FC2ブログ
バタ材整理
- 2015/06/30(Tue) -
今日はバタ材の一部を整理。
整理したのはこの部分↓
その他用0612
おおざっぱに分けた時は、工作意欲もそそらないし雨ざらしにしてたやつ。

まずは乾燥させないと、川内も梅雨でビショビショになってる。
乾燥中0630

どうにもならないのは薪に加工。
薪0630
電ノコで40cmほどに切断。太いのは斧で小割に。

あとはコチラ↓
花壇板0630
下にある長いのは、もしかしたらなんか工作に使えるかもしれないんで、薪から工作材料に格上げしたもの。

上にある五角形のやつは40cmほどの長さにカットして、先をとがらせたもの。
何に使うかは今度紹介しますんで、それまでは考えておいてネ。
(当たっても景品はでませんョ)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
刈払機置場
- 2015/06/29(Mon) -
先日の車庫の棚作りで最後に見えちゃったもの、コレです。
2つ目完成0629
”刈払機置場”なんです。

まずは壁面に2本の木材を固定。
横木0629
強度を考えて合板の下にある柱にコーススレッドで固定。だから90mmのゴッツいコーススレッドを、1本の材料につき4カ所使用。

下側の木材に斜めに支えを取り付け。
受け0629
固定はコーススレッド3本。

この支えに乗せるように、上側の木材からアームを出して
アーム0629

刈払機が奥に行きすぎないように、ストッパーとなる材を取り付け。
奥側ストッパー0629

当然前に出すぎると落っこちちゃうんで、前側もストッパーを取り付け。
手前ストッパー0629
ちなみに、ここまでの材料はぜーんぶ車庫を作った時の端材。

上の方に塗装合板を固定。
塗装合板0629
この合板は菜園倉庫を作った時の残り。これにはあまり力がかからないんで、壁面の構造用合板にビス止め。

塗装合板に残り物のチェーンをビス止めして
チェーン0629
塗装合板の右端にヒートンをねじ込んでます。
以上で完成。

チェーンとヒートンは刈払機の上部を留めてズレ落ち防止。
完成0629
なにせ数十センチ手前にはハスラーがあるんで、地震なんかで倒れちゃったらイヤだもんね。

なかなかイケてるでしょ!
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
平伏沼観察会
- 2015/06/28(Sun) -
川内村にも国指定の天然記念物がある。それが平伏沼(へぶすぬま)。「なんで沼が天然記念物なのか」っていうとモリアオガエルの繁殖地として指定されてる。
川内村に移住して約10カ月、まだ平伏沼を見たことが無かった。「いずれ行ってみなければ」と思ってたら、川内村観光協会さんの主催で”平伏沼観察会”が開催されたんで行ってきました。

朝9時に集合。ここからバスに乗って沼まで移動。
マイクロバス0628
30分ほどで小さな駐車場に到着。駐車場の傍らには天然記念物の案内が。
案内版0628
沼までは駐車場から180m。こんな道をテクテク。
沼への道0628

沼に到着したら卵だらけ。
到着0628
赤丸の所が卵。これでも赤丸は全てに付けられてません。

平伏沼の全体はこんな感じ。
平伏沼0628
平伏沼って、小さな沼で水面を覆うように枝がせり出してるんで、モリアオガエルにとっては産卵に都合がいいんだろうね。
今年は雨が少なくって水が少ない。本当は手前の杭のあたりまで水があるみたい。だから発泡スチロールの箱が、卵からかえったオタマジャクシが箱に落ちるように、いっぱい置いてある。でも全部の卵の下に置くには到底不足なんで、結構なオタマが死んじゃうんだろう。
箱の中を覗くとオタマがウジャウジャ。
トロ箱0628

最初に発見されたモリアオガエル。
モリアオガエル0628
南相馬市博物館の学芸員の先生によると、「たぶんメスで、お腹が小さいから産卵後だろう」とのこと。発見場所は木の枝だそうです。まだら模様のモリアオガエルは西日本に多いんだけど、阿武隈高地のカエルは60~70%がまだら模様なんだって。

本日のメインイベントは枝の上にいたモリアオガエル。
産卵場所へ移動10628
メスの上にオスが乗っかって、枝の先端方向に移動中。
アップで見るとこんなです。
移動中アップ0628
メスのお腹パンパンだね。
なんでも木に登る前に一度水に入り水分を吸収。産卵場所の枝でオスメス共同で泡を作るんだそうな。

さらに先端に向けて移動中。
産卵場所へ移動20628

ここを産卵場所に決めたみたい。
産卵場所へ到着0628
沼の水が少ないから、カエルさんも先端まで移動しなきゃなんない。
残念ながら見学会の最中に産卵そのものは見られなかったけど、他のカエルさんもいたよ。
これはヤマアカガエル。
ヤマアカガエル0628
ピンボケですみません。
アマガエルもいたけど写真にとれませんでした。

約1時間の観察を終えて、川内村コミュニティーセンターで学芸員の先生から座学があって解散。

お土産も頂きました。
お土産0628
なかなかリアル!
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫の棚
- 2015/06/27(Sat) -
車庫も完成したし、カー用品なんかは車庫に入れておきたいよね。2tロングのアルミボディを流用した倉庫も手狭になったし…
ということで車庫に棚を設置。基本的な作り方はアルミボディ倉庫の棚と同じ。

柱材は3寸×1寸5分の杉材。購入時は4mなんで2mにカット。こいつをパワークランプ2本で押さえつけておいて、幅4cmの切り込みをを3カ所作成。
柱材0627
向かって左が天なんで、ここには電ノコで4cmの所を切っておいて手ノコで切断(写真は切断前)。
これで幅4cmの凹部は4カ所できたことになる。

その凹部にはめ込む30mm×40mm×1800mmの角材を切出し。
横材0627
これが8本。

この2つの材料をコーススレッドで止めれば漢字の”用”+横棒1本の骨組み半分が出来上がり。
格子0627

この”用”を2個作っておいて、つなぎ合わせる30mm×40mm×450mmの材を切出し。
縦材0627
これは12本必要。

”用”2個を、450mmの角材でつなぎ合わせれば骨組みが完成。
骨組み0627

念の為L字金具で固定。
固定0627
倒れたら車にキズがついちゃうもんね。

棚板はバタ材の中から板になりそうなものを選別して450mmにカット。雨ざらしだったんで一応、天日乾燥。
バタ材0627
当然厚さも幅もバラバラだけど、せっかく使えるんだから気にしない。

バタ材をトントン釘付けすれば完成。
1つ目完成0627
合板2枚=約2000円分の節約になったヨ(バタ材は全部で2000円)。

実はもう一つ作ってる。だけど棚板にできるバタ材が1台分しか取れなかったんで、2台目は合板。
骨組みまでは同じ作り。合板を450mmにカットして、柱部分を切除。
棚板0627
これをパカっとはめるだけ。一番上は柱が無いんで乗っけただけだから、コーススレッドで固定。

これで2台目も完成。
つ目完成0627

おっと左隅になんか写っちゃいました。作業は同時進行なんで…
これは後日ご紹介します。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚1号の屋根~完成
- 2015/06/26(Fri) -
横木が完成したんで、次は垂木。ちゃんとした垂木を買えばいいんだけど横木で使ったモミ材が結構残ってる。”使わにゃ損”ということで垂木にも使っちゃいました。理由がもう一つあって、既にある薪棚をまたぐ構造なんで、一番後ろの掘立柱と真ん中の掘立柱の間隔が230cmほど開いてる。だから太い材を垂木にした方が安心だもんね。

横木の上に垂木を乗っけるんだけど、材がねじれちゃってる(承知して買ってます。その代り格安)んで調整が必要。
垂木と横木0626
この写真では左端の削り込みは2mm程度。

反対からの写真↓
垂木と横木0626
右端の削り込みは5mmほど。こうやって1カ所ずつ調整して安定を確保。

垂木と横木の固定はこんなにしました。
垂木と横木の固定0626
垂木のモミ材の2/3ほどドリルで穴を空けておいて、その穴にコーススレッドを入れる方法で2カ所ずつ固定。

垂木に必要な長さは4m50cm。当然1本の材じゃ長さが足らない。しかも買ってきたモミ材だけじゃ材料が不足。だから苦肉の策。モミ材を半分の厚さだけ45°の角度でカット。
垂木0626
この先は3寸×1寸5分の杉材を継いで延長。
垂木延長0626
手前から2本、上から1本、反対から1本、計4本のコーススレッドで固定。

一番前の横木には、3寸×1寸5分の材が垂木として乗っかる。1寸5分幅なんでモミ材でやったみたいに2カ所をコーススレッドで留めるのは難しいんで、コーススレッドを1カ所にしてシンプソン金具A35を使用。
延長垂木の固定0626
これで強度もバッチリ(のはず)。

垂木は全部で9本。屋根の長さが4.7mだから60cm弱に1本の計算。
垂木完成0626

次は野路板。これも同じ製材所で購入。
野路板は全部で10本。4.5mの奥行きだから約50cmに1本の割合。
野路板0626

いよいよポリカ波板張り。
ポリカ波板張り0626
波板は7尺と9尺を使用。なんでかって言うと、この時ちょうど建築屋さんが車庫を作ってたんだけど、「中古だけど7尺の波板要る?」と建築屋さん。ありがたく頂戴して、不足分を購入した次第。

そして水切板の取り付け。
水切り板0626
この板も製材所で譲っていただいたクリのバタ材。軽トラ1台分2000円だけど結構使えるね!

以上で完成。
完成0626
これで雨に濡れないスペースができたヨ~。洗濯物なんかも干しちゃってます。

波板の張り方とか、基本通りの張り方なんで省いちゃいました。ご了承くだシャイ。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚1号の屋根~横木
- 2015/06/25(Thu) -
薪棚1号の屋根作り、前回アップしてから色々あって続きが遅くなっちゃいました。今回は掘立柱に横木を渡すまで。
横木の材料はコチラ。
材料0625
いつもの製材所で「廃材みたいのでもいいんで、安いの無いですか?」って聞いたら、これ全部で「2000円で持ってく?」とのお言葉。有り難く頂戴してきました。但し、傷んでる部分はあるは、太さ・長さは不揃いだは、歪んでるは、そういう材です。材質はモミなんで、まともなら結構なお値段かと…

まずは掘立柱のホゾに合わせて穴を空けて
横木0625

掘立柱の上に乗っけてゴムハンマーでガンガン打ちこんじゃいました。
ホゾ組み0625

薪棚の長さは4m以上あるんで、横木は4.7m必要。当然長さが不足。いろいろDIY経験を積んだんでオス・メスの木組みにチャレンジ。
こっちがメス。
木組みメス0625

こっちがオス。
木組みオス0625

先に長い方の横木を掘立柱にカスガイで固定して
カスガイ0625

短い横木を乗っけてゴムハンマーのお世話になり、横木もカスガイで固定。
横木カスガイ0625

結果はこんなんです。
木組み結果0625
まあドラ左エ門的には合格点。この作業を3回やって横木が完成。
横木全景0625

次回は垂木、野路板、屋根張りまでアップします。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雷雨対策
- 2015/06/24(Wed) -
昨日の雷雨でみつかった欠陥、早速手を打ちました。もうすぐ梅雨入りしそうだし、雷様も今からが本格シーズンだもんね!

まずは集水枡の蓋をグレーチングに交換。
朝8時半に出て朝一番で購入。ただ残念なことにホームセンターに在庫が2個しかなかったんで、優先順位の高い車庫奥と外水道横だけになっちゃった。
車庫の奥↓
車庫横グレーチング0624
ここは、水があふれると盛り土が削られちゃうからね。

外水道横↓
水道横グレーチング0624
ここで雨水を取り込めば土手のほうに水が流れていかないんで、土手の手前にある排水用VU管があふれる可能性が小さくなるもんね。

次にドラ左エ門放水路。雨があがった後によーく見てみたら放水路決壊の原因が判明。下の写真見てください。
ドラ左エ門放水路施工前0624
これが決壊した所なんだけど、この笹にゴミが引っ掛かって雨水がせきとめられちゃった。だから放水路を超えて水がながれちゃった次第。
ならば引っ掛からないようにすれば良いじゃん。ということでVU管を埋め込みました。
ドラ左エ門放水路VU管0624

ついでにだいぶ砂が溜まったんで”しゅんせつ”も
ドラ左エ門放水路しゅんせつ0624

最後に土手前のVU管。
集水枡の蓋をグレーチングにしたのと、ドラ左エ門放水路を改良したんで、既設の直径5cmの管でもいけそうな感じはあるんだけど、念の為もう1本10cmのVU管を埋設。
土手前VU管0624
5cmのVU管もそのままにしたんで、排水能力(断面積)は5倍になった。これで大丈夫でしょう。

さあ、来てみろ雷様!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雷雨
- 2015/06/23(Tue) -
天気予報では朝から「この時期としては強力な寒気が入り、大気の状態が非常に不安定に…」って言ってた。川内では午前中は薄日も射したんだけど昼前から「ゴロゴロ、ゴロゴロ」と雷さんが… そうこうしてるうちに土砂降りになっちゃった。

これは雨対策を確認する絶好の機会。今までの対策で完璧のはず。

結果は残念賞。
新たに作った土手前の排水管を窓から確認。
窓から0623
あれ? 排水管が無いじゃん。
土砂降りの中表に出て確認すると、さっきより少し小降りになってて
土手横0623
排水管がかろうじて見えてるけど、排水が追いつかなくって南方向に流れ出ちゃってる。50mmのVU管じゃ排水量が不足してたんだね。

なんでこんなになったのかっていうと、北側にあるドラ左エ門放水路が決壊。
ドラ左エ門放水路決壊0623
このため雨水が50mmの排水管に集中しちゃったことが判明。

3か所埋設した雨水桝は3か所とも水没。つまり計画通りに水は流れてるけど、水が流れ込み切れないで溜まっちゃってる。慌ててフタを外した所↓
雨水桝0623

他にも多少の問題はあるものの、この3点だけはきちんと対策しとかないとダメだね。
アメダスを見てみたら、こんなでした。
                アメダス0623
アメダス設置場所とは10kmほど離れてるんで、ちょっと違うかもしれないけど、それなりの量が降ってる。でもこの位は何とかなるようにしとかないとね~。

いつまで続くのか、雨水対策???
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早採りハクサイ
- 2015/06/22(Mon) -
東京に行く前にホームセンターで衝動買いした苗が早採り”ハクサイ”。なにせ緊急事態だったもんで家の横に置いたまま1週間放置してたけど、買った時より大きくなってたんで畑に植えました。

ドラ左エ門はハクサイって言うと冬の物だと思ってたんだけど、夏でも採れるものがあるんだね。しかも植付から50日で収穫できちゃうんだって。菜園担当はカミさんの仕事なんだけど、娘に付き添って通院するんでまだ東京。やむなくドラ左エ門が植え付け。

まずはどこに植えるか。ハクサイはアブラナ科なんでアブラナ科の植物を数年植えてない所がいいらしい。ドラ左エ門宅の菜園は10坪ほどしかないんで、ほぼ満杯の状態。空いてるのは小松菜を収穫したあとと、ほかに1カ所だけ。小松菜はアブラナ科なんでここはアウト。つまり自動的に場所が決まっちゃいました。
空きスペース0622
下の方に出てる葉っぱは雑草。
このスペースに鍬を入れて耕した後、有機石灰を撒いて土と混ぜて畝を作ったところがコチラ↓
畝0622

説明書きによると40cmほど離して植えるように書いてある。苗は10株セットだったんで結構ギチギチ。でもここしか空いてないから何とか押し込んじゃいました。
植付0622
化成肥料を株間にパラパラっと撒いて、土をかけて終了。

順調なら8月初めには食べられる。でも夏のハクサイ料理って何があったっけか???
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
帰ってきたら
- 2015/06/21(Sun) -
東京から帰ってきたら植物がとっても元気!

6月に入ってから張った”こも芝”は若芽が一杯。
こも芝0621
アップで見るとこんな感じ↓
こも芝アップ0621

家庭菜園では、遅れて植えたジャガイモが緑の葉っぱを全開。
ジャガイモ0621

鉢植えのゴーヤもネットにからまるまでに成長。
ゴーヤ0621

元気が無かったんで、もう1株追加したハヤトウリはパワーを回復し2株とも元気一杯。
ハヤトウリ0621

トウモロコシも開花準備中。
トウモロコシ0621

ただ食べ損ねちゃった野菜も。
ブロッコリー0621
ブロッコリーがお花になっちゃいました。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
救急搬送
- 2015/06/20(Sat) -
1週間ほどブログをお休みしちゃいました。どうもすみません。
実は東京にいる娘が救急搬送されちゃったんです。

14日の日曜日。昼前に息子から電話があって「娘が入院した」とのこと。その時は詳細が判らなかったんだけど、しばらくしたら娘のお友達から連絡があって「お医者さんが来てほしいって言ってます」…… それで慌てて千葉に行ってた次第。要約するとこんな感じです。

娘が千葉県にいるお友達の家に遊びに行ってたところ、悶絶するような腹痛に襲われて救急車で救急病院に搬送されました。お友達が付き添っててくださって、お医者さんが「ご両親を呼んで」って言ったんで連絡をくれたんです。
「ご両親を呼んで」って結構ヤバイパターンでしょ。だから取るものもとりあえず病院に駆け付けたら、お医者さんからの説明。なんでも腹部にかなりの量の”水”が溜まっていて炎症を抑える処置を実施中、との説明。
幸いにしてその治療が功を奏し、少しずつ改善し昨日退院できました。ただし完治した訳じゃないんで通院は継続、っていう状況です。
だからカミさんは東京に残って娘の通院に同行予定。福島の家も1週間空けちゃったんでドラ左エ門だけ帰ってきた、ってな訳です。

入院中はカミさんは病院に泊まり込み、ドラ左エ門は昼間は病院、夜は近くのホテル住まいって感じでした。こういう時って男はあまり役に立たなくってお買い物とお洗濯が主な仕事。
コインランドリー0620

とりあえず退院できて一安心。
ドラ左エ門はしばらく独身生活になりそうな状況でっす。
あー疲れた!
 
この記事のURL | 東京のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブログお休みします
- 2015/06/15(Mon) -
しばらくの間、東京に行かなくっちゃならなくなりました。その間、ブログお休みします。ご容赦下さい。
この記事のURL | 東京のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚1号の屋根~掘立柱
- 2015/06/13(Sat) -
昨年9月にあわてて作った薪棚1号。急いで作ったんで屋根無し。だから屋根をかけました。風が吹くと重しに乗せてある材木が飛んできて危ないしね。
薪棚の製作は”ストーブライフ”のカテゴリにしてたんだけど、屋根をかけるのにストーブライフもどうかと思うんで、カテゴリーはDIYです(あしからず)。

さて薪棚1号、本来なら土台部分から柱を立ち上げて屋根をかけるんだけど、後の事を考えずに作っちゃったんで束石に直接棚が乗ってる構造。だから柱を立てるのが難しい。ならば「薪棚全体を屋根で覆っちゃえ!」っていう発想で製作。
施工前0613

柱は製材所で譲ってもらったカラマツ。以前皮剥きはご紹介したんだけど、本当はこの為に手配したもの。前にも書いたけどドラ左エ門宅の辺りは風が強いんでガンバッテ素人なりに木組み。丸太の頭にホゾを作成。
丸太ホゾ0613

丸太は全部で9本。
丸太9本0613
片流れにするから3本ずつ長さを変えてます。どうやって長さを計算したかっていうと”三平方の定理”っていうやつ。学校で習ったけど、実生活で使ったのは初めてかも知れない。

柱の立て方は”掘立”。まず穴を掘る。
穴0613
穴の深さは大体50~55cm。地面が平じゃないんで、柱によって少しずつ違う。コツは穴を小さく掘ること。

穴に柱を入れて、砕石と砂を少しずつ入れて細い棒で突き固めていく。砂が乾いてるんで水も少し入れながらの作業。
穴埋め0613

地面まで埋まったら周りより少し高くなるように砂を盛って、足で踏み固めれば”掘立柱”の完成。
掘立柱0613

一番低い柱、3本が立った所。
柱3本0613
柱の高さをどうやって揃えたかっていうと、こうしました。
 1.水糸を水平に張っておく(実はこの水平が難しいんだけど)。
   今回は水準器を使って水平出してます(薪棚の屋根だから多少の誤差があっても許しちゃう覚悟で)。
 2.柱3本の同じ高さに線を引いて置く。
 3.水糸と柱の線が同じ高さになるように、柱を立てる時に調整する。

柱の線がコレで
水平線0613

水糸と線がずれてたら高さ調整が必要。
水平不良0613

水糸と線が同じ高さならOK。
水平OK0613

こんな調子で9本の柱を立て終わったところ。
柱9本0613
ただ屋根をかけるだけじゃもったいないんで、薪棚の前に2坪ほどのスペースも作っちゃいます。この屋根があれば、ちょっとした物が雨に濡れずに保管できるもんね。例えば借りてきた耕運機とか、薪用の原木とか…

この先も長いんで今日はココまでにさせてくだシャイ。次回につづく。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バタ材
- 2015/06/12(Fri) -
行きつけの製材所でバタ材を譲ってもらいました。バタ材っていうのは製材した時に出る端材。だから格安。
バタ材0612
これ全部で2,000円。材質は端材なんでいろいろ混ざってるのが普通なんだけど、今回はほとんどが”クリ”。「クリが多いのがいいな」って言ったら、引っ張り出してくれた次第。

さて何に使うかっていうと色々なんだけど、詳細はこれから。なんせ端材だから材料を見てから作るものを決めるようになっちゃうからね。でも簡単な仕分けだけは完了。
板に使えそうなもの↓
板0612

ドラ左エ門のDIY意欲をそそったもの↓
DIY用0612

それ以外↓
その他用0612
この材は最悪薪にしちゃうんで無駄無し。仮にぜーんぶ薪にしたって軽トラ1台分2,000円なら、キロ当たり5円程度。

さーて何ができるでしょうか?
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
斧2号修理
- 2015/06/11(Thu) -
斧2号が相当くたびれてる。斧1号が移住後すぐ壊れちゃったんで、なんやかんやで4t以上の薪を割ってるんじゃなかろうかと…
2015年用の薪割も終了したんで、修理してみました。

現在の状態はこんな↓
修理前0611
矢印のとこ、柄が頭から飛び出しちゃって、L字型の金具が浮いてるでしょ。だからすぐに柄がガクガクしちゃう。放置すると頭が飛んでっちゃうことにもなりかねない。

まずは分解。
分解0611
L字型の金具は小さな釘でとめてある。

いよいよ修理開始。まずは斧の柄の加工。柄は手元の方が少し大きくなってるんで削ってあげないときれいに収まらない。
削った後0611
この程度の加工なんで木工用のヤスリで削って、

頭から飛び出してる長さを切断。
先端切断0611

L字型金具を装着して
L字金具装着0611

クサビを打ち込む。
クサビ装着0611

L字型金具は釘で止めてあったけど、ネジクギに変更するんで錐で下穴空け。
ネジクギ0611

ネジクギで固定して完成。
完成0611

2016シーズン分も頑張ってね!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある日の食卓
- 2015/06/10(Wed) -
ドラ左エ門宅のある日の食卓。メニューは中華。
中華料理0610
エビチリ、ギョウザ、チンゲンサイの塩炒め。
エビチリは業務用スーパーで買った冷凍食品、600円。ギョウザはスーパーのお買い得品98円、チンゲンサイは…

おっと、そういう話じゃない。このチンゲンサイ、家庭菜園で収穫したもの。5月初めに種を撒いたんで約40日で食べられる位になったんだよね。
チンゲンサイ0610
結構育ったでしょ。でも美味しい野菜は虫も食べたいみたいで葉っぱは穴だらけ。無農薬だからね。
ということで、スーパーで売ってる野菜は農薬を使ってるってことを再認識しちゃいました。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アオジ
- 2015/06/09(Tue) -
今度は”アオジ(たぶん)”が来てくれました。

登場の仕方がちょっとビックリ!
アオジ窓から0609
写真の手前のソファーに座ってたら、窓に鳥が突っ込んでくるではないか。最初は大きめのガかと思ったんだけど、良く見たら小鳥。羽を広げて羽ばたいてる姿もバッチリ見ちゃいました。幸いにして突っ込んできた所が網戸だったんで、”アオジ”は怪我もなくUターン。そして窓の外の竹竿(ゴーヤ用)に留まった、っていうのがこの写真。

しばらく留まっててくれたんでアップでも撮影に成功。
アオジアップ0609

”比較的用心深い正確”らしいんだけど、川内村では鳥も警戒心が薄れる?
そんなはずは無いよね。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
航空自衛隊大滝根分屯基地~救難展示
- 2015/06/08(Mon) -
昨日に引き続き航空自衛隊大滝根分屯基地の一般開放。今日は航空機による救難のデモンストレーション。用意された筋書きに則ってご案内します。

救難が必要な事態が発生。
担架0608
真ん中にあるのは担架。

U-125Aが救難者を発見し、UH-60Jに連絡。
U-1250608

UH-60Jが現場に到着。
UH-600608

UH-60Jから救難隊員2名が降下。
降下0608

地上での救難準備の間、UH-60Jはホバリング。
UH-60ホバリング0608

U-125Aは上空を旋回し、救難支援。
U-125旋回0608

1名が担架をUH-60Jに引き上げ。もう1名は地上でロープを牽引。
担架吊上げ0608

担架吊上げ20608

UH-60Jに救難者を収容。
担架吊上げ30608
このあともう1名の隊員を収容して、救難展示は終了。UH-60Jから隊員2名が降りてから収容まで、テキパキとしていて素早かったです。さすがですね!

来年は60周年、もしかしたらブルーインパルスとか見られるかもlネ。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
航空自衛隊大滝根分屯基地~地上展示・試乗
- 2015/06/07(Sun) -
川内村とお隣の田村市の境に航空自衛隊大滝根分屯基地がある。ここはレーダーで敵航空機・弾道ミサイルの進入を察知するのが一番の目的。東日本大震災以来、初めての一般開放があったんでお邪魔してきました。
レーダー0607

最初にゴメンナサイ。情報不足で戦闘機(F-15)と偵察機(RF-4)の飛来時間に間に合わなかったんで写真が無いんです。勘弁してくださいね。
今日は主に地上展示をご紹介。
まずは”近SAM”。
近SAM0607
要は対空ミサイル。敵機を迎撃するんだね。

指揮通信車。
指揮通信車0607
6輪駆動で100km/hの走行が可能。登坂も30°程度までOK。

軽装甲機動車。
軽装甲機動車0607
これはいろいろな自衛隊のイベントでお目にかかる。

FCSっていうんだけど射撃統制装置。
FCS0607
レーダーで捉えた敵機をロックオンする。このFCSの統制下にある発射装置から短距離ミサイルを射出して敵機を迎撃。

これがその発射装置。LCHRっていう。
LCHR0607

ミサイルの迎撃網をかいくぐった敵機には20mm対空機関砲で対応。VADSっていう。
20mm対空機関砲0607
6本の砲身があるガトリングガン。当然レーダーで捕捉可能。射程は1.5km(隊員さん)。

このVADSの弾(もちろん本物じゃありません)。
20mm対空機関砲弾0607

この日は20mm対空機関砲のデモンストレーションがあって模擬弾を発射。
20mm対空機関砲模擬弾0607
300発打ってくれたんだけど、ほんの一瞬。”アッ”という間に終わっちゃいました。音は”機動戦士ガンダム”のバルカン砲そのもの。
撤収も見れちゃいました。
機関砲撤収0607

基地のグラウンドでは試乗も。
1台は指揮通信車。
指揮通信車体験試乗0607
もう1台は高機動車。
高機動車体験試乗0607
やっぱり人気は指揮通信車だよね。

明日は救難展示をご紹介(U-125、UH-60が登場)。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ズッキーニと小玉スイカの花が咲きました
- 2015/06/06(Sat) -
家庭菜園を作ってから1ヶ月あまり、初めての花が咲きました。
初めての花はズッキーニと小玉スイカ。
ズッキーニの花は2つ。
ズッキーニの花0606
ズッキーニの花って、結構派手なんだ。

小玉スイカも可憐な花が出てる。
小玉スイカの花0606
しかも花芽がいくつもあって、期待しちゃうもんね。スイカは素人には難しいっていうことらしいけど、美味しいスイカが食べられるとうれしいね。

もう一株の小玉スイカの苗も花が咲いてるんだけど、ちょっと変。
緑の小玉スイカの花0606
なんか色あせちゃってる。なんでだろー??
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
隼人瓜再チャレンジ
- 2015/06/05(Fri) -
せっかく棚を作ったのに、隼人瓜の元気がない。
前の苗0605
弦が支柱に絡んでこないし、色も黄色がかってる。
気温が低かったのか、水の与えすぎか、他に原因があるのか??

と言っててもしょうがないんで、ホームセンターでまた苗を購入。本当はもう植え付け時期は過ぎてると思うんだけど、このまま終えちゃうのも悔しいんで…
新しい苗0605

前の苗もそのまま。どうしてかって言うと、下の方から小さな葉っぱが出てきてる(1枚目の写真の右端)。
今度こそ上手く育ってね!
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
強風
- 2015/06/04(Thu) -
冬の間もかなり強い風が吹いてたけど、実害は無かった。でも今日の強風では実害が発生。

実害その1
カミさんのギャぁという声が… 一体どうしたのかと思いきや
グラジオラス0604
5本育ってたグラジオラスの茎が1本無くなってる。可哀そうなグラジオラスちゃん。

実害その2.
せっかく作った”かかし”が骨折。
かかし0604
杭を打って固定してたんだけど、杭が矢印の所からポッキリ。風が止んだら外科手術だね。

実害その3.
建てたばかりの車庫が…
車庫0604
鉄板サイディングの1枚がすっ飛んでる。

その他のも、木の枝は折れ、角材は転がり、バケツやジョウロも飛ばされちゃって…
なんちゅう風だ(| ̄ω ̄、|グスン)。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
みょうがの植付
- 2015/06/03(Wed) -
カミさんと買出しに行って、カミさんはスーパーでお買い物。ドラ左エ門は100均でブラブラ。そしたら100均で”みょうが”の苗を発見。説明によると植付の時期は5月までってなってるけど、川内は寒いしまだ6月に入ったばっかり。「まぁ、大丈夫だろう」っていうことで植え付けることに…
みょうがの苗0603

そういえば東京・文京区に「茗荷谷」っていう地名がある。昔っから「”みょうが”が生えていた谷なんだろうな」と思ってたけど、調べてみたら<駅の南側が湿地帯でみょうが畑があった>っていう。つまり乾燥しにくいところが良いんだろう。また、さほど日当たり良好じゃなくてもOK。
ということで植付場所が決定。

この苗、1袋に2株分入ってるんで2株づつ、2箇所に植え付けてみました。
1カ所は林の横。
林脇0603
真ん中の茶色くなってる所が植付場所。手前の白い土地と奥の茶色い土地の間には、山からの湧水が流れてる。つまり谷みたいな地形になってて乾燥しにくいはず。
林脇植付0603
20cmほど離して、穴を掘って、苗を置いて、土をかけて、水をやったらハイ終わり。左側の穴にあるミミズみたいのが苗。
ただし、こっちは畑の外なんでイノシシが食べちゃう可能性もあるけどね。

もう1カ所は畑。カミさんによると一番日当たりが良くない所。
畑植付0603
さてどっちがよく育つでしょうか?

”みょうが”は地下茎で増えるんで、初めの年の収穫量は少なく、2年目以降増えてくらしい。冷や奴、そうめん、酢漬け、etc楽しみだよ~。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土手のこも芝張り
- 2015/06/02(Tue) -
土手の南側は建築屋さんにいただいた”こも芝”を張って保護したんだけど、南側だけじゃやっぱり不安。
施工前0602
土手の上も張っておかないとね。
土手に置いてあるのはパレットなど。こも芝を張っただけだと風であおられて飛んでっちゃうんで、重しとして置いてます。

土手の上部、20mとちょっとを張ってく。だけど思った以上の重労働。しゃがみこんだ姿勢のまま、付属のピンで仮止めして、クシ代りの割箸を打ち込んで、割箸にヒモを張る作業(前と同じ作業なんで写真は割愛します)。計6時間しゃがんでたことになる。正直、足がパンパン。でもその甲斐あってまずまずの出来栄え。
施工後0602
ね、結構イケてるでしょ。
こいつに緑が生えそろえばもう土砂が流れる心配はいらない。

明日は温泉でも言って疲れをとろうかなぁ~。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2015年第1回草刈終了
- 2015/06/01(Mon) -
今年1回目の草刈が終了。
毎日コツコツと1時間ぐらいずつ8日間に渡って刈ってみました。
草刈終了0601
草刈が終わった菜園周り。
あれ? 草刈が終わったはずなのにチョロチョロと生えてるじゃん。きちんと刈ったのに、何で???

よーく見たらこんなんなってました。
ススキの成長0601
白く囲った草に注目。
この草、ススキなんだけど7日前に刈ったときのラインが赤い線。そこから約15cmも伸びちゃってる。これじゃまたすぐに草刈をしなきゃいけない。
恐るべし、ススキパワー!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |