FC2ブログ
白鳥
- 2014/10/31(Fri) -
カテゴリが「川内の動物」なんだけど、今日の動物はお隣の「いわき市」。ここらへんは、こだわらずにやってきますので、よろしく。
(川内のあたりの動物っていうことで)

常磐自動車道のいわき中央ICを降りて、好間工業団地から四ツ倉方面に向かう途中の田んぼ道。稲を刈り取った後の田んぼに何やら白い物が…

鷺かな? でも鷺にしちゃ数が多いなー。
白鳥2
よーく見ると、白鳥の群れ。
目一杯拡大。
白鳥1
ね、間違いなく白鳥でしょ。

こんなに多くの白鳥が、いわきに来るんだね。それにしても白鳥ってお米を食べるってイメージじゃないな。
どっちかっていうと、パンを食べてそうだけどネ。

【お知らせ】
前の会社の最終出勤が3月末。それ以来できるだけ毎日ブログを更新してきましたが、今後不定期の更新とさせていただきます。実は再就職が決まって、明日11月1日よりお勤めとなりました。
今まではプーだったんでネタも一杯作れましたが、今後は毎日更新するほどのネタは作れそうにありません。今後も田舎暮らしネタを出来るだけ沢山アップしてきますので、よろしくお願いします。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
治水工事~土留め
- 2014/10/30(Thu) -
以前にも書いたけどドラ左エ門宅のある土地は、南に向かって下がってる。実はそれだけじゃなくって、東側も低くなってる。そこでアーデンホームさんが家を建てた時、基礎周辺に土盛りをして水平にして、その上に建物を建てた。この土盛りが今年の大雨で流れ出してる。
基礎周辺
このままだと基礎周辺の土まで流れちゃう。最悪、基礎まで傷んじゃうかもしれない。
ということで流出対策。

対策方針は…
 1.土盛り周辺に土留めを作る
 2.土留めの中に砂を入れ、新たな流出を防止

まずは土留めの材料を何にするか? 
 ①板……材にもよるけど、腐っちゃうのが早い
 ②石……石組の技術が無い
 ③丸太…比較的長持ち
ということで、丸太が良いだろうということになりました。

丸太をどうやって調達するかいろいろ聞いてみたところ、先輩移住者の方が「製材所あたってみたら?」のアドバイス。
その製材所は、ドラ左エ門宅から15分程度。お邪魔して丸太を拝見させていただきました。一人でハンドリングができる材じゃないと困るんで、3mの杉丸太を購入。軽トラで2往復して家まで運んだのがコチラ。
丸太

この丸太を留める杭はホームセンターで購入。念の為最低でも60cm打ち込めるような杭を手配。
記念すべき1本目。
1本目
この1本は太めの丸太を置いたら、ちょうど土盛りの高さに。

問題は2本目から。1本目が太めなんで、細めの丸太2本を重ねるしかない。しかし細めとはいえ2本重ねれば、土盛りよりかなり高くなっちゃう。ならば下を掘るしかない。
2本目
重ねる2本の丸太の、先と元それぞれの直径を計って、それに合わせての溝掘り。
丸太をはめたらこんなです。
2本目2

この要領で南側が完了したのがコチラ。
南側
3mの丸太を4つ繋いだんで計12m。3つは2本重ねだから、合計7本の丸太を使用。

東側も同じ要領で
東側
かなり砂が流れちゃってるのが、よーく判るでしょ。

東側に5本、西側に1本を設置。南側も合わせると全部で13本の丸太を使用。
丸太完了
これで、丸太設置は完了。
中々いい雰囲気でしょ! 素人工事とは思えない出来だね。

実は製材前の単なる丸太なんで、長さが微妙に違う。だから当然隙間ができる。埋めとかないとここから砂が流れちゃう。
適当な材料で隙間を潰してみました。
隙間1
これは杭の上端部分で隙間潰し。

南側と東側は90度で交差してないから、大きな隙間ができちゃった。
隙間2
端材をカットして隙間潰し。

ここに砂を入れて、一旦完成です。
西側から見たらこんなです。
完了西側

東側はこんなです。
完了東側

雨が降ったら沈むだろうから、しばらく様子を見て補修しなくっちゃね。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新兵器
- 2014/10/29(Wed) -
残っていたホウノキ、割ってしまわないと新しい原木の調達ができない。残ってたのはこれだけ。
ホウノキ1
長ーい、枝も。
           ホウノキ2

直径15cm程度までは、チェーンソーでぶつ切り。これは文明の利器のおかげで難なく終了。
直径30cm程度までは、斧でカーン。
問題はそれ以上の直径がある「幹」の部分。

実はホウノキって結構軟らかい。だから斧を打ち下ろしても、数センチめり込むだけで割れない。斧の衝撃をホウノキ自体が吸収しちゃうみたい。
そして軽いんで、あまり薪にする人はいないみたい。でも比重は杉や檜より大きいんで充分薪になるはず。だから何とかして割ろうと思って、新兵器を導入。
クサビ1
クサビです。
実はホームセンターにクサビを買いに行ったら、置いてないんだって。でインターネットで購入。ネットだといろんな種類があるんだけど、なんとなくこの変な形が気に入って、こいつに決定。

効果のほどは…
クサビ2
斧では割れなかったホウノキも真っ二つに!
クサビの右手前に2本の線があるでしょ。これが斧を打ち下ろした跡。斧だとこんな感じで終わっちゃうんだよね。
ただクサビを打ち込むのに、ハンマーを何十回も打ちつけないといけないので、結構時間もかかる。第一疲れる。だから斧で割れるものなら、斧で割った方が効率がいい。

これで残ってた原木は全て薪用に処理完了。
結果

次は、来年の薪用の原木の手配をしなくっちゃ。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
治水工事~水溜りの埋め立て
- 2014/10/26(Sun) -
砕石を入れたんで、雨の影響を確認して修正をしなくっちゃならない。
雨が降るのを待って、土砂の流出有無を確認。台風のような大雨じゃないんだけど、砕石を入れた所は土砂の流出も無いよう。これで完璧かと思いきや、落とし穴が…

大きな水溜りができてました。
そういえばちょっと雨が降ると、家の西側に水溜りができてたのを思い出した。
水溜り箇所
写真の薄茶色になってる所が水溜り箇所。右側はこの前砕石を敷いた。
左側は忘却の彼方に。こいつ結構厄介な水溜り。
例えば買物に行ったとき、雨が降ってるんで出来るだけ家の近くに車を寄せたい。車から降りると、「ビシャ」っとなる。
また夜中に大雨が降ると、朝起きて車に乗るときには水溜りの中を「ビチャビチャ」っと歩いていく事になる。

砕石追加
赤い所は前回砕石を敷いた。それ以外の所に、予備の砕石を投入。

ここも雨降り待って、再修正が必要か観察が必要。
水溜り解消しててね。

26日・27日都合によりブログお休みします。
ごめんなさい。27日・28日お休みの間違いでした。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅葉~その2
- 2014/10/25(Sat) -
川内村の紅葉も、だいぶ進んできた。標高の高い所ではそろそろピークみたいだ。

ここは舘山公園。先週の写真だし、標高も500mほどと、それほど高くない。この時はもうちょっと、っていう感じかな?
舘山公園1

舘山公園2

これは川内村のすぐとなりにある桧山高原。
桧山高原1

桧山高原2

桧山高原3
桧山高原は1000m弱の所なんで、紅葉も進んでる。
遠くの山もきれいに色づいてる。

最後はオマケ。
家
ドラ左エ門宅。結構紅葉進んでるでしょ。

家の右側のオレンジ色の木はモミジ。
きれいなんだけど、お隣の敷地にある。残念。
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚2号~その3
- 2014/10/24(Fri) -
薪棚2号は柱まで製作済。屋根を付ければ出来上がりまで来てる。

まずは屋根になる波板の土台を作らなきゃ。アーデンホームさんから頂いた材木を130cmにCUTして、前回までに作ってあった薪棚に釘付け。
母屋1

今度は波板を止める傘釘を打つ横木を渡す。
母屋2
この横木、材の長さが足らないんで、途中で継ぎ足してある。川内村はそんなに雪深い所じゃないんで、継ぎ足しても大丈夫(だと思う)。

ここまでで準備は終わり。ようやく屋根材となる波板張り。
波板張
波板はポリカ材を選択。耐久性もあり、お値段も手ごろ。
ちなみに、この波板、5尺なんだけどホームセンターでは売ってないんで通販で購入。傘釘は通販だと送料のほうが高くなっちゃうんでホームセンターで購入。

最後に雨を切るための板を取り付け。
雨切

これで完成。
完成

うーん、上出来。ドラ左エ門が今まで作った中では最大の構造物だね。

置いてある薪は、ADバン3台分+α。だから、目一杯積んだら、薪棚2号で2t強の薪が保管できることになる。
これで来年用の薪の確保ができるようになったヨ。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
焚付の屋根
- 2014/10/23(Thu) -
桜とホウの枝を整理して出来た結構な量の焚付、太めの枝を水分計で測ってみたら、桜は約30%、ホウは20%。ホウはもう少し、桜はもっともっと乾燥させないと焚付にならない。ということは雨ざらしでは良くない訳で、雨除けが必要。でも、いつまであるか判らない焚付の枝だから、立派な屋根は不要。

ということで、ブルーシートで屋根を作ってみました。
まずは骨組み。
骨組み
奥に90cmの木杭を2本打ち込んで、杭の上に横木をクギ付け。
手前中央に120cmの木杭を打って、奥の横木との間に骨となる木を取り付け。
手前両脇に80cmの木杭を打って、中央の杭との間に針金を張った。

これにブルーシートを掛ければ、全ての面が斜めになって水が溜まらないはず。
閉鎖時
いい感じで斜めの面が構成されてる。
ブルーシートは手前中央の杭位置に合わせて、ヒモで固定し後方へ掛けてある。後端まで来たところで、重しの用の「木の枝」を置いて、前面に折り返し。一番手前に来たハトメに重りの石をヒモで括り付けてある(判りにくくってすみません)。
こうすれば、ブルーシートは二重になるし、雨が降ってない時は前を開けられるからね。

開けてみたらこんなです。
解放時

この焚付、もしかしたら数年分あるかも?
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
枝の整理
- 2014/10/22(Wed) -
家の敷地の隅に整理しなくちゃいけない物がある。頂いた木の枝。
処理前
桜の木とホウノキ、各1本分。幹の方はっていうと、桜は薪に加工済みで乾燥中。ホウノキは玉切り状態で保管中。
この枝を、①焚付材、②薪、③廃棄物に分別しなけりゃならない。

ということで格闘すること約2日、やっとこの状況までこぎつけた。

焚付サイズ。基準は手で折れる太さまで。
焚付用
積んでみたら富士山。まだ乾燥してないんで、今年使えないかな?

薪:電鋸サイズ。電鋸で切断可能な、直径6cm位まで。
電鋸サイズ
下にあるちょっと太めの薪は、頂いた時から薪サイズだったもの。

薪:チェーンソーサイズ。電鋸では切断不能なものでパレットに置ける長さまで。
チェーンソーサイズ
後ろにあるのは、ホウノキの幹部分。

薪:ロングサイズ。
          ロングサイズ
枝といっても、長いものは6m位あるかな?

枝の山だった所は、枯れ葉だけになった。
処理後
枯れ葉は一か所にまとめて腐葉土化させる。

ホウノキの幹と枝を割っちゃえば、薪用の木の手持ち在庫はぜーんぶ処理済みになる。
10月中には何とかなるかな。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キジ
- 2014/10/21(Tue) -
3日ほど前に、川内の動物の写真が取れない、って書いたんだけど。「キジ」の写真を撮ることができたんで、UPします。
キジ1
場所はドラ左エ門宅から数百メートル。スーパーにお買物に行く途中、村道から10メートルほど入った所。
スマホで慌てて撮ったんで、ズームできなかったヨ(無念)。

ズームした時には、キジさんはコチラにお尻を向けて、曲がり角の向こうに去っていく途中。しかもピントがイマイチ。
キジ2

今度はもっとキレイな写真をUPするからネ。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
治水工事~砕石
- 2014/10/20(Mon) -
前からブログに書いていた通り、大雨が降ると家の周りの土砂が流れちゃう。応急処置として、ドラ左エ門放水路とか土嚢とかは対応したんだけど、あくまでも応急。別途本格対応が必要な状況だった。
本格対応第一段。「砕石」が入りました。

家の北側を、西から撮ったらこんなです。
前_西から
給排水関連の塩ビ管がむき出しになって、写真中央には枯れた川の跡がハッキリと。

東側からもこんなです。
前_東から
雨樋から流れた水が土砂を掘っちゃってる。

今回は2t車2台分の砕石をいれてもらいました。
まずは1台目の後。
1台目
砕石はほぼ水平なんで、すっごく削られちゃってるのが判る。

2台目も入れたらこんなんなりました。
西側から見たら、
後_西から
左の小山は予備分。雨が降った後に確認して、微調整する。

東側から見たら、
後_東から

これで相当違うはずだって。
収まって頂戴、土砂流出。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の薪
- 2014/10/19(Sun) -
今まで集めた薪は、家ができる前に運んだ約1t、船引の薪屋さんから購入した約1t、大工さんから頂いた廃材約0.3tの計2t+α。これじゃまだ不足なんで、三春の薪屋さんに2tの注文をお願いしてた。この薪屋さんは配達してくれるんだけど、その薪が昨日届きました。
薪1
幅1.8mで2列につんである。
薪2
ユニック車に積んできて、クレーンでヒョイって降ろすだけなんで、超早。

気になってたのは水分量。約1月ほど前に注文した時に聞いたら「今は24~25%位かな。使用時には20%以下になってるよ」っていう事だった。早速測ってみたら、
水分1-1
えー、これじゃ今年使えないジャン。
場所を変えて測り直しても、
水分1-2
やっぱりアウト。マイッタな~。今年の薪足らないんでどうしようか、と思いつつ、他の数本を確認してみました。

不安に駆られつつ2本目。
水分4
あれ? イケてるじゃん。

3本目。
水分6
大丈夫なのかな?

あと数本測ってみたけど、全て20%以下。たまたま1本目の乾燥が悪かったみたい。
これで、今年の冬の薪は確保終了。

買った薪は綺麗なんだけど、ちと、お高い。
今からは、来年の薪を安く確保する方法を考えないとね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カマキリ
- 2014/10/18(Sat) -
川内村に住んだら、川内の自然や動物・植物なんかをご紹介しようと思ってたんだけど、そういう系は昨日の「紅葉」が初めてだと思う。日々の野良ばっかりのブログになっちゃってる。これじゃいけないので軌道修正。今日は動物。

実は川内に来てから、都会では見れない動物を何回も目撃している。山鳥、タヌキ、猪ほか。カミさんはリスも見たそうだ。でも、こいつら素早くって写真に収まってくれない。なもんで、こいつで勘弁してください。
カマキリ
カマキリなんだけど、ちょっと珍しいでしょ。朝カーテンを開けたら、網戸につかまってた。たぶん真ん中の大きいのがメス。そして両側にオスが1匹づつぶら下がって、計3匹。来年に備えて子孫繁栄活動中。

そういえばカマキリって交尾が終わると、メスがオスを食べちゃうって聞いてるけど、このメス2匹とも食べちゃったんだろうか?

動きの速い動物の写真がとれたら、UPします。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
紅葉
- 2014/10/17(Fri) -
川内はかなり寒くなってきて、朝晩はストーブが欲しい日々になってきちゃいました。

ということは紅葉もボチボチ・・・
国道399号線の手古岡付近を走ってたら、こんな光景が目に入ってきた。
手古岡
おー、綺麗じゃん。と、車を止めてパチリ。電柱が無ければ、もっと風情があるんだろうね。

そういえば我が家にも紅葉で有名な樹種が数本あったはず。バタバタしててすっかり忘れてた。
畑用地↓
畑用地
手前から(色づいている木だけ)、モミジ、桜、モミジ、うるし。桜はほとんだ葉っぱが落ちちゃった。

東側↓
東側

川内にも紅葉の名所はいくつかあるみたいなんだけど、行っている時間があるかどうか?
もし行ったら、お知らせします。
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リコール
- 2014/10/16(Thu) -
スズキ自動車さんは、よくお手紙をくれる。ご購入のお礼、○○登録完了のお知らせ、1ヶ月点検のご案内、なんかが、ハガキや封書で何回も送られてきた。ハスラーとキャリーの購入時期がほぼ一緒なんで、ほとんどの場合は2通同時に来るんだけど、ある日1通だけ封書が来た。
開けてみたらリコール。「エー、火とか吹かないよね」と思いつつ読んでみたら

お手紙

つまりは、必要な時にエアバックが展開しなかったり、最悪は不要時に開いちゃうってこと。

どっちもヤバイじゃん。カミさんを乗せて走ることもあるんで助手席もエアバックを付けたんだけど、事故時に開かなかったら意味ない。もっと悪いのが走行中に開いたら事故になりかねない。

早速、ディーラーさんに連絡とって、修理してきました。でもディーラーさんまで60~70kmあるんで半日掛かり。結構面倒です。
でも、これで一安心。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新米
- 2014/10/15(Wed) -
新米頂きました。30kgも。2人暮らしなんで、相当な量だよ。

米袋には緑色のシールが貼ってある。
シール2
放射線量の検査が終わってるって言うシール。

もう1枚シールが貼ってあって、QRコードが付いてる。
シール1

シールの案内に従って、詳細情報を見てみたら、こんな情報が載ってました。
検査結果
放射性物質は検出されなかった、っていう事だね。

早速、お夕飯に。
炊飯器
みずみずしくって、甘味があって、モチモチっとしてて、とっても美味しいご飯でした。

ご馳走さまです。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚2号~その2
- 2014/10/14(Tue) -
先日の「薪棚2号~その1」の続き。

今回は柱を立てちゃう。柱もシンプソン金具を利用。右柱1
柱の材料は、頂いた材料では不足しちゃうんで、製材所へ行って購入した3寸×1.5寸×4mの角材。川内村のとなりの町にある製材所なんだけど、川内村住民御用達の製材所みたいだ。ご主人も奥さまも、とってもいい方。いろいろ相談にものってくれるし、材木も1本から売ってくれる。
前回も触れたけど、シンプソン金具A35は2×4材じゃなくても使えるんで便利だね。

反対側から見たらこんなです。
右柱2

棚の中央はこうやって立ててる。
中柱
最初の写真と、棚中央の写真の柱の向きが違うのはご愛嬌。横に渡してある2×4材のサイズを間違えたんで、柱の角度を変えてツジツマ合わせ。

柱は6本。柱の高さは、手前が170cm、奥が160cmで、片流れになる予定。
柱完成

柱の上に横木を渡してます。
横木
この横木、材の長さより長いんで、中央の柱付近で継いである。
継手なんて高度な技術はないんで、高さを半分にしてコーススレッドで固定。
中央横木
柱と横木もA35でとめてます。

補強したらこんなです。
補強後
補強が柱ごとに違うのは、大風による共振を考えてこうした、っていう訳ではなく、余った材を組み合わせたから。

ここまでやれば薪が置ける。
次は屋根をつけるんだけど、他にもやらなきゃならないことがあるんで、少し先になるかも?
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
稲刈り
- 2014/10/13(Mon) -
今日はブログの更新時間が遅れちゃってゴメンナサイ。
稲刈りしてました。稲刈りといってもドラ左エ門は農家でもなく、知人宅のお手伝い。それもホッパーで袋に詰めたモミを倉庫に運ぶだけなんで、ほんの少しのお手伝い。むしろ夕食や朝食を作ったカミさんの方が本格的なお手伝いかな?

川内村は明日14日に台風19号が最接近の見込みなんで、昨日と今日が稲刈りの追い込み。
ドラ左エ門も初めて稲刈りをマジマジと見学。ホッパーを正面から見たらこんなです。
コンバイン正面

後方はこんなです。
コンバイン後方
刈った稲のモミは右側にある袋に詰められて、ワラは後方から切断されてでてくる仕組み。切断しないことも可能みたい。

アップで見ると切断されたワラが出てくるところが、よーく判るね。
コンバイン後方拡大

こういった農業機械が出きるまでは、本当に大変だったんだろうな。でも農業機械もどんどん進歩してるから、全自動で稲を刈る機械も、そのうち出きるんじゃないかな。基本的には、ロボット掃除機の機能を応用すれば出来そうな気がするけど…
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚2号~その1
- 2014/10/12(Sun) -
2つ目の薪棚を作ってます。

前回薪棚の反省点
 1.束石をたくさん使ったんで、いいお値段(1個800円弱)になっちゃった。
 2.急いで作ったんで、屋根のことは後回しにした。
ここらへんは修正しないとね。

基本的には前回と同じなんで省略するけど、下の写真までの所で違いが3点。
 1.束石はやめてピンコロを使用。1個250円位なんでコストセーブ。数も15個に減らしてみた。
 2.束石の数を15個にしたんで、束石3個に1本の割合で、大引き(のようなもの)を入れて、その上に棚を作成。
 3.構造の変化から杭を大引き(のようなもの)に番線で固定。
基礎

ここからが前回と違うんで注目。
「シンプソン金具」っていうもの使ってみました。
シンプソン金具自体は、2×4材を組み上げる時に使う金具。もちろん米国の製品で、いろんな種類がある。シンプソン金具と2×4材でガレージやウッドデッキなんかもできちゃうんだって。但し直接見えるところに使うと、金具がキンキラして美観を損ねる場合もあるから要注意。ドラ左エ門には木組みの技術がないんで、便利に使わせてもらいました。

今回使ったシンプソン金具は「A35」っていうもの。
シンプソン金具
こいつの利点は、90°に曲げて材を止めるんで、2×4材じゃなくっても使えちゃう。
こんな感じに曲げる。
シンプソン金具折

で、こんな感じで使う。
使用例
矢印は仮止め用のツメ。こいつをハンマーでたたくと木に食い込んで仮止めができる。ドラ左エ門も使ってみたけど、上手く入らない場合もあるんで、あまり当てにしない方がいいかな。

釘は専用釘がお勧め。
専用釘
金具に開いている穴と径が合ってるんでグラツキが少ないし、2×4材の厚に合わせてあるんで、反対に飛びだすこともないからね。

床部分まで完成。
床部分完成

おっと今回ミステイクが1箇所。
前回の棚の2×4材の長さが4.2mほどあったんで、同じサイズだと思ってピンコロを設置したら、残ってた2×4材が短かった。仕方なく途中で継いだんで、手前の所の棚の幅が短くなっちゃった(失敗、失敗)。

材料のうち、大引き(のようなもの)は大工さんから廃材としていただいたものだし、2×4材はアーデンホームさんからいただいたもの。大助かりです。

今回は屋根を作るんで、後日につづく。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
治水工事~外水道
- 2014/10/11(Sat) -
ドラ左エ門宅には外水道がひとつある。ただし、水道(とはいっても井戸水)があるだけで排水もなんにもないんで、水道の下がボコボコ。だから、流しを付けることに。

施工前はこんな感じ。一応ボコボコになったところは平にならした後。
施工前
今までは、水道を使う度に水が落ちた所が穴になっちゃってた。

水平を出して、ブロック2個で土台の代わりに。
ブロック設置

ホームセンターで買ってきた、外水道用の流しに、別売のホースを取付。
ホース取付

ひっくり返して、ブロックの上に置いたら、ハイ完成。
完成

ホースの先は庭に置いてあるだけで、排水は無いんだけど、土台の近くがボコボコになるのは防げる。

これで頂いた大根やカブを洗う所ができたヨ。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キャリーマットズレ対策
- 2014/10/10(Fri) -
キャリーの荷台のマットの調子が、どうもイマイチ。薪や家具などの重量物を積んで帰ってくると、前の方にズレるんだよね。安いマットなんで、しょうがないんだけど、「ズレてる」ってことは荷台が「こすれてる」ってことなんであまり良くない。どうしようかなと、しばらく考えてたんだけど、突然閃いた。

「100均で売ってる滑り止めマット、使えるんじゃない」
ということで実践。
対策
写真では、滑り止めマットは2枚に見えるけど、一番上にもう1枚、計3枚を敷いてみた。

結果。
結果
薪を降ろしたとこだけど、マットはズレてないよね。

100均って、アイディア次第で、凄く役立つね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
固定資産税家屋調査
- 2014/10/09(Thu) -
村からお手紙が…
開けてみると、「新築住宅を建てたんで固定資産税を算出するための調査をします」とのこと。先日その調査がありました。

感想は、「へー、こんなことも調査するんだ」っていう感じ。
たとえば、コンセント。
コンセント
これは1個で数える。差し込みが何個あっても1個。そして、部屋の中に何個あるかで税金が変わるみたい。

でもスイッチは違う。
スイッチ
これは3個って数える。ならば、手元スイッチがある照明器具なんかはスイッチを付けないほうが税金は安くなるって事だよね。

そのほか、こんなことも調査対象。
壁の素材(ex.ビニールクロス)、床材(ex.畳)、流し台の大きさ、お風呂に追い炊き機能があるか? 等

面白かったのはロフト。
ロフト
当初は物置だったんだけど、拡張してロフトにしてもらった。だから一番低いところは約90cmしかない。

実は、このロフトの為に登記上は2階建になってる。でも今回の家屋調査では1階建。
お話を聞いてみたら固定資産税の評価は自治体によって解釈が異なることがあるんだって。なんでも川内村の場合、かつてタバコ栽培が盛んで、タバコ葉の乾燥に屋根裏を使ってた。その名残りなんだろうけど、人が立って歩けない所は2階としないんだって。これは少ーしラッキー。

それにしても、固定資産税の調査って結構細かいんだね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
治水工事~結果確認
- 2014/10/08(Wed) -
川内では6日の日中に、台風18号の影響が最大に。ドラ左エ門宅は特に被害なし。めでたしめでたし。

治水工事として「ドラ左エ門放水路」と「土嚢」の2つをやったんだけど、それ以来の本格的な雨だったので、結果を確認してみました。

ドラ左エ門放水路は、
ドラ左エ門放水路
決壊もしてないし、見事にその役目を果たしてくれたみたい。但し、水路に砂が溜まっちゃってる。こいつは次の大雨までに、しゅんせつ作業が必要だね。

土嚢の方は、
土嚢1
土嚢が少し埋まってるし、土嚢の右側に新たな流れの跡がある。ていうことは一定の効果はあったんだろうね。

他でも似た状況。
土嚢2

土嚢4
ここは落ち葉や泥がたまってる。
大雨の前には、新らしくできちゃった水路を塞いでおかないといけないかな。

総合評価としては、一定の効果はあったものの土砂の流出は収まっていない。しかも大雨の度にメンテナンスが必要。

重機をいれて、早いとこ地盤改良をしないとキリがないネ。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草刈り~終了
- 2014/10/07(Tue) -
猪対策としてガンバって刈っていた草、やっと刈り終わりました。
これで充分かは判んないんだけど、足が踏み込める範囲は大体刈ったつもり。

まずは東側から、刈る前と後。
東前
東後

南側。
南前
南後

西側。
西前
西後

これで収まって頂戴。
猪ちゃん。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ならし運転
- 2014/10/06(Mon) -
お出かけしての帰路、川内村に入ったら道路沿いの温度計が12℃。朝から居なかったんで、もしかしたら家の中も寒いかも? と思って温度計を見たら16℃と17℃の間。
我慢できない温度じゃないんだけど、薪ストーブって「ならし運転」が必要。急に寒くなっちゃったら、ならし運転をしてる暇が無くなり、ストーブを傷めちゃうんで、第一回目のならし運転をしてみました。

マニュアルによると…
「着火材として、新聞紙や雑誌を丸めて中心に置きます。よく乾燥した小枝などを着荷材の上に乗せて火をつけます。」
新聞を丸めて
まぁ、こういう事だよね。小枝の代わりには薪ストーブミュージアムさんから頂いた細木。
でも、何回やっても新聞だけ燃えちゃう。新聞の量を増やしても消えちゃう。

さて、どうしたもんか?
ん? 「新聞を丸めて…」ってマニュアルに書いてあるじゃん。じゃー丸めてみよう。
新聞を丸めて2
本当に丸めてみました。こいつを4個ほどストーブに置いて、細木をその上に置いて火をつけてみたら、
着火成功
着火成功!

マニュアルの続きは、「手首ぐらいの薪を2~3本くべてください。安定して燃えてきたらさらに1~2本薪を追加してください。この状態を2~4時間行い、自然に消化させます。」っていうことで、3時間後。
3時間後

電気を消してみたらこんなです。
消灯
これだけで、室温は約19℃まで上昇。

あと数回、ならし運転してから本格運転だね!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内村帰村者支援金
- 2014/10/03(Fri) -
川内村には「帰村者支援金」っていう制度がある。主旨は「避難者の帰還帰村の加速とともに定住人口の増加を図り、併せて、生活支援を行い地域の活性化を推進する」ってなってる。この帰村者支援金、移住者にも適用される。つまりドラ左エ門もいただきました。

「支援」っていっても、実際は地域振興券。お釣りが出ない金券。
金額は一人当たり、10万円で、有効期限があって2015年9月まで。
地域振興券

どこで使えるのかっていうと、川内村商工会加盟店が中心。川内村の商店で使えないのは、村に1軒だけのコンビニ。他は全店で使える。ただし、スーパーもホームセンターもない村なんで使い方を考えなくっちゃならない。ドラ左エ門が使えそうな場所は…
 川内の湯     入浴料も払えちゃうんだって。もしかしたらマッサージもいけるのか?
 ガソリンスタンド  ガソリンももちろんなんだけど、ハスラーとキャリーの冬タイヤを買わなきゃ。
 軽自動車税    ハスラーとキャリーの軽自動車税も払えちゃうんだって。
 酒屋さん      お酒は結構使うかもネ。

帰村者支援金、有り難く使わせていただきます。
   
追記
 10月4日と5日、ブログお休みします。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草刈り~畑予定地終了
- 2014/10/02(Thu) -
畑用の土地の草刈りがやっと終了。これだけをやってるんじゃないけど、6日もかかった。
2日目まではこの前写真を載せたんで、3日目から。
3日目終了

4日目
4日目終了

5日目
5日目終了
一番奥に、少し残ってる。

6日目
6日目終了

草刈りをしてたら、有り難い木を発見。
まずはタラの木。
タラの木
あのタラの芽が取れる木だね。

次に桜。
桜
まだ細いけど、間違いなく桜。たぶん山桜。
最後にもみじ。
もみじ
小さいけど、紅葉が見れるネ。

さー、畑用地の次は、法面の草刈りだ。
いつになったら終わるんだか……
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃材
- 2014/10/01(Wed) -
アーデンホームさんにお願いして、少し家の手直しをしてもらったんだけど、ストーブを見た大工さんと薪の話に…
 大工さん 「ひと冬で、どの位使うの」
 ドラ左エ門「一般に3tって言われてるけど、初年度はもっと使うんじゃないかって。今2tなんでまだ足りないんだ。」
 大工さん 「廃材でよければ、もってぐけ」
というラッキーな成行きで、廃材を頂戴してきました。
廃材
現場で持てる大きさまで、チェーンソーで切断して積んできました。
軽トラのアオリと同じぐらいの高さなんで300kg位かな?
樹種は杉が中心。栗の梁とかもあったんだけど、ドラ左エ門一人の力ではビクともしない大きさなんで断念。

帰って来てから大物はチェーンソーで、小物は電ノコでストーブに入る大きさまで切断。梁もあったんで太さ30cmほどもある材は、斧で割ってみました。
先日買った薪の上に積んでみたら、こんなんなりました。
薪1
赤い線から上が、今回いただいた分。
これ以上は不安定になるんで、こっちにも。
薪2

資材に使えそうなのもあったんで、1mほどに切ってみました。
資材

2つ目の薪棚作ろっと!
大工さん、有り難うございます。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |