる感じ。しかも上の写真を見る限り、櫓をこいでいるんじゃないの? 
河川敷に降りて上流方面へ少し歩き、川のほうに折れると、発見。
               柴又側渡船場
いい雰囲気出してるね!
渡船案内と料金表。
               料金表
渡し船は、
               舟
ドラ左エ門も渡していただくことに。
               出航
後ろを振り返って柴又側の船着き場。
               柴又側船着き場
数分で矢切側の船着き場へ。
               矢切側船着き場
真横に川を横断するんじゃなくって、矢切側の方が少し下流に位置してる。斜め横断してる感じだね。

矢切側には細川たかしさんの寄付による碑も。
               渡しの碑

舟は次のお客さんを乗せて、柴又へ。
               次のお客さん

いやー風情って言うかなんていうか。独特の雰囲気があるね。
 
ドラ左エ門は、ここから北総線の矢切駅まで歩いたんだけど、往復渡してもらうお客さんも多いみたいだ。船頭さんに「片道?」て聞かれたから。矢切側の船着き場から矢切駅までは結構あるので、それのが楽かもね。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寅さん記念館
- 2014/06/25(Wed) -
ドラ左エ門が小学生のころ、年に2回封切りされる「男はつらいよ」をよーく見に行ったもんだ。喜劇なんだけど、なぜか涙をさそう寅さん、ある意味憧れもある。
で柴又に行ってきました。

駅を出たら寅さん像。
               寅さん像
逆光なんで違う角度から写真を撮ってたら、近所のおばちゃんが「こっちから撮ったら柴又駅も入るよ」。なるほど映画のラストシーンで旅に出かけるところみたいだね。

帝釈天の山門。
               帝釈天
笠智衆さんとか佐藤蛾次郎さんが竹ぼうきをもって出てきそうな雰囲気。

道を歩いていると案内版になにやら書いてある。
                     案内版
                     案内版2
洒落た案内版だよね。

寅さん記念館に到着。
               記念館正面
入って最初に寅さんの生い立ちが小劇場で紹介。ここらへんはドラ左エ門も全然知らなかった。
               小劇場
順番とか違うかも知れないけど、覚えている範囲ではこんな感じ。
【寅さんの生い立ち】
 1.ガキ大将の寅(寅:5才)
   寅さんはお父さんが、芸者の母さんに産ませた子(だから妹のさくらとは母親が違う)。その寅さんを義母が引取り、
   愛情込めて育てた。でも寅さんは悪童でガキ大将として育っていく。
 2.東京大空襲(寅:11才、さくら:5才)
   父さんは戦争へ。東京大空襲の日のこと。江戸川土手でさくらが東京方面を見て不安がっていると、「心配するな。
   父ちゃんがいなくても、ちゃんと守ってやるから。」と寅さん。
 3.父の復員(寅:14才、さくら:8才)
   戦争が終わって数年後の夜、表玄関をたたく音。玄関を開けると痩せこけた父親が…
 4.ついに家出(寅:16才、さくら:10才)
   内緒でタバコを吸っているところを父親に見つかり、こっぴどく叱られた寅さん。家出を決行。さくらは寅さんを追いかけ
   柴又駅のホームで、貯めていた貯金箱ごと寅さんに渡す。電車が発進…。
 5.テキヤの修行時代(寅:20才)
   家出した寅さんは、その後テキヤの下働きで修行中。当時のテキヤは花形の職業で、あこがれの的だった。
 6.20年ぶりに故郷 柴又へ(寅:34才)
   テキヤとなって日本中を旅していた寅さんだけど、なんだか故郷が懐かしくなり柴又へ(上の人形の写真)。
映画はここから始まっていく事になる。

帝釈天参道にあったとされる「くるまや」のセット。
               セット1
いかにも本当にありそうな店づくり。
               セット2
真ん中の寅さんはカンバンなんだけど、本当にいるみたいだね。
店の奥には朝日印刷が
               セット3
タコ社長が出てきそう。

寅さんの全財産がこれだって。
               全財産

渥美清さんが亡くなって、寅さんも終わっちゃったけど、寅さんは永遠だね!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東京ゲートブリッジ
- 2014/06/24(Tue) -
レインボーブリッジ、勝鬨橋に続く、橋シリーズ第3弾。

ゲートブリッジはマイカーの無いドラ左エ門にはちょっと行くのが大変。新木場から若洲キャンプ場行きのバスで終点下車。そこから海釣公園方面へテクテク。
オー存在感。
               若洲昇降口
橋の横に付いているビルみたいのが若洲昇降口。この中にエレベーターがあって、最上階の展望台まで登れる。
               全景
下の防波堤は海釣公園。

階段で一つ下に降りて表に出て、東京側にしか付いていない歩道をテクテク。
右に見えてきたのは、中央防波堤内側埋立地。
               中央防波堤内側埋立地
そういえば昔、この風車を見学するツアーがあってカミさんと見に行ったなー。

中央防波堤内側埋立地の右側には、お台場が。
               お台場

さらにテクテク。橋のほぼ中央部で下を見ると、見覚えのある船が。もしやと思ったら…。
               海竜
5/26に紹介した「しゅんせつ船 海竜」ではないか! しかも、しゅんせつ作業中。ラッキーヽ(^◇^*)
しゅんせつしてた証拠に、海竜の通った後は海が濁っている。
               しゅんせつ後
左側の船が海竜。このあと中央防波堤外側埋立地の南側にいったんで、もしかしたら泥を捨てにいったのかな?

中央部分を過ぎて下りになると、中央防波堤外側埋立地のずっと先の海上に光るものが出現。
               風の塔
なんだ? UFOの訳はないし、海ほたるとは形が違うし??
後で調べたら東京湾アクアラインの換気塔で「風の塔」っていうんだって。アクアラインの中央付近にあたるらしい。

そしてゲートブリッジの上空、やたらと飛行機が飛んでる。
               旅客機
もちろん着陸態勢。管制塔や駐機中の飛行機もハッキリと確認。
               羽田空港

東京ゲートブリッジって変な形でしょ。なんでだろーと思ってたら上と下から圧迫されちゃったんだって。
つまり羽田空港に近いんでレインボーブリッジのような吊り橋はムリ。しかも下は東京港に繋がる航路になっているから高さを確保しないといけない。これで納得。

中央防波堤側にも昇降口はあるんだけど地上に降りることはできないので、今来た歩道を折り返し。すると少し靄が晴れてきて、行きには見れなかった光景が。
               スカイツリー
靄の中だけどスカイツリー。

こっちはTDLじゃん。
               TDL
これもラッキーヽ(^◇^*)
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
造幣局
- 2014/06/23(Mon) -
造幣局も見学させてくれるっていうんで行ってきました。
造幣局の見学なんで、硬貨を作っているところが見られるのかな? って期待してたんだけど、少ーし違ってたんだよね。

造幣局の本局は大阪にある。よく花見シーズンになると「通り抜け」ってやっているところだね。支局が広島と東京にある。ドラ左エ門が行ったのは東京支局。残念ながら東京支局では普通の硬貨は作ってなかった。見学させてくれたのは「プルーフ貨幣」の製造工程。今発行されている硬貨なんだけど、特別に手間をかけて綺麗に作って、1円から500円まで各1枚ずつケースにいれて販売しているやつ。プルーフ貨幣の製造工程は撮影禁止なんでお見せできない(ごめんなさい)。

だけど東京支局には博物館があってそこには硬貨を作る工程が説明されてたんで、そちらをご紹介。
まずは硬貨のの元となる合金を作らないと話にならない。いろいろな金属を電気炉で溶かして合金を作るんだ。
できたのがコレ。(とてもお金には見えないや)
               鋳塊
鋳塊っていうんだって。
この鋳塊をうすーく延ばしていくんだよね。延ばすと、まず熱間圧延板になる。
               熱間圧延板

これを硬貨の厚みまで延ばしたのが、仕上圧延板。
               仕上圧延板

この板を丸く抜いていく。
               抜いた後の板
きれいな模様になってるけど、使うのは抜いた方。抜いたものを円形っていうんだって。この円形はまだ「のっぺらぼう」だ。

円形に「ふち」を付けて、加熱して柔らかくする。それを洗ってから硬貨の模様を刻印するんだって。あとは検査して袋詰め。ビデオでは産業用ロボットが作業をしていた。やっぱり重いからなんだろうな。
               出荷状態
1袋の重さは、500円硬貨は14kg(2000枚)、100円が19.2kg(4000枚)、50円が16kg(4000枚)、10円が18kg(4000枚)、5円が15kg(4000枚)、1円が5kg(4000枚)だって。

硬貨の模様をつけるのには、当然ながら型というか刻印みたいなのが必要でしょ。それを作るのがこの機械。
               縮彫機
縮彫機っていうんだけど、右側の赤丸の所に大きな型をおくとぐるぐる回る。針みたいなのが回っている部分の凹凸を検知して、中央にある赤丸のところを削っていく。これを硬貨のサイズになるまで繰り返すんだ。

さて、造幣局東京支局はプルーフ貨幣だけを作っているわけではない。代表的なのが勲章。勲章って金属を型抜きして細工を入れたり、七宝を焼いたりするんで高等技術なんだって。勲章も撮影禁止なんで画像なしですが、こんなのも作ってるそうです。
               東京五輪金メダル
東京オリンピックのメダル。これは金メダルでーす。オリンピックっていう感じのメダルだよね。

こちらは札幌オリンピックの金メダル。
               札幌五輪金メダル
スキーのシュプールとスケートリンクをデザインしたものだって(秩父宮記念スポーツ博物館・図書館HPより)。

長野オリンピックの金メダルはこんな感じ。
               長野五輪金メダル
七宝を焼き付けてる。勲章を作る技術が活かされてるわけだ。
ドラ左エ門的には、長野のメダルが一番好きかな。

こんなのも作ってる。
                     国民栄誉賞
国民栄誉賞の楯。

そしてこの博物館には日本の古銭や小判が展示されてるよ。
               大判
おー金ピカだ。

最後にこんなのもありました。
               金塊
15.314kgの金塊。69,617,444円だって。
うへ!

ちなみにケースに穴が開いてて触れます。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
交流戦
- 2014/06/22(Sun) -
川内に行ったらプロ野球見られるかな?
もしかしたら最後になるかもしれないプロ野球観戦、どうせ行くなら交流戦。ということで6月21日(土)東京ドームのソフトバンクVS巨人戦に行ってきました。

前回プロ野球観戦したのって10年以上前だと思うんだよね。その時は交流戦なんてなかったので、会社が終わってから同僚と東京ドームにいった。
久々の東京ドーム、巨人のゲームなんでかなり混雑してる。やっと指定席に到着。レフト側外野指定だけど。グラウンドではソフトバンクの練習中。
               練習

ゲームは、
4回表にイデホがホームラン。その後もソフトバンクが加点して2-0。
4回裏には巨人が1点を返して、2-1。
               スコアボード4
8回にソフトバンクが1点追加して、3-1。
9回裏、巨人が反撃するも追加点ならず終了。
               スコアボード9

ドラ左エ門は熱心ではないが、セリーグなら巨人、パリーグならソフトバンクを応援する。両チームの対戦なんだけど、どっちかっていうとソフトバンク応援かな。

それにしても昔のプロ野球と変わったね。昔も応援団はいたけど、ほとんどがオジサンだった。応援団の規模も球場の一画しかなかった。
今は、まず若い観客がすごく増えている。女性も多い。応援団も熱烈で規模も大きい。巨人が点いれたときなんか、球場の340度位はオレンジのタオルを回してた。残り20度はソフトバンク応援団。若者の皆さん、これからも日本のプロ野球の応援、よろしくお願いします。

最後に、東京ドームさん。ビール800円はちと高い。もう少しなんとかなりませんか?
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
りっくんランド
- 2014/06/21(Sat) -
「りっくんランド」って遊園地ではありません。でも男の子は夢中になるかな?
正式名称は陸上自衛隊広報センター。練馬区にある。
川内村にも自衛隊の基地はあるけど、こっちは航空自衛隊。しかもレーダーサイトなんで戦車なんかは絶対に見れない。と思って観てきました。

2階から1階に下りてくる順路なんだけど、真ん中にデーンと鎮座しているのが「アパッチ」。正式名称は「対戦車ヘリコプターAH-1S」。
               アパッチ
昔、映画になったこともあったよね。
                   vアパッチ機関砲
なかなか見れない角度でしょ。3連装20mm機関砲。この機関砲、パイロットの顔が向いている方に自動的に動く。

次に目に入ってくるのが、90式(キュウマルシキ)戦車。
               90式
最新型の一つ前かな。この戦車から複合装甲になったんだよね。

屋外にも展示がある(窓ごしの写真なんでちょっとテカっててごめんなさい)。
向かって左側。
               屋外左
左から順に、
 UH-1H多用途ヘリコプター(東日本大震災でも活躍してた)
 75式自走155mmりゅう弾砲
 74式自走105mmりゅう弾砲
 中距離多目的誘導弾(荷台にミサイルを装備してて、船や戦車に対応する)

向かって右側。
               屋外右
右から順に、
 10式(ひとまるしき)戦車(最新鋭の戦車)
 74式(ななよんしき)戦車(この戦車、車高を変える姿勢制御機能がある)
 96式装輪装甲車
 80式装甲戦闘車(社内から小銃で射撃ができるよう銃眼がついている)
               <銃眼>
               89式装甲戦車
 87式自走高射機関砲
 94式水際(すいさい)地雷敷設装置(水上ではフロートを出して幅が大きくなる)

いやー陸上自衛隊って特殊車両のオンパレードだよね。子供向けに「はたらくくるま」ってシリーズがあるけど、それと同じでなんかワクワクしちゃう。

最後はオマケ。
               防弾チョッキ2型
防弾チョッキ2型。ドラ左エ門が着てるんだけど、これじゃ動けない。12kgだって。PKOでイラクに派遣された部隊は、これを着てたんだって。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
刈払機
- 2014/06/20(Fri) -
資格シリーズ第3段、刈払機の資格、取ってきました。刈払機って判ります?
草刈り機なんだけどエンジンとかが棒についてて、先端に回転する刃が付いているやつ。都会では公園や河川敷なんかで使っている場合があるかな。
写真が無いんで載っけることができないので、教科書から…
               イラスト
こういうやつ、見たことあるでしょ。
別に自宅部分を刈ったりするのには、チェーンソー同様に資格は要らないんだけど、正しい知識が欲しいし、就職の役にもたつ可能性があるもんね。

「なにも自宅部分だけならこんな大掛かりなの要らないジャン」と思った方、川内村をなめたらいけない。こないだ行った時のドラ左エ門宅の敷地の一部はこんなんなってます。
               畑土地
ちょっとしたジャングルでしょ。まだ6月だからね~。これからはもっとすごくなる。

この資格、正式には「刈払機取扱作業者安全衛生教育」っていうもので学科5時間、実技1時間、計6時間。
内容は
 1.刈払機の知識
   構造や選定時の注意点、作業上の留意点、害虫・まむし注意点、点検整備、こんなところを教科書に沿って講習
 2.振動障害およびその防止に関する知識
   チェーンソーのときもやったけど、田舎暮らしして病気になっちゃ、つまらないもんね。
 3.災害事例、法令
   刈払機の先端の円盤は、超高速で回転している。だから振り向きざまにに人を傷つけてしまったり、空き缶や
   電池なんかのゴミにあたると15mとか飛ぶんだって。チェーンソーも凶器だけどこいつもヤバイね。
   (でも刈払機は、13日の金曜日のような映画の題材にはちょっと向いていないよね)
 4.実技
   人数が多いので大した時間じゃないけど実際に草刈り。なんとか本番でもできそうだ。

さて、あとは刈払機を買わないといけない。
大きなやつだと振動も大きく疲れるし、第一高い。小さなやつだと熊笹とか野薔薇なんかにはパワーが不足。
昔は2サイクルエンジンばっかりだったけど、最近は4サイクルのやつとか、バッテリーのやつもあるんだって。

これから少し悩まなくっちゃならないかな。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
勝鬨橋~橋脚内見学ツアー
- 2014/06/19(Thu) -
昨日ご紹介した所までは開館日(変則なので注意してね)ならだれでも見られるんだけど、ここからは事前申し込みが必要。
これから行く方、垂直なハシゴの上り下りや、急な階段等があるので注意してね。

安全帯をして、ヘルメットをかぶり、軍手をはめて、いざツアーに出発。橋脚内を案内してくれる方が4名、案内されるのはドラ左エ門のみ。1人のためにお手数かけました。

では運転室塔へ。
               運転室塔
道路と反対にはこんな階段があって、この塔の中が運転室。
勝鬨橋には同じ形をした4つの塔があって、あとの3つは見張り塔・倉庫塔・宿直室塔になっている。

運転室は…
               操作盤
橋の角度を見るために角度計がある。
               角度計1
両方の角度がわかる角度計も。
               角度計2

さて、いよいよ橋脚内へ行くんだけど、資料館にあった模型で仕組を説明しときます。
               模型側面
橋はトラニオン(①)を軸に開閉する。閉じている時は活荷重沓(②)とトラニオンの2点で橋全体の荷重を支える。
橋1枚の重さは1000t。トラニオンを軸に回転運動をさせるために橋の袂側に1000tのカウンターウエイトをつけてバランスを取っている。結果的に1枚の橋で2000t、2枚で4000tが開閉する。
この2000tの橋を橋に直結してあるラック(③)とモーターからの運動が伝わってくるピニオン(④)をかみ合わせて開閉するんだ。
               模型後方
カウンターウエイト(⑤)はこんな感じでついている。
直流モーター(⑥)の他に、複数のブレーキがあるのが判るよね。

実際の橋脚内のご紹介。
まずはトラニオン。
               トラニオン
閉じているときは活荷重沓と重さを分散しているけど、開閉中はトラニオンだけで2000tを支えているんだよね。

ラック&ピニオン。
               ラック&ピニオン
橋の袂の左右に1個づつついている。この仕組で最速70秒で、70度まで開いたんだ。
写真上部にはカウンターウエイトも見える。

カウンターウエイト。
               カウンターウエイト
カウンターウエイトは鉛でできていて、バランスを取るために取り外しができるようになっている。鉛のカウンターウエイトは橋の表面に設置されているけど、内部にも取り外しができないウエイトが入っているんだって。
写真下に見えるのは、モーター・ブレーキ・クラッチ・減速機などの動力装置。

直流モーター。
               モーター
モーターは1つの橋で2つ。勝鬨橋全体では4個ある。1つの橋は1つのモーターでも開閉可能だったけど、故障時対応や強風に備え2個づつついている。

この橋、昭和15年に完成しているから、完成後70年以上経っているんだよね。写真を撮った場所は水面下にある。でも水漏れはないそうだ。昭和の技術、あなどれませんね。

勝鬨橋は1970年11月29日を最後に開かずの橋になっちゃった。ドラ左エ門は小学生だった。この年は大阪万博があって三波春夫さんが「こんにちは~ こんにちは~」って歌ってた年だ。残念ながらドラ左エ門には開閉の光景を見た記憶が無い。一度見てみたかったな。

 
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
勝鬨橋~資料館
- 2014/06/18(Wed) -
5/28レインボーブリッジにつづく、橋の第2弾「勝鬨橋(かちどきばし)」。なんで?という方、この橋開くんです(正確には開いてました)。

まずは歴史から…
隅田川には銀座・築地側と月島側の間に「月島の渡し」があったんだけど、交通需要の増加から地元の有志が新たに渡しを作り、東京市に寄付。その時日露戦争 旅順攻略にちなんで「勝鬨の渡し」って命名。
               渡し
その後、関東大震災が発生、橋を架けようってことになったんだけど、当時は隅田川の水運が活発だった。だから大きな船が通れる橋が必要だったんだね。

勝鬨橋の築地側には「かちどき橋の資料館」があるけど、元々は勝鬨橋の動力を賄う変電所だったんだ。
               資料館
この変電所から橋脚内にあるモーターまで電気が送られていた。だから資料館の中は今でもこんな感じ。
               変電設備
2階には操作盤がそのまま残っている。

               発電機
これが変電設備。どうなっているかっていうと、一番右にあるのが「交流モーター」。真ん中にあるのが「直流発電機」。つまり発電所から送られてきた交流電気で、直流発電機を動かしてたんだね。直流の方が橋を稼働させるモーターを制御しやすかったんだって。

では橋に向かってGO!
               点滅灯
橋の名前の上には点滅灯があって、開く時には点滅して警告をしてたんだね。

               歩行者用信号機
写真の真ん中に信号機があるでしょ。これが歩行者用で、車道側にも信号機がついてたんだって。今は車道の信号機は外されちゃっている。

橋の中央にある「切れ目」
                     中央部路面
この上はどうなっているかっていうと…
                     中央部上
上もつながってない。(当たり前だけど)。勝鬨橋にはこんな柱が何本も立っているけど、これって都電の架線を下げるためにあったんだって。

中央で二つに割れて開いていく訳だから、両脇にも切れ目がないといけないよね。
                     袂側路面
今は目張りされちゃっているから良く判らないけど、この赤い線の所から右が稼働(上がる)してたんだって。

この後もまだまだあるんで、今日はここまでにしときます。
               外観
明日は①部分の運転室塔と、②部分の橋脚内をご紹介します。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村訪問記録~初夏のきざし
- 2014/06/17(Tue) -
川内村もようやく春が終わり「初夏」がやってきた感じ。どんな状況かというと……

5月の末は蜂が蜜を集めていたけど、今は蝶々が飛んでいる。
               蝶

川内で見る、はじめてのトンボ。オオカワトンボっていうらしい。
               とんぼ

前回はまだ細かった蕗も、そろそろ食べられる大きさに
               蕗

まだ苗だった稲は、田んぼに植え付けられて
               田んぼ

田んぼの中には、オタマジャクシがうじゃうじゃ
               おたまじくし

こちらはオタマジャクシ生産中かな?
               カエル
そしてこのカエルさんは、木の枝先に泡上の卵を産みつけるという、あの「モリアオガエル」ではないかと思われます。

今度行ったときに卵が見られるかな?
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村訪問記録~基礎工事完了
- 2014/06/16(Mon) -
川内村の建築現場では、ようやく基礎故事が完了。昨年10月には終わっている予定だったのに、諸般の事情ってやつで8か月遅れ。
               基礎工事
先週、東京でも大雨が降ったでしょ。川内でもそれなりに降ったみたいで、道路の端が欠けている所も。
写真ではよく判らないんだけど、実は基礎の中に5cmほど雨水が溜まってます。大工さんも押せ押せになっちゃってるんじゃないのかな?
そんな状況なんで、今後の工事への影響もあろうかと。アーデンホームさんに聞いてみたところ「7月末ギリギリかな?」っていう答えでした。今月中には棟上の状況にして、7月に残りの作業。うーんキツイねー。

今回も空荷で川内まで行くのはもったいないので、途中で薪を400kgほど購入。なので最近のレンタカーはニッサンADばっかりになっちゃっている。
今回の薪はこれ。
               薪
左側は前回分。風でブルーシートが飛んでないか気になってたけど、まったく問題なし。

こっちはアーデンホームさんが運んでくれた原木。
               桜原木
なんでも他の現場で、駐車場予定地にあった桜なんだって。わざわざ持ってきてくれました。有り難うございます。

桜といえば、この現場にも桜らしき木を発見。
                     桜の木?
「らしき」っていうのは、幹の模様や葉の形は桜なんだけど、花が咲いていた様子が無いんだよね。
上手くいけば来年の春には「自宅で花見」ができるかも?

6月10日にエコドライブ講習会の紹介をしたでしょ。実践してみたところ、なかなかの結果(1回だけじゃ判んないけどね)。
走行条件はこんなです。
 ルート:悪化 行きのルートは前回と同じだけど、帰りは東京近郊で一般道を3時間ほど走行
 エアコン :悪化 今回は暑くって、高速道路と都市部ではエアコンを回しっぱなし
で、今回の燃費は21.4km/ℓ。これにはドラ左エ門もビックリ。ADのJC08モードは17.4km/ℓだからね。
前回が19.5km/ℓだから、前回と比べても1割ほど燃費がいい。

やったのはっていうと、
 ・信号待ち時アイドリングストップ(エアコンをつけて無い時だけ)
 ・発進時5秒で20km/hの心がけ
 ・巡航時のアクセル開度一定
 ・減速時のフューエルカットの心がけ
 ・休憩後にエアコンをつける前に、社内空気の入れ替え
 ・高速道路をゆっくり目に走行(メーター100km/h前後)

これでガソリン代が1割安くなるんだったら、今後も継続だね。地球環境にも優しいしね。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消防博物館
- 2014/06/13(Fri) -
丸ノ内線の四谷三丁目駅近くにある消防博物館、四谷三丁目の駅と繋がっているんで、雨が降ってても全く問題なし。梅雨時には助かります。地下で入管証をいただいて、1階で音声ガイドの機械を借りてから見学。展示内容はこんなです。
10階:展望休息室(富士山が見えることもある) 6・7階:企画展示室/資料室 5階:江戸時代の消防 4階:明治~昭和の消防 3階:現代の消防 1階:エントランス 地階:消防車などの展示/地下出入り口
ちなみに東京消防庁の施設なんで「無料」。プーのドラ左エ門には大変助かります。

まずは江戸時代
組織的な消防活動がおこなわれるようになったのは江戸時代が初めて。最初は「奉書火消」っていって幕府が大名に命じたんだって。その後「大名火消」ができるんだけど、消化力強化のため常設の「定火消」ができる。これは旗本が中心。そして有名な「町火消」が大岡忠助によって組織されるんだね。

火消装束(もちろんお武家さんの)
               火消装束
最初は戦の時の兜なんかを使ってたんだけど、やっぱり使い勝手が違うんで専用のものになってった。装束は派手派手になるんで「絵を入れるな」なんてお達しもあったけど、あまり効果はなかったんだって。素材は燃えにくい羅紗(ラシャ)。一番右の白いのは革でできている。

まとい。
               まとい2
「まとい」といえば町火消が有名だけど、最初に使ったのは大名火消だって。戦国時代に識別に使った「まといのぼり」が残ったもの。
町火消の「まとい」ってけっこうシャレッ気がある。こちらは実物大の「い組のまとい」だけど……
                     まとい1
上の丸いのが「芥子の実」。下の四角いのは「枡」。両方合わせると「芥子枡(けします)」。

江戸時代の道具類。
               火消道具
火を消す方法って三つあるでしょ。①温度を下げる ②酸素をなくす ③燃える物をなくす。江戸時代は、燃える物をなくす「除去消化」だったんで、家を壊す道具が主体。
はじからはじまで横に吊ってあるのは「大刺又(おおさすまた)」。柱にあててヨイショって押して家をつぶすんだって。鳶口や鋸なんかも使った。真ん中には龍吐水(りゅうどすい)があるけど、主に「まとい持ち」などに水をかけるのにつかった。

明治時代に入ると「除去消化」から水をかけて浸す「冷却消化」へ移行。そういう道具が発達したからできたんだね。
腕用ポンプ。
               腕用ポンプ
これは国産だけど、最初はドイツから輸入したんだって。形は龍吐水と似てるけど、性能は全然違うんだね。

蒸気ポンプ。
               蒸気ポンプ
腕用ポンプに比べればパワーはあるんだけど、火を焚いて湯を沸かしてからじゃないと動かないんで稼働まで20分位かかったんだって。

ガソリンポンプ。
               ガソリンポンプ
蒸気ポンプより性能もいいし、取扱も楽なんで普及していった。

救助梯子。
               救助ハシゴ
明治36年に配置されたんだって。馬で引いて行って5階部分の高さまで到達。

赤バイ。
               赤バイ
交通渋滞が激しくなって、昭和44年に暫定配置。今ではオフロードバイクに特殊な消化機を積んだのがあるよね。

ここからは地下の展示車両。
消防ポンプ車。
               ポンプ車
この車、ボンネットの前にポンプがくっついている。

梯子自動車。
                     梯子車
シャシーが古くなったんで、いすずのバスのシャシーに梯子を乗せ換えたんだって。元々は大正14年に輸入された。梯子が木でできているよ。

消防の皆さん、日夜のお仕事ご苦労様です。
これからも町の安全のために、よろしくお願いします。
 
追記
14日と15日は川内に行くので、ブログお休みします。
朝、書き忘れてしまいました。ごめんなさい。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あじさいまつり
- 2014/06/12(Thu) -
ブログを書いている今も雨。雨が降ると出かけるところに制約ができちゃうし、傘をさして出かけるのは面倒。
でもこのシーズンの紫陽花は、なんとなくサマになっているのが不思議。カンカン照りの紫陽花はちょっと違うよね。

文京区にある白山神社・白山公園では「あじさいまつり」開催中。(こういうのはカミさんもいくんだよね)

白山神社正面。
               白山神社
平日の午前中だというのに、そこそこの人出。お参りしてから白山神社の境内を散策。
でドラ左エ門が選んだベストショットがこちら。
               社殿裏
白山神社の社殿の裏側なんだけど、紫陽花と古風な社殿のバランスがいいな

こちらは白山公園。
               ネコを除く
門に書いてある文字を見てください。「立入禁止(ネコを除く)」って書いてある。自分の家に、堂々と書ける住人の方のユーモアが好き。

ここからは紫陽花を少しお楽しみください。
               あじさい1
               大輪で、葉より花がずいぶんと目立ってるね。

               あじさい2
               こちらは小ぶりだけど、ピンクの花と中央の白いところがアクセントに。

               あじさい3
               おー、幾何学的。

               あじさい4
               小ぶりで清楚な感じかな。

               あじさい5
               この子は無作為のように花が付いているね。

鎌倉の長谷寺もいいんだけど、こちらも近場でお勧め!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
錆斧再生
- 2014/06/11(Wed) -
「田舎暮らしで薪ストーブを焚きたい」 という憧れの生活に、どうしても欠かせないのが「斧」。最近はアックス(洋斧)が主流だ。「どーしようかな」と思いつつ、ヤフオクを見ていたら「斧3本 1000円」、但しサビサビ。思わず衝動買いしちゃいました。
               3本の斧

一番大きい斧を、アップで見るとこんな感じ。
               1本目
かなりの錆。刃まで錆がきていて、刃こぼれの状態。柄の方はしっかりしているんで、錆を落として、刃を研げばなんとか再生できるんじゃなかろうか? と思い実践。本当はディスクグラインダーがあれば楽にできるんだけど、そんな物はないので手作業。但し、ドラ左エ門が正しい錆落としの方法なんか知っているはずもなく、自己流なんで、ホントに使えるかは薪を割ってみないと判らない。

まずはテレビで見た錆落としの秘技。
               木工用ボンド
木工用ボンド作戦。木工用ボンドを塗って乾いたらベリベリっと剥がす。錆がボンドと一緒に剥がれる。っていう作戦。
乾燥すると透明になる。
               乾燥後
さ、剥がすぞー!
でも、なかなか一気に剥がれない。ラジオペンチで少しずつ剥いていく状況。ラジオペンチで摘まめない場合は、カッターナイフで削ぎ取っていく。これからやってみようという方へ、剥がすの結構大変でした。

効果のほどはというと……
               ボンド作戦比較
上が処理前で、下が木工用ボンド作戦の後。確かに浮いていた錆はほとんど無くなって、表面の赤さびが目立つようになったんで、まあ正解かな

今度は赤さびを落としつつ、刃こぼれを削るために「荒砥」で研磨。
               荒砥後
この辺りが限界。錆が取れない所は凹んでいて研磨不能。それにしても荒砥の減り具合がスゴイ。新品だったのに左側の厚みが2/3位になっちゃった。
このあと「中砥」で刃先部分を中心に研磨。

さて、残った赤錆をどうしようかと思ってネットを見てたら、「赤錆を柿渋で黒錆に変える」の文字が…
やってみました。
               柿渋後
おー真黒になった。でも錆をおとして、光っていた所も真黒だ。
布でふき取って、錆止めのための鉱物油を塗布。ついてに柄に巻いてある針金が手に引っ掛かるんで、革を巻いてみた。
               鉱物油後
一応完成。

最初に比べれば「斧」って感じだよね!
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エコドライブ講習会
- 2014/06/10(Tue) -
現在ドラ左エ門は車を持ってないけど、川内村に移住するんでハスラー(CVT)とキャリー(マニュアル)を購入したことは、以前お伝えした通り。川内ではどこへ行くんでも車に乗らないといけない。そこへきて、昨今のガソリン価格の上昇、CO2の事もあるし、ということでエコドライブ講習会に行ってきました。
正式名称は「九都市エコドライブ講習会」ってなってる。九都市ってどこなのかというと埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市だそうだ。何で都道府面レベルと市区町村レベルが混ざっているのかな?

場所は京成ドライビングスクール。当日はお休みのようで教習車は走ってなかった。実際にエコドライブを教習してくれるのは「JAF」の方々。参加者2名につき1台の車を用意してくれて、エコドライブの座学、実技を教えてくれる。

内容は…
 1.東京都環境局の方のご挨拶
 2.いきなり運転して燃費計測
 3.教室でのエコドライブ講習(運転技術)
 4.コースでのエコドライブ講習、燃費計測
 5.教室でのエコドライブ講習(運転技術以外)
 6.個人別フィードバック
これで約4時間位。このあと希望者にはニッサンリーフ(電気自動車)の運転もさせてくれる。
全部はムリだけどキモの部分をご紹介します。

なぜエコゴライブかっていうと、もちろん地球温暖化対策。東京都のCO2排出量の約1/4が運輸部門で、その内の54%が自家用車なんだって。もちろん自動車も進化しているけど、運転方法によって結構違う。ドラ左エ門も「急加速しない」位の知識はあるけど、そうはいっても車の流れに乗らないとねー。じゃ、どんだけアクセル踏めばいいの? ってことになっちゃうよね。

ここからが運転方法。いくつかあるんで箇条書きにします。
①運転姿勢<細かなアクセルワークのためには姿勢も大切>
 ・シート位置は思いっきりブレーキを踏んでも膝が曲がる位置
 ・背もたれの角度はハンドルの最上部をもって軽く肘が曲がる位
②発進
 ・ブレーキを離したら、一呼吸置いてからアクセルを踏む(クリープ現象で車が前に出だしたらアクセルを踏む感じ)
 ・5秒で20km/hになる位
 ・その後もアクセルは少しずつ踏んでいく
③巡航
 ・アクセルは一定の開度をKEEP
 ・上り坂では速度が下がる前にアクセルを踏み足す
④減速
 ・先の流れを読んで停止すべき位置を予測、それに合わせてアクセルを戻す
  <最近の車はフューエルカットって機能が在って、アクセルを戻すと燃料を絞るんだって>
⑤マニュアル車
 ・高めのギアーで走行、早めのシフトアップ
⑥その他
 ・エアコンをかける前に、空気の入れ替え
  <ドアを数回、開け閉めするとずいぶん違う>
 ・暖気運転は不要。その代りエンジンが暖まるまでゆっくり走行
  <5分暖気運転すると、160ccのガソリンが必要>
 ・エンジンはこまめに切る※
  <エンジン始動時のガソリンの増加分は、5秒間のアイドリング分と同じ>
  ※エンジンを切るとナビ・エアコン・ワイパー・パワステ等のアススト装置も切れるので、安全な場所だけにすること

こんな感じ。
他はパンフレット見てください。
               パンフレット

実際にコースに出て発進やら巡航やらの練習。教官曰く、「ガソリンは発進時に38%、巡航時に35%使われてるので、この二つを押えるのが肝心」。
実測してみたら20%ほどの改善に! ドラ左エ門は結構エコドライブ派だと思ってたけど、まだまだ改善できたんだね。
               結果

最後に修了書いただきました。移住したら仕事探しなんだけど、履歴書に書いていいんだろうか?
               修了証
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
都電
- 2014/06/09(Mon) -
6月10日は「路面電車の日」なんだそうな。6月10日=「ろ(6) テン(10)」(路電→路面電車)の語呂合わせだそうだが、チョットムリが……。
路面電車の日を記念して、都電の荒川車庫が6月8日に見学できました。

都電といえばいろいろな思い出があるんだよね。
ドラ左エ門が子供のころ、ばあちゃんが都電でいろんなところに連れて行ってくれた。例えば須田町にあった「交通博物館」、浅草「花やしき」。そのばあちゃんは、都電にぶつかったこともあったようだ。また、そのころの車掌さんは優しくって、満員電車の時、たまにだけどパイプで区切られてた車掌さんの区画にいれてくれたりした。今だったら規則違反っていうことになっちゃうんだよね。
都電は東京の街を縦横無尽に走ってた。上野の駅前も、松坂屋の前も、不忍池の畔にも走っていた。
小学校の時、同じクラスの悪ガキ共が、「不忍池の畔を走ってた都電に石を投げた」って大目玉をくらってたこともあった。

小雨模様だったんで「空いてるかな?」と思ったらとんでもない。会場時刻にはもう行列ができてる。車庫正面にはイベント用の9000形がデーンと鎮座。
               9000形
ドラ左エ門の記憶にあるのは、昭和30年代後半から40年代前半なんで、こんなきれいな車両ではなくって、肌色というか黄色というか、まあ、あまり上品な色でなかったのは確か。

関連商品の販売にも、長~い行列が出来ていたけれど、そちらには目もくれず車庫に一直線。
車庫に入って真っ先に展示したあったのは「行先表示幕」。
                     行先表示幕
へー、広げるとこんな形になってるんだ。

そのあと、モーターや車台なんかがあるんだけど、パンタグラフのコーナーでは子供が「カシャン、シュー」とパンタグラフの上げ下げ体験をしている。
               パンタグラフ
パンタグラフは留め金(写真中央)で止まっていて、留め金を外すとバネの力で自動的に上がるようになっている。この時に「ガチャン」っていう音がでる。
格納時にはエアシリンダー(写真では左から右にかけて布のように見えてる)を伸ばして下げるんで「シュー」っていう。
パンタグラフの一番上に黒ーい板があるでしょ。コレ「スライダー」って言うんだって。このスライダーが架線と接触して電気を取り込むんだけど、残りの厚みが13mmになったら取り換えるんだって。
               スライダー
上が使用前、下が使用後。結構減るもんだね。

屋外へ出て、車庫内にあるいくつかの都電を眺めていると、こんなんがありました。
               車庫
判るかな? 左側には線路があって、車庫を通じて営業線に繋がってる。右側はここで終わり。ってことは車両を入れ替える装置なんだよね、たぶん。

こんな物もあったよ。
               軌陸車
ドラ左エ門も最初は高所作業車かと思ったんだけど、タイヤの周りをよーく見てね。車輪が付いてるでしょ。軌陸車だったよ。実物にお目にかかれることはめったにないよね。

ところで、都電の「つり革」を販売してたんだけど。すごーい行列。
               つり革
このつり革、持って帰ってどう使うんだろうか。

川内に行ったら、もう都電も乗れないので、この機会に乗車。なんと来たのは赤い都電(8800形)。
               沿線
こんなローカルな風景が見られるのもチンチン電車ならでは(写真は後方を撮影)。

三ノ輪橋で乗ってきた車両が折り返すところ。
               三ノ輪橋
この三ノ輪橋の駅「関東の駅100選」に入ってるんだって。

都電は交通の邪魔になるってことで都内から無くなってたけど、荒川線だけは専用の軌道が多いってことで残っている。都電も風情があってなかなかいいもんだ。できればずっと残ってほしいね!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本科学未来館
- 2014/06/08(Sun) -
2001年にオープンしたとき、是非行ってみたいと思ったところ。子供はもう付いてくる年ではないので、孫とでもと思ってたが、孫はまだまだ望むべくもなく、結局一人でいってきました。

見てきたんだけど、ゴメンナサイ。日本科学未来館って何をしたいんだか、理解できずに終わっちゃいました。

普通の博物館だと、順路っていうのがあって、大テーマ→中テーマ→小テーマ、次の大テーマ→中テーマ→小テーマ…、みたいに並んでるじゃない。でも日本科学未来館には順路がないんだ。だから情報がぶつ切りになって入ってくる感じ。
ドラ左エ門の順番でいくと、5階に上がって主にこんな順番で見学
①LE-7A ②すばる望遠鏡 ③スーパーカミオカンデ ④しんかい6500 ⑤K-T境界層 ⑥「ちきゅう」 ⑦惑星探査計画…
ちゃんと左回りにまわっているんだけど、ドラ左エ門的にはLE-7Aと惑星探査は隣にあってほしいし、5階の端にある国際宇宙ステーションも、その近くにあってほしい。

もう一つ、よく判らないのが変な演出・比喩を使っているところ。
たとえば3階にある「アナグラのうた」。情報がテーマなんだと思うけど、「最新情報解析技術」とかバシっと書いてくれた方が判りやすい(とドラ左エ門は思う)。
また地球の問題なんかを「つながり」っていうテーマでまとめているんだけど、「宇宙船地球号」となにが違うのかな???

なのでパーツとしては判ったんだけど、日本科学未来館が何を伝えたかったのかっていうことになると、理解できてません。たぶんこんな展示方法をしているのにも意味があってのことなんでしょう。

さて、難しいことはおいて置き、あまり他では見られないものを紹介しときます。
日本科学未来館といえばこれ。
               ジオ・コスモス
今は、地球儀みたいになってるけど、大陸移動や海面温度などいろんなものが投影できるんだって。

メダカ(ピンボケでごめんなさい)。
               宇宙メダカ
但し、ただのメダカじゃない。ISSに行って帰ってきたメダカの子孫。メダカが宇宙にいった訳を職員の方に聞くことができました。①生命(発生)が無重力空間でどうなるかの研究、②長期宇宙滞在のための蛋白源確保の研究(魚を食糧にする)
②の方は初耳!

しんかい6500。
               しんかい6500
模型なんだろうけどカッコいい。

IPS細胞。
               ISP細胞
これは珍しい。顕微鏡の接眼部分にカメラをつけて撮ったんだけど、結構普通のデジカメでも写るもんだね。

さて、これから日本科学未来館へ行く方へ。
ドラ左エ門が理解できなかったことをちゃんと理解するには、ボランティアの方や職員の方に質問してみたらいいと思います。ボランティアさんは沢山いらっしゃいました。
また、いろいろな実演を見ようと思ったら、かなりの時間がかかると思います。

なので、朝早くから行った方がいいですよ。
(参考までに、ドラ左エ門は3時間ぐらいいました) 
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハローワーク
- 2014/06/07(Sat) -
有給休暇を全て消化したので、5月下旬に正式にプーになった。会社から、離職関係の書類が届いたのでハローワークに行ってきました。

失業給付をいただくには、いろいろ条件が在って、そのうちの1つが充足できないんじゃないかと心配してたんだ。その条件っていうのが「すぐに働ける」ってこと。
ドラ左エ門の場合、体はすぐに働けるんだけど、除染の遅延で約4カ月、冬の訪れと大雪で約5カ月、計約9カ月着工が遅れて、やっと基礎工事の段階。なので仕事を探す事ぐらいはできるんだけど、いつから働けるかさえ、はっきりとは判らない状況なんだよね。
ハローワークでご相談してみたら、今のハローワ-クは全国1つになっているんで、こっちでも福島の仕事がさがせるんだって。また状況によっては東京での短期のお仕事も検討できるんで、失業給付の対象となります。っていうことでした。

正直「助かったー」て感じ。ま、田舎暮らしを計画する位なんで、万一の資金は残している。数か月仕事に就けなくても死ぬようなことにはならないんだけど、家が建つのが遅れるは、出費だけカサムは、ではやってられない。ただし、自己都合の退職になるんで、戴けるのは9月以降になる。

そして全く知らなかったんだけど、追加で戴ける手当が2つもあった。
1つ目が「再就職手当」。早く仕事に就けば失業給付を全部もらったとした場合の差額が出る。この差額の一定割合を戴けるんだって。
                     再就職手当

2つ目は「就業促進定着手当」。これは再就職したときの賃金が、離職前の賃金より低い場合に支給される。
                     就業促進定着手当
ま、両方とも、満額戴いていたらもらえないし、そのほかの条件もあるけどね。ドラ左エ門はやっぱり人間は働かなくっちゃいけないと思うので、失業給付を満額もらうつもりはない(今のところは)。だから、この二つの手当戴けるように再就職ガンバりまーす。

もひとつ、ハローワークにご用があったので、これも済ませてきた。
5月13日のブログで触れた「小型移動式クレーン運転技能講習」なんだけど、これって教育訓練給付制度の対象だったんだよね。全然しらずに申し込んだんだけど、教習所にポスターが貼ってあったんだ。
こちらの手続きも済ませてきました。

いろいろと、知らないと損しちゃうね!
 
追記
日本テレビ「鉄腕DASH!」のDASH村のコーナーで農業指導をされていた三瓶明雄さんがお亡くなりになりました。もしかしたらドラ左エ門の田舎暮らし志向も三瓶さんの影響があったのかも知れません。DASH村のファンとして、ご冥福をお祈りします。
  
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧芝離宮恩賜公園
- 2014/06/06(Fri) -
都心部にある有名庭園の中ではここだけ行ってなかった。浜松町駅から竹芝桟橋の方に向かって直ぐなんだけど、こんなに便利なところにあるのに何で行ってないんだろう?

               芝離宮全景
海側から見ると、池の右側にはモノレールの駅舎、その奥には東京タワーが見える。

元々は芝浜って呼ばれていた海岸だったんだけど、老中の大久保忠朝(おおくぼただとも)が下屋敷を作って庭園として整備したのが始まり。明治になってからは宮内庁の管轄となり、芝離宮として一時は迎賓館の役割もしていた。関東大震災では被害を受けたんだけど、その後、東京市に移されたんだって。
お隣にある浜離宮は「潮入の池」で有名だけど、この庭園も昭和中期までは海水を取り入れていた。今では鯉や亀がいたから完全に淡水だね。

海水の取り入れ口が残っている。
               海水取水口

紫陽花の花。
               紫陽花
株数は少ないけど、綺麗な色と形をしているね。

芝生の上では雀がチュン。
               すずめ
都内では雀の姿をほとんど見かけなくなった。

ドラ左エ門が今年初めて見たトンボ。
               トンボ
ドラ左エ門が子供の頃は、夏になると補虫網をもって、蝶々・セミ・トンボなんかを追っかけてた。今も住まいは同じ所にあるけど、ほとんど見かけることはないね。

会社の近くにこんな庭園があったら、定食を止めて、コンビニ弁当+入園料150円っていうランチも、たまにはイイカモね。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鎌倉・江の島
- 2014/06/05(Thu) -
鎌倉は通ったことはあるけど、観たことはない。江の島は35年くらい前に行ったけど、覚えてない。ということで「はとバス」で行ってきました。

まずは建長寺。立派な三門(こう書いてありました)が…、遠くから見たら本堂かと思っちゃった。
               建長寺総門
仏殿。
               建長寺仏殿
りっぱな仏殿なんだけど、三門とバランスがとれていないような? と思ったらこちらは4代目、元は芝 増上寺にあった「お江の方(二代秀忠公の夫人)」の霊屋だったんだって。

こちらの梵鐘は国宝だそうです。
               建長寺梵鐘


鎌倉といえば、ここからの3か所は外してはいけない所。
まずは鶴岡八幡宮。
               鶴ヶ岡八幡宮
うーん残念。本殿の正面が工事中( ̄□ ̄;)!!

鶴岡八幡宮は「鳩みくじ」っていうのが有名らしい。
               おみくじ
でも自動販売機で「おみくじ」はど~もね? 「おみくじ」を【引く】っていうより【買う】って感じになっちゃうよね。

2つめは大仏様
               鎌倉大仏
とっても優しそうなお顔。ホットした気分になれそう。

最後は長谷寺。
               長谷寺観音堂
観音様にお参りして、今がシーズンの紫陽花へ。
               あじさい
平日だから空いてたけど、これからの土日はすごいんだろうね。

鎌倉を後にして江の島へ。
欲張りコースだから江の島は1時間しかとれないので、できるだけ上まで行ってみることにした。
体力を考えて、エスカーを利用。
                     エスカー
有料のエスカレーターってあまりないよね。
弁天様は辺津宮(写真)と中津宮までお参りし、植物園の前まで来て20分。時間的にはここが限界。
                弁天様

下りは階段を歩くしかないのでテクテク。
               江の島下り道

ちょっと暑かったけど、いい天気でよかった。
(= ̄▽ ̄=)V やったね!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はとバス
- 2014/06/04(Wed) -
実はドラ左エ門、通算すると47年ほど東京に住んでいるんだけど、東京のシンボル「はとバス」に乗ったことが無い。なので乗ってきました。行き先は日帰りで、鎌倉・江の島。鎌倉大仏も参拝したことが無かったので、これに決定。

乗車場所は東京駅 丸の内南口のはとバス乗り場。乗車開始時刻の10分ほど前に到着。
「あれ? 誰もきてないや。あと10分無いし、このまま待つか…」と、最前列で待つこと数分。例の黄色を基調としたバスが乗り場に到着。するとなんと、バスの車体が10cmほど低くなったではないか? おー、スゴイ。こんなバス見たことない。さすが”はとバス”。
これは後ほど撮った写真。
               通常時

               DOWN時
上の写真は通常時。ボディーにあるラインの下に、ホイールがあるでしょ。
下が車高DOWN時。ボディーのラインより、ホイールが上にきてる。
「おもてなし」精神が嬉しいね。

バスにのって一路鎌倉へ。何回か乗り降りしてたら、左サイドミラーにカメラが付いている。しかも2個も。
               カメラ
逆光で見づらくってゴメンなさい。赤丸の所に付いてます。上はボディー後方に向けて、下は下方に向けて。
運転手さんに聞いてみました。
  ドラ 「何を写すカメラですか?」
  運  「巻き込み事故防止用で、結構助かってます」
  ドラ 「運転席に写るんですか?」
  運  「ハイ、ドライブレコーダーにも記録されますよ」
って事でした。気がついてから他の観光バスをずっと見てたけど、他に装備されているバスは見つからない。
運転手さん曰く、はとバスが後付けで取り付けた物、との事。
はとバスって安全にも十分配慮してるんだね。

もう一つ、はとバスって、いつ見てもきれいなボディーしてるでしょ。
               はとバス
装備もスゴイんで新しいのかと思いきや、10年以上前の車両なんだって。
 「きれいじゃないですか」
って聞いてみたら、はとバスでは6年経つと内装の張替えや塗装のやり直しをする事になっているんだって。お客さんにも配慮してるのが嬉しいね。

はとバス、エライ! 運転手さん・ガイドさん、ありがとうございました。

鎌倉・江の島は明日報告します。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
浅草竿灯
- 2014/06/03(Tue) -
浅草では毎年、秋田から竿灯の方々に来ていただいて、浅草寺界隈で実演しているんだって。ドラ左エ門も知らなかったんだけど、ふらっと歩いてたら控えめなポスターが…
               ポスター
このポスター部外者にはどこでやるのか判らない。ドラ左エ門も判らなかったので家に帰ってネットで検索。竿灯は5/31・6/1浅草の街中数か所で行われ、火入れが31日6:30・7:30にオレンジ通りの模様。
ということで、ちょこっと見てきました。

浅草寺五重塔前広場での演技。
                     五重塔前広場1
おーやってるじゃん。太古に合わせて「ドッコイショー ドッコイショ」の掛け声。
               五重塔前広場2
下では、こんな感じ。
竿灯の演技の基本は5つの”技”なんだそうだ。上の写真では、その内の3つが揃っている。左から①肩、②流し、③額

花やしき通りでの演技。
                     花やしき通り1
ここは狭いから大変。上には電線もある。
               花やしき通り2
これが第4の技、腰。ドラ左エ門には絶対できない。
                     花やしき通り3
第5の技、平手。

秋田の竿灯は、こんな感じだそうだ。
 竿灯1本の提灯の数は46個(数えてみたら浅草の提灯も46個だったヨ)
 高さは最大で18m(この日は風で最大でないってアナウンスしてた)
 重さは約50kg
 祭に出る竿灯の数は約260本(浅草は3本)

提灯に灯が入って、沢山の竿灯が演技していたら、スゴイ迫力なんだろうな。
福島に引っ越すんだから、一回行ってみようかな。
8月3日~8月6日が秋田竿灯祭だそうです。引越のタイミングとほぼ重なっちゃうから、今年はムリだね。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
護衛艦 やまゆき
- 2014/06/02(Mon) -
5月31日(土)の夕方のテレビニュース。
 「・・・・横浜開港祭が開催されています。」 → ふーん。(ドラ左エ門の反応)
 「・・・・家族連れで賑わっています。」 → ふーん。
 「海上自衛隊 護衛艦へ乗船・・・・」 → 何???
ネットで調べて、6月1日行ってきました。(公開しててよかった)

桜木町駅からテクテク歩いて行くと、円形の歩道橋を渡らないと現場につけないけど、そこから見えた「護衛艦やまゆき」。
               やまゆき
護衛艦とか巡視船って、なんか美しいよね。バランスが取れているっていうか、安定感があるっていうか。
レンズを通してみると既に人がいっぱい。わーハマっちゃったかな?

この前、晴海ふ頭で海上保安庁の測量船を見学したけど(5/27のブログ)、2倍以上の行列。近づくといろんな兵装もハッキリわかる。今日は兵装のご紹介。
まず乗船前、横から見ていて一番高い所に鎮座しているのが「高性能20mm機関砲」。
               機関砲
これは対艦ミサイルを迎撃するもの。だから高いところにあるんだね。右舷・左舷に計2個装備されている。
上部の白い部分はレーダー。撃った弾の弾道をレーダーで追尾し、弾道を修正していく。

さて乗船して前の甲板へ行くと否が応でも存在感のあるのが「アスロック」。
               アスロック
潜水艦攻撃用のミサイル。途中までロケットで飛んで行ってパラシュートで着水。それからは魚雷として潜水艦を攻撃。

そして一番前についているのが「62口径76mm速射砲」。
               速射砲
対空・水上防御ってことなんで、航空機や艦船攻撃用だろう。すごいのは1分間に80発以上の発射が可能っていうとこ。
ドラ左エ門とかは艦砲っていえば、戦艦大和の大きな大砲をイメージしちゃうんだけどな。

そして左舷側に回っていくと「ハープーンミサイル」。右舷にも装備されている。
               ハープーン
対艦ミサイルになる。このミサイルロケットエンジンではなくって、ターボジェットエンジンなんだって。

対艦っていうことだと忘れちゃいけないのが魚雷。説明には「68式三連装短魚雷発射管」ってなてる。
               魚雷
これも潜水艦攻撃用だそうだ。

後部甲板には「シースパロー」。
               シースパロー
航空機やミサイル迎撃に使う。
自衛隊もオチャメさんだね。シースパローが”ねこ耳”付けているし、説明にはこんなこと、書いてた。
  性能項目
    ◆最高速度   結構速い
    ◆飛しょう時間  まあまあ長い
    ◆最大射程   そこそこ飛ぶ

さすがに護衛艦。甲板しか見せてくれなかった。「悪いことはしないから、も少し見せてよ」と思いつつ下船。
最後に艦載機格納庫。
               格納庫
「やまゆき」にはSH-60J哨戒ヘリ1機が積んである。見たかったよ~。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
江戸東京たてもの園
- 2014/06/01(Sun) -
小金井公園の中にある「江戸東京たてもの園」、深川にある「江戸東京博物館」の分園となるんだ。ここには30ほどの建築物と、やはり30ほどの建築ではない展示物がある。ここの良いのはボランティアさんとかが沢山いらして家の説明なんかをしてくれる。それにしても想定外だったのは2時間もあれば十分だろうと思ってたんだけど、4時間以上見学してしまった。それだけ面白かったっていうことなんだね。
今回は150枚以上の写真をとっちゃったんだけど、とても載せられないんで、超お気に入り物件とインテリアのヒントになりそうな写真、それから珍しいものだけ(ほんとはみんな珍しいんだけど)にさせてもらいます。

400円の入園料をお支払して屋外に出ると、早速ボランティアさん(だと思う)が園内の概要を説明してくれる。説明していただいたお話では、人気は総理大臣だった「高橋是清邸」や、三井財閥総領家「三井八郎右衛門邸」とかだって。

園内は3っつに分かれてるんだけど、西とセンターの建物の多くは中に入ることができる(これで時間かかっちゃいました)。3か所、何が違うのかというと明確には判らないんだけど、こんな感じかな。
 西ゾーン 農家・一般民家が中心
 センターゾーン 豪邸や住まい以外の建築
 東ゾーン 東京の下町の建物、町並み風になっている

【超お気に入り物件】
こんな家に住みたいと思ったのが「前川國男邸」。
               前田邸
今でも軽井沢とかにありそうだけど、昭和17年、場所は大崎だって。ドラ左エ門も家を建てている最中だけど、とてもこんな風にはなってない。
内部もなかなか。
               2階へ
2階部分には飾棚。
そのほかのインテリアは下でご紹介。

【インテリアのヒント】
まず「前川邸」のインテリアから。
ダイニングテーブルが台形だ。奥にはキッチンとの間に小窓がある。
               参考6
こちらがコーヒーテーブル。
               参考8
木組みの足に、銅(?)のお皿を乗っけただけ、固定されていない。

書斎の机もオシャレ。
               参考7
お金があったら、こんな家にしたかった。しかし戦時中にこんな家が建てられたんだね。

こちらは別のお宅。
               参考9
おしゃれなソファーだよね。
同じお宅のダイニング。
               田園調布の家ダイニング
奥がキッチン。食器棚がどちらからでも開けられる。食器棚と窓のデザインが一体になってる。

そのほかのお宅でも。
落ち着いた感じの飾棚。
               参考5
写真枚数が多くなっちゃうんで、このくらいにしておきます。

【珍しいもの】
午砲。
               午砲
明治4年から昭和13年まで、正午を知らせる空砲を皇居で撃っていた。その大砲。

奄美の高倉。
               奄美の高倉
柱の間に横木が渡してあるでしょ。ここに床を構えるのかと思ったらさにあらず。
               奄美の高倉2
屋根の部分が倉になってる。

東ゾーンの町並みの一部はこんな感じ。
               東ゾーン
で、手前左のお宅をアップで写すとこんなんなってます。
                     焼夷弾跡
キズや穴がたくさん開いているんだけど、焼夷弾の跡だって。

これは上野消防署にあった望楼の上部。
               上野消防署望楼
ドラ左エ門はこれを毎日のように見てた記憶がある。一度登ってみたかった。
現在の上野消防署には、この望楼が壁面にモチーフされている(後日撮影)。
                     上野消防署

今回はこのへんでやめときます。まだまだ半分もお見せできてません。
これから家を建てる方とかは見ておいて損はないと思うよ。
ドラ左エ門はgoogleマップで検索して東小金井から行ったんだけど、小金井公園ってすっごっく広いので、これから行く人は武蔵小金井からバスにのってね。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |