スイカ全滅
- 2015/08/31(Mon) -
先週の日曜日に東京から帰って来てから、ずーっと雨。この1週間最高気温が20℃を超えた日は1日もない。そのせいでスイカが全滅。
1つ、2つと実が割れて、とうとう残ってた3つ全部割れちゃいました。
スイカ10831

スイカ20831

スイカ30831

結局、今年食べたのは1個だけ。それも事故でカミさんが早く収穫したものだから、熟したスイカは食べられなかった。
(´_`。)グスン
来年に期待!
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
CH-47
- 2015/08/30(Sun) -
航空自衛隊ファンの皆様、お待たせしました。やっと先日まともな写真が撮れました。
飛んできたのはCH-47.航空自衛隊の大型輸送ヘリコプター。
CH470830
結構ハッキリ撮れてるでしょ。

航空自衛隊のHPによると「主要航空基地と点在しているレーダーサイト等へ必要器材などを運びます」っていうこと。大滝根山の分屯基地に荷物を運んできたんだろうね。
この機体、11t以上の荷物を積むことができるんだって。ドラ左エ門が子供の頃は”川崎バートル(ボーイング・バートルからのライセンス生産)”っていうのが飛んでた。CH-47と同じくローターが2個あるヘリコプターで、確か2t位の積載量だったと思う。

大滝根山分頓基地に来るヘリコプターって、一度基地方面に飛んでいってから、ぐるーっと旋回して、また基地の方に行くんだよね。なんか規則でもあるんでしょうかね?
 
この記事のURL | 川内の景色 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
就職決まりました
- 2015/08/29(Sat) -
川内村に移住して1年ほど、1度お勤めをしたんだけど体調を崩して退職。それ以来約半年間プータローでしたが、やっと就職が決まりました。今までも何回か応募をしてたんだけど、相手さんが女性希望だったり色々あって不合格。今度の会社は結構大きな会社です。通勤先は富岡町。
富岡町っていうのは震災前は特急も止まるそこそこ大きな町だった。川内村からも買物に行ったり、仕事に行ってる人も結構いたはず。ショッピングセンターや教習所なんかもあったしね。

下の地図見てください。
地図0829
赤いのが川内村で、ドラ左エ門の家は●のあたり。富岡町は青いとこ。×は福島第一原子力発電所になる。会社の場所は秘密ってことでお願いします。

通勤時間は1時間位かかるかな? 通勤時間帯に走ったことが無いんで良く判りません。
どんな仕事かっていうと、富岡町のインフラの一端を担うお仕事なんで、微力ながら復興のお役にたてれば幸いと思ってる次第です。

富岡町は未だ全住民の方々が避難してる町。今一生懸命除染をやってる。作業員の皆さんも大変だと思いますが、ドラ左エ門も頑張ります。富岡町の皆さんも頑張ってください。

ブログの方は、お仕事の開始日がまだ未定なんで、しばらくは今まで通り更新してきます。
(長雨が続いてて、ネタが乏しくなってきちゃったけど)
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハスラー1年点検
- 2015/08/28(Fri) -
ハスラーも1年点検。走行距離は約13,000km。キャリーと合わせると18,000kmほどになる。しかもお仕事は途中で辞めちゃったんで通勤に使ったのは4カ月だけ。田舎って車がないと生活できないね。

点検結果はもちろん異常なし。これからも元気でガンバッテちょうだいね、ハスラーちゃん。
ところでさすがディーラーさん、代車がピカピカの新車なんだね。
代車0826
ラパンなんだけど、500km位しか走ってない。この前のキャリーの点検の時はワゴンRだったけど、こっちも新車だった。

燃費はっていうと前回の点検(2月)から22km/ℓ。まずまずなんだけど、どうも高速道路を走ると燃費が悪いみたい。もちろん20km/ℓ近くは走ってるんだろうけど、軽自動車は一般道の方が向いてるってことかな?

次は18カ月点検。安全運転でいきまっしょい!
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ズッキーニのぬか漬け
- 2015/08/27(Thu) -
野菜は育つがカミさんがいない。ならばドラ左エ門流料理、ということでズッキーニをぬか漬けにしてみました。

材料:ズッキーニ
ズッキーニ0827
25cm位かな?

こいつを塩もみして、ズッキーニを半割。
半割0827

このまま糠に漬けて
ぬか床0827

30時間後。
30時間後0827

切って盛りつけたらこんなです。
出来上がり0823
見た目は”きゅうり”だね。
味は”きゅうり”のぬか漬けに似てるかな?
食感は”かぶ”をちょっと軟らかくした感じ。

結構いけますヨ!
(日本酒に合いそうでっす) 
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クローバーの種まき(再チャレンジ)
- 2015/08/26(Wed) -
5月に種を撒いたクローバー、あまり根付いていない。
種まき失敗0826
種を撒いた数日後に大雨が降っちゃって、種が流されちゃったみたい。
ならば、ということで再チャレンジ。但し今回は上手くいくかどうか実験的に撒くことにしました。
  実験1 草刈りをした後なら、刈った草が雨の流れを弱くしてくれるかも
  実験2 土の表面を少し削ったら、雨でも流れないんじゃないかな
  実験3 草刈をした草を、土がむき出しの所に敷いたら種が流れないんじゃないかな
という仮説のもとに、前回の1/4ほどの面積に、1kgの種を散布。
種0826
前回は1.5kgだったから単位面積当たりで考えると種の量も3倍位になってる。

とういことで、まずは草刈。
草刈0826
このまま種を撒いてみました。

草も無くって土の表面が堅い所は、こいつで1cmほど削ってみました。
熊手0826
削った後はこんなです。
削り込み0826
ここにも種を散布。

最後は刈った草を、草の生えて無かったところに持ってきてばらまいてます。
草の絨毯0826
ここにも散布。

約1週間後の状態はこんなです。
実験1 草刈の後。
草刈の跡0826
ちゃんと発芽してるじゃん。

実験2 1cmほど土を削った後。
削った跡0826
完璧じゃん。

実験3 草を敷いた後。
草の絨毯の跡0826
ここも中々GOOD!

もちろん大雨が降らなかったのが一番なんだろうけど、何れも上々の出来。
ならば農協に行ってもう一度種を発注してこなきゃね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国立科学博物館”生命大躍進展”
- 2015/08/25(Tue) -
娘が入院してる間に面会時間の合間をぬって、国立科学博物館の”生命大躍進展”に行ってきました。
46億年前に地球が出来てから、最初の生命が生まれて、多細胞生物になって、大型化。そして魚類から両生類、爬虫類、哺乳類や恐竜へ進化して、最後に人が誕生するまでを、実物化石も含めた展示物で解説してくれてます。とても全てをお伝え出来ないんで(覚えてません)、ドラ左エ門にちなんで”ドラえもん”に登場した展示2つだけご紹介。

まずはユーステノプテロン。
ユーステノプテロン0825
創生日記っていう作品で登場。のび太くんが夏休みの宿題で地球を作っちゃう。その中でドラえもんがユーステノスプテロンに進化退化放射線源という光線をあてて進化を促進。これが上陸して陸上動物になってくっていうストーリーだね。

もう一つがドロマエオサウルス。
ドロマエオサウルス0825
竜の騎士の中で登場。実は地球の地下には大きな空洞が沢山あって、その中に恐竜が生き残ってた。そしてこのドロマエオサウルスが進化してタイムマシンを開発。恐竜の滅亡を阻止しに行くっていうお話。

ところで今回の展示で興味深かった内容が2つあったんで、こちらも書いちゃいます。
動物の陸上への進出は、少し前までは川(淡水)からなされたっていう話だったんだけど、現在では海の可能性もあるっていうことになってるんだって。
もう一つが爬虫類の出現。実はドラ左エ門は両生類から爬虫類への進化っていうのが、大きな飛躍ではないように思ってた。見た目似てる所があるしね。でも大間違い。両生類は水中で卵を生み、子供は水中で育つでしょ。爬虫類は陸上で卵を産んで、子供も陸上で育つ。つまり卵が、水っていう媒介無しで酸素や栄養を吸収し、老廃物を排泄出来るようになったっていう大進化だったんだね。
甘く見ててすみません、爬虫類の皆さんに謝罪!
 
この記事のURL | 東京のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野菜発送
- 2015/08/24(Mon) -
5日間ほどブログをお休みしました。今回はこのまえ救急搬送された娘の手術で東京に行ってきました。手術も無事に終了したんで昨日帰ってきたんだけど、カミさんは東京に居残って娘の面倒を見てます。だから、またしばらく独身生活。
川内に移住してきたのが去年の8月23日だから、ちょうど1年が経過。記念日は東北自動車道を移動してたってことになる。

東京は30℃位あったのに、今日の川内は18℃前後。”涼しい”を通り越して、”寒い”って感じ。こんな気温でも野菜は元気に育っていて、ドラ左エ門じゃ料理しきれないんで東京に発送。発送したのはこんな野菜達でっす。
あばしゴーヤ↓
あばしゴーヤ0824
20cm位まで育つ小型のゴーヤなんだけど、家のは15cm位かな。鉢植えでちょっと栄養不足って感じ。

普通のゴーヤ↓
ゴーヤ0824
少し細身だけど30cm位までちゃんと育ちました。

ズッキーニ↓
ズッキーニ10824
写真じゃ判らないけど東京に行ってる間に35cm位まで育っちゃいました。
ズッキーニ20824
こっちは25cm位。

茶マメ↓
茶マメ0824
これでビール飲んだら美味いんだよね!

小玉スイカ↓
スイカ0824
スイカの収穫タイミングが良く判らない。でも近くのヒゲが茶色になりかけてるから、収穫時かも?

ドラ左エ門は発送に”はこboon”を使ってる。ファミマに持ち込まないといけないんだけど料金が安いから。今回の送料は803円。他社だと確実に1000円を超えちゃう。配達はヤマトさんだから安心できるもんね。でもどうして安くできるんだろうか???
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小玉スイカ
- 2015/08/18(Tue) -
カミさんが菜園で草取りをしてた時に事故が発生。雑草をつまんだら小玉スイカの茎が「ポキッ」とおれちゃったらしい。
まだ収穫にはちょっと早いような気がするんだけど、止むなく事故があった1個だけ収穫。
小玉スイカ0818
直径20cm弱かな?

切ってみたら真っ白。
カット0818
やっぱり収穫には早いじゃんと思ったら、スイカの甘~い香りがしてきた。あれ?何で? なんと実が赤くならないスイカでした。

食べてみたら何とか食べられるレベル。お店で買って、あまり甘く無いと思ったスイカと同等かな? 
ともあれ美味しくいただきました。
菜園にはまだ何個かスイカが生ってるんで、こちらは完熟してから頂きたいと思います。

19日から数日、ブログお休みします。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
赤とんぼ
- 2015/08/17(Mon) -
川内村ではもう赤とんぼが飛び始めました。
赤とんぼ0817
ちょっと小さくって見にくいいけれど、写真中央の茎の上に2匹止まってます。
正確に赤とんぼの仲間かかどうかは不明。でも赤いトンボだから赤とんぼっていうことで…

つい先日まではオニヤンマやシオカラトンボが飛びまわってたのに、あまり姿を見ることが無くなりました。
お盆を過ぎたばかりだって言うのに…
もう秋がそこまで来てるんだね。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚3号~その3
- 2015/08/16(Sun) -
薪棚3号の最終回。
筋交いを取り付けた段階で、宅急便でシンプソン金具が到着。早速コーススレッドで仮止めしていた柱6本を固定。
シンプソン金具到着0816
シンプソン金具A35は3本の材料を一つの金具で固定出来るんでとっても重宝。

いよいよ屋根の作成でっす。
渡していた横木に垂木の代わりになる角材を取り付け。
垂木0816
3×4cmの杉材。垂木には細いんだけど上の重さも軽いし、薪棚2号で雪に耐えられることも実証済み。長さは130cmです。

垂木代りの角材の上に、横桟を取り付け。長さが足らないんで45度カットでつないでます。
横桟つなぎ0816
この横桟も3×4cmの杉材だけど、垂木のほうは縦長に、横桟は横長にして使ってます。

横桟は一番手前を付けてから、一番奥を取り付け。
横桟2本目0816
なんでかって言うと、ここで直角を出してます。
垂木の長さが130cmだから、横桟の端から130cmのところでの直角三角形を考えると、対角線の長さは183.8cmになる。これで直角出し。薪棚2号では曲尺(かねじゃく)の直角を利用してたんだけど、曲尺の長さが短いもんでどうしても誤差が出て直角にならない。結果屋根張りが面倒くさいことになっちゃうもんで。

横桟を作り終えたところ。
下地完成0816

ここでもう一つ緊急発注してた柿渋が到着。だから屋根張りの前に棚の2×4材やクリ材に角材を取り付け。
西側(上の写真で奥)は頂いた材料に柿渋を塗って固定。
補強材西側0816
これちょっと薄いんです。
反対側はクリのバタ材から切出してたものと、3×4cmの角材の余りで作成。
東側0816
真ん中の2本がクリ。
これで棚部分の2×4材やクリ材が転がんないように補強も出来るし、薪を横向きに置くこともできるでしょ。

波板張りは、定番なんで張り方は省略。
今回はきちんと直角を出したんでスムーズに屋根張りができました。
波板張り0816

雨切り板を取り付けて完成でっす。
雨切り板0816
この雨切り板もバタ材。

バタ材の中で使い道がなさそうなのは、ぜーんぶ薪サイズにカット済み。
バタ材の残り0816

これを早速薪棚に移動。
バタ材の残りの積み替え0816
結構あるじゃん。150~200kgってとこかな?

これで薪棚は3個になって、最大6tほどの在庫ができるようになった。でも6tだと2シーズンにはちょっと足りないんだよね。パレットに積んどくのもあまり見栄えは良くないし…
その内、薪棚4号が必要になるかもね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚3号~その2
- 2015/08/15(Sat) -
前回の続き”薪棚3号”製作の2回目でっす。
薪を置く部分の半分は2×4材で作成。薪棚の長さに対して2×4材では長さが足りないんで継ぎ足し(ここまでは前回)。
土台部分に接合部を合わせてコーススレッドで固定。
棚部分結合0815
これだけじゃ強度にも不安があるんで、接合部は後で両側からシンプソン金具(A35)で止めます。

クリ材も止められる所はシンプソン金具を使用。
シンプソン金具0815
クリ材は反対側が平じゃないんで止められる所だけです。

結果16カ所でシンプソン金具を使用。
棚部分固定0815
と、ここで問題発生。金具の残りが13個しかない。柱1本につき4個必要なんで計24個必要。あわててネットで緊急発注。

とはいえ金具到着まで作業をストップしてちゃ効率が悪い。止むなく柱の下側はコーススレッドで仮止めしておいて、金具が到着したら固定することに… 柱の上部だけなら12個あればOKだから、何とか作業継続。
柱仮付け0815
各3本のコーススレッドで固定して、前後の柱間に補強材を取り付け。
柱仮付け6本0815
この補強材で柱の間隔が一定になるように調整してます。

柱の上に横木を乗っけます。
横木取り付け0815
これもシンプソン金具で固定。

長さが足りない部分はこんな風にして延長。
横木の先をL字型にカット。
横木継ぎ0815

継ぎ足す方も同様に切り込みを入れて、上に乗っけてからコーススレッドで固定。
横木延長0815

上から見たらこんなです。
横木延長上から0815
この時の注意点は継いだところが曲がらないようにすること。材料も湾曲してる場合があるし、柱も全部垂直とは限らないんで、ここで真っ直ぐに継いでおかないと屋根が歪んじゃうからね。

前後両方に横木を乗せたらこんな状態に。
補強材取付0815

ここで歪まないように筋交いで固定。
筋交0815
筋交いも雨に当たる部分に取り付けるんで、柿渋を塗布。
ここで2つ目の問題発生。柿渋がここで終わっちゃいました。だからこれも緊急発注。

この段階で横木にぶら下がってもビクともしない状態。しかもキレイに組みあがってるもんね! 
うーん今回は完成度が高い(自己満足)。

続きは次回でね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚3号~その1
- 2015/08/14(Fri) -
去年10月に”薪棚2号”を作ってから約10カ月、薪棚3号の作成でっす。薪棚を作るだけならカテゴリーはDIYのような気もするんだけど、その辺は大目にみてくださいな。
3号は2号をベースにして、手抜きできる所は手を抜きながら改良しているんで、3っつの中で一番の自信作。

建築用地は薪棚2号の南側。
建築予定地0814
2号の手前にあるピンコロを土台に。2号は15個のピンコロを使ったけど、3号は10個のピンコロを使用。5個分コストセーブだね。
ピンコロの上に防腐処理した4×4材を乗っけてみたところ。
ビンコロ設置0814
この4×4材はアーデンホームさんから頂いたもの。在庫はこれで終わりだけど、先日お会いしたら「必要ならまたどうぞ!」っておっしゃっていただきました。よろしくお願いします。

各ピンコロは簡単に水平出ししてます。
水平出し0814

4×4材を杭と番線で固定。
杭固定0814
2号の時は杉杭を使ったけど、今回は寿命を考えて防腐処理した杭を使ってまっす。

また2号では3寸角材の上に薪を置く2×4材を乗っけた。今回はクリのバタ材がまだあるんで、長さが110cm以上・高さが9cm・厚さ3cmが確保できるバタ材はカットして利用。
バタ材利用0814
真ん中の板は棚にしちゃう。カットした両側は基本ストーブの燃料だね。
ちなみに木材博物館さんのHPによるとクリは、
「耐久性、耐水性に優れており、一般的に通常の木だと腐食されやすいと言われている家屋の土台の材料として昔から利用されてきました。
また、クリは虫の害に対して特別な処理などを必要としてない程、耐性があり、防虫処理のなかった時代は今以上に貴重な材料とされていました。(抜粋)」
っていうことなんで薪棚としては願ったりの材料みたい。

カットしたクリ材を仮置きしてみました。
バタ材仮置き0814
さすがに長いのは無いんで4本を使って1列を作る。バタ材から2列分確保できました。
右側にあるのは棚にはなんなかったけど、屋根の骨組みなんかに使えるんでバタ材から切り出したもの。

クリ材は裏側が平らじゃないんで、そこにはシンプソン金具(A35)が使えない。だからコーススレッドを斜め打ちして土台の4×4材に固定。クリ材同士もコーススレッドで固定。
バタ材固定0814
下の2本が土台と固定したもので、上の1本は裏側のクリ材と固定したもの。

クリ材が無い所は2×4材を使用。仮置きしてみました。
SPF材仮置き0814
右の2×4材はアーデンホームさんからいただいたもの。これも最後の1本なんで、右から2本目の2×4材はホームセンターで買ってきました。

2×4材は約3.6mだから、この薪棚にはちょっと長さが足りない。だから継ぎ足し。
SPF材接合部0814
丸ノコで45度カットして、土台の上で接合するようにしてまっす。

クリは虫もつかないっていうことなんだけど、2×4材には柿渋を塗るんでクリ材も塗っときました。
柿渋塗布0814
但し今回は手抜き。写真で言うと左右の2本は塗ったけど、中央の2本は端だけ塗布。どうせ屋根をかけるんだし、それほど傷まないだろうと…

今回は3回に渡って薪棚3号の話をさせていただく予定でっす。なんで今回はこのあたりで…
次回は2×4材の固定からになります。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とうもろこしの収穫
- 2015/08/13(Thu) -
とうもろこしのヒゲが茶色になったんで収穫してみました。
とうもろこし皮付0813
でも、ちっちゃい。短いし、ほっそりしてる。

剥いてみたら、あれ、れ…
とうもろこし0813
土の栄養が足んないのと、植え付けた5月初め頃寒かったもんね。

まあ初年度としては実が入ったんだから良しとして、来年は頑張るぞ!
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カボチャ?
- 2015/08/12(Wed) -
1年弱熟成させたコンポストの有機たい肥を菜園にすき込んで10日ほど。ムムム、なんかの双葉が出てる。見慣れた雑草や笹、木苺とはちょっと違うみたいだけど…
双葉0812
カミさんに心当たりを聞いてみたら、カボチャの種をコンポストに入れた記憶があるらしい。
で、調べてみたら確かにカボチャの双葉によーく似てる。

ちょっと引いた写真がコチラ↓
カボチャ?0812
この写真だけで13個の双葉があるじゃん。

ということでこの辺りは何も植えずに、しばらく様子を見ることになりました。
美味しいカボチャができるんだろうか???
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テーブル~その4
- 2015/08/11(Tue) -
テーブルの製作も今日の仕上げで最後です。
仕上げ前の状態がコチラ↓
仕上げ前0811

まずは脚のカットから。
上の写真だとよく判らないんだけど、脚はラフカットしただけで固定したんで高さがバラバラ。拡大するとこんなです。
仕上げ前脚拡大0811
アンコをかまして安定させてる状況。

床に対して並行な線を脚4本の外側に引いて、カットラインに。
脚の線引き0811
こんな感じだね。
このラインに沿って丸ノコでカットしてから、ディスクグラインダーで微調整。結果4本脚でちゃんと安定。
脚カット後0811

今度は天板のカット。天板もラフカットのままだから長さがバラバラ。
天板カットライン0811
赤線のところにカットラインを設定。
天板カットライン拡大0811

真っ直ぐカットできるように天板の上にガイドを固定して、丸ノコでカット。
こんな感じです。
天板カット0811

カット後がこちら。
天板カット後0811

あとは天板にディスクグラインダーをかけて、①6枚の板の段差調整(反り返ってるのがあるんです) ②汚れ取り ③コーススレッドの穴を埋めた端材の出っ張りカット この3っつをいっぺんにやっつけちゃいました。
最後に全ての角にディスクグラインダーを当てて、バリ取りをして完成。
完成0811
なかなかイケてるでしょ。

ベンチ・椅子とコラボ。
ベンチとのコラボ0811

バーベキューじゃい!
最後まで読んでいただいた方、有り難うございました(感謝)。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テーブル~その3
- 2015/08/10(Mon) -
テーブルの3回目です。今日は脚部の製作。
これが脚の材料。
足の材料0810

長さがバラバラで加工しにくいんでラフカット。
足材ラフカット0810

ディスクグラインダーで研磨したら、こんなんなりました。
足材研磨0810

脚は、安定性と、膝小僧のお邪魔にならないように”ハの字”型にする。片側2本の脚をつなぐ補強材をバタ材の中から持ってきて研磨加工。脚に溝を掘って補強材を仮置き。
足材の補強材0810

木工用ボンドとコーススレッドで固定してます。
足材の補強材の固定0810

天板の裏側は厚さがバラバラだから、ハの字型の脚が水平に入るように天板の厚さを調整。
天板削り0810

脚と天板をつなぐ補強材の加工。
天板と足の補強材0810
これもバタ材から。

天板に、脚と天板をつなぐ補強材を取り付ける穴を開ける。
補強材用ホゾ穴0810
位置がズレなければ良いんで、穴の深さはは5mm位かな?

脚を固定しちゃう前に、天板をつないだ材をラフカット。
天板とめ材のカット0810
脚を付けた後だと、丸ノコが使えないもんね。

脚は木工用ボンドを塗ったうえで、コーススレッドで固定。
足の固定0810
真ん中のシルバーが90mm、その他が65mmのコーススレッドを使用してます。

2本まとめて見るとこんなです。
足の固定20810

ハの字の脚をつないだ補強材と天板を、これまた別の補強材で固定。
足の固定30810

これで何とか自立するまでこぎつけました。
次回は仕上げでーす。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テーブル~その2
- 2015/08/09(Sun) -
前回、天板を止めた反対側にクサビを打って隙間が出ないように押えこみ。
くさび0809

この状態で天板のフチを板きれで仮止め。
仮止め0809

天板を止める材料をはめる溝を掘るんだけど、方法は反対側と同じ。
切り込み準備0809
なんでちょっと省略。

材料をはめ込んだらこんなです(まだ固定してません)。
とめ材取付0809

天板を裏返して、今回仮止めした方に約1cm角の穴を開ける。
コーススレッド穴開け0809

この穴にコーススレッドを埋め込んで、天板と天板を止める材料を固定。
コーススレッド固定0809

端材からサイコロ状の切れ端を作って、コーススレッドが見えないように穴埋め。
穴埋め0809
木工用ボンドを付けたうえで、ゴムハンマーでたたき込んでます。

前回仮止めした反対側は、各板2本づつコーススレッドを打ってるんで、各板1本だけ取り外して穴あけ。
仮止め取外し穴あけ0809

穴を開けたところに再度コーススレッドを打ち込んだあと、残りのコーススレッドを取外して穴あけ。
仮止め取外し穴あけ残り20809

こちらも側もコーススレッドで固定してから、穴埋め。
穴埋め0809

これで仕上げを除けば天板部分は出来上がり。
次回は脚部の作成でっす。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テーブル~その1
- 2015/08/08(Sat) -
3人掛けベンチを作り、椅子を作り、2人掛けベンチを作り、計6人分の席を確保。ここまで来たら屋外用のテーブルを作んなきゃね。今度のは”ミニ”じゃないテーブルです。もちろん材料はバタ材。ドラ左エ門的には結構な力作なんで3日か4日お付き合いください。

まずは天板の作成。
バタ材の中からあまり曲がってなく、そこそこの太さのある切れ端を選んで天板の材料に。
天板材料0808

このままだと加工しにくいんで長さを150cm弱にラフカット。
天板ラフカット0808

これの6本を天板にする訳だから、裏側でつながないといけない。その材料はこちらから切出し。
天板とめ材料0808
板になり損ねたバタ材。これをカットしたのがこちら↓
天板とめ材0808
このあとディスクグラインダーで皮を取り除いて、磨いてます。

天板になる6本の裏側だけをディスクグラインダーで磨いて、並べてみた所。
天板裏研磨0808

この6本直線にカットするのに丸ノコで切ってるんで、こんな風に隙間があいてます。
天板すきま調整0808
やっぱり出来るだけ隙間は狭くしたいんで、カンナを出してきて平らに加工してます(それでも隙間は出来ちゃうけどね)。

隙間を潰したんで天板を止める材料(4枚目の写真)が入る溝を作る。天板の材料の厚みはバラバラなんだけど、この溝は同じ深さにしとかないといけない。だからこんな方法で↓
とめ材切り込み準備0808
天板の奥行きをまたいで角材を渡して、角材をガイドにして丸ノコで切り込みを入れる。
切り込み丸ノコ0808
こうすれば切り込みの深さは一定になるでしょ。
これを天板を止める材料の幅を確保して2回実施。結果はこんなです。
とめ材切り込み0808
あとはこの深さの分だけノミで削りとって、結果こんなです。
とめ材用穴0808

この段階で天板を止める材料を仮止めしたところ。
とめ材仮止め20808

今日はここまでにさせてくださいな。
次回は反対側の天板を止める溝の作成からでっす。
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬の軽トラ必需品
- 2015/08/07(Fri) -
今回のDIYは冬の軽トラの必需品。正しい名前は知らないんでご容赦を。

材料はコチラ↓
材料0807
この材料、荒材なんで手に”とげ”が刺さらない程度にサンダーで研磨。

仮置きして見たらこんなです。
仮置き0807
仮置きしたらイマイチ安定感が無いんで、ここで材料の変更。矢印の材料を変更してます。

上の写真の右下の四角い材料の加工。
            頭の材料08072
ちょっと判りにくいけど、左側が細く、右側が太くなってる。これが一番上にくると角材が広がる訳だね。

組立たらこんな。
組立0807

一番広い部分をカットして、ディスクグラインダーで丸~く加工。
末端加工0807

頭の部分にホームセンターで買ったゴムスポンジを接着剤で固定。
クッション0807
これで完成。さて何でしょうか?

装着。
装着0807
判ったかな?
ちょっと下の方に正解の写真をUPします。

















こうやって使います。
使用感0807
これを付けないと雪が荷台に積もっちゃうんだよね。シートだけだとたるんじゃうし。
これで今年の冬は万全!
(一番暑い盛りに冬の話ですみません)
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シジミチョウ
- 2015/08/06(Thu) -
朝、家の前をブラブラしてたら何やら見慣れない蝶が…
シジミチョウ0806
シジミチョウの仲間の”ジョウザンミドリシジミ”ではなかろうかと?

この蝶が留まっているところ、アスファルトが少し濡れている。近づいても蝶は逃げずに、ちょっと飛びあがってはまたこの濡れた部分に着地。
川内も連日の真夏日。蝶も喉がカラカラなんだろうか?
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネジバナ
- 2015/08/05(Wed) -
まずは写真をご覧ください。
            ネジバナ0805
見ていただきたいのは、右側の花。緑色の茎のまわりをクルクル回りながら可愛い花が咲いてる。調べてみたらその名も”ネジバナ”だって。
カミさんが見つけてきたんだけど、近くの田んぼの周りに結構咲いてるらしい。でもそろそろ終わりみたい。
クリスマスの飾りの”モール”を作ってる途中みたいだね。
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミニテーブル3号
- 2015/08/04(Tue) -
4月に作ったミニテーブルです↓
旧ミニテーブル0804
それなりに重宝に使ってたんだけどバタ材がまだあるんで、無垢のテーブルのほうが良いんじゃなかろうか? っていうことで”ミニテーブル3号の作成”。

今回の材料
材料0804

長い3本を75cmほどにカット。
脚部材料0804
これが足になる。

天板と足をディスクグラインダーで研磨。
研磨後0804

天板にホゾ穴、足にホゾを切ってます。
ホゾ0804

木工用ボンドで接着。
組立0804
このあと、念の為コーススレッドで固定しました。

足の高さを揃えたら、
工作完了0804
工作は完了。

柿渋を塗って
柿渋塗布0804

足の裏側にフェルトを張れば(ピンボケでゴメンナサイ)
フェルト貼り0804

はい、完成。
完成0804

やっぱり天然木はいいね!
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
有機たい肥のすき込み
- 2015/08/03(Mon) -
昨年9月に設置したコンポスト、ずーっと生ゴミなどを入れてたい肥化させてた。
最後に投入したのが6月下旬だから、長ーくて11ヶ月、短くって1.5ヶ月熟成させてたことになる。もう良かろう、っていうことで畑にすき込んでみました。

これがコンポスト。
コンポスト0803

コンポストを外して、半分取った所。
有機肥料0803
全然いやな臭いがしなかった。さすがに文明の利器だね。
中身は、”野菜くず”や”卵のから”、それにDIYをした時の”木材の削りカス”なんか。
これを1輪車で畑に散布。
散布0803
1輪車で2回分位の量。

そして鍬で土と混合。
混ぜた後0803
ついでに鶏糞も混ぜときました。

さて、何を植えようかねー。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジャガイモの収穫
- 2015/08/02(Sun) -
本来より1月遅い、5月3日に植えたジャガイモを収穫しました。
1本引っこ抜いてみたらこんなです↓
八百屋のジャガイモ0802
これはスーパーで買った食用のジャガイモを植えたやつ。なので品種は不明。
このジャガイモは全部でこれだけ↓
八百屋のジャガイモ全部0802
3株ほどしかなかったんでこんなもんかな。でも結構大きく育ってるね。

これはキタアカリ。植付けたのは500g。
キタアカリ全部0802
スーパーのジャガイモより株の数は多かったんだけど、収穫量は同じ位。粒の小さいものも目立つね。

こっちはシェリー。これも500gの植付。
シェリー全部0802
キタアカリの倍ぐらい採れたんじゃないかな? 1ヶ月遅れで植えた割に頑張ってくれた。

ぜーんぶでこれだけ↓
ジャガイモ全部0802
赤いのがシェリー、レジ袋に入ってるのがキタアカリ、一番手前のがスーパーのジャガイモ。
うーん、無事に採れたのは嬉しいけど、人様に差し上げるほどの量は確保できなかった(無念)。土が肥えて無かったのか、植付が遅かったせいか、元々の植付量が少なかったのか…
来年は数キロ植付しないといけないね!

ちなみに今日の夕食はカレーライス。
カレーライス0802
使ったジャガイモはシェリー。ホクホクしてて美味しく頂くことができました。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2人掛けベンチ
- 2015/08/01(Sat) -
3人掛けベンチを作って、椅子を1個作って、4人が座れるようになりました。でも3+1の4人だからどう考えてもバランスが悪い。ならば2人掛けのベンチも作っちゃえ! という単純な発想でもう一つベンチを作っちゃいました。
基本的には3人掛けベンチと同じ作り方なんで、今日のご紹介は短縮バージョンでっす。

今回の材料はコチラ↓
材料0801
左から2本が足、楕円形のが座面、テーブルの上に乗ってるのが補強材。
でもこの楕円形の材、良い形してるねー。こんなの中々無いよね。

足をカットし、座面は形を整え、補強材は半割にしてからディスクグラインダーで研磨したのがコチラ↓
研磨後0801

座面の形に足を削らないといけないんだけど、3人掛けベンチのときに写真が無かったんで今回は写真撮っておきました。
削りしろ0801
削りたい高さ分、足に点を打ってあとから線で結ぶ。あとは丸ノコやノミでコツコツ削ってく。
削ったあとがコレ↓
足0801

この足に合わせて、座面の裏側を削る。
座面裏0801
(それにしても、イイ楕円だねー)
アップするとこんなです。
座面裏拡大0801
左側の穴は補強材をはめるもの。

木工用ボンドをたっぷり塗って座面と足を接合。
座面の上に1cm角の穴を開けてコーススレッドで固定。
足の固定0801
この穴はあとで端材をはめ込んで埋めます。

補強材も木工用ボンドを塗ってからコーススレッドで固定。
補強0801

これで完成。
完成0801

6人分の腰掛けができた。
これでバーベキューが楽しめるもんね!
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |