FC2ブログ
準備中最後の日
- 2014/08/22(Fri) -
いやー長かった。3月末に最終出勤してから約5カ月間。準備中も今日でおしまいだよー。

今日はお引越しの荷造りして、ハスラー納車。
明日、朝から川内に移動。明後日、朝から物件引渡しです。

準備中の期間、お付き合いいただき、有り難うございました。
そして次回ブログは順調にいって9月4日になるんで、9月4日に更新されてなければ、トラブルがあったと思ってください。(但し、スマホで少ーし更新するかも?)
詳細はコチラを見てね!

トラブルといえば昨日になって、イヤーなトラブルが発生。
アーデンホームさんからmailが入ってて、テレビの共同受信が困難とのこと。これって結構問題じゃん(カミさんもご機嫌斜め)。いきさつはというと…
昨年の7月、この土地を買う前のこと。「この辺りのテレビ受信はどうするの?」って聞いたら、地元の方が「この辺は共同受信だよ」って教えてくれたんだ。なのでなーんにも心配してなかった。移住を推進してる役場の方に、受信の手続きよろしく!ってお願いしておいた。
やっと家が形になったんで、役場にアーデンホームさんが問合せをしたら、業者さんを紹介してくれた。そしたら共同受信の区域外だったことが判明したってな訳。

ちゃんと確認しなかったドラ左エ門も悪いけどね。無しのつぶてもねー…。
共同受信をやってるってことは、まともに電波は入らないんだろうし、地上波はムリかも?
衛星は入るんで、どこかの有料チャネルに加入するしかないかなー。
               衛星アンテナ
いやーマイッタ。
 
それでは9月4日まで、お元気で!
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2014/08/21(Thu) -
川内村は水道が無い。だから村のお宅全てが井戸水か湧水になる。ドラ左エ門宅は井戸水。この土地を造成した時に掘ってあった。造成したのはハッキリとは判らないが植物の生育状況から10年ほど前ではないかと思っている。

これが最初に、この土地を見たときの井戸。
               井戸1
塩ビ管だけが地中から出てて、上にバケツが被せてあった。中を覗いてみたらクモの巣が張っていて、数メートル下には澱んだ水が…。
村の方に聞いてみたら、この辺りは花崗岩層の上に砂地があるんだそうな。だから井戸はかなり深いんだって。この土地の売主の都路林産開発さんも数十メートル掘ったはず、と言ってた。
ならば数メートル下の澱んだ水は何? どうもこいつは上にたまった水なんだって。
そう言われてもねー、飲むの心配じゃん。

アーデンホームさんがポンプを設置して、ようやく水が汲みだせるように…
               井戸2
ようやく水質検査ができるようになった訳だ。

いろいろ調べてたり、聞いたりの結果、この地域での一般家庭用の飲料水は14項目の検査が必要。しかも1年に1回は検査するようお達しが出てる。
村役場に紹介してもらった検査機関に、検査をお願いするんだけど、こんな段取りになる。
 1.検査機関で、検査用の容器を受け取る
 2.検査用の水を、検査用の容器に入れる
 3.速やかに、検査機関に持ち込む
この速やかにというのが中々曲者。ドラ左エ門がやったとすると
 07:00 東京出発
 10:00 検査機関到着
 12:30 現地到着
 14:30 検査機関持込み
結構な、強行軍になっちゃうでしょ。しかもレンタカー、高速、ガソリンで2万円以上かかちゃうんだよね。

ということでアーデンホームさんに検査お願いしちゃいました。
アーデンホームさんお手間掛けてすみませんでした。
検査結果は問題なし。
                     検査結果
これで一安心。

実は、川内ではもう一つ検査がある。線量検査だ。こちらは金曜日の夕方までに、2ℓのペットボトルに入れた水を、役場に持ち込む。
               線量検査
現在検査中。でも、いままでの検査で問題になったことは無いそうなんで、心配はしてない。

川内の方が、川内の水は美味しいよ! って言ってました。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダイニングボード
- 2014/08/20(Wed) -
昨日ダイニングボードの配送業者さんより、配達日確認の電話があった。数日前に北海道から発送されたもの。今日はこのダイニングボードについてのウンチクをご紹介。

そもそもダイニングボードとかキッチンボードとかカップボードとか、良く判らないんで、ネットで検索した結果を元にして、こう整理。
 カップボード→食器棚のこと
 ダイニングボード→和製英語なんで、正しくはキッチンボード
 キッチンボード→食器類の収納ができ、中央部に調理家電等の空間が確保されている棚
なんだけど、ドラ左エ門は英語が苦手なんで「ダイニングボード」で統一します。

家を建てることになったんで、まずはラフプラン。「ここにダイニングボードを置こう!」と決めてから、アーデンホームさんに設計していただいた。なのでダイニングボードの大きさが最初に決まっちゃった訳だ。その幅900mm。
建築が始まった頃、「そろそろ家具のことも考えなきゃ」と思いネットで調査。条件はというと…
 1.幅900mm未満→これは絶対
 2.天然木→田舎暮らしのこだわり
 3.色はナチュラル、もしくはホワイト→家具に合わせればナチュラル系だし、内装に合わせれば白系

そしたら、これが中々無いんだよね。そんなに難しそうな条件じゃないんだけど、なにか足りない。例えばこんな感じ。
 ・カップボードならあるけど、家電が置けない
 ・幅1200mmだったらある
 ・前面のみ天然木だったらある
「もしかしたら通販だから、お手頃な品揃えになっちゃってるのかなー」とも思い、家具屋さんも見てみたんだけど無いんだ。
ようやくナチュラルカラーで、条件に合うダイニングボードを通販で発見したんだけど品切れ。販売元に問い合わせてみたら、廃番品で再入荷不能だって。えー、このサイズって人気ないんだー。
最悪条件を代えるしかないかなぁ、と思いつつネットでの調査を継続してたら面白ーいサイトを発見した。
なんでも北海道で自作家具を作ってヤフオクで販売してたんだけど、今ではHPで販売してるんだって。HPも自作みたいで手作り感満載。家具は無垢のパイン材を使用してて、オーダーも可能って書いてある。お値段も、手が届く範囲。
これって全ての条件クリアーじゃん。

で問い合わせをして見た。気になってたのは超お高くならないかってことと、家の場所が山間僻地なんで配達できるの? この2点。結果いずれもクリアー。但し引出の底とウラの一部はベニヤなんだって。引出の底はベニヤは当たり前だよね、じゃないと分厚くなっちゃう。ウラの一部は…、ましょうがないか! てな訳で、製作をお願いしたのが6月。

できたのがコレ。
                     カップボード
なかなか、いい感じでしょ!
おっと、忘れてました。もちろん使用者であるカミさんのOKはとってます。
しかも家の完成が1月ほど遅れちゃったんで、その間預かっていただきました。
製作いただきまして、有り難うございました。対面するの楽しみにしてます。

ちなみに、ドラ左エ門はカントリーに凝るつもりはありません(念の為)。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
隅田川テラス~新大橋⇔勝鬨橋
- 2014/08/19(Tue) -
隅田川テラス3日目になってしまいました。こんなに長くなるとは思わなかった。

新大橋を過ぎたあたりから、松尾芭蕉の俳句を記した碑?がチラホラと…
               俳句
何でだろーと思ったら、芭蕉庵がこの辺にあったんだね。ちょっと寄り道することにして、
               萬年橋
正面が小名木川に架かる萬年橋。ちょうど写真を撮っている位置の、堤防を挟んで反対側にあるはず。
なもんで萬年橋のたもとの階段を上がってUターンすると、すぐに案内板があった。案内板に従っていくと堤防脇にあるのが、芭蕉庵史跡展望庭園。
               展望庭園
階段を上がると松尾芭蕉の座像がある。
そこからの展望がこちら。
               庭園からの眺め
ヒミコが永代橋をくぐったところ。数メートルあがっただけなんだけど、テラスに比べると格段にいい眺めだね。
芭蕉庵はというと
               芭蕉庵
お稲荷さんになってました。ちゃんとお参りしてから、写真を撮らせていただきました。「古池や 蛙飛びこむ 水の音」はここで生まれたんだね。
近くには芭蕉記念館なんてのもあるらしいけど、まだ先があるんでテラスにもどることに。

萬年橋を渡ってしばらく下ると清州橋がある。東京都建設局の案内図どおり、清州橋を渡って右岸を下っていく。
               清州橋
綺麗な橋だねー。隅田川に架かる橋の中でも、一番かも知れない。
深川の澄町と日本橋中町を結ぶんで、清州橋っていうことだそうな。

次の橋は隅田川大橋。
               隅田川大橋
この橋は2階建構造になってて、上を首都高が走ってる。

日本橋川を越えるために豊海橋を渡って、またテラスに戻るとすぐに永代橋。
               永代橋
なんとも綺麗なアーチだなぁー。
永代って言う名前の由来も諸説あるんだって。永代島に架けられたんで永代橋とも、将軍綱吉公50歳を祝って永代とも。

そしてお次は中央大橋。
               中央大橋
左岸は石川島だね。
よーく見ると橋の左端に、未来的な建築物があるでしょ。近くで見るとこんなです。
               水位観測所
実はここが日本で、標高を決める水位を観測した所(詳しくは日本水準原点:5/29ブログをみてください)。今はそのお役目は油壺に譲ったけど観測は続いてるんだって。

そろそろテラスも終わりに近づいてきた。次の橋は佃大橋。
               佃大橋
佃煮で有名な佃島に架かってる。

終点間近の堤防はなんともオシャレ。
               終点の堤防
ここだけ見てると海外の歴史ある街の河畔にいるみたいだね。

終点の勝鬨橋。
               勝鬨橋
ここが終点なんでこの橋だけは北側から撮ってます。
勝鬨橋については、6/186/19のブログを見てくださいね。

あー疲れた。約2万歩あるいたょー。
 
さて、お引越しまであと5日になったんで、そっちの段取りもしなきゃいけない。ブログは引越しまで続けるけど「東京近郊いっとこPlace 」は今回が最後です。長らくお付き合いいたきまして有り難うございます。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
隅田川テラス~蔵前橋⇔新大橋
- 2014/08/18(Mon) -
昨日からの続きです。

蔵前橋を渡って右岸側を下っていくんだけど、この辺りの堤防はなまこ壁風にデザインされてる。
               なまこ壁風堤防
これはこれで結構好きかも。
この辺り、幕末には67棟の御蔵があったんだって。
なまこ壁の所々には大名家の家紋があしらって、アクセントに。
               家紋
これは大河ドラマ「軍師官兵衛」の黒田家の家紋じゃん。ドラ左エ門は第一話から見てますヨ。
壁の前には浮世絵が点々と。
               浮世絵
でもこの浮世絵、場所がちょっとふさわしくないよね。橋場だから浅草辺りになるんだけど…。(参考までに、橋場では瓦作りが盛んだったらしい。今でも招き猫を作ってる焼き物やさんがあったと記憶してます。)

総武線陸橋。
               総武線鉄橋
総武線を超えると一旦テラスを上がって隅田川の支流を渡らないといけない。
その支流が神田川。渡らなきゃいけない橋が柳橋。
               柳橋
神田川が隅田川の支流だなんてあんまり意識したことがないなー。もひとつ柳橋が神田川に架かってるなんでのも意識したことがないや。
柳橋といえば新橋と並んで、綺麗どころで有名。新橋が薩長出身の明治新政府のお役人さん方中心だったのに対して、柳橋は商人や旗本など昔ながらの江戸住まいの人が中心だったんだって。
だから橋の欄干はこんなになってる。
               柳橋欄干
正面から撮るとこんなです。
               柳橋かんざし
柳橋、っていうデザインだね。

柳橋を渡るとすぐ下流にある両国橋を渡って、再び左岸へ。
               両国橋
両国っていうのは、武蔵と下総の両国を結ぶ、っていうとこから来てる。

両国橋を渡ると運河である堅川を渡る一之橋。
               一之橋
一之橋を超え、再び隅田川テラスを下ると、まもなく新大橋。
               新大橋
元禄期、両国橋は大橋って言われてた。その下流に新しく架けられた橋なんで新大橋。
この橋は昭和52年に架けかえられてるんで、デザインがちょっと違うね。

この辺りで鵜を発見。
                鵜
この日も東京は真夏日。隅田川テラスは風はあるんだけど、舗装されちゃってるんで結構暑い。涼しそうな鵜がうらやましいよー。

ここいらで工程の2/3位。続きは明日という事でご容赦ください。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
隅田川テラス~吾妻橋⇔蔵前橋
- 2014/08/17(Sun) -
ドラ左エ門が子供の頃の隅田川は、夏になるとドブの臭いがした。堤防もコンクリートで、収容所の壁のように人を寄せ付けない、味気ないものだった。でも下水道が整備され、排水規制が行われ今では結構キレイ。それに伴って整備されてきた隅田川テラス。部分的に歩いたことはあるけど、通して歩いたことはなかったんで、歩いてみました。
今回のコースは東京都建設局さんの「隅田川テラスを散策するルート」に則ってます。このコースでは起点が吾妻橋になってるけど、南千住のあたりから隅田川の河畔を歩けたと思うんだよね。

水上バス乗り場から撮った、起点となる吾妻橋(あずまばし)。
               吾妻橋上流から
水上バス乗り場に泊まってるのは、松本霊士さんデザインによる「ヒミコ」じゃん。こいつも乗ってないけど、もう引越しまで時間がない(残念)。
吾妻橋の上から見た、隅田川テラスの起点。
               隅田川テラススタート地点
堤防を降りたところからスタート。ここからしばらくは左岸(墨田区側)をテクテク。
               吾妻橋
テラスからの吾妻橋。(太陽が南なんで、今回は橋の写真は基本的に南から撮ります)
吾妻橋の名称は、東国・関東を意味するアズマに由来するんだって。

次に見えてきたのは駒形橋。
               駒形橋
浅草寺にある駒形堂に由来して駒形橋だそうです。
それにしても昭和の初めに架けられた橋は美しいね~。テラスにある橋で昭和初期って言うと北から、吾妻橋(昭和6年)、駒形橋(昭和2年)、厩橋(昭和4年)、蔵前橋(昭和2年)、両国橋(昭和7年)、清州橋(昭和3年)のよう。永代橋は大正15年12月20日竣工なんで、あと6日ほどで昭和の橋になったんだけど…

駒形橋を過ぎると、テラスが舗装されてないところがあって、その辺りには水路が引いてある。
               水路
水路にはカニさんがいっぱい。
               カニ
隅田川より水位が高いし、どっから水を引いてるのかなーと思ってたら…
                     風車
風車があって、風速3mで回り始めて、隅田川の水をくみ上げるようになってる。
少し先にも別の水路があるけど風車は無い。ここはどうしてるのかというと…
               手押ポンプ
手押しポンプがある。説明では、隅田川の水位が高いと水が入るようになってるんだけど、長期間水位が低いとカニさんほかの生き物が死んじゃうんで、ご自由にポンプを押してください、だって。そういえば東京はずっと暑いんで、微力ながらポンプで水を汲んどきました。

次の橋は厩橋(うまやばし)。
               厩橋
江戸期の浅草には米蔵があって、米蔵に付属する厩があったんで厩橋。
橋の下流には両国百本杭の再現がされてる。といっても川の中じゃないけどね。
               百本杭
隅田川護岸には、流れを弱めるために沢山の杭が打たれてたんだけど、その中でも両国橋から総武線の間の左岸は百本杭っていう愛称があったんだって。
このあたりは堤防に浮世絵がかかれてる。
               浮世絵
もう少し下流では近くの学校の卒業制作みたいのもあった。

次の橋は蔵前橋。東京都建設局さんのルートでは、この橋を渡って、ここからしばらくは右岸を進む。
蔵前橋の橋脚上の欄干。
               蔵前橋欄干
お相撲さんがデザインだれてるんだ。何回も渡ってるけど、全然気付かなかった。
蔵前橋はなぜか黄色。
              蔵前橋
目立つねー。
由来は、御用蔵があったとこなんで、蔵前。

まだまだ先が長いんで、明日に続く(とさせてください)。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
上野公園 朝の散歩
- 2014/08/16(Sat) -
転居まで10日弱。長年住んでいた風景とも間もなくお別れなんで、早出して上野公園を散歩してきました。

上野駅の線路の上に架かっている東西自由通路:通称パンダ橋から上野公園へ入ると、ミンミンゼミが大合唱中。ふと道端の木を見ると抜け殻が、その隣には成虫が…
               セミ
え、もしかしたら羽化したばかりのセミ? ぜんぜん逃げようとしませんでした。

上野公園といえば西郷さん。
                     西郷さん
近年お顔が違うとの研究もあるけど、子供の頃から見慣れちゃってるからねー。やっぱり西郷さんはこの顔がいいや!

江戸時代は上野公園のほぼ全域が寛永寺だったんだけど、公園山下から上っていくと最初にたどりつく寛永寺のお堂が、清水観音堂。
               清水観音堂
真ん中にある丸いの、「月の松」って言って歌川広重の浮世絵で有名。「あまり記憶にないなぁー」と思ったら、150年ぶりの復活だそうです。

噴水広場、奥にあるのは国立博物館。
               噴水
ドラ左エ門が子供の頃は、ここでラジオ体操をやった。
噴水の形も変わっちゃってるし、コーヒーショップなんか無かったね。

ところで、上野公園内に古墳があるの知ってますか?
               すり鉢山
あるんです。前方後円墳が…
擂鉢山古墳ていいます。通称すり鉢山。そう言われなければ、古墳だなんて判らないよねー。
場所は野球場のちょっと南側(御徒町より)。

上野のお山から不忍池方面へ向かう階段。
               弁天堂
正面には弁天様がある。でもこの弁天様への通路、ドラ左エ門が子供のころには鳥居があったよ。
神様も鳥居作られたり、撤去されたり、迷惑なんじゃないかな?

不忍池は蓮が元気一杯。
               蓮
花もキレイ。
               蓮花
もう少し楽しめそう。
蓮の花が咲く時、「ポン!」ていう音がするでしょ。子供の頃以来、聞いて無かったんで聞きたかったけど、あいにく聞けなかった。チョット残念。

早朝散歩も良いもんですよ。
でも短パンは、やめた方がイイ。
               ご注意
一撃で3匹の蚊を撃滅したけど、当方も被害甚大。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
光回線
- 2014/08/15(Fri) -
7月13日のブログで、ASAHIネットに申し込んだことは書いたんだけど、そのあとの続報です。

ASAHIネット側はなんの問題もないんだけど、NTT東さんから連絡があった。
「場所が確認できません。地図送ってください」だって。
よーく話を聞いてみたら、NTT東さんに登録されていない住所みたいなんで、こんな段取りになる。
 1.NTT東さん側で登録をする(何の登録だかよく判らないけど)
 2.NTT東さんの職員の方が現地確認
この段階で光回線を引けない可能性もあるわけだ。

地図を送って、約10日ほど経ってからNTT東さんから連絡があった。幸いにも工事日の連絡だったってことは、光回線はOK。
但しその工事日が最短で9月4日になるとのこと。

8月23日には完全に東京を引き払っちゃうんで、約2週間インターネットが使えない。
えー、どうしよう。ブログも書けないし、メールもできない。何よりも困るのはインターネットバンキングが使えないので、家の代金なんかのお支払いも、他の方法を考えなくっちゃならなくなっちゃった。

家の前の電信柱↓
               電柱
配電線は確認できるけど、光ケーブルらしきものは無いねー。
ってことは、光ファイバーの敷設からの作業になるんだろうなー。
これじゃNTT東さんも費用回収できないだろう。と思ったらNTT東さんが、回線を敷設してくれるだけでも感謝しなきゃいけないや。

という状況になってしまいました。
田舎っていろいろあるんだってことを、再確認。

読んで戴いている方へ。
大変申し訳ございません。以上のような次第ですので順調に工事が終了しても、転居してから9月4日まではブログの更新が難しい状況です。もしかしたらスマホでガンバルかもしれませんが、所詮はスマホなんで…
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三河島水再生センター
- 2014/08/14(Thu) -
蔵前水の舘で下水道管を見学し、その下水は「三河島水再生センターに送られる」っていうところは先日ご紹介したでしょ。その三河島水再生センターも見学してきました。

門を入ると石碑が、
                     記念碑
ここが近代下水処理場としては、日本で初めての施設なんだ。
だから当時のポンプ場が重要文化財に指定されてる。正式には「旧三河島汚水処分場喞筒場施設」っていう。○筒場はポンプ場。
               重要文化財
ちょっとお手入れしたら、リゾートホテルに見えなくもないんじゃ…
大正13年に運転を開始して平成11年まで稼働してた。関東大震災でも倒壊しなかったんだね。
この施設も見学ができるんだけど、今日は現代の施設を見学。

まずは昔使われてた設備から
ここで使われてた下水管。
               馬蹄型下水管
馬蹄型下水管っていうんだって。上部は円形なんで上からの圧力に強い。下は摩耗を考えてレンガ作りになっている。

こちらは浅草雷門付近に敷設されてた下水管。
                     卵型下水管
卵を逆さまにした形。これは水が少ない時でも速く流れるようにする工夫なんだって。

この処理施設で使われてたパドル式活性汚泥法の水車。
               撹拌機
水面で水車を回して空気を取り込んで、微生物を活性化させたんだ。だけどこの方法、匂いはするし、風があると泡がご近所さんに飛んでったりしちゃった。

ここからは現在の施設。
下水処理の順番はこうなっている。
 1.沈砂池:大きなゴミや土砂を取り除く。
 2.第一沈殿池:ゆっくり流すことで、沈みやすい汚れを沈殿させて取り除く。
 3.反応槽:微生物を活性化させ、汚れを食べてもらう。
 4.第二沈殿池:塊となった微生物を沈殿させて取り除く。
 5.塩素接触槽:大腸菌等が残ってる可能性があるので消毒。
 6.放流:隅田川に放流。
この内、2~4を見学させていただきました。

まず第一沈殿池。
               第一沈殿池
この段階では、蔵前水の舘で見た下水とほとんど変わらない。
ほとんど流れてるようには見えないけど、ゆっくり流れている。ここで汚泥を分離する。汚泥はコンベアのようなものでかき集められるんだけど、奥に見えてる棒みたいのがコンベアの一部。

反応槽。
              反応槽
コンプレッサーで空気を送り込んで微生物にゴミを食べてもらう。パドル式活性汚泥法の不都合を解消してる。
ここでは下水の臭いというより、泥の臭いっていう感じになってたかな。

第二沈殿池。
              第二沈殿池
お腹がいっぱいになった微生物さんは、増殖して塊になっていく。そうすると下に沈殿していくんだね。だからここも水はゆっくり流れてる。
アップで見ると、
              第二沈殿池拡大
水が透明になってるのがよーく判るね。臭いもぜんぜんしなかったよ。

この後は塩素殺菌して隅田川に放流される。
でも、せっかくキレイになった水、再利用もされてる。よく見るのが大きなビルのトイレで「再生水を使用してます」っていうのは、この水を使ってるんだって。
他には、新幹線やゆりかもめの車体を洗うのに使ったり、涸れちゃった水路にも流してるんだって。

神田川では水量の約90%が下水の処理水だって。神田川にはアユも上ってくるわけだから、きれいに浄化されてるってことなんだろうね。
隅田川でも両国橋あたりだと70%が下水の処理水なんだって。こりゃビックリ!
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蔵前水の舘~下水道いろいろ
- 2014/08/13(Wed) -
昨日は下水道の施設そのものをご紹介したんだけど、蔵前水の舘には地上と浅草橋幹線の間にちょっとした展示がある。今日はそちらをご紹介。この展示スペース、元は浅草橋幹線を作った時のシールドマシンや資材を搬入した立坑跡なんだって。

まずはマンホール。
               マンホール1
現在の23区のマンホールはデザインが統一されてるけど、その昔はいろんなデザインが有ったんだって。そのうち20枚位が展示されてる。
今の23区のマンホールはこれ。
               マンホール染井吉野
真ん中に「染井吉野」、染井吉野の花弁の間には「イチョウの葉」、その外側に波打つ模様は「ゆりかもめ」が配置されてる。東京の代名詞みたいな動植物を3っつも入れちゃった贅沢な?デザインだね。

下水といえば匂いが曲者。匂い対策のため雨水桝の下はこんなになってるんだって。
               臭気対策2
水はゴムを広げて流れるけど、臭気はゴムでストップ!
より新しいのはゴムじゃなくって、蓋になってる。
                     臭気対策1

東京の下水は多くが合流式といって、家庭やオフィスから出る汚水と雨水を1つの下水管で流す。雨が降ってないときはいいんだけど、雨が降ると処理能力を超えるんで川や海に放出する。するとウ●コやショ●ベンも未処理で川や海に流れ出ちゃう。そこで考え出されたのがコレ。
               河川流入対策
右側が対策後なんだけど制御盤とガイドウォールっていうのがついてる。ごれで川・海へ流れるゴミの7割を除去できるんだって。

老朽化した下水管にはこんな技術も。
               老朽化対策1
古い下水管の内部に塩化ビニルのシートを螺旋状に貼っていくんだ。なるほど、これなら道路を掘り返さなくていいから速いし費用もかからない。
できたのは、こんな感じになる。
               老朽化対策2

3年前の東日本大震災では、地震による被害も注目された。だから地震対策も実施中。
               耐震化1
下水管で壊れるのはマンホールと管のつなぎ目なんだって。だからつなぎ目が少し動くように工夫してある。
もう一つ問題になったのが液状化。マンホールは空洞だから体積の割には軽い。だから鉄の船が水に浮くのと同じように、液状化した地面から浮きあがっちゃう。その対策がこれ。
               液状化対策
液状化すると水が入り込むマンホール、なんてのが開発されてた。

最後に下水道職員の方からお願いがありました。
                     廃油
台所からの排水量は全体の24%なんだけど、汚れの40%を占めている。その原因が「油」。
だから
 1.油は下水に流さない。不要な油は拭き取るか固めて燃えるゴミに出してください。
 2.たくさんの油で汚れた食器は、ペーパータオルで拭いてから洗ってください。
という事でした。

川内村は浄化槽だから、自分の家に下水処理施設が在るみたいなもんだ。
移住してからも気をつけとこう。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
蔵前水の舘~浅草橋幹線
- 2014/08/12(Tue) -
都内で唯一本物の下水道管が見られる所、蔵前水の舘。
蔵前橋通りの下を、秋葉原の辺りから隅田川付近まで敷設されてる「浅草橋幹線」が見学できちゃう。
               地図
蔵前水の舘は蔵前ポンプ所の一画にあって、見学は事前予約が必要。
                     蔵前水の舘外観
なんで蔵の形をしてるの? ここは江戸時代には御用蔵が立ち並んでた辺りで、今は両国に移ったけど蔵前国技館があった跡地なんだって。
蔵の中はいきなり階段。
               階段
この階段で地下30mにある下水管まで降りていく。(写真手前が白くなってるけど階段の渕のコンクリです)

途中で地上から30m下の幹線までどうやって汚水を流しているか、実物を見学。
                     ドロップシャフト
このパイプ「ドロップシャフト」って名前です。見学用の窓がついてるけど、汚水はこの中を螺旋を描いて流れていくんだ。
模型で見たらこんなです。
                     ドロップシャフト模型
家庭から出る汚水や雨水は張り巡らされた下水管を通ってドロップシャフトの上にくる。ドロップシャフトの中にはスクリューのようなものが入ってて、螺旋を描いて最下部へ落ち、そこから浅草橋幹線に入っていく。
何で螺旋なの? って聞いたら、30mも落差があると施設も傷むし、音や振動でも迷惑をかけちゃうんだって。
何で30mもの地下に落とすの? って聞いたら、地下鉄の下をくぐるためなんだって。

さらに階段を下りて浅草橋幹線へ到着。今日は雨も降ってないんで、汚水も少ない。
ドロップシャフトから浅草橋幹線に流れ込んでいる所がこちら。
               浅草橋幹線流入口
で、浅草橋幹線の全体はこんなです。
               浅草橋幹線
写真の上方向が秋葉原。汚水は秋葉原方面から手前に向かって流れてくる。この先には蔵前ポンプ場があって、そこから左側にある管を通って、三河島水再生センターに送られて処理されるんだ。
この下水管、直径6.25mあるんだけど、雨が降ると一番上まで一杯になっちゃうこともあるんだって。このおかげで都内では洪水にならないで済んでるんだね。雨がたくさんふると処理施設の能力を超えちゃうんで、そんな時は隅田川にも放水するんだって。

               ポンプ場へ
これが蔵前ポンプ上へつながる水路。
このポンプ結構な能力がいるよね。汚水ポンプは約13,000㎥/日(学校プール24杯分)、雨が降った時の放水用ポンプは2,843㎥/分(学校プール6杯分)の処理能力があるんだって。10数える間にプール1杯の水を排水するってスゴイ!

いままでお世話になりました、下水道さん。
今後も都民の生活を支えてください。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村訪問記録~盛夏の川内
- 2014/08/11(Mon) -
あいにくと雨模様の川内村だったけど、状況は盛夏。

お花4種のご紹介。
色から何の花か判っちゃう。
                     那須の花
                     ↑ナスです。

たまに作物にくっついてる(最近あまりないかな?)花。
               きゅうりの花
               ↑キュウリです。

こいつはあんまり見ないかな。綺麗な白い花だけど、作物のイメージとちょっとちがうかな。
               唐辛子の花
               ↑唐辛子です。

見ればわかると思うけど稲↓
               稲の花
4月に芽が出た稲がこんなに大きくなったんだ。植物の力ってスゴイ。

実のほうもご紹介。
ナスはこんなに成ってる。花も咲いてるんでまだまだ成る。
               那須

トマトも完熟。
               トマト
甘そうだー。

栗の実もだいぶ大きくなった。
               栗

でも作物を狙うヤツの足跡が道路にあった。
               猪
この道路、普段歩いているところだよー。
昼間出食わしたらどうしたらいいんだろ?
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村訪問記録~もうちょっと
- 2014/08/10(Sun) -
川内で、アーデンホームさんと打合せをしてきました。
雷雨が多くて困ってるそうですが、引渡日には間に合う予定とのこと。

どんな状況かというと、ようやく外壁がほぼ完成。
               南から
遠目で見たらレンガにみえるけど、予算的にレンガはムリ。レンガ風のサイディングです。

玄関側は、こんなです。
               北から
前回、工事をしてた屋根は完成。
薪ストーブの煙突も付きました。

設備面では、浄化槽も設置済。
               浄化槽

内装はというと真っ最中。まだ木材や石膏ボードがむきだしの状況。
あと2週間です。大工さん、左官さん、電気屋さんに水道屋さん、よろしくお願いします。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川俣温泉 渓山荘
- 2014/08/07(Thu) -
東京近郊というにはチョット離れてるけど、関東地方ということでご勘弁。
川俣温泉にある「国民宿舎 渓山荘」に行ってきました。
実は、川内の家の完成予定が約3週間のびちゃったでしょ(7/24ブログです)。その時、3週間どうやってつぶそうかなと思ってて、そういえば行ってみたかった温泉があったことを思い出し、衝動的に予約しちゃった訳。

第一目的地の「またぎの里」。名前は博物館みたいだけど食堂。
               またぎの里
なんで、ここが第一目的地かっていうと、メニュー見てください。
               メニュー
ラーメンのところは、くまラーメン・かもラーメン。どんぶりのところは、くまどん・鹿どん・かも重。一品物のところは、くま焼・しか焼・いのしし焼・きじ焼……。
渋滞に巻き込まれて遅くなっちゃったんで軽めの「かもラーメン」をオーダー。
               かもラーメン
おー! かも肉が浮いてる。お味はっていうと普通のラーメン。麺はやわいんで、ドラ左エ門的にはもうチョット固めがいいかな。

第二目的地の間欠泉。土砂崩れで埋まってて、間欠してない状況。
               間欠泉
右側のコンクリート部分から噴泉が出るはず。下の写真は2010年の6月。
               昔の間欠泉
本来はこんなのが見れます。秋に修理するとのカンバンがありました。

さて目的地の渓山荘。
下の写真は宿の脇を流れる鬼怒川。
               鬼怒川
このあたりではヤマメ・イワナ・サクラマスなんかが釣れるんだって。
この川の畔にある貸切露天。
               貸切露天
露天はもう一つ、内湯併設の岩風呂。
               露天

今回の目的はあくまで温泉。そういう意味での感想は、凄く良い。秘湯の宿もなかなかいいけど、ドラ左エ門的にはそれより上だね。
まず内湯。蛇口というかカランというか旧式で、水と湯の量を回す量で湯温を調整するやつ。でもカランから出てくるお湯、温泉です。蛇口をひねると硫黄の香りが…。
湯船は源泉かけ流し。但し泉温が70度弱と高いんで、少しずつ出てる温泉だけで50度近い湯船になっちゃう。入れないことはないけど、温泉でのんびりって気分にはならないよね。だから水を入れる。この水お客さんが自分で入れるんで、子供連れの方は低めの湯温にすることも可能。

次に貸切露天。川を独り占めできるのはいいけど、なぜかここだけ湯温が低かったんだよね。40度ないんじゃないかなー。少し低すぎで20分ほど入ってたけど温まった気がしなかった。ちょっと残念。

最後に露天。
ドラ左エ門流露天風呂評価は、開口度が決め手。湯船につかった位置から人工物(壁や建物、道路など)以外のものが見える範囲が広ければポイントが高い。もちろん分度器を持っていってるわけじゃないんだけど、この露天風呂(男湯)は約120度から130度と見た。これは相当広い。何が見えるかっていうとズバリ「林」。そして隙間から「空」。露天も自分で加水ができるんで、ゆっくりつかる事が可能。
ドラ左エ門が朝風呂に入っていた時は、木々の間からこぼれてきた太陽の光が温泉の湯気にあたって線状に見えてた。俗に言う「木漏れ日」のような感じ。

渓山荘相当良いです(温泉は)。
夕食時のビール代込みで2名で2万円でおつりがくるんで、なんてリーズナブル。
でも食道楽の人や、虫に弱い人はやめといた方が無難ですよ。
 
明日8日(金)と9日(土)は川内に行ってきます。
ブログはお休みさせてください。
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自動車保険
- 2014/08/05(Tue) -
川内の家の完成もほぼ見えてきた。そしてハスラーとキャリーの納車日も決まった。ならば万一に備えて、自動車保険の検討をせねば…、まずは下調べ。

今回2台購入なんで、自動車保険も2台分。もしかして2台契約すると安くなる、なんてないのかなー。
そんな都合のいい保険はありませんでした。でも下手すると損しちゃう場合はあるっていうことは判った。どういうケースかっていうと、1台目の契約の搭乗者傷害で、搭乗時以外も保障の保険にして、2台目でも同じ契約にするとダブっちゃうんで、保険料も余計に必要となっちゃう。気をつけないといけないや。

同じ保証だったら安いに越したことはない。そこで良く見かける「ネットで○○社同時見積り」っていうの、やってみました。
そしたらハスラーで7社、キャリーで4社から見積りがでてきたんだけど、お値段がかなり違う。もっとも各社の付保内容も微妙に違ってるんで、一律比較はできないけどね。
ハスラーで一番安いのが約53千円、一番高いのが約94千円。
キャリーで一番安いのが約26千円、一番高いのが43千円。
結構違うもんでしょ。

ひとつ裏話。
保険の見積りに住所入れるでしょ。使うのは川内村だからそっちの住所入れたら、川内村の郵便局から電話がかかってきちゃった。「どうしましょうか」って。わざわざ有り難うございます。
それにしてもオッチョコチョイな保険会社だね(どこの会社かは知らないけど)。

まずはハスラーから検討していくことにして、最初に出てきた見積りで一番安い会社の条件を若干手直ししてみる。ネット上で何回でも再計算ができるし、計算結果の保存もできる。これは便利だね。リアルの保険代理店さんにお願いすると、「しばらくお待ちください」なんてのは良い方で、下手するとまた後日なんてことになっちゃうもんね。
結局ハスラーのほうはそれで決定。車両保険もつけて6万円を切りました。なのでここで契約しようと思ってます(松木里菜さんもキレイだしね)。

次にキャリー。どうせなら同じ保険屋さんが便利だし、安いんじゃないかと思って、ネット見積りをしてみたら妙に高い。よく見たら「運転者の年齢制限」と「運転者の範囲」が固定になってる。コールセンターに電話して聞いてみたら「キャリーはトラックなんで年齢制限と範囲はいじれない」っていう仕様になってるんだって。
へーそうなんだ。じゃネット見積りで一番安かったところはどうなんだろう。と思って詳細を見たら、こっちの保険会社はできるじゃん。なのでここの保険屋さんで内容を微修正して、3万円+α。ここにしようと思ってます。

両方で10万円を切ってるんで、思ってたよりかなり安くて済みました。

今回お勉強したこと
 ・同じ条件で見積りをしても、金額が大きく違う
 ・金額の違いは、付保内容の違いによるところが大きい(よーく確認しないとね)
 ・保険会社の商品設計によっては、希望の条件が設定できない
 ・保険の重複に注意
 
車検証がないと契約できないんで、車検証待ちなんだけど、ギリギリになりそう。
なんとか間に合ってくださいね、車検証チャン。
 
今晩お泊りなんで、明日はお休みします。
 
この記事のURL | 準備中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サイエンス・スクエアつくば
- 2014/08/04(Mon) -
産業技術総合研究所の見学施設がサイエンス・スクエアつくば。30を超える技術が展示されているけど、その中から、ドラ左エ門がよりすぐった3つの技術をご紹介します。

ここの音声ガイドが一風変わってるので、ご紹介の前に、ご紹介。
               音声ガイド
いまでは音声ガイドはめずらしくなくなったけど、普通は記憶媒体に記録した内容をスイッチの操作で再生する。でもサイエンス・スクエアつくばの音声ガイドはチョット違う。写真の黒い四角の部分が太陽電池になってる。この太陽電池で赤外線を受ける。赤外線には強弱があり、音声信号に変換されるっていう仕組み。小型軽量なんだけど、ガイドの途中から聞こえたりするんで、もうちょっと改良が必要かな?

まずはヒューマノイド。
               ヒューマノイド
この2体は試作機なんだけど、右側の青いロボットは市販タイプもある。大学なんかの研究用として市販されてるんだって。左側の白いロボットは屋外作業を意識し、防塵・防滴性能が向上してる。
だけどこの市販用ロボット4000万円もするんで、よっぽどの研究機関じゃないと手に入れることができない。それでコンパクトにまとめたのが「チョロメテ2」。
               チョロメテ2
これは主にプログラミングの研究用。この子で50万円だそうです。写真は腰を左右に振ってるとこなんで、両腕が少しピンボケになってるね。

でもヒューマノイドで一番感心したのは未夢(ミーム)。数年前にテレビなんかで報道されたときは「ギコチナイ動きだな」って思ってたんだ。
               未夢
現物は無かったんでパネルでご容赦ください。この未夢のデモ画像を見たら、歌うし踊るし、バックで踊ってる女性陣より艶っぽいかも? (バックの女性ごめんなさい)
そして思い出しちゃったのが平井和正さんの小説「アンドロイドお雪」。近い内に、こんな世界が現実になるかもしれない。

二つ目は世界最小の打ち上げ花火。
               花火
直径1cmなんだけど、ちゃんと打ち上げができて、2mの高さで開くんだって。火薬を制御する技術研究の成果なんだね。
そういえば昔、ドラ左エ門の知ってる人が「室内打ち上げ花火」っていうお座敷芸をやってた。もうお座敷芸じゃなくなく、現実なんだね。

最後はリカンベント型高効率駆動自転車。
                     リカンベント型高効率自転車1
リカンベントっていうとこじゃなく、「高効率駆動」ていうとこが興味深い。
               リカンベント型高効率自転車2
人間の脚は円運動をするようにはできて無いんで、上下運動させたほうが効率がいいんだって。だから写真のような機構で上下運動でチェーンが動くようになってる。一般道路では見たことがないけど、これが普及すればチョットしたお出かけなら充分かも。

川内ではコンビニまで10km弱ある。コンビニに醤油1本買いに行くのにガソリンを1ℓ使ってたんじゃ、地球に申し訳ないし、めちゃ高い醤油になっちゃう。この自転車が実用化されたらドラ左エ門も1台欲しいな。 
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
旧新橋停車場
- 2014/08/03(Sun) -
ドラ左エ門位の年代だと、汐留駅って名前だけは知ってるんだけど、実はこの汐留駅が旧新橋駅だっていうことは全然知らなかった。あの明治5年に新橋・横浜間に開通した日本最初の鉄道の駅だね。今は汐留駅のあとは再開発されて某テレビ局やら大手広告代理店なんかの有名企業がズラリと並んでいる。その新橋停車場は駅舎を復元されて鉄道歴史展示室という博物館になってるんで行ってきたんだけど、お休みでした。(´_`。)グスン
もちろんインターネットで休館日を調べてから行ったんだけど、なんでも展示物の入れ替えとかで臨時休館。優しい職員さんがパンフレットだけでもといって、手渡していただきました。

ということで館内は見学できなかったんだけど、屋外だけご紹介しときます。
新橋駅にほど近い昭和通り沿い。これが復元された駅舎。
               正面
駅舎は関東大震災で焼失したんだけど、開業時の写真や平面図が残ってた。駅舎の中は資料が乏しいので復元されておらず、新しく設計したんだって。
駅舎の正面には手すりで囲われたのぞき穴があって、そこからは開業時の駅舎の石段を見ることができる。
               旧駅舎階段
9段の階段のうちの一番下が残されている。

駅の裏側に回っていくと、復元された線路が見えてくる。
               ゼロ哩標識
右端にある柱。これが日本の鉄道の起点となった「0哩標識」。

線路はこんな感じ。
               線路
手前の方は枕木が見えているけど、奥の方は枕木が見えない。当時は枕木が見えないように線路を敷設したんだって。
そしてこの線路は当時使われていたもの。一時は製油所で使われてたんだけど、そちらから寄贈していただき復元してる。

ホームの先端(横浜側)から駅舎を見るとこんな感じ。
               ホーム全景
復元されたホームは25mだけど、当時のホームは151.5mあったんだって。山手線が約220mだから2/3位の長さかな? 写真手前にも手すりで囲われたのぞき穴があるでしょ。ここにも当時のホームが残ってる。
                     旧ホーム
昔のホームは復元されたホームより2mほど下にあるんだね。

戴いたパンフレットによると、大正3年に新設の東京駅に旅客ターミナル機能が移った時に汐留駅に改称し、貨物専用駅となって昭和61年まで東京の物流拠点の機能を果たしてた。
現在の新橋駅は昔は烏森駅っていう名前だったんだけど、旧新橋停車場の名前をその時に引き継いだんだって。

室内の展示も見たかったよ~。
もう少しで東京ともお別れ。引っ越しの準備なんかもしなきゃいけないし、リベンジしてる時間がとれるかな?
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地震対策
- 2014/08/02(Sat) -
北区防災センターに行ってお勉強をしてきたことを、7月28日にお伝えしました
改めて首都圏の巨大地震発生確率を確認してみたら、2014年4月25日に地震調査委員会がこんな発表をしてた。
「対象領域内でのM7程度の地震の今後30年以内の発生確率は70%程度、今後50年以内の発生確率は80%程度と推定される」
対象領域っていうのはざっくり言うと、茨城・千葉・東京・埼玉・神奈川。もちろん海底も含まれる。
※詳細は発表資料見てください。

ドラ左エ門は川内村に引っ越すんだけど、東京の家はそのままにして、子供(といっても大人だけど)が使う予定。ていうことはドラ左エ門はセーフだけど子供がヤバイ。
なので防災センターでお勉強した内容に沿って、我が家でをチェック。
 1.テレビは飛ぶ
 2.家具は倒れる
 3.上下分割型の家具はそこから外れる
 4.食器棚のガラスは割れる
 5.万一のためにテーブル下にはスリッパを用意

<テレビ>
               TV
テレビ:○ 東日本大震災の後に針金で台にくくりつけた記憶が在る。(矢印が針金)

<家具>
               倒れ防止
大型の家具:○ これも東日本大震災の後にチェーンをつけた。
メタルラック:×

上下分割型の家具、食器棚のガラス、テーブル下のスリッパ、この3つは、まったく盲点だった。
対策後がこちら。
<メタルラック>
                     メタルラック
壁についていた飾釘とメタルラックを針金で連結。(壁が汚れてるのはご容赦)

<上下分離型家具>
               連結
金物屋さんでプレートを購入して取り付け。1枚26円×4枚=104円。これで安心が買えれば安いもの。

<食器棚のガラス>
                     ガラス飛散防止シート
100均でガラス飛散防止シート4枚を購入し、全てのガラスに貼り付け。ほんとはもう少し大きいシートがあれば良いんだけど…。赤線のところで終わっちゃってる。ま、これでもずいぶん違うだろう。

<テーブル下のスリッパ>
               スリッパ
家にあった端材でダイニングテーブルの下に棚をつくって、スリッパ2足を格納。臨時スリッパなんで100均で購入。

これで東京の家でも大惨事にはならないんじゃないかな。
やることやってから移住しないとね。
 
この記事のURL | 東京のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キリンビール取手工場
- 2014/08/01(Fri) -
茨城県取手にあるキリンビールさんの工場を見学させていただきました。

工場内の待機場所の外に、麒麟を発見。
               キリン
なんでも、高野山に麒麟の守護像があるんだって。それと同じものだそうです。ラベルの麒麟よりCUTEな感じだよね。

最初に案内されたのが、大きな釜のある部屋。
               旧釜
この銅の釜は今は使ってないんだけど2007年までは現役。約30万本(350cc換算)分のビールが入るんだって。
何をする釜かって言うと、麦芽を破砕して作った「もろみ」から麦汁を取り出して、ホップまで入れるところ。
そして現在使用中の釜。今はステンレスが主流なんだ。
               新釜

この釜をを見学できる部屋に、麦芽とホップが置いてある。
               麦とホップ
麦芽は試食OK。すこーし、甘い感じかな。
ホップの方は2つに割ると強い匂いがでてくる。

ここで試飲タイム。
でも飲むのはビールじゃなくって麦汁。まず二番麦汁を飲んで見ると甘いじゃん。暑いときの飲み物としていいんじゃない?
次に一番麦汁を飲んでみると、いっぱい砂糖を入れた麦茶みたい。めちゃくちゃ甘い。
キリン一番搾りはこの一番麦汁だけをつかってスッキリした飲み心地を出してるんだね。
               一番麦汁

次に、できた麦汁を発酵させて、アルコールと炭酸が入ったビールになっていく。この工程の主役がビール酵母。
               ビール酵母
1~2カ月かけて低温で熟成してビールの出来上がり。

今度はパッケージングの工場。
ラインが直線じゃないんで、写真を3っつご覧ください。
<写真1>
               パッケージング1
<写真2>
               パッケージング2
<写真3>
               パッケージング3
びん詰めの工程です。
 ・工場に戻ってきたびんを洗う(写真1)
 ・空びんをX線で検査する(写真3)
 ・ビールをびんに充填する(写真2)
 ・充填したビールは0度なんで、結露防止のため少しあっためる(写真1)
 ・1本ずつ写真をとって、出荷前の検査をする(写真3)

以上で見学は終わり。最後にお約束の試飲タイム。
試飲は20分間、小さめのグラスで1人3杯まで。ドラ左エ門は一番搾り→ハートランド→一番搾りの順でご馳走になりました。一番搾りはいつもよりとっても甘く感じられ、初めて飲んだハートランドは凄くまろやかでした。

清掃工場とか、造幣局の見学は一人で行くんだけど、今日はカミさんも来てる。
これって見学だろうか??
 
この記事のURL | 東京近郊いっとこPlace | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |