FC2ブログ
隼人瓜用の棚
- 2015/05/31(Sun) -
隼人瓜はゴーヤやキュウリみたいに弦で巻きついて成長していく。キュウリは支柱でOK、ゴーヤはネットでOKだけど、隼人瓜は大量に実を付けるんで棚を作るのが基本。だから隼人瓜用の棚を作ってみました。
きちんとした材料を買えば立派な棚ができるんだけど、そこは節約志向、拾った材料で製作。除雪の時に邪魔になるんで切った木が放置してあったんで使わせてもらいました。

まずは先端の加工。二股に分かれてる部分を利用して横木を乗せるパターン。
先端10531

二股になってないのは切り込みを入れて横木を乗せる。
先端20531

この木を掘立形式で菜園に立てる。
掘立0531

菜園の日陰を少なくするために、柱は3本に。
3本柱0531

この3本に横木を渡して補強の板を取り付け。
横木0531

柱の先端を加工してるとはいえ、それだけじゃ不安なんでクギ付け。
クギ0531

出来た棚にネットを張ればいいんだけど、真ん中が垂れないようにネットを乗せる木を渡して一旦完成。
棚用横木0531

瓜が成長したらネットをはる予定で~す。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫周りこも芝張り
- 2015/05/30(Sat) -
車庫が完成したんだけど、車庫周りの土盛りを放っておくと、また雨で流れちゃう。だから”こも芝(製品名はロンケットワラ)”を張って土砂の流出防止。
車庫周りはこんな感じ。
こも芝施工前0530
裏から見たとこだけど、いかにも雨で流れちゃいそうでしょ。

この土手部分にこも芝を張る。
こも芝施工後0530
こも芝は20mの巻き物で送られてくるんで必要な長さに切って、前回同様付属の針金で固定

車庫周りは砕石を入れて、風で飛ばされないように重しを配置。
こも芝完成0530

傾斜部分は重しを置けないんでヒモを張って押えてある。
ヒモを張るためにクシを打ち込んで、クシをヒモで結んでく。
割箸と麻ひも0530
本当はちゃんとしたクシが良いんだろうけど、ドラ左エ門の場合100均で買った割箸で代用。ヒモも自然分解するように麻ヒモを使用。
割箸拡大0530
写真は水を撒いた後。

ちなみに以前張ったこも芝はこんなんなってます。
以前張ったこも芝0530
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫~仕上げ
- 2015/05/29(Fri) -
車庫ができました。
あとは仕上げだけだったんだけど、今日で完了。

まずは電気工事。シャッター前にセンサーライトを付けて
センサーライト0529

内部の照明。
照明0529

軒天の塗装をして
ペンキ0529

破風板の化粧。
鉄板巻き付け0529
ペンキを塗る方法もあるけど、今回は塗装鉄板を巻き付け。

雨樋も母屋と同じ物を付けていただき
雨樋0529

足場を外して、完成。
車庫完成0529

これで雨も、雪も、霜も、花粉も大丈夫だよ~。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
刈払機買いました
- 2015/05/28(Thu) -
川内村は草刈りのシーズン。今月初め頃からあちらこちらで刈払機のエンジン音。
ドラ左エ門宅でも草刈りをしないといけない。去年秋は村の人から刈払機をお借りして草刈りをしたんだけど、いつまでもご厚意に甘えるのも申し訳ないんで、刈払機を購入しました。
刈払機0528

川内村では刈払機は必需品。なにせ放置するとジャングルになるは、イノシシは出るはで良い事が無い。集落でも共同で草刈りをする機会があるようだし、ドラ左エ門宅でも年に数回、1回当たり1週間ほどの使用が必要だもんね。

購入にあたって先輩移住者からのアドバイス。「ホームセンターの刈払機はすぐに壊れるからね!」 どこが壊れるのか言うとエンジンらしい。エンジンが壊れちゃどうしようもないんで、車庫を作ってた建築屋さんに「どこで買ったらいいんだろー?」と聞いてみたら、隣町の金物屋さんを紹介してくれました。

早速使用中。
倉庫の横は
倉庫横前0528
↑草刈り前
   草刈り後↓
倉庫横後0528

畑用地も草刈り中↓
畑横0528
奥の方、まだ刈ってません(判ります?)。
これでも2日ほど刈った後。但し1日の作業時間は約1時間に限定。そうしないと手が痺れちゃってね(もうジジィだから)!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴーヤ再チャレンジ
- 2015/05/27(Wed) -
5月初めに植えたゴーヤ、残念ながら失敗。

ほとんど成長してない株が1つと
成長しないゴーヤ0527

枯れちゃった株がひとつ
枯れたゴーヤ0527

原因はよくわからないけど、気温が寒かったかもしれない。
川内村は結構寒いんで、植え付けた後に氷点下になった日もあったはず(アメダスの最低は0.2℃)。
このまま済ますのも残念なんで再チャレンジ。今度は鉢植えにしてみました。
鉢植えゴーヤ0527
土もホームセンターで買ってきた土を入れたんで、水はけもいいはず。

今度こそガンバッテ頂戴ね、ゴーヤちゃん。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫前排水
- 2015/05/26(Tue) -
車庫の建築中、そこそこの雨が… その結果こんなになっちゃいました。
車庫の東側↓
車庫東側0526
○の所に雨水が溜まって、矢印方向に流れが発生。この流れは主に母屋の屋根に降った雨水。

車庫の西側↓
車庫西側0526
玄関方向から2本の流れができ、水溜りも。

車庫に雨水が流れ込むことは無いはずだけど、台風でも来たらどうなるか判らない。建築屋さんに相談した結果、急遽排水パイプを埋設することに…
母屋屋根からの雨水はVU管に落として、
母屋雨樋0526

車庫東側の排水のために雨水桝を設置。
車庫前0526

車庫西側の排水にも雨水桝。
車庫横0526

最後は車庫屋根の雨水も一緒に、沢に排水。
排水0526

ホイールローダーで平らに馴らして、
ホイールローダー0526

砕石を大型ダンプ1台分投入。
砕石0526

これで完璧なはず。
後は雨が降ったら若干の修正をして完了。

ところでこの建築屋さん、基本は大工仕事専門。本来こういう仕事は専門家にお願いするんだけど、気持ちよくやって頂きました。本当にありがとうございます。大工さんに土掘り等やってもらい、どうもすみません。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫~外装まで
- 2015/05/25(Mon) -
基礎ができたらいよいよ車庫本体。
あらかじめ別の場所で加工した材木を運んできて、ユニック車で吊上げ。トンカンやったらこの通り。
棟上げ0525
1日で棟上げまでいっちゃった。早いねー。
ところでこの車庫、想像以上にデカイ。面積は打合せをした通りなんだけど、屋根が高いんだよね。建築屋さんに「屋根、高いねー」っていったら、「この位のものを作んないとお金もらえないよ」とのお答え。この高さだとルーフキャリアを付けたワンボックスが入っちゃう。

お次は防水シート。
防水シート0525

そして屋根。
屋根0525
屋根はガルバリウム鋼板。母屋のほうがコロニアルだから、車庫の方が良い材料ってことになっちゃう。

防水シートの上に板を打ち付けて
外壁準備0525
外壁準備。

内装は合板。
内装0525
この合板、檜の合板なんだって。中に入ると檜の臭いが…

外壁は鉄板サイディング。
外装0525
建築屋さんの提案で、ツートンになりました。
シャッターもついて、ほとんど終了。あとは細部の仕上げだけだね。

ところで可愛い訪問者が…
ツバメ0525
でも車庫の中に巣を作るのはやめてね! 「せっかく作った車庫なのに糞で車がぁ~」なーんてことは避けたいもんね!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花桃
- 2015/05/24(Sun) -
花桃の苗木を買ってきました。
苗木0524
品種は”枝垂れ相模桃”って言うんだって。
本当はこの日は苗木を買う予定じゃなかった。でも花も終わり幹もちょっと曲がってるせいか売れ残って見切りに。
値札0524
「誰も買わないんなら育ててあげよう」と仏心が…

クローバーを撒いた庭?の一画に穴を掘って
穴0524

樹木用の土を下に敷いたのちポットから移し替え、周りにも樹木用の土を詰めて水やりで終了。
植付終了0524

窓から見たらこんなんです。
窓から0524

今度支柱を立ててあげるからね!
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴボウ、茶マメの芽が出ました
- 2015/05/23(Sat) -
種から撒いたゴボウの芽がでました。
ゴボウの芽0523
順調にいけば、8月には”キンピラゴボウ”になってるはず。

これも種から撒いた茶マメ。
茶マメの芽0523
枝豆が終わったあとに塩ゆでしてビールのツマミになる計画。

もう一つ芽が出たのがキタアカリ(ジャガイモ)。
キタアカリ0523
シェリー(ジャガイモ)の芽が出てから1週間後にやっとお出まし。芽が出ないんじゃないかと心配しちゃいました。ジャガイモは植付が遅れたんで無事に収穫できればラッキーだね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫~基礎
- 2015/05/22(Fri) -
車庫作ってもらってます。

最初は「雪だけ避けられればいいや」って思ってたんで、掘っ立て小屋で考えてた。でも川内の冬は半端じゃなかったんで地元の建築屋さんにちゃんとした車庫をお願い。どう半端じゃなかったかっていうと、
 1.霜がバリバリで霜を削った後、相当暖気をしないと出発できない。だから毎日の出勤が非常につらいんだよね。
 2.雪もそれなりに降るんで、ひどい時は1週間に4~5回、車の雪おろしが必要。これもつらい。
春になったら
 3.花粉が半端じゃない。

今日はプロのお仕事を紹介。基礎屋さんのお仕事です。
まずは砕石を固めて
砕石0522

鉄筋を入れる。
鉄筋0522

次は捨てコンを打ってから
捨コン0522

捨コン20522

型枠を組んで
型枠0522

生コンを入れる。
生コン0522

乾燥してから枠を外して
基礎完成0522

これで基礎部分は完成。
さすがプロの仕事だね、まっ平らな床ができました。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ