ゴジラ
- 2014/07/31(Thu) -
今年はゴジラが生まれてから60年になるんだって。
どおりでアチコチでゴジラを見かける訳だ。
NHKのBSでは7月に東宝のゴジラ作品を9本放送した。(ドラ左エ門は全部見ました)
上野の松坂屋には7月25日にゴジラがやってきたらしい。
                     ゴジラ顔
                     ゴジラ全身

そしてハリウッド版ゴジラの上映。
以前にもハリウッド版のGODZILLAなる作品はあったけど、あれはゴジラじゃなくって巨大トカゲ映画だと思ってる。やっぱりゴジラは直立二足歩行をしなきゃならない(と思う)。
新作はなかなかヒットしてるようだし、東宝がゴジラを作らなくなっちゃったし、ということで見に行ってきました。これから見に行く方のためにストーリーは触れないので、ご容赦を。

感想は、そうかハリウッドが作るとゴジラもこうなるのか! って感じ。なかなか良くできてて、メチャ迫力。東宝の着ぐるみゴジラとの圧倒的な差はカメラアングルかな。イメージしてください。ゴジラが出現したんで報道用のヘリが飛んでる。地上からゴジラとヘリを1スクリーンで捉えたら…
東宝作品はミニチュアのヘリが飛んでるんだろうけど、ハリウッド版はCGだから本物が飛んでることになる。

もう一つはハリウッド版にオカルト的要素がないこと。
例えば「ゴジラ対デストロイア」では、オキシジェン・デストロイヤーの影響を受けた微生物が合体して巨大化する。
また「ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」では、死んだモスラのパワーがギドラに宿りパワーアップする。
ハリウッド版はこういうあまりにも説明できかねるストーリーがないんで、よりリアリティがある感じがする。

ハリウッドではゴジラの続編ほ製作も決定したようで、またゴジラ作品が見れるかもしれない。今度はモスラやラドン、キングギドラもでてくるらしい。

ただ川内村には当然ながら映画館なんて無い。一番近いゴジラ上映館まで車で50km、1時間30分ほど。
もしかしたら、今回のゴジラが映画の見納めなのか…
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JAXA調布航空宇宙センター
- 2014/07/30(Wed) -
3箇所目のJAXAに行ってきました。
今度は調布航空宇宙センター。筑波宇宙センターや相模原キャンパスは「宇宙」って雰囲気がかなり漂ってたけど、調布は「航空機」の臭いが強いかな。

たとえば飛鳥。
               飛鳥
この機体はSTOL(短距離離着陸機)の実験機。マスコミにも取り上げられてるんでご存じの方も多いはず。今は各務ヶ原の博物館に展示されてる。なかなかの性能だったと記憶してるけど、最近はあまりSTOLなんて話題を聞かなくなっちゃった。実験だけで終わっちゃって実用化はされないんだろうか? 一方VTOL(垂直離着陸機)は軍用機として実用化された。今話題のOspreyもVTOL機だ。やっぱり新技術は軍用主体なのかな?

そしてALFLEX。
               ALFLEX
これも一時話題になった。スペースシャトルのように宇宙から滑空して帰ってくる為の試験機だね。

超音速旅客機の研究もしてる。
              小型超音速実験機
ソニックブームをいかに低減するか、いかに効率よく飛行するかなんてことを研究してる訳だね。

もちろん宇宙に必要な技術の研究も。
ローバーの車輪。
              ローバー車輪
細かい砂に埋もれずに走れるように工夫してるんだね。

はやぶさで有名になったイオンエンジンもここで研究。
              イオンエンジン

なんでこの研究所が航空機の研究が盛んかっていうと、風洞実験設備が充実してるんだ。パンフレットにある案内図を数えてみたら風洞が7個もある。
              案内図
宇宙は真空だから風洞はあまり関係ないもんね。風洞があるここでは航空機のウェイトが高くなるのは当然かな。

さて調布航空宇宙センターで、一番おもしろかったのが「極超音速旅客機」。
              極超音速旅客機
超音速旅客機がマッハ2程度なのに対して、極超音速旅客機はマッハ5。だから太平洋を2時間で横断しちゃう。でもドラ左エ門が興味を持ったのはそこじゃないんだ。
それはエンジン。極超音速ターボジェットっていうんだって。ドラ左エ門も素人だけど判る範囲で説明すると…

マッハ5で高度25kmを飛行すると、エンジンに流入する空気が1000度になっちゃう。これじゃ既存のターボジェットは使えない。そこで燃料を液体水素にする訳だ。液体水素の沸点は-252.6度とすごく低いんで、これで空気を冷やしてからエンジンに送る。燃料は水素なんで二酸化炭素を排出しない、クリーンなエンジンができる訳だね。技術実証エンジンの地上燃焼実験は、既に成功したんだって。

速く実用化して、旅客機のエンジンがみんな水素で動くようになれは地球に優しいのに。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クツベラ
- 2014/07/29(Tue) -
前回のDIYではスリッパラックを作った(7/8)。作ってみて思ったこと、「クツベラもほしい。」

何の変哲もない木の棒が1本。
               木材

最初の加工後。
               厚さ半分
我ながら写真の撮り方がヘタクソ! 判りにくくってすみません。
買ってきた木だと厚が大きすぎるんで1/2の厚さにカットしてます。但しヘラになる部分は厚さ1/4だけカット。

ここからが根性! 
まずノコ(手動です)でラフな形に切って、あとは木工用のヤスリ(手動です)で削り出し。
問題はヘラの所。ヘラの裏側(凸部分)は平ヤスリで削れるけど、表側(凹部分)が大変。結局、小学校の時の彫刻刀と、木工用の棒ヤスリを併用してなんとかクツベラらしく。
最後はサンダーで仕上げ。
               成形後

先端のヘラ部分のUP。
まずは横から。
               先端横1
端が厚く、中ほどが薄くなってるの判りますか?
斜め横から。
               先端横2
ここまで削るの結構タイヘン。

次は正面。
               先端正面2
なかなかの曲線だ!
正面下側から。
               先端正面1
きれいな木目が出てる。

柿渋1度塗り後、100均で買ってきた紐をつけて完成。
                     完成

本当はヘラ部分をもうちょっと薄くしたかったんだけど、なにせホームセンターで買ってきた針葉樹系の柔木なんで、強度に不安がある。ドラ左エ門自身のテストでは問題なく使えたけど、きつめの靴を履く方にはちょっと使い勝手が悪いかも?
ドラ左エ門宅に来られる方へ、先にあやまっときます。
こんなクツベラでごめんなさい。
  
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
北区防災センター
- 2014/07/28(Mon) -
地震や火災についての防災知識が見学・体験できる施設。小さな施設だけどお勉強になりました。今回は地震に絞ってご説明します。

入口を入るとこんな展示。
               入口正面
床は写ってないけど、家電製品が落ちてたり、ガラスや陶器の破片、冷蔵庫の中身で足の踏み場がない。こんなことにならないよう、なったときのための知識を教えてくれる訳だね。

体験場所に移動して、地震体験。
               地震体験
この3部屋が揺れるようになってる。
震度4からスタートして5弱、5強、6弱、6強、7までUPしていく。確かに揺れは大きいけど山の手線で鍛えた元サラリーマンには立ってられないことはない。あれ? こんなもんなの?

と思ったら大間違いだった。
その次に、阪神淡路大震災、関東大震災、東日本大震災の「揺れ3本立て」を体験させてもらったんだけど、確かに立ってられない。どうも揺れの要素が違うみたい。単純な震度は2軸間の往復が主な要素なんで予測ができるけど、実際の大震災は揺れが3軸になり、波長も一定じゃないんで全く予測不能な感じ。確かにこれじゃ一番上の写真になってもおかしくない。

展示室で面白いものを発見。空缶コンロだって。
               空缶コンロ0
ごはんなら40分、クレープなら2分でできちゃう。作り方はコチラをどうぞ。
                     空缶コンロ1
                     空缶コンロ2
並んでないけど出来上がりはこんな感じ。
               空缶コンロ3
このコンロも食材が無いと意味が無いわけで、4人家族3日分の食材。
               食糧3日分

さて、最初の写真にならないための対策も展示されてるので、なるほどと思った物をご紹介しときます。
タンスや食器棚で分割されてるやつは繋いでおく。
               上下つなぐ
考えてみればキケンだよね。

食器棚では
               食器棚上
ガラスが割れないように飛散防止シートを貼っておくんだって。中にはすべり止めマットを敷いて、器は広い方を下にする。
               スベリ止め

扉が開かないようにしておくことも大切。
               食器棚下
当然だけど転倒防止対策も必要。

見学して「なーるほど!」と思ったことは沢山あったけど、一番がコレ。
               テーブル下
地震がきたらダイニングテーブルの下に入るけど、治まった時にガラスの破片なんかで出られなくなっちゃうことも。だからテーブルの下にスリッパをくっつけてるんだね。

東京近郊の方、お子さんの夏休み自由研究にいかがですか?
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
害虫対策
- 2014/07/27(Sun) -
川内への転居の時期が夏の真っ盛りになっちゃったんで、害虫対策を考えとかないととんでもないことになりそう。
とにかく刺されると面倒くさい虫がいっぱいいるんで注意しなくっちゃいけない。

なんといっても一番面倒なのがスズメバチ。めったに家の中に入ってくるもんじゃないけど、入ってきたらお引き取りいただくのが一番。へたに追い払おうとすると攻撃的になるし、潰そうものならフェロモンを出して仲間を呼ぶ。川内の人なんかだと、瞬殺することで仲間を呼ぶ隙を与えない、なんてことがをやる人もいるけどドラ左エ門には出来そうもない。

そしてアブ。
お盆過ぎに転居なんでアブのピークは過ぎてるはず。だけどこいつも食われると厄介なようだ。幸いにもドラ左エ門は食われたことがないんだけど、それすなわち免疫がないってことだよね。

次に蚊。
川内の蚊は、しつこい。前回行ったときは振り返ると蚊柱ができてた。去年行った時は、長靴の中に入り込まれて、足を3カ所ほど食われてしまった。しかも食われるとすごく痒い。これは川内の蚊に対する免疫がないせいだっていうんだけど、免疫ができるまで、蚊に血液を提供する訳にはいかない。

ここからは少しかわいい害虫。
カメムシ。
川内ではヘクサムシといって、見つけるとすぐに追い払う。少し匂うけど、食われる訳じゃないのであまり気にしない。

カマドウマ。
こいつも特になにもしないけど、寝てる間に顔の上に乗っかられた、と思うだけで気持が↓

クモは川内では害虫扱いしない。いろんな害虫を捕獲してくれるんで、めったにクモの巣を取ったりしない。
ガも近くに来ればうっとうしいんではたくけど、そうでなければほったらかし。

本格的な対策は向こうにいってから、向こうのホームセンターかドラッグストアで害虫対策コーナーを見てみるけど、引っ越しから数日分は準備しとかないと、こいつらの餌食になってしまう。引っ越し時は網戸も全開なんで、蚊もアブも家に入りたい放題だからね。

屋外作業用対策はこれだね。
               香取線香
日本の夏、○鳥の夏なんていうCMがあったけど、ドラ左エ門もこれが一番だと思う。むろん状況によっては虫よけスプレーも併用するけど、製品によっては注意が必要。例えば虫コナ○ズなんていう製品があるけど、対応できる害虫はユスリカとチョウバエ。つまり吸血するアカイエカとかイエバエなんかは効果が認められてない。アロマ系の虫よけもほとんどがユスリカとチョウバエなんで、川内で使用する予定はない。

家の中に入れないためにはこれ。
               網戸の虫よけ
引っ越しの最中は役に立たないけど、それなりに使えるかもしれないんで買ってみました。その理由は効能見てください。
               網戸の虫よけ拡大
この中で川内で見たことが在るのは、カメムシ・アブ・ガ・ハチ・ユスリカ・羽アリ・ウンカ、ブヨなんかも絶対いると思う。

家の中に入っちゃった虫にはこれしかない。
               フマキラー
べつにフマキラーに限定したわけじゃないんだけど、フマキラーの噴霧時間が一番短かったんでこれを買ってみた。

家の中で殺虫剤を使いたくないときはこれ。
               ラケット型虫取
ご存じとおもいますが念の為。握り部分に電池がはいってて、スイッチをいれるとネットに電流がながれる。あまり動きが速くない虫には効果絶大。ただし退治したあと、チョット焦げ臭い匂いがのこる。

カメムシ専用虫取り。
               ガムテープ
カメムシの場合、下手に刺激すると一発カマスんで手や周りまで臭くなっちゃう。ガムテープでくっつけて、そのまま密閉してポイ、が一番かな。

さて皆さん、東京で一番やっかいなゴキブリが登場してこないのはなぜでしょうか?
川内にはゴキブリはいません。
あまりの寒さに冬を越せないそうです。
 
ゴキブリ大嫌いの方、移住考えまでんか(笑)。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
納車日
- 2014/07/26(Sat) -
スズキアリーナ墨田さんにお邪魔して、納車の段取りをしてきました。

自動車の契約をしたのが3月上旬。この時には除染の遅延は判ってたけど、大雪の影響が見えず3月下旬には着工、なんとか6月初め完成っていう段取りだったんで、車が必要な時期は6月初め、っていうことになってた。
ところが大雪の影響なんかで着工できず、着工が5月中旬に。その時の完成予定としては7月末に間に合うかどうか。
結局8月24日引渡しなんで、約3カ月納車も遅れちゃったことになる。スズキさん申し訳ございません。

3月時点ではハスラーの納期がまったく読めず、下手したら年内いっぱいかかるとかいうウワサもあったんだけど、その後増産に励んでいただいた結果、もうハスラーできちゃっるそうです。

そんな事情で、計画ではキャリーを先に納車してもらって、ハスラーができ次第川内に持ってきてもらうよう、スズキさんと調整してた。これも今となっては意味が無いので変更してきました。新しい段取りです。
 8月22日 ハスラー納車
 8月23日 川内に移動(ハスラーに積めるだけ引越荷物積んできます)
 8月24日 物件引渡し、と同時に引っ越し
 8月25日 家の整理、配達品の受取り、必要なものの買出し、など
  ~28日
 8月29日 東京へ移動、キャリー納車
        余談だけど東京に出るのがすごく大変。バスは1日3本、バス停までGoogleマップで7.5kmある
 8月30日 川内へ移動(残った荷物積んできます)

スズキアリーナ墨田さんにあったプラモ。ドラ左エ門のハスラーもこのカラー。
               ハスラー1
               ハスラー2
なんでこんなカラーなのかっていうと…
 ・カミさんがツートンはNO、値段も高くなるので必要ない
 ・雪が積もる土地柄で、道路が細くすれ違いが大変な所もあるので、目立たない白系・シルバー系は却下
 ・スズメバチが寄ってくる黒系は却下
したら残ったのが、カーキ系とブラウン系になっちゃった。カーキのほうがなんとなくワイルドかな? で、この色になった次第です。

ハスラーとキャリー、判らないことがあったんで、スズキさんに聞いてみました。
【ターボ車のクールダウンについて】
ハスラーはターボ車なんだけど、昔ドラ左エ門が車を持ってた時代のこと、ターボ車は停車後クールダウンしてからエンジンを切るっていう鉄則があったんだ。タービンブレードを守るためだね。それから20年以上車を持ってなかったんで、調べてみた。ある人はクールダウンが必要っていうし、ネットを見ると不要って書いてある。JAFの方は「メーカーに確認したほうがいい」とのアドバイス。
スズキのメカニックさん曰く「ガソリンがもったいないので、すぐに切ってください」だって。技術って進歩してるんだね。

【慣らし運転について】
やっぱり慣らし運転はやったほうが良いみたい。でも上に書いた事情なんで、いきなり高速道路の走行となっちゃう訳。正直ハスラーはあまり心配してないんだけど、トラックのキャリーはすぐに吹け上がっちゃうんで心配。タコメーターもないんで高速道路を何キロ位で走ったらいいのか、聞いてみました。
あまりスピードを出さずに、最高速の目安として90km位なら問題ないでしょう、とのことでした。

これから長~いお付き合いになるハスラーちゃんとキャリーちゃん、ちゃんと慣らし運転してあげるからね。
がんばって働いてヨ!
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃品回収
- 2014/07/25(Fri) -
昨日7月24日は東京最後の廃品回収。8月はお休みなんだって。

最後の廃品回収に合わせて、川内に持っていく本と廃品回収に出す本の仕分け。なぜ古書店に持ち込まないかっていうと、これらの本のほとんどが20年近い塵とホコリに埋もれてたんで、価値はないと思ってる。一部新しいのもあるけど、これはこっち、あれはそっちっていうのも大変なんで、廃品回収に出すことにした訳。

これが廃品回収分。
                     廃品回収
あいやー、こんなにあると思わなかった。

こっちは川内に持っていく本。
               持っていく本
ずいぶん減らしたんだけど、2ℓ×6本のミネラルウォーターの箱で3個ほどかな。

主な中身をご紹介しときましょう。
【DIY関連】
               DIY関連
左上のエクステリアではウッドデッキ、下の白い本には「掘立て小屋の作り方」なんかが載ってる。どこまで出きるかは別として、川内村に行ったらDIYは絶対やるぞ!

【薪ストーブ関連】
               薪ストーブ関連
この本は、娘がプレゼントしてくれた本なんで絶対に持ってかないといけない。
薪ストーブのカタログから、メンテナンス方法、薪割り、小道具なんかが載ってる。全部で10巻以上あるんで重複してる部分もあるけど、薪ストーブの前でもう一度読んでみたいね。

【小説など】
               小説関連
川内で大雪が降ったら、下手すると数日間、家にカンズメなんて可能性も。電気が来てればテレビやインターネットは使えるけど、停電になっちゃったらどうしようもない。そんな時に備えて古ーい本の中からチョイス。
歴史物、ファンタジー、SFを中心に缶ビールの箱2個ほど。読んでるうちに何がなんだか判らなくなるような本は苦手なんで、単純明快なストーリーだけを持ってきます。

【専門分野】
               仕事関係
33年間のサラリーマン生活中20年以上は、ほぼ共通の仕事をやってきたので「専門分野」って書いてみました。どんなことをやってきたかっていうと「お客さんのレスポンスを挙げること」。具体的に言うと、DMのレスポンスUP、再来店や買上単価のUP、特定サービスの利用率向上なんかだね。
なので、写真の本は心理学中心だけど、その他に簡単な統計学・データマイニング、データベース操作とか最適化に関する本なんてのもある。
ま、川内にいったらこの種の仕事はあまりないと思うけど、違う仕事でも役に立てられることも多いからね。

さて廃品回収。
実際に廃品回収に出すのはカミさんの仕事なんで、大量な古本にチョットご機嫌ナナメでした。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
完成予定
- 2014/07/24(Thu) -
(。>0<。)ビェェン
昨日はよく眠れませんでした。実は…

昨晩アーデンホームさんから連絡があり、最終的な引渡しが8月24日になるとのことでした。
また遅れちゃいました。

先週川内に行った時には「7月中の引き渡しは難しそう」ってところまで聞いてたんだけど、24日はショック!
泣きがはいっちゃう…

なんでもお盆前の週(8/9まで)にギリギリ完成するかどうかなんだけど、どうしても読めないのが電気のスケジュールなんだそうな。翌週がお盆でお休みになっちゃうんで、その翌週となると8月24日になっちゃうんだって。
あと運送のほうもまだ混乱があって、資材がすんなりと入ってこない、なんていう状況も影響してるみたい。
仕事もできないし、困っちゃうけどこればっかりはドラ左エ門のほうでは何ともしがたいでしゅ。(--,)ぐすん。

今日からいろいろ段取りしなくっちゃいけない。
・電気屋さんに連絡して配達の段取りをお願いしないといけない。
・NTT東さんはインターネットの確認。
・スズキ自動車さんは納車関係。しかも2台あるんで時間差で納車かな? 
 てことは住民票が必要なわけだ。
 そして川内村から車なしで戻ってくる方法を検討しないと、2台目が運べない。
・自動車保険も必要だね。
 これには車検証がいるでしょ。車検証を入手するには住民票がいる。
・家の火災保険も入んなきゃ。
・まちかど館さんで預かってもらってるライティングデスクとソファーベットの引取の調整。
 でも、こいつは軽トラが納車にならないと運べない。
・再就職支援会社への連絡もしなくっちゃ。

どっから手をつけようか???

あと1カ月かかるんだ。今年の8月は長ーい8月になりそう。
・゚・(ノД`;)・゚・
  
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
太古の哺乳類展
- 2014/07/23(Wed) -
国立科学博物館で開催中の太古の哺乳類展に行ってきました。
平日ということもあるけど、思った以上にすいていて拍子ヌケ。たぶん馴染みがないから難しいんだろう、だからお客さんが入らないと推測。

例えば「恐竜の名前を5つ挙げて」っていったら少し興味のある人だったらなんなくできる。
 ティラノザウルス、マメンチサウルス、ギガノトサウルス、アルバータザウルス、ステゴザウルス、…
でも、太古の哺乳類の名前を挙げてっていったらほとんどでてこない。ドラ左エ門の場合、せいぜいナウマンゾウ位だね。

追い打ちを掛けるのが年代表。恐竜ならば三畳紀・ジュラ紀・白亜紀の3っつで馴染みもある。じゃ哺乳類はいつから生きてたのっていうと、年代を言える人はそれほどいないんじゃないかな。もちろんドラ左エ門もあやふや。

で、まず自分の整理のためにもこんな表を作ってみた訳。
              地質年代表
最初の哺乳類は恐竜と同じ時代、三畳紀のあたりに現れた。
恐竜が世界の支配者だったんで、哺乳類は夜行性の小動物。虫なんかを食料にしてたんだね。
その時代の哺乳類ハクサノドンのアゴの骨。
               ハクサノドン
名前知らないでしょ。

そして何らかの原因で恐竜が絶滅して中生代に入ると、哺乳類の時代の幕開け。
大きな変化は二つ。一つは大型化。もう一つは昼行性の進行。
まずは原始的な植物食の哺乳類が繁栄するんだけど、古第三紀の中ごろには現在まで続く偶蹄類とか齧歯類が出現して、原始的な種は絶滅。偶蹄類は今では牛など、齧歯類はネズミなどとして繋がっているね。

古第三紀の終わりごろは日本は大陸と陸続きでゾウの仲間やサイの仲間、ビーバーなんかも住んでいたんだって。
写真はカニサイ。
                     カニサイ

新第三紀には日本海ができてくる。すると大陸から渡ってきたゾウなんかは小型化して独自の進化をしていく。ゾウはミエゾウ(見栄ではなく三重)→ハチオウジゾウ→アケボノゾウ(写真)と進化。
               アクボノゾウ
このゾウさん、肩の高さが1.7mしかない。でもこの系統は70万年前に絶滅しちゃうんだね。

じゃナウマンゾウはどこから来たのかっていうと、ずっと新しくって第四紀に入ってからの34万年前。氷期で海面が下がって大陸から渡ってきた。
               ナウマンゾウ
手前からメス、子供、オスのナウマンゾウ。いろんなところから発掘された化石を組み合わせている。
このナウマンゾウも2万年位前に絶滅しちゃって、日本にゾウはいなくなっちゃった。
でもマンモスはまだ生き残ってたんだけど、それも約1万6千年位前に温暖化が始まりいなくなった。絶滅したのか北に移ったのかはよく判らないみたいだ。

そして第四紀終わり頃に世界中で大型の哺乳類が絶滅したんだって。このころまでに日本にいた大型哺乳類の多くが絶滅しちゃった。紹介した哺乳類の他に、こんなのがいたらしい。
ハナミズモリウシ
               ハナミズモリウシ
バイソンの仲間で、マンモスといっしょに北から渡ってきた。

ヤベオオツノジカ
                     ヤベオオツノジカ
日本では最大のシカ。

タイリクオオカミ
               タイリクオオカミ
ニホンオオカミよりかなり大きい。

トラ
                     トラ
日本にもトラが居たんだね。

これから行かれる方へ。
上野広小路周辺にはいくつかのチケット屋さんがあるんで、古代の哺乳類展のチケットも売ってますよ。
(ドラ左エ門は@1,400でした)
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
照明器具
- 2014/07/22(Tue) -
ようやく照明器具を選ぶ時期がやってきた。
そしてアーデンホームさんから手渡されたカタログ。
               カタログ1

カタログを開けてみると、ペンダントとかシーリングとか種別ごとに一覧できるページがあって、
               カタログ2
そのあとに詳細の説明のページという構成。
               カタログ3

一応アーデンホームさんが提案を作ってくれたんだけど、カタログの最終ページは<736>になっている。とても全てのページなんか見ちゃいられないんで、気に入ったものをピックアップしてから、予算を含めて調整することに。

光の色は電球色と昼白色。
               電球色・昼白色
そしてチトお高くなるけど、調光調色。
               調光調色

ここで間違ったら大変なんで一応調べてみたら
 電球色 これは電球の色に似た少しオレンジっぽい色だよね。
 昼光色 (カタログにはないけど)青白い色。明るく涼しげなんだけど食材の色が黒ずんじゃったりする。
 昼白色 白い自然な光。
ってなっている。

最近、日本旅館以外はほとんどが電球色だよね。モデルハウスとか見に行っても電球色が多いかな。
アーデンホームさんが作ってくれた提案もほとんどが電球色になってる。最近の流行なんでしょうか? 新婚さんでもあるまいし、ドラ左エ門は昔ながらの蛍光灯のような白系の光がいいんだけど、カミさんは??

結論、白系でOKでした。(ここで食い違うと面倒なことになってただろう…)

1カ所ずつ検討してったんだけど、リビングに問題が発生。
提案ではペンダントライト(天井から紐でつる照明)になってるんだけど、実はリビングに直径40cmの壁掛け扇風機を取り付ける段取りになってる。薪ストーブの暖気を拡販するためなんだけど、シーリングファンより効率がいいらしい。このままだとライトが「風に吹かれてブーラブラ」状態に。やむなくシーリングライトでいくことに。でも天井の高さが5m位あるんじゃないかと思うんで、どうやって掃除するか考えなきゃなんない。

全14カ所のほとんどを昼白色または調色タイプに変更しちゃったんで、室内ではもとの提案が2つしか採用されてない状態になっちゃいました。提案を作ってくださった方、申し訳ございません。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
福島でショッピンGood
- 2014/07/21(Mon) -
川内村へ行った帰りにいわき市で、川内で使うものをお買いもの。

いわき駅から2kmの所にあるリサイクルショップ「まちかど館」では2点。
川内の家、あまり広くないんでスペースは有効に使わないといけない。
まずソファーベッド。
               ソファーベッド
念の為、手前のテーブルは関係ありませんので。
川内のドラ左エ門宅では、お客さんに贅沢を言ってもらわなければ7~8人位はお泊り戴けるように作ってある。じゃなんでソファーでなくて、ソファーベッドなのかっていうと、このソファーベッドの正面に薪ストーブが在るんだな。つまり「薪ストーブの炎を眺めながら、いつのまにかスヤスヤと…」なんてことができちゃう訳だ。
ドラ左エ門の身長は約170cmなんで、ムリなく寝るためには最低190cmの長さが必要。ずっと探してたら「まちかど館」にあった。見た目、キズもほとんどなかったんで決定。

次にライティングデスク。
               ライティングデスク
開けるとこんなです。
               ライティングデスク2
住む為の最低の機能を考えて作った家なんで書斎どころか、パソコンを操作する場所も考えてなかった。で「あれ? インターネットどこでやる?」なんてなっちゃった。見つけたのがこの子。このデスクのこだわりは天然木でできてるとこ。色がもう少しナチュラル系だったらよかったんだけど、そこまではネ。
でもイスが無いんでそれは考えなくっちゃ。

そして家電製品2点。
1点目はブルーレイレコーダー。
東京で使ってるのを持って行こうと思ってたら、DVDディスクが再生できなくなっちゃった。修理しようかとも思ったんだけど、修理しても送料とかも考えたら、そこそこの金額になるんだったら買っちゃえ! てな訳。東京で買って持っていってもいいんだけど、修理のことを考えると現地で買った方がいいんで、安いのがあれば買おうと思ってケーズデンキいわき本店へ。そしたら広告の品っていうPOPが付いてるやつがあったんで、POPをペラっとめくってみたら1万円以上安くなってるじゃん。で購入。
しかしここでトラブル発生。クレジットカードが通らない。「引越用とかでそこそこ使ったんで限度オーバーしちゃったかな?」と思ってカード会社へ連絡。限度はまだOKだったんだけど、セキュリティがかかっちゃったみたいで解除して無事終了。
と、ここまでが予定の行動。

カード会社に連絡したり結構時間がかかっちゃったんで、その間カミさんは店内をブラブラ。そしたらまたまた広告の品の冷凍庫を発見。
川内村にはスーパーがない。建築計画はあるみたいだけど…。なので冷蔵庫についている冷凍庫だけじゃ足らないんで、冷凍庫も買おうかと思ってた。それがコレ。
               冷凍庫チラシ
ケーズデンキにあったのは、ほぼ同じ値段で100ℓ入る。ならば修理の事を考えるとここで購入しとかねば、となって冷凍庫も買っちゃいました。ケーズデンキさんでは川内村まで無料配達もしてくれるそうで、ラッキー!

ソファーベッドとライティングデスク、1カ月ほど預かってもらってるけど結構重い。問題はどうやって運ぶかだ。これから検討しなくっちゃならない。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村訪問記録~初夏の川内
- 2014/07/20(Sun) -
川内村もようやく初夏って言えるんじゃないかな。

ドラ左エ門宅を工事している横では、栗の木にかわいい実が。
               栗
去年の栗は線量が高くて食べられなかったんだって。あと何年か経って食べられるようになると、村の生活も平常になっていくんだろう。

ここからは綺麗な花を4種類。
まずは紫陽花。
               紫陽花
東京の紫陽花はもう終わっちゃったけど、川内では見頃。文京あじさい祭が6月中旬までだから、1カ月以上遅い感じだね。

ホタルブクロ。
               ホタルブクロ
これ野草です。道端に生えてました。高さは20cm位かな?
とっても綺麗なんで思わずパチリ。花が半透明で、少し向こう側が透けてるの判りますか?

桔梗。
               桔梗
犬夜叉に出てくる、巫女さんが「桔梗」。うーんなるほど、こういうイメージだったんだ。

最後はコレ。東京ではあまり見ないかな。
               春菊の花
何の花か判りますか? 正解は春菊。ドラ左エ門も初めて見たよ~。

花の次は野菜。ハウスの中なんで育ちがいいんだって。
キュウリ。
               キュウリ
東京なら、この3本で158円(税別)ってとこかな?

ナス。
               ナス
うん、美味しそう。

最後にピーマン。
               ピーマン

カミさんが今日の夕飯は中華、麻婆茄子と青椒肉絲(チンジャオロース)にするって言ってました。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
倉庫設置
- 2014/07/19(Sat) -
この前からお話してた通り、倉庫設置の立ち会いに行ってきました。

移動式トラッククレーンに載せられて、倉庫ちゃんが到着。
               倉庫到着

クレーンを起動して吊上げ。
               吊上げ

位置決め。
               着床
この後、水平を微調整して着床。

設置完了。
               設置完了

約1時間で作業完了。こんなに手軽に設置できるもんなんだ、と改めて感心。
ご覧いただいた通り、アルミバンのリサイクルなんで、多少のキズ・ヘコミはあるけど、雨漏りもなく充分利用できそうな感じ。そしてこのコンテナ屋さんは塗装等のメンテナンスをしてから持ってきてくれるんで、結構キレイ。
そういえば倉庫を見に行ったときにカミさんが「○×通運って書いた跡があるのがあったよ」って言ってたんで、目を皿にして見てみたら「△□急便」て、うすーく読み取れました。
アルミバンちゃん、ドラ左エ門宅で第二の人生(?)歩んでください。

そして家の方はというと、屋根工事の真っ最中。
               屋根工事
職人さん達、よろしくお願いします。

ストーブ用の煙突も
               煙突

ただ残念なお知らせが…
アーデンホームさんから、7月中の完成は難しそうだとのこと。
( ̄□ ̄;)!!
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スプーン・フォーク磨き
- 2014/07/16(Wed) -
主だったお買いものは終了したけど、当然ながら家にあって使えそうなものは持っていく。実はドラ左エ門の生家は、かつて洋食器等の問屋をやっていて、某有名店なんかに納品していた。だからほじくり返すと残骸がでてくる。
これがその残骸なんだけど使えそうなんでお手入れをすることに。
まずは一輪差。
               一輪差
数十年の歳月を過ごして陽の目を見た訳で、赤丸の所なんかが少し汚れてる。

そして七宝のスプーンとフォークのセット。
               七宝スプーンセット
こいつもアップで見ると汚れてるのが判るね。
               七宝汚れ
そしてこの七宝のセット写真(2つ上)をよーく見ると、一番右側のフォークなんか七宝が取れちゃってる。だから接着剤でくっつけてみたんだけど、うまく固定できなかったんだ。その数およそ半分。これじゃー数が足らない。っていう訳でもう一度残骸から引っ張り出してきたのがコレ。
               ステンスプーンセット
このスプーン・フォークセット相当汚れてる。
               ステン汚れ
ね、かなりのもんでしょ。ま、汚れっていっても銀メッキなんで経年とともに銀が空気中の硫化ガスと反応して変色しちゃうだけなんだけど、やっぱり食器だから綺麗にしとかないと使う気にならないもんね。

再びピカールの登場(前回は薪置き 7/2)。
               ピカール
このピカールの匂い、昔洋食器問屋をやってたころに使ってたグラスターゾルにそっくり。グラスターの競合商品かと思って、ちょっと調べてみたら、実は同じ会社が発売してました。グラスターはその名の通りガラス製品や銀製品なんだけど、ピカールは金属全般ってことになってる。銀メッキの製品なんでどっちで磨いても間違いじゃないんだね。

磨いたものと磨いてないものではこんなに違う。
               前後比較
でもこれが超大変だった。特にフォークは先端の切れ込みの横まで汚れちゃってるんで、なかなか磨けない。1本磨くのに15分前後かかっちゃいました。

でも苦労の甲斐あってピッカピカに! 
               完成
カミさんのOKも、もらいました。

ところで磨いてる最中に気づいたんだけど、あとから出してきたほう(上)はステンレスって刻印があるんだけど、七宝の方(下)は何もない。
               材質確認
アップでみればハッキリとステンレスってあるでしょ。
               ステン刻印
じゃ、七宝の方の材質はなんだろうか? 磁石にはくっつかなかったんで鉄じゃないし、一般的にステンレスなら刻印が打ってある。生家では銀器は扱ってなかったんで銀じゃない。すると一番可能性が高いのは洋銀(洋白とかニッケルシルバーとも)かな?

だとするとドラ左エ門宅では一番高級なスプーン・フォークになっちゃうや。
 
17日と18日は倉庫設置(7/9のブログです)の立ち会いで川内に行くんで、すみませんがブログお休みします。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ショッピンGood
- 2014/07/15(Tue) -
エドはるみさん、最近見ないなー、と思いつつ書いてます。

さて本題。前述の通り車が無いので、我が家でのお買い物は徒歩が恒例。川内の家に準備しなくちゃいけないものも基本徒歩で購入。なのでお買い物は1日では終わらない。だからそれなりのイベントになっちゃう。
何で今頃買物をしているかというと、倉庫(7/9のブログです)が今週設置される。ドラ左エ門も立ち会いに行くんだけど、電子機器なんかを除いて、少しずつ荷物を持ってっちゃう作戦。もともと荷物は少ないんで、これで引越費用を浮かそうと…

初日のお買いものは100均。
最近の100均は中々あなどれないんで、まずここから攻める。足りないものを他で探す。主な買物はお玉やフライ返し等の台所用品で計30点ほど。ポリバケツなんかもあったんで購入(100円じゃないけど)。100均で30点も買ったの、久しぶりだなー。

2日目は御徒町の多慶屋。
多慶屋をご存じないかたのためにちょっとだけ説明。仲御徒町の駅前にある紫のビルっていうと知る人ぞ知る「安売り店」。ドラ左エ門が子供の頃は1店舗だったんだけど、今では御徒町周辺の10ほどの建物で営業。中国の人たちなんかバスで乗りつけちゃうからスゴイ。品揃えは生鮮食品から衣料品、家具やペット用品まで。最近ようやくクレジットカードが使えるようになって買物も楽になった。
で、お買い物はというとカーテンレールや物干竿等の長物、オーブントースターやポット・まな板などのキッチン用品、クイックルワイパーなんかの掃除用品等など20点ほど。

これでも不足するのは3日目のオリンピックで勝負。
洗濯ハンガーやらステンレスザルなど13点。

現地調達するものを除けば、あとは洗剤とかラップとかなんで、そちらはカミさんに任せるとして、一つだけ気に入ったものが無かった。
それが「箸立て」。どこに行ってもプラスティックのものばっかり。せっかく家の内装やらインテリアやら、できるだけ自然派でまとめてるんで、ここはチョットこだわりたい所。そして春先の食器探しの延長戦のように合羽橋道具街へ。
ありました。竹の箸立て。
               箸立て
家に帰ってカミさんに報告したら、「お蕎麦屋さんの箸立て?」
なるほど確かにそうかも知れない…

これが、今回分ほぼ全部のレシート。
               レシート

いやー、消費税UP後の、消費落ち込み回復に一役買っている実感!
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スマホ
- 2014/07/14(Mon) -
以前書いたと思うけど、川内村っていう所はホントに自然がいっぱいある良い所だ。でも自然がいっぱいあるってことは、すなわち都会的なものが少ないってこと。例えば、スーパーもホームセンターもない。
そしてスマホもちょっと問題が…

なにせ人口3千人程度の村。土地の多くは山なんで、まだまだ携帯の電波が入らない所がいっぱいある。なんで電池の消耗も早い。ドラ左エ門が会社勤めの頃には「明日から連絡とれなくなります」って言って川内に行ってた。

こういう土地柄で電波が一番入りやすいのはdocomo。次にezかな? ドラ左エ門のスマホはdocomoなんだけど、カミさんの携帯がsbなんでこちらも手を打っておかないといけない。ということで開店前から順番待ち。
                     開店前
おかげさんで開店と同時に申込みできました。

これがカミさんの新スマホ(写真はサンプル)。
                     スマホ
ドラ左エ門の少ししかないポイントを使用して購入、家族割も利用。これで今度からカミさんへの電話はタダになる。かといって電話が増えるわけじゃないけどね。

ドコモSHOPに行ったんで、ついでにドラ左エ門の「iコンシェル」外してもらいました。川内でコンシェルしてもらうことってあまり無いもんね。そしたら店員さんから「カケホーダイ」のお勧め。こっちの方が安くなるそうなんで入っちゃいました。

おっと、カミさんの携帯番号登録しとかないといけないや!
   
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プロバイダー
- 2014/07/13(Sun) -
そろそろプロバイダーの手配をしておかないと、移住してからからインターネットを利用するまでに時間がかかっちゃう。

実は以前、1回申し込んだんだけどキャンセルとなった。その時の話はこんなです。
今年の3月、消費税UP前に川内村用のテレビを購入。秋葉原にある巨大家電店だったんで大手プロバイダーがキャンペーンをやってた。家電店の店員さんが「入りませんか」っていうんで、「いいよ」。そしたらキャンペーン期間に該当しないってことで、店員さんから「キャンセルしてください」という連絡がありキャンセルに。それから数日後プロバイダーからモデムが送られてきた。キャンセルが通ってないのであれば料金かかっちゃうでしょ。あわててプロバイダーに連絡しようとしたら、メールっていうパターン。何回もやりとりして、やっとこさモデムを返送した。
話は通ってないし、やり取りに時間はかかるし、このプロバイダーは止めようって思ってたわけ。

ちなみにドラ左エ門は東京ではADSL。だけど川内村は接続ポイントから遠いんでADSLは無い。必然的に光になる。そんな田舎だけど平成20年に光ファイバー網が敷設されていて基本的にはフレッツが使える。川内村HPより。
               村のHP
但し、一部使えない所もあるみたいだけど、ドラ左エ門の所は村の前任担当者に確認したところOKだった。

脱線しちゃいました。
安いプロバーダーをネットで検索してたら「BB.excite」が最安。ホームページから申込みを進めてみると途中で「お申し込みにはexciteのIDが必要です」、最初に言ってよ。こういう不親切なプロバイダーは、前述の大手さんと似たり寄ったりの様な気がして中止。

次に安いのが「ASAHIネット」。ホームページから進めていくと川内村の住所も対応してるとこまで確認。
              asahiネット(ASAHIネットHPより)
親切じゃん。但し現在建築中なんで、どんなもんかと電話で問い合わせしてみたら、易しく教えていただきました。なので
ここで決定となりました。

あとはNTT東さんから工事日の連絡があるんだけど、家の前の電柱に光ケーブル架線されてないような気が…
ホントに大丈夫だよね?
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JAXA相模原キャンパス~いろいろ
- 2014/07/12(Sat) -
今日はJAXA相模原キャンパスで、イカロス・はやぶさ以外の面白展示をご紹介。

相模原キャンパスには、実際に飛しょう実験に地用されたロケットの本体が、そのまま展示されているの、ご存じですか?
ロケットが展示されてる所はいろいろあるけど、ほとんどが模型とか未使用。使用済みロケットの展示は初めて。
これがそのロケット。
               ペンシルロケット
日本初めてのロケットといわれているペンシルロケットの実機。小さいって馬鹿にしちゃいけない。ちゃんとした固体燃料ロケットだ。
               ペンシルロケット2
こっちも実機って書いてあるけど、説明には「当時と同じ設計で再現」って書いてある??
上写真の機体はずいぶん傷んでいるようなんで、想像だけど上の写真は発射されたもので、下の写真は再現かな?

日本初のロケットの次は、日本初の人工衛星「おおすみ」(1/2模型)。
               おおすみ
当時ドラ左エ門は小学生だった。テレビのニュースでずいぶん盛り上がっていたのを覚えてる。たしか打上場所の大隅半島にちなんで「おおすみ」って命名されたと記憶。

ここから2つは開発中の技術。
まずはローバー。
               ローバー
ローバーっていえば、NASAのマーズパスファインダーとかスピリットとかが有名だし、キュリオシティなんかは水の痕跡を発見したとか、大活躍だよね。ここらへんの技術はNASAにお任せなのかと思ってたら、さにあらずJAXAも研究してる。写真のローバーはカニさんみたいな足がついてるけど、タイヤ形式のもある。

お次は再利用ロケット。
再利用ロケットっていえばスペースシャトルだよね。でもコストが高いってことで運用中止になった。なのでアメリカではシャトルに代わるく再利用ロケットを研究してるって話を聞いたことが在る。でもJAXAもがんばってるんだね。
                     再使用ロケット
今は液体水素エンジンを利用した小型飛しょう体で着陸実験をやっているんだって。

最後にもう一つ。
JAXAっていうと、人工衛星とか、探査衛星とか、ロケットとか宇宙と直結しちゃうんだけど、気球の世界記録もJAXAの気球が持ってる。
               気球
左奥にポスターがあるでしょ。到達高度は53.7kmで気球の厚さは2.8μm、直径は60mにもなるんだって。
気球の素材に触れることができるんで、触ってみた。なんて言ったらいいか、すっごく薄いゴム手袋があるでしょ、あれをもっと軽くして、滑らかにして、指にかかる抵抗をなくした感じかな? 何とも言えない感触でした。

以上でJAXA相模原キャンパスは終了します。
探査機やロケットの展示ももちろんあったんで、興味ある方はどうぞ(無料です)!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JAXA相模原キャンパス~はやぶさ
- 2014/07/11(Fri) -
JAXA相模原キャンパスといったら「小惑星探査機はやぶさ」を忘れちゃいけない。
               1はやぶさ
逆光でみずらいんだけど、手前の面にはイオンエンジン。
エンジンのアップ。
               イオンエンジン
壊れながらも、イトカワと地球の間を往復した根性あるエンジンだ(もちろん模型だけど)。

反対側からは
               2はやぶさ
左下にイトカワのサンプル回収装置があるのが判るね。

再突入カプセルの構造も模型で説明してくれる。
                     再突入カプセル
再突入カプセルを手で持って、重さを体験するコーナーもあった。圧力釜位の大きさなんだけど、ズッシリとしてました。

ここからがあまり知られてない話。
まずは「ターゲットマーカ」
               ターゲットマーカ
イトカワって自転してるでしょ。そこにタッチダウンするには水平方向の速度を相対的にゼロにしないといけない。そのためには自転速度を検知しなくちゃいけない。そのため用いられたのがターゲットマーカ。

電波式って案もあったんだって。だけど小型軽量で信頼性が在るっていうことで反射式のターゲットマーカに決定。これをはやぶさから投下し、フラッシュを点灯して反射光を拾って位置を出す仕組み。しかもこのターゲットマーカ、お手玉の原理を使って跳ねないようにしてる。イトカワの重力はとっても小さいんで、落としても跳ね返っちゃう可能性がある。お手玉って落としても跳ね返らないでしょ。これを応用したんだね。日本の伝統的な玩具も宇宙開発に役に立っている訳だ。

そして「ミネルバ」
ミネルバっていうとガンダムかと思っちゃうけど、ローマ神話上の技術・工芸の女神さま。その名前を戴いたのがこれ。
               ミネルバ
イトカワ上を自律的に移動して探査するロボット。もちろんこれも世界初。カメラ3台と温度センサが内蔵されてる。
これがなんであまり報道されなかったかっていうと、イトカワにタッチダウンできなかったんだって。JAXA職員の方の話によると…
「ミネルバを投下するモードに入った時、はやぶさのセンサーが障害を検知して上昇してしまった。ミネルバは投下されたけどイトカワには到達せず」という不幸な出来事があったんだって。ミネルバが上手くいってればイトカワの水平線が見れたかも?

明日はイカロス、はやぶさ以外についてご紹介します。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JAXA相模原キャンパス~イカロス
- 2014/07/10(Thu) -
JAXAの相模原キャンパスを見学してきました。

つくば宇宙センターに比べると規模も小さいんだけど、相模原ならではの面白い物があったのでご紹介。すみませんがボリュームの関係で3分割します。

今日はイカロス。
               模型
2010年に打ち上げられた実証機。写真は1/20の模型。実際には対角線で20mにもなる。これを使って太陽光を受けて航行するんだね。よく宇宙ヨットなんて言われている。
ドラ左エ門がなんでこれを面白いって思うかというと、その目的がユニーク。
               ミッション
(イカロスの展示スペースが隅に追いやられて、斜めからしか写真がとれませんでした)
目的は4つ。
 1.航行用の大型セイルを展開する
 2.セイルに付いている太陽光発電での発電
 3.セイルを使っての加速
 4.セイルによる航法技術獲得
つまり宇宙空間で帆を広げる。広げた帆で発電して、加速して、行きたい方向にいけるか実験するのがイカロス。
こんなことを実証するんで、正式名称は「ソーラー電力セイル実証機」っていう。

どうやってセイルを広げるかって言うと、展示されてたパネルでは超斜め撮りになっちゃったんで、JAXAのホームページより
               展開方法
ドラ左エ門なりの理解はこう。
 1.セイルの4隅についている先端マスを本体から分離
 2.モーターでセイル部分を回転させることで遠心力により先端マスが広がる(真ん中の状態)
 3.本体でセイルを止めているストッパーを外すと遠心力でセイルも広がる

そのセイルの構造
               セイル構造
セイルの厚さは7.5㎛。解説図の青いところが太陽電池。オレンジ色の所が液晶。この液晶がミソ。液晶を制御して透明にすると光は透過する。すると片側にだけ圧力がかかるんで姿勢が傾くっていう仕組みだね。理論的には結構昔からあったらしいけど、実証機として成功させたのはイカロスが初めて。

でもっと凄いのがその速度。理論上、宇宙ヨットはどこまでも速度があげられる(もちろん光速以下)。ま、太陽光の力はとっても小さいんで、どれだけの時間がかかるかは別の話だけどね。
いまもイカロスは冬眠モードで航行中だそうです。

夢があっていいね!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
倉庫
- 2014/07/09(Wed) -
当初から考えてたんだけど、川内の家には倉庫を用意しなくてはいけない。
まず家の方は20坪程度なんで余裕がない。
せっかくの田舎暮しなんだから、家庭菜園もやりたい。するとその道具がいるんで保管場所が必要。
チェンソーや刈払機、斧の保管場所もいる。

倉庫っていってもいろんなのがある。基礎からしっかり作り込む倉庫もあれば、○×物置みたいに工場で作られた専用倉庫もあるし、コンテナを転用したのもある。
どーしようかなーって思ってたんだけど、アーデンホームさんの事務所にコンテナを転用した倉庫があったんで、アーデンホームさんに心当たりをあたって戴いた。結果JRコンテナが良いだろうってことになり、見積りをお願いした。これが去年の夏ぐらい。
               JRコンテナ            
それから除染が遅れて、大雪が降って、やっと着工したのが5月。その時にはJRコンテナの在庫が無くなってた。家の形が見えてきた今でも在庫がない。正しく言うと見積りを取った業者さんに無い。こういう物なんで入荷も予測できないらしい。

さて困った。仕方なくアーデンホームさんにいろいろ調べてもらった。
JRコンテナは関東にはあるんだけど、業者さんは福島まで運ぶつもりが無い。他の業者さんもあたっていただき、結果行きついたのがアルミバン。
               アルミバン
この写真は道を走ってたトラックなんで倉庫とは何の関係もないんだけど、この荷台をトラックから降ろして倉庫に転用する訳だね。
アルミバンなら須賀川に在庫があるっていうんで、こないだ川内に寄った帰りに現物確認して、設置スケジュールの調整をお願いしてたところ、アーデンホームさんから候補日の連絡があって、来週後半で決定。

これで倉庫問題も解決!
  
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スリッパラック
- 2014/07/08(Tue) -
今回はスリッパラックを製作。

どんなのがいいかな、とイメージを書いてみたらこんな感じ。
               手書イメージ
カミさんに「いくつ置ければいいの?」って聞いたら、「6個もあれば充分じゃない」って答えだったんで、横に3個、縦に2段で6個収納できるように考えてみた。

材料はこちら。
               材料
真ん中の杉の板は家にあったもので、スリッパを掛ける部分になる。時計や玉助くんでも使った板。
他は購入。実はドラ左エ門の家の近くにはホームセンターがない。一番近いとこでも5km以上ある。車があれば何でもないんだけど、物によっては電車で運ぶのを躊躇しちゃう場合もある訳だ。今回もどうしようかな~と思ってたら、スーパーのオリンピックでDIY材料を発見、購入しました。オリンピックでも3km位あるんだけど、だいぶ楽になった。しかしオリンピックは中々面白い品揃えだね。木材やらシャワーホースやら作業着やら、いろんな物を売っている。もっと近い所に1店欲しい所(脱線しちゃいました)。
写真下の板は、側面に使用。上の小さなのは安定のため足にする。

得意の現場合わせで製作開始、と思ったんだけど、手書きのイメージだと横の板が側面板の中央を貫いている。見た目は綺麗だけど、この構造だとネジを打てないんで強度的に問題(技術が在る人はそんなことはないんだけど)。結果、中央を貫くのは止めて、裏側を欠くことに変更。
切出した材料がこちら。
               切出後
杉の板は2枚にカットし、鉋(かんな)でサネを落とした。側面の板は欠き込みを2箇所つけて、最上部を丸くカット。足にする板も両端を丸くカット。

ここで定番となった柿渋を2度塗りし、木工用ボンドと木ねじで組み立てたらハイ出来上がり。
                      完成正面
横から見たらこんな感じ。
                     完成側面

構造も単純なんで簡単にできちゃいました。
費用は、合計620円(側面の板が220円×2=440円 足の板が90円×2=180円)

さて次は何を作ろうかな。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝顔まつり
- 2014/07/07(Mon) -
ドラ左エ門が子供の頃は「朝顔市」って呼んでたと思うんだけど、入谷の夏の風物詩「朝顔まつり」。見たことが無かったんで行ってきました。場所は「恐れ入谷の鬼子母神」で有名な鬼子母神沿いの言問い通り。
鬼子母神正面から。
               鬼子母神

昭和通りと言問通りが交わる、入谷の交差点から、都電通りまでお店がギッシリ。
               言問通り南側
青い屋根みたいに見える所が全部朝顔のお店。

屋根の下は、
               お店
ちょっとピンボケですみません。

朝顔は、2000円前後が中心。
               朝顔

ヤマト運輸さんも大忙し
               ヤマト運輸

言問い通りの北側は出店でいっぱい。
               言問通り北側
ドラ左エ門が行ったのは、朝7時位なんで、出店は営業前。
夕方5時から夜9時頃までは、自動車を通行止めにしちゃうらしい。良く見るとお店が道路側向いてる。そうとうな人出なんだろうね。

ドラ左エ門は朝顔は買いませんでした。だってもう少しで引っ越すんだもん(希望的観測含む)。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
玉掛け
- 2014/07/06(Sun) -
資格シリーズ第4弾は「玉掛け」。玉掛けって一般的にはあまり聞きなれない言葉でしょ。
                         玉掛け
ちょっと変形の写真でごめんなさい。
クレーンのワイヤーの先にフックがあるでしょ。この下に荷を吊るんだけど、この荷物をフックに掛けたり、クレーンを誘導する資格を玉掛けっていうんです。

この資格も就職に有利になるかも知れないし、自宅でもしかしたら使えるかも知れないんで、とってきました。
こういう資格なんで多いのは建築関係の会社、荷物の搬出にクレーンを使う工場。あとは造園や林業なんかでも資格が要るかな。

講義内容は
 1.クレーン等に関する知識
 2.クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識
 3.クレーン等の玉掛けの方法
 4.災害事例
これらを座学と実技でお勉強。ドラ左エ門は小型移動式クレーンを持ってるんで力学は免除。

最後に試験があって合格しないと資格が取れないんだけど、試験内容はペーパー試験と実技試験。
ペーパー試験は教官の話をきちんと聞いておけばまず大丈夫。

実技試験は3つ。
一つ目は、与えられた課題について教官が操作するクレーンを誘導して荷物を移動する。なにせ専門用語に慣れて無いんでちょっと大変。初めの部分はこんなんです。
「本日の玉掛け業務を説明します。重さ600kgの丸棒を、地切り(じぎり)後1mまであげ、ここへ(指さし)移動。荷の重心位置はここ(指さし)。吊り位置はここと、ここ(指さし)。玉掛けの方法は、ワイヤーロープ2本を使った逆目通し吊り、浅しぼり、目掛け2本です。」 

二つ目は、目測で荷の質量を当てる。例えば、鉄の板が置いてあって重さは何トンか? ていう問題。電卓もメジャーも使用禁止。立方体とか直方体だったらいいんだけど、太さの違う円柱が2つ繋がってる荷なんてのは大変。

三つ目は、荷物の重さとつり上げる条件が指定されていて、最低限必要なワイヤーを特定する。例えばこんな問題。
「質量3.2tの荷をつり角度0度で2本のワーヤーロープを用いてつるときのワイヤーロープはどれか(約10本から選ぶ)」

今回は40人が受講して全員合格だった。だから資格としてはそんなに難しいものではないんで、興味がある方はいかがですか?
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カーテン
- 2014/07/05(Sat) -
アーデンホームさんの見積りにはほとんどすべての費用が入っている。例えば照明器具、業者さんによっては別料金なんてのもあるらしい。でもカーテンだけは見積りの外なんで、自分で揃えないといけない。

カーテンの基本構想はこんな感じ。
 2重のカーテンとする。1枚はレース、1枚は遮光。
 カーテンレールは普通のステン系がいいかな。
 安く上げるために既成で済ませられる所は既成。

で、まずは遮光カーテンをあたることにした。アーデンホームさんの窓枠のサイズ、リビング等の大きいのが幅1650、部屋なんかに使う小さい方が幅1520になる。見た目もあるんで遮光のほうはオーダーにして、ピッタリサイズにしよう。
じゃ安いカーテン屋さんを探さなくっちゃいけない。オーダーカーテンっていいお値段だよね。小さな家だけど一軒分揃えたら10万円とかになっちゃう。

最初に見つけたのが、日比谷線仲御徒町駅近くのカーテン屋さん。ここは1窓分(2m)までなら1万円で作ってくれる。ビルの2階全部がカーテンなんで品数も結構ある。結構お客さんも入っている。窓5つ分で5万円だから「ここでいいじゃん」て思ってた。想定価格の半分だもんね。
               1万円

ここで突然ですが、御徒町にある「吉池」の話。元々駅の隣で地下がスーパー、1階が催事場、2階が酒、3階がクツ、4階が日用品、別館で魚を販売してた。御徒町で生鮮品を売っているスーパーが無いこともあり、地元住民、近くの居酒屋さんなんかで結構賑わってた。だけど3年前の東日本大震災で建物がダメージを受けちゃったらしく建て替えてた。それが今年4月にオープン。今度は食品と日用品は地下に行って、その上にユニクロ・GU・ユザワヤさんができた。
                     吉池
ある日暇なんで店内をブラブラしてたら、ユザワヤさんでオーダーカーテンを発見。なんと2mまで3千円代~。前のお店に比べれば品数は少ないけどね。さすがに3千円代のカーテンは遮光性が弱いんで、その上のクラスだと7千円代、全部で4万円弱でオーダーできる。結局ドラ左エ門宅のカーテンはユザワヤさんにお願いすることに… ところがこれが、ちと大変だった。

ユザワヤさんではカーテンレール設置後のオーダーしか原則受けて無いんだって。でもカーテン作るのに約1月かかるでしょ。そしてカーテンレールってほとんど家ができてから付けるんだから、どう考えても矛盾する。結局ドラ左エ門側が責任を持つってことでオーダーした。
家に帰ってから、ドラ左エ門は外出。その間にユザワヤさんから電話があって「縫製工場がほんとにいいかって言ってる」とのこと。カミさんが電話してOKを出す。
数時間後「サイズが普通と違うって工場が言ってる」との電話。そういえばアーデンホームさんが昔言ってたような気がする「カナダからの輸入」だとか(うる覚えです)。

これでやっと遮光カーテンの手配終了。レースカーテンは通販で探してみよう。
そしたらアマゾンでメチャ安カーテン発見。も、これで良いや。
               レースカーテン
窓5つ分。これ全部で6千円ちょっと。

カーテンはメッチャ安くあがった。ラッキー!
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スーパーエコタウン
- 2014/07/04(Fri) -
スーパーエコタウンの見学って聞いて申し込んだんだけど、ドラ左エ門的にはスマートハウスみたいのを町とか地域で取り組むような省エネ系の施設見学だと思ってた。でも、これはドラ左エ門の思いこみで、「東京臨海部の都有地において、民間事業者等が主体となり廃棄物処理・リサイクル施設の整備を進めるもの」、平たくいうとリサイクル系の施設見学でした。

なんでこんなことをやっているかというと、一つは最終処分場の問題。
               外側防波堤
この写真、東京湾の中央防波堤外側埋立地なんだけど、中央に見える防波堤の内側の海面、ここだけが埋め立てをしてない所。東京には他の処分場がないんだ。だからゴミの量を少しでも減らしておかないといけない。

もう一つは、東京で出した産業廃棄物を他の地域で処分してもらうのはいかがなものかということで、都内の処理率の向上を目的にしてる。

だから「スーパーエコタウン事業」っていう呼称で、都有地に優秀なリサイクル系の会社さんに来てもらって産廃の処理に力を入れてる。その場所が城南島地域と中央防波堤内側埋立地。で当日は3社さんの施設を見学させていただいた。

<株式会社リサイクル・ピア>
こちらの会社さんは、建築廃材のリサイクルが主体。建築現場から持ちこまれたいろんな廃材を、選別してリサイクルのルートにのせていく中間処理施設になる。持ちこまれた廃材の80%はリサイクルできるんだけど20%は難しいんだって。そのほとんだが、タイル・瓦といった焼いたものと塩化ビニル。
選別の方法は、篩(ふるい)、水、磁石、風、人。
                     楕円の篩
下にあるローラーみたいのが大きな篩。楕円の板が円柱についてて回転。すると小さな物は下へ、大きなものは次の工程に行く。
水は比重を利用しての選別。風は空気抵抗を利用しての選別だよね。それでも選抜できないのは人力で選別するんだって。
いろいろ混ざった廃棄物って処分が難しいんだね。

<株式会社リーテム>
こちらの会社さんでは、金属やプラ系の産廃を分類・選別している。
               ユンボ
工場の一番奥(写真左)は産廃の山。どんな物があったかっていうと、自転車、飲料自動販売機、厨房設備、プラスチックパレットなんか。下の写真はどこかの銀行のATM。
                     ATM
これらをユンボで破砕設備に投入してるところが上の写真。
出てきた所の一つが下の写真。
                     選別後

こちらでは集塵(軽いものを吸い取る)、風力、磁力、回転、振動なんかで選別して、鉄、非鉄金属、サイクロン回収物(プラ等の軽いもの)、非金属混合物に分類して再資源化。最終的には99.7%はリサイクルしてるんだって。すごいね。

<東京臨海リサイクルパワー株式会社>
こちらはドラ左エ門の中ではゴミ焼却施設によく似てる。全体の模型がコチラ。
               焼却施設
持ちこまれた産廃を、焼却し発電、燃え残ったものはスラグとりて利用したり、金属はリサイクルしたりする。ゴミ焼却施設と違うのは、医療系の廃棄物も専用の設備で処分しちゃうところかな。
もうひとつ家庭ごみって基本的には出る物が同じでしょ。だから一定量がまとまれば均質になる。でも産廃は車毎に質が異なってくるんで、焼却にはそれなりのテクニックがあるみたいだ。

ゴミってまず少なくしなきゃいけないし、出す時もきちんと分類しなくっちゃね。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自動車教習所
- 2014/07/03(Thu) -
家の方もあと1カ月程度で何とかなる見込み(希望的だけど)なんで、そろそろ色々段取りをしてかなくてはいけない時期になってきた。

川内村のドラ左エ門宅は、一番近い公共交通機関である「復興バス」の通り道まで約8Km。歩いたら2時間近くかかるかも知れない。2路線あるんだけど、本数は日に数本。うち一つの時刻表。
                     時刻表

そして、ドラ左エ門は当然免許を持っているけど、カミさんが免許を持っていない。以上の点からして、カミさんに免許を取ってもらわなくてはいけない。

震災前までは川内村の人の多くは、富岡町にある富岡自動車学校に通っていた。送迎バスもあったらしいんだけど、原発から5・6kmの所にある富岡自動車学校は、当然ながら休校状態。ネット検索しても出てこない。

となると方法は一つ。googleマップの中心ににドラ左エ門宅をおいて、付近を検索→自動車学校。
出てきたのは田村自動車学校。

ドラ左エ門宅からは約25kmの距離。東京で言うと日本橋・津田沼が約26kmなんでこれに匹敵。
ホームページを確認すると「田村自動車学校の送迎は、田村市全域・三春町・小野町、そして郡山市の一部をカバー。
待ち合わせポイント等についてはぜひお問い合わせください。」とPCに表示された。
「やっぱり川内村は送迎地域にはなってないんだ。カミさんが免許を取るまではドラ左エ門も就職できないな。ま、しょうが無いか。」とあきらめかけた。ところがドッコイ、何かの拍子にドラ左エ門はホームページをスクロールした(みたいだ)。

じゃじゃーん。そしたら隠れてた文字が出てきたんだよね!
「送迎バスルートにない場所にお住まいの方には、個別で送迎をしています。へき地・山間部にお住まいでも安心してください」

ま、確かに「へき地」なのかも知れないけど、そんな風に書かなくてもいいじゃん。と思いつつ学校に問い合わせ。
回答は「送迎OK」だそうです。「へき地」なんて書いてくれたけど、許しちゃう。
ということで転居後、カミさんは田村自動車学校に通う事になりそうです。

スクロールの神様、ありがとうございます。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪置き
- 2014/07/02(Wed) -
ジモティーってご存知ですか?
不用品交換サイトってなっているけど、別に交換しなくてもOK。
要らなくなった物をサイトに載せて、必要な人が出品者に連絡。お互いに納得すれは引き取らせていただく。
価格は無料もあれば、有料もある。
ワードを登録しておくと、そのワードで新規登録があればメールで知らせてくれる。

ドラ左エ門も、手頃な物があったら戴ければと思って、いくつかのワードを登録。その中の一つに「薪」っていれておいた。
薪は買ったら結構なお値段なんで、戴ければ助かるんだよね。
そしたらある日メールがきて、見てみたら「薪置き」。そういえば薪置きは用意してなかった。出品者のお住まいも都内なんで出品者に連絡して引き取らせていただいた。
               薪置き
ドラ左エ門の元で、第二のお仕事よろしくお願いします、薪置きさん。

出品者の方は、マガジンラック代わりに使ってたんだって。多少のスレはあるけど、薪を置いたら直ぐにこんなスレは目立たなくなっちゃうだろう。
とはいっても一応のお手入れはしとこうという事で、金属磨き「ピカール」を購入。
               ピカール

入手時の状態
               研磨前

磨いた後
               研磨後
うん、それなりにキレイになったじゃん。

革の部分は、どうしようかな。ま、潤いさえ与えとけばいいか! ということで、100均で透明な靴クリームを購入して、塗ってみた。
               潤い後
ずいぶん違うよね。
恐るべし100均。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村訪問記録~梅雨の川内
- 2014/07/01(Tue) -
当たり前だけど川内村も梅雨。但し、東京と違ってベトベト感はあまりないかな?

ドラ左エ門宅では…
畑予定地の雑草が元気一杯。
               畑用地
耕作放棄地の雑草が悩みの種だとか、ヤギに食べさせるとかニュースになるけど、なるほどこういうことなんだね。

普段は水が流れていない小川?も初めて流れを確認。
               小川

義兄宅では…
「あやめ」が盛り。(ドラ左エ門にはあやめ・かきつばた・しょうぶの違いがよくわからないけど)
               あやめ

自家用ハウスの中には、
なす
               なす
花がなすの色だ。

きゅうり
               きゅうり
花から茎にかけて、きゅうりになる所があるのが判るね。

ミニトマト
               ミニトマト
まだ食べられないけど、形はすでにトマト。

前回行ったときに子作りをしていたカエルさん(6/17見てください)かどうかは判らないけど、写真中央の白いのがモリアオガエルの卵。
下は小川が流れてる。
               モリアオ卵1
ズームアップするとこんなです。
               モリアオ卵2
クリーミー。

しかし木の枝に産卵するって、やっぱりモリアオガエルって変わってるよね。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |