FC2ブログ
春のお祭り
- 2015/04/30(Thu) -
4月29日はドラ左エ門の住んでる地区のお祭り。昨年の秋にもお祭りがあったでしょ。川内村では春と秋の2回お祭りがある。メインイベントは子供達による獅子舞。実は昨年の秋に舞ってた子供らは既に卒業して、このお祭りからは新しい舞手になってる。でも避難してる方も多く舞手を集めるのも、練習するのも結構大変だったんだって。
獅子舞10430

獅子舞20430

獅子舞30430
新しい舞手は小学校4年生。練習時間が無かった割にはしっかりと舞ってました。

そして今回は特別イベント。川内村の他の地区の方々がドラ左エ門の地区の神社に奉納舞をしてくれました。こちらの舞は巫女さん。
巫女10430

巫女2430
女の子が巫女さんの装束で奉納。こちらもしっかりとした舞でした。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
網張り
- 2015/04/29(Wed) -
イノシシ対策としての網張り。でも何もわからない。支柱は何を使えば? 支柱の間隔は? 網の止め方は?
ということで調べたり、聞いたり、判らない所は適当に網を張りました。

まず支柱。これは地元の方に材料を確認。「木材だと数年で腐っちゃうんで園芸用の支柱で良いんじゃない」とのアドバイスをもとに100均で150cmの園芸用の支柱を購入。
支柱の間隔はネットで調べたところ1.5mとのこなんで菜園用地を囲むように1.5m間隔で支柱を打ち付け。150cmの支柱なんで40~45cmほどを地中に打ち込んで、地上は1m強の高さ。

こいつに頂いた網を張る。網はあまりピーンと張ると幅が狭くなっちゃうんで、緩めに。支柱には結束バンドで固定。
網止め0429

角も余裕を持たせるために数十センチ折り返し(これはドラ左エ門が考えた結果です)。
角0429
こうしないと裾がゆったりしない。

端は入口の角材に固定。
端0429
写真は内側から。固定には電気配線用の釘。ステップルっていうんだって。

これで網本体は張り終わりこんな感じ。
全景0429

次は裾部分の処理。
ネットで調べたところイノシシは障害物から数十センチ離れた所からジャンプするんで、網の裾部分は外側に30cmほど垂らしておくっていうのが正解らしい。でもあまりやってる畑は見ないけどね。
裾0429
なんで裾部分は固定しないといけない。今回使用したのはマルチを止めるストッパーを使用。
網止め0429
これで良いんだろうか???

最後にロープ張り。
裾を垂らすために網は緩めに張った。すなわち支柱の中央部は下に向けてたるんでるんだよね。
たるみ0429
そこは1mの高さが確保できてない。だからロープを張ってできるだけタルミを防止。
ロープ張り0429
これで大分真っ直ぐに。

以上で完成。
イノシシちゃん入ってこないでね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アシナガバチ
- 2015/04/28(Tue) -
アシナガバチがドラ左エ門宅に巣を作ってました。しかも2箇所同時に。
北側の玄関前↓
アシナガバチ10428

西側↓
アシナガバチ20428

両方とも軒下。巣の中には卵らしき物体も…
どう処理したらよいか判らず、地元の方に聞いたら「棒で巣を落としちゃえば大丈夫」っていうことで、巣を処分。今後も巣を作る可能性があるんで気づいたら駆除した方が良いとのこと。しかも徐々に高い所に巣を作るんだそうです。めげずに巣を処分すればあきらめるとのこと。

素人なりに調べてみたら”キアシナガバチ”ではないかと…
巣を取り除いた後も巣があった所に飛んできてたんだけど、家の軒下にハチの巣があるのを放置する訳にもいかないんで、悪しからず。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園入口
- 2015/04/27(Mon) -
家庭菜園は網を張ってイノシシの進入防止を図るんだけど、網の高さが1mほどとなると入口を作っとかなきゃいけない。
耕転した後はこんなです。
耕転後0427
ここに入口を作る。まず入口の柱を立てる。柱材はアーデンホームさんから頂いた角材。
角材0427
長さ4mを中央で切断。なんでもウッドデッキを作った際の余りだとか… 材質は松。松なら水にも強いし腐りにくいからこれに決定。本当はチョットモッタイナイ!

この柱を掘っ立て小屋の柱を立てる要領で立てる。
まずは穴掘り。
穴0427
深さは50cm+α。柱を50cm埋めるんでこの深さが必要。ここでのポイントは小さな穴にすること。
なぜならば埋め戻すのも楽だし、安定するからね。

この穴に柱材をおいて、土と砕石を少し入れて突き固める。
突き固め0427
柱材の周りを角材で突いて固めるんだよ。
突き固めるにあたっては、垂直を出しながら…
垂直0427
砕石と土を少し入れては突き固め、突き固めては垂直を確認。早めに垂直を出しておかないと柱が動かなくなっちゃうからね。

穴がほぼ埋まったら、土をかけて踏み固める。
1本目0427

2本目0427
これを2本立てたら、間を塞ぐようにドアを付ける。まずドアの枠を作成。
枠0427
この枠にネットを張る。ネットはつるを這わせる為の園芸用ネットを使用。
ネット0427
長さが結構あるんで、往復で張っちゃいました。
ネットをタッカーで仮止めして、ネットをサンドイッチにして、合板で固定。
完成した入口ドアを柱に取り付け。
取り付け0427

ドアが奥に行きすぎない様、ストッパーを取り付け。
止め木0427
最後にラッチを付けてドアを固定。
ラッチ0427
本当は柱側にラッチを付けるんだけど。ラッチの長さが柱より大きいんでこの辺で妥協。
これで入口はできた。次回は網張りだね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
網頂きました
- 2015/04/26(Sun) -
今度は網を頂きました。
「菜園を作るんでイノシシ除けをしなきゃいけない」っていう話をしたら、「使ってない網があるから使う?」っていう有り難いお言葉。遠慮なく使わせていただくことに。
網0426
なんでも、前に浜の漁師さんからもらったんだそうです。
はっきりした長さは判らないけど最低50mはあるんで、我が家の菜園には充分な長さ。幅も2m位かな。イノシシは1mは飛ぶそうなんでこれだけあればOK。どうも有り難うございます。

イノシシ対策としては、電気柵、トタン、網なんかが代表的なんだけど、我が家は網で決まりだね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
耕運機
- 2015/04/25(Sat) -
ドラ左エ門宅の畑用地は荒れ放題。去年草刈りはしたんだけど、野バラ・ススキ・熊笹などなどの根っ子や地下茎なんかはそのまま。これが非常にしつこい。手で耕すのはメチャ大変なんで耕運機を借りてきました。本当はトラクターで一気に耕しちゃうほうが楽ちんなんだけど、トラクターは軽トラに乗らないんで、公道をテクテク走ってこなきゃいけない。
運転装置0425
当然、こんなもの運転したことは無いんで、まずは運転方法を教授してもらった。
 ①変速機
 ②クラッチ 自動車と違って手動。さらに高速・低速の切り替えができる。
 ③ロータリー用クラッチ 耕転用のロータリーを始動させる
 ④スターター 
30分も練習したらなんとか思い通りに動いてくれました。

耕転中の写真↓
耕運機横0425

畑用地を縦横交互に5回耕した後に、鶏糞を散布。
鶏糞0425

さらに縦横1回づつ、計7回耕して作業終了。
完成0425

面積は、約15m×約5mだから45㎡。実質的には10坪強かな?
次はイノシシ対策だよ。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜発見
- 2015/04/24(Fri) -
ドラ左エ門宅に有った”桜らしき木”は、やっぱり桜でした。しかも2株ありんした!
その証拠に花が咲いてるよ~。
桜20424

アップで見ると
桜アップ0424

違う枝も
桜10424

但し、とっても小さいし、花も少ない。肥料をあげたら来年はもっと花がつくんだろうか?
種類は”ヤマザクラ”だと思うんだけど、よく判らない。もし判る方がいたら教えてください。
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマガラ
- 2015/04/23(Thu) -
今回の訪問者はヤマガラ。
ドラ左エ門宅の向かいの木に留まってた。
ヤマガラ10423
写真がピンボケですみません。もっとアップで撮ろうと思ったら飛んでっちゃいました。
でも飛んでった先が少し離れた電線。
ヤマガラ20423
下から撮ったんでヤマガラの模様がはっきりしないけどね。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤマアカガエル
- 2015/04/22(Wed) -
この日は雨。時間は夜の7時ごろかな? あたりはもう暗くなってるんだけど、ちょっと用があって表に出たら何やら動くものが…
「何じゃー?」と思ってよーく見てみたらカエルさんが外壁をよじ登ってる。
ヤマアカガエル0422

あとで調べたら”ヤマアカガエル(たぶん)”。この辺りには結構いるみたい。こんなのがいるんじゃ蛇もいるし、猪も出るわけだね。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その7
- 2015/04/21(Tue) -
主要部分は前回までで完成。
今回は内部の造作と雨対策。

まずは内部の造作。
ドア回りはどうしても隙間ができちゃうんで、直接内部に雨が吹き込まないよう板を取り付け。
雨止め0421
これで直接雨が吹き込むことはないね。

田舎なんで当然のごとく蛇がいる。ドラ左エ門宅の辺りはマムシも出没するとの情報有。
番線穴0421
パレットと杭を番線でとめるために角材に切り込みを入れたでしょ。この穴から蛇が入るかどうか判らないけど、冬眠でもされたらやっかいなんで、こいつを塞ぐ。
穴ふさぎ0421
角材の下部に番線分の切り込みをいれて下の角材に固定。
上から見たらこんな感じ。
穴ふさぎ20421

そして合板で床を張れば穴らしい穴はほとんど無い状態に。
床0421
これで蛇は進入不能(のはず)。

次はちょっとした物が置けるように棚を設置。
あらかじめ入れておいた切り込み(その5参照)に角材を取り付け。
棚の桟0421
ここに合板を乗せてコーススレッドで固定。
棚0421
これで造作は終了。

最後に雨対策。
土台にした角材と4隅の柱は防腐処理済みなんで雨にぬれても構わないんだけど、ドア回りなんかは2×4材や杉の角材なんで雨にぬれるとそこから腐っちゃう。また外壁に使った塗装合板の継ぎ目も雨が入り込む可能性がある。
まずはドア回り。ここは隙間を塞ぐことはできないんで、ステインを塗布。
ステイン0421
ウッドデッキなんかに使うステインだけど、面積も小さいんでスプレータイプを使用。

たとえばこんな所に↓
塗布例0421
このスプレー缶で3回塗れました。

合板の継ぎ目はコーキングにしようかとも思ったんだけど、ほとんど隙間が無くってコーキング材が入りそうもない所もある。だからお手軽に補修用テープで隙間をつぶしました。
補修テープ0421
どのくらい持つか判らないけど、これも”経験”っていうことで…

以上で完成。
総費用約2万5千円(頂いた材木分は入ってません)。一番高かったのは合板で約1万円。次が束石で約4千円。物置を買うのに比べれば半額位だね。

さて何年もつだろうか???
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2015/04/20(Mon) -
川内村もやっと桜が満開。
桜0420
村役場の裏側の通りにある染井吉野。

ちなみに梅も満開
梅0420

去年も桜と梅が同時だった。たまたまかと思ってたんだけど、これが普通なんだね。
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その6
- 2015/04/19(Sun) -
いよいよ外装。まずは屋根。
屋根はポリカ波板5尺。これは基本通り取り付けるだけなんで、特に注釈はなし。出来上がりはこんなです。
屋根0419

倉庫の外壁は塗装合板を使用。理由は
 1.壁自体に強度のある合板を使う事で風対策(風対策第6段)
 2.塗装合板は基本的に対候性がある
この2点。
じゃ貼ってみよう。
外壁0419
前にも書いたけど、パレットの幅は合板の幅より大きいんで、4面とも継ぎ足し。継ぎ足し部分には柱を入れてる。塗装合板は全てコーススレッドで取り付け。この段階で押しても引いてもピクリともしなくなった。いわばモノコック構造だね。

合板の高さは1800mmなんで高さも足りない。足りない部分はツギハギ。
外壁継ぎ0419

次は入口。入口部分も塗装合板を使うんだけど、さすがに合板1枚っていうのは不安があるんで補強用の枠を製作。
ドア枠0419
こいつに塗装合板をコーススレッドで固定して、右前の柱に蝶番で固定。
ドア0419
この写真じゃ柱がむき出しだけど、あとでお化粧するからね。

ドアには取っ手とストロング掛金を2個取り付け。カギを付けるのが目的じゃないんだけど、1カ所じゃ風にあおられた時に不安なんで…
ドア金具0419

最後に雨対策。
前面は水切板(雨切板)を取り付け。
雨切板0419

側面と裏面は波板ギリギリまで合板を足して、雨が出来るだけ入らないように加工。
側面隙間埋め0419
多少の雨をかぶるのはショウガナイかな。

以上で外装は基本終了。
次回は内部の加工をご紹介する予定です。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その5
- 2015/04/18(Sat) -
外装の前にもうちょっとやることがあったんで、今日はそちら(悪しからず)。

倉庫の外壁は合板にするんだけど、合板の幅は900mm。でもパレットは1200mmほど。つまり中間でつないでやる必要がある。前面・背面は組んだ時に繋ぎ用の柱を組み込んであるけど、左右は後付け。強度を出すために左右の梁にあたる材に切り込み。
左右柱切込0418
ここに2×4の柱を立てる。
左右柱0418
外壁を取り付ける準備はこれでOK。

次は屋根をつける準備。屋根は5尺のポリカ波板を使用。第2薪棚を作った時に余ってたのがあるんで同じ長さに。
波板を張るんで母屋(受材)を取り付け。
母屋0418
母屋は30mm×40mmの角材で、これもアーデンホームさんから頂いたもの。3本だと間隔が60cmを超えちゃうんで4本取り付け。

そして外装の前に金具で補強。これが風対策第5段。
シンプソン金具のA35の在庫があったんで、使える所はこれで補強。
シンプソン金具10418
これは後の柱。

4本の柱の付根もシンプソン金具を使用。
シンプソン金具20418
この他にも数カ所でシンプソン金具を使用。

シンプソン金具が使えない所はL型金具を使用。
L型金具0418
これは後の柱の上、梁と垂木を留めてある。他に数カ所、L型金具で補強。

外壁を張っちゃうと棚を作るための切り込みを入れるのが大変だから、今のうちに加工。
棚用切込0418
これは左側の後の柱と中の柱。30mm×40mmの角材がはまる大きさ。もちろん右側も同じように加工。

次回”~その6”は今度こそ外装です。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その4
- 2015/04/17(Fri) -
”菜園用倉庫~その3”でカットした材木を組立ちゃいます。完成までには何本か足らない木材もあるんで、それはその時に手配。この組立が終わればだいたいの形は明らかかに…

組立が終わったらこんな感じ。
組立正面0417
横から見たら
組立横0417

さてここで注目、(大体の)パレットの水平は確保したけど柱の垂直をきちんととっておかないと外板もうまく付けられない。
どうやって垂直を出そうかと思ったけど、こんなにしました。
 垂直10417
4隅の柱に釘を打ち付け、テグスで大きめの砕石をくくってみる。
垂直20417
釘からテグスでくくった砕石を垂らせば、歪んでるかどうか大体のことは判っちゃうんだね

少し引いてみると、こんな感じ
垂直30417

若干のゆがみがあるんで、修正するためにカスガイで微調整。
屋根材横0417
左側の奥に斜めに打ってある材がそれ。
屋根を支える木材を取り付ければ、だいぶ形になったでしょ!
角度を変えたらこんなです。
屋根材正面0417
 
次は外装だね。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2015/04/16(Thu) -
朝起きたら雨が…
天気予報は”晴れ”って言ってたじゃん。雨が降ったらDIYも出来ないし、またテレビでも見てるしかない。と思いながら空を見上げたら”虹”がかかってるじゃん。
虹0416
雨が上がりかけた時なんで、空は曇ってるけど、家の西側の山からうっすらと…

虹を見た途端、暗ーい気持ちがスーっと和やかに! なんか得した気分だよ。
 
この記事のURL | 川内の景色 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その3
- 2015/04/15(Wed) -
昨日に引き続き”菜園倉庫”。 今日は”~その3”、柱材ほかの切出し。

話がややこしくなるんで、最終形から↓
柱材等全て0415
切り出した材を並べたもの。他にも材料が必要だけど、これで骨格部分は組み立てられる。どの材がどこかって言うと…
 ①向かって右の前の柱
 ②向かって右の、前の柱と後の柱をつなぐ材
 ③向かって右の後ろの柱
 ④後面に入れる縦材(合板のつなぎ目にあたる部分にくる材)
 ⑤前面に入れる縦材(同上)
 ⑥向かって左の後ろの柱
 ⑦向かって左の、前の柱と後の柱をつなぐ材
 ⑧向かって左の前の柱
 ⑨左右の後の柱をつなぐ材
 ⑩左右の前の柱をつなぐ材。
これらを組み立てれば、小屋の形になる。これらについてもホゾを切ったりして、少しでも風に強くなるようにした。主だった部分はこんな感じ。

前の柱0415
前の柱には後の柱と繋ぐ材用の切れ込みを入れてある。

後ろの柱0415
後の柱の一番上にも、前後の柱をつなぐ材(②、⑦)がズレないよう切り込み。

左右の梁0415
見て欲しいのは中央。前後の柱をつなぐ材(②、⑦)の切れ込み。

前面中央0415
これは前面の壁のための合板を支えることになる、前面の縦材。

後面中央下側0415
後面の縦材(下部)にも、ずれない様切り込み。
後面中央上側0415
後面の縦材(上部)にも梁と組むための加工を実施。


前の梁0415
前面の梁には縦材を組むための凹部を用意。

後の梁の端0415
後面の梁の両端はL型にカットして、後柱での安定を確保。

後の梁の中央0415
後面の梁の中央は縦材を組み込むための凹部を作成。

この他にもいくつか材が必要だけど、それらは得意の現場合わせで加工予定。あしからず。
今度はこれらの材を組んでくことになる。つづきは”菜園倉庫~その4”でね!
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その2
- 2015/04/14(Tue) -
菜園倉庫~その1”ではパレットを設置したとこまで書いたんで、今日はその続き。土台部分完成まで。

風対策のためにパレットを強力に固定する必要があるんで杭4本を打ち込む。今回は防腐処理済の杭を利用。この辺りの凍結深度は40cmって言われてるんで、杭の長さは90cm。地上部分30cmとしても60cmは地下に入ってることになる。これが風対策第4弾。
杭0414
杭打ちは右端にある”石頭ハンマー”で。

4本とも打ち込んだらこんなです。
杭打ち0414
杭の高さはパレットの上っ面と同じ。

この杭とパレットを番線で固定。
番線0414
これでパレットまでは絶対に風では飛ばないね。
番線のアップ↓
番線アップ0414

番線が出っ張っちゃうんで前後に角材を取り付け。出っ張ってると壁や扉を付けるのに邪魔だもんね。
前角材0414
番線部分は角材に切り込みを入れてパレットと角材を密着。角材の固定は10mmのボルトを使用。
前後に角材を付けたところ↓
前後角材0414

パレットの左右に2×4材をコーススレッドで取り付け。この2×4材もアーデンホームさんから頂いたもの。
左右材0414
2×4材にある切れ込みは縦に2×4材を入れるため。今回外壁は合板を使うんだけど、合板の幅は900mm。パレットはこれより大きいんで縦に材を入れとかないと継げないからね。
同じ理由で前後に付けた角材にもホゾを作成。

以上で土台になる部分が完成。
次回”菜園倉庫~その3”は柱材等の切り出しです。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪在庫
- 2015/04/13(Mon) -
玉切りにした木、今日でぜーんぶ割りました。これで斧もしばらく休眠。

在庫はこんな状態。
薪棚1号
薪棚1号0413
正面と左側は昨年購入した乾燥薪(広葉樹いろいろ)の残り+廃材。軽トラ1台分+α位あるから約500kgかな。
右側と裏側は原木で購入したナラの木。薪棚1号とパレットにも積んであって3t強。

薪棚2号
薪棚2号0413
左半分は昨年購入した乾燥薪(樫)。重さは1t強。
右半分は原木で購入したナラの木(薪棚1号と同じもの)。移住後に頂いたナラの木も入ってる。頂いた分で約300kg。

パレット
パレット0413
①には移住前に頂いた樫:約300kgと同じく移住前に購入した樫:約300kgの一部。
②には家を建てた時に伐採させてもらったホウノキが約200kg。
③には①に積みきれなかった樫の残りとアーデンホームさんから頂いた桜:約100kg。
④と⑤には薪棚に置ききれなかったナラ(薪棚1号2号と同じもの)。
(⑤の上にあるのはDIY中の菜園用倉庫。これは別途ブログにアップします)

さて全てを合計すると、推定5.7t。2014シーズンの薪使用量は3tほど。2014シーズンでも少し使うし、乾燥すれば軽くなるけど2015シーズン用としては5tは確保。これで来シーズンも暖かい薪ストーブが楽しめるヨ。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キセキレイ
- 2015/04/12(Sun) -
今日は4日ぶりに好天だったんで、朝からDIY。現在取組中なのは”菜園倉庫”。でも今日のお題は”キセキレイ”。

DIYの途中、家に用があって戻ってきたら何やら黄色が目立つ小鳥が…。あわてて家の中にあったカメラを片手に玄関を出たら、既にどこかにいっちゃってる。「まぁ、いつもの事だよね。カメラ準備中に被写体がいなくなっちゃうのは」と思っていたら、戻ってきてくれました。
キセキレイ0412

あざやかな黄色だね~。まるで先日のハクセキレイが着替えをしたみたい。
こうなるとコクセキレイ(セグロセキレイ)も見てみたい。お待ちしてますヨ。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
菜園倉庫~その1
- 2015/04/11(Sat) -
家庭菜園の倉庫を作るんだけど、そういえばこの前9円で買ったパレットがあるじゃん。大きさは120cm×100cmほどなんで、1.2㎡。少し小さめだけど肥料袋数個と、鍬数本ぐらいだったら充分入る。これをベースに作れば安上がりだよね。しかもパレットならそこそこの強度はあるし。

パレットをベースにするから4隅に束石を置けば支えられる。でもその場所は震災前からほったらかしなんでデコボコ。だからまずは4隅に当たる部分を穴掘り。そこに砕石を入れて3寸の角材でつき固めてみた。水準器でほぼ(?)水平を出して高さを調整したうえで、束石を仮置き。
仮置き10411
パレットは位置合わせのために置いたものなんで、このあと取外してるけど、こんな感じになるんだね。
仮置き20411

さて風対策の第1段。束石をセメントで固めてみました。
セメント0411
この時は5kgほどのセメントを使ったけど、倍ぐらい使っても良かったかも。セメントで固めた効果があるかどうか判らないけど、気休めにはなる。

パレットを外して束石を埋め戻したらこんな感じです。
埋め戻し0411
土地が斜めになってるんで、深く埋まっているものと、浅いのがある。

この束石の上に土台になる材を渡して、その上にパレットを設置する。
ここで風対策第2弾。あまり得意じゃないんだけど今回はできるだけ木組みを使ってみることに。土台の材にホゾを切ってみました。
基礎材ホゾ0411
使用した材木はアーデンホームさんから頂いた防腐処理済の4×4材。

こいつを束石にボルトで固定。これが風対策の第3段だね。
ボルト止め0411
使用したボルトは直径12mm。

上から見ると、こんな感じです。
基礎材0411

この上に9円で買ったパレットを置いて、土台の角材とコースレッドで固定。
パレット設置0411
むろんコースレッド以外でも固定するんだけど、ここまでで土台部分の基本形が完成。

つづきは次回「菜園倉庫~その2」でね。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
家庭菜園活動開始
- 2015/04/10(Fri) -
川内村も4月に入りだいぶ暖かくなってきた(数日前に雪が積もったけど…)。ということで家庭菜園構築に向け活動開始。
家庭菜園用の土地がどうなってるかというと、昨年10月に草刈りが終わったまま。
6日目終了
その通りになるかどうかは別にして、一応こんな計画。
 1.家庭菜園は最初はこじんまりと開始して、必要に応じて拡大。最初は10坪位かな?
 2.そのうちビニールハウスも欲しいね。
 3.イノシシが出るんで対策が必要。
 4.肥料や農具を入れる小屋が必要だね。倉庫は別にあるけど、電動工具やチェーンソー、大工道具などの金物が入ってる。農業用の肥料はそういった金物に悪影響を及ぼすものもあるんで、別に保管場所があったほうが良いらしい。

ということでまずは家庭菜園用の倉庫について検討。
ホームセンターで物置を見てみたら小さい物でも設置費用込みで6万円前後。でも家にはアーデンホームさんから頂いた木材や、第2薪棚を作った時の資材が残ってる。お勤めもしてないんで暇は充分にある。ならば「作っちゃえ」という結論に…

倉庫のイメージはこんなです。
 1.できるだけお金をかけない。
 2.ひと冬越したんだけど結構風が強い。つまり風対策が必要。第2薪棚は壁が無いけど、今度は壁が必要だから余計考えとかないとね。
 3.広さは最小限。肥料と鍬なんかが入れば良いんで畳1枚分もあればいいかな。

という経緯で家庭菜園用倉庫の製作について、順次お知らせします。但し雨が降ったりすると作業ができない(やりたくない)んで、お知らせは連続じゃなくって、飛び飛びになっちゃうかも。そのへんはご容赦くださいね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハクセキレイ
- 2015/04/09(Thu) -
ドラ左エ門の家は川内村の中でも北西の端にある。村の中心部へは15分前後、約10kmの道のり。
所用があって村の中心部に出かけた帰り、あれこれ市場で買物をして店外に出ると小鳥が歩いてる。
ハクセキレイ横0409
あれこれ市場とは、村に数件しかない生鮮売り場があるお店。
買物なんでカメラは持ってないからスマホで撮影。スマホのカメラを起動するまでずっと待っててくれた。近づくと飛んで逃げると思いきや
ハクセキレイ後0409
お尻を向けてヒョコヒョコ歩いて避難。この後は向かい側から人が来たんで、飛んで逃げちゃいました。

ハクセキレイ自体は東京でもたまに見かけた鳥。荒川や江戸川の河川敷で見かける事が多かったけど、こんなに近づく事ができたのは初めてだね。
川内村の鳥は人懐っこいのかな?
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雪、積もりました(4月なのに)
- 2015/04/08(Wed) -
朝起きたら雪が積もってました。
玄関出たらこんな↓
玄関出たら0408

車もこんなです。
車0408
写真の木の前は、よーく見ると雪が降ってるのが判る。

お庭(予定地)も一面真っ白。
庭0408
矢印の木は、数日前にヒヨドリが留まってたネコヤナギ。

4月も1週間以上過ぎたのに「シンジラレナイ!」
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2015/04/07(Tue) -
東京では染井吉野もおわってしまった。テレビニュースによると福島市では満開とのこと。でも川内ではやっと梅が見頃。
梅0407
桜まではあと数週間かかるかな?
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミニテーブル
- 2015/04/06(Mon) -
薪ストーブの前にソファーがある。でもそれだけなんでコーヒーでも飲もうと思うと、手に持っているか、床に置くかのどっちか。なもんでコーヒーカップ程度が置ける、小さなテーブルを作ってみました。

まずは材料。
材料0406
右側の三脚みたいのは100均で購入。本来は植木鉢を置く台だね。
下にある”8”に見えるのは100均で買った”スエード調手芸ヒモ”。
左側の板はホームセンターで購入。何でも焼桐だそうです。

まずは三脚みたいなのに、スエード調のヒモを巻いてく。床の保護と滑り止めが目的。
床保護0406

今度は三脚みたいなのに、板を取り付け。
脚部取り付け0406
ホームセンターや100均で留め具を探したんだけど手頃なのがない。だから木ねじ2本で挟み込んで固定。
全体を見るとこ~んな感じ。
脚部取り付け20406

早速使ってみたら
完成0406
うん、中々いいんじゃない?
今回のテーブルは手抜きバージョンだけど、それなりに使えそうだよ。
 
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヒヨドリ(?)
- 2015/04/05(Sun) -
今日の来訪者はヒヨドリ(たぶん)。
小雨模様で、しかも逆光。ポンコツカメラで慌てて撮ったんで画像がハッキリしないんだけどご容赦ください。
ヒヨドリ1_0405

ヒヨドリ2_0405

ヒヨドリ3_0405

ヒヨドリ4_0405

新芽を食べてたみたいで、全部で5~6羽いました。
画像がはっきりしないんでたぶんヒヨドリだと…(鳴き声も一応確認したんで)
 
林にいる鳥は「声はすれども姿は見えず」で中々写真に撮れないんだけど、撮れたらまたアップします。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土筆
- 2015/04/04(Sat) -
土筆発見。(発見したのはカミさんだけど)
土筆0404
いつのまにかドラ左エ門宅の庭(予定地)に、いっぱい出てました。

アップで見ると
土筆アップ0404

川内も本格的に春なんだね。
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2代目薪割台
- 2015/04/03(Fri) -
川内村に移住して以来使っていた薪割台がボロボロに
旧薪割台0403
2014年の9月以来ずっと使ってた。これで4t以上の薪を割ったはず。材質は「樫」。高さ約35cm。茨城の造園業者さんから薪用に頂いたんだけど、薪割台に丁度いいんで転用。
現在の大きさはだいたい長径25cm、短径20cm。ちょっと大きめの原木だと台の方が小さきなっちゃう感じ。

そこで川内村の方に「薪割台になりそうな木ありませんか?」って聞いたら、「あるよ」とのお返事。ならばチェーンソーを持って頂いてこなくっちゃならない。お宅に訪問したらなんと山から切り出してくれてました。しかもその場で程よい高さにカットしてくださって…
新薪割台0403
右側が高さ約30cm、左側が約25cm。長径が約30cmで短径が25cm。「なんの木ですか?」って聞いたら「夜叉」だって。なんでもそこそこ堅くって割れにくいらしい。ネットで調べたら「ハンノキ」の仲間みたい。比重はそれほど大きくないみたいだけど、木目は詰まってて、見た目「楢」より強固な感じだね。

これから当面使わせてもらいます。
それにしても川内の人って本当に親切。どうもありがとうございます。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨除け
- 2015/04/02(Thu) -
薪棚1号は突貫工事だったこともあって屋根が無い。だから雨が降った時に薪ができるだけ濡れないように、雨除けを乗っけておかないといけない。ということで2014年の9月にいくつかの素材で雨除けをしたんだけど、その結果がこんなです。

【塩ビテーブルクロス】
 素材 100均で売っていたテーブルクロス。といっても材質は塩ビ。
 結果 川内の冬は越せなかった。寒さと強風でズタズタ。
塩ビテーブルクロス0402

【ブルーシート】
 素材 安いブルーシート
 結果 大きなブルーシートは強風で凧になって危険。小さなブルーシートは強風でバラバラ。
ブルーシート0402

【不織布テーブルクロス】
 素材 100均で売っていた、表がポリエチレン、裏が不織布のテーブルクロス。
 結果 川内の寒さにも、強風にも耐えた。
不織布テーブルクロス0402

どう見ても”不織布テーブルクロス”の勝ち。こんな感じで売ってます。
パッケージ0402
裏面の材質表示はこんなです。
表示0402

このテーブルクロスを縦長方向に半分にカットし、タッカーで薪に固定。
設置結果0402

100均って、バカにできないよね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2015年分の薪~玉切り3
- 2015/04/01(Wed) -
去年の12月に購入した原木、ぜーんぶ玉切りまでは終了。
玉切り0401
都合3回玉切りしました。
こいつを割れば原木の在庫もないんで、斧とチェーンソーは当面使う予定なし。

写真右下のチェーンソーちゃん、ご苦労様でした。
チェーンソーもちゃんとクリーニングして、来シーズンも起動するようにお手入れ済。来シーズンもよろしくネ!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |