年越し準備
- 2015/12/31(Thu) -
今年ももうお仕舞い。お休みに入ってからは年越しの準備でっす。
昨日は神棚と仏壇のお掃除をして、お餅をお供え。神棚の方は注連縄もチェンジ。
お供え1231
一夜飾りになんないように30日にやりました。

今日は最後に残ったお掃除。洗車でっす。
キャリーは荷台のマットを外して、高圧洗浄機を持ちだして洗車。
洗車キャリー1231
通勤で毎日70kmほどを走ってるキャリー、薪材料を運んだり、材木を運んだり大活躍の1年。ご苦労さまでした。

ハスラーはボディコーティングしてる事もあり、「手洗いしてください」とディーラーさんよりあったもんだから手洗い。
洗車ハスラー1231
こちらも買物に、東京の用足しに、観光にと結構走ってくれました。
実は川内では春先まで洗車ができなくなっちゃう。外水道が凍りついて水がでなくなっちゃうからね。だもんでどうしても12月中にやっときたかったんだよね。

これでやり残したことは”nothing”のはず。安心して年越しができまっす。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誰もいない街
- 2015/12/30(Wed) -
ドラ左エ門も今日からお休み。
昨日まではお仕事だった訳だけど富岡の街並みがちょっと異様な雰囲気。
これは県道112号線、富岡駅から10分とかからない所。
112号11230
これは南側を撮ったもの。
こっちは西に向いて撮ったもの。
112号21230
人もいないし、車も通ってない。動くものは風になびく草木ぐらい。
住民の方々は避難してるし、普段なら除染や工事の方々が忙しそうに動き回ってるんだけど、正月休みに入っちゃって…

もっと凄いのが商店街。これは富岡町の中でも中心的な商店街。数百メートル先は国道6号線。富岡駅まで数分という場所。
商店街11230
東向きの写真。
こっちは西向きの写真。
商店街21230

昔、「朝起きたら誰もいなくなってた」なんて小説があったと思うんだけど、正にそんな感じ。

これというのも原発事故が原因。だれも故意にこんなことをした訳じゃないのにね。改めて大変な事になってるんだと実感。
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
川内のお米 頂きました
- 2015/12/27(Sun) -
川内のお米を頂きました。10月に頂いたお米はお隣のいわき産。だから今年の川内のお米はこれが初めてでっす。
お米1227
どーんと30kg。

もちろん検査済み。
検査済証1227
セシウムは検出限界未満とのことです。

ただ今年の8月は長雨が続いたんで出来は今一つとか。それでも美味しく頂きました。
ごはん1227

ご馳走さまでっす。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高いとこ掃除
- 2015/12/26(Sat) -
年の瀬も押し迫ってきた事だし、そうろそろ大掃除の季節。っていうことでカミさんができない高い所を一気に片づけちゃいました。

まずは扇風機。
扇風機1225
「今時、壁掛け扇風機?」なーんて言わないでね。薪ストーブで温まった空気の循環用です。

天井に付いてるシーリングライトも。
シーリングライト1225

今度は屋外。
車庫の雨樋。
車庫1225
林から少し距離があるんで、ほとんど枯れ葉も無くきれいなもの。

母屋もキレイかな?
母屋1225
って期待したら、
枯れ葉1225
こっちはそこそこ溜まってました。
トングと菜箸を駆使して取り除き、最後にコイツ↓
トップ1226
煙突のトップでっす。
今年の2月のような白煙充満事件があるとかなわないんで、煙突トップだけワイヤーブラシで煤を落としときました。

お掃除後がコチラ↓
装着後1226

これで今シーズンは大丈夫!(だといいんだけど…)
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚満杯
- 2015/12/23(Wed) -
第2回の玉切り全部と、第3回玉切りの約半分を割りました。
これで薪棚が満杯になっちゃいました。

これが薪棚3号。
薪棚3号1223
奥に見えてるのが2号なんだけど、これも満杯。

そして薪棚1号。
薪棚1号1223
1号の薪を燃やしてたんで、燃やした分だけスペースがあった(赤枠部分)。ここにも詰め込んでもう置くところがありましぇん。今後は使った分だけ割っていく感じになりそうだね。

玉切りした残りはこれだけに。
玉切りの残り1223

そして悲しい出来事がまた発生。修理して現役復帰した斧1号が骨折。
斧1号骨折1223
木目が真っ直ぐじゃなく斜めに走ってたんで、木目に沿って折れちゃった。また修理しなくっちゃいけないよ~。 | ̄ω ̄、|グスン
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第3回玉切り
- 2015/12/20(Sun) -
今シーズン3回目の玉切りをしちゃいました。
それでもこんだけ原木が残ってるもんね↓
玉切り後1220
左側の細めの原木は先日頂いたもの
今回玉切りにしたのは右側の太い奴。第2回の玉切り後に比べれば随分減ってるんだけどね。

成果物はコチラ↓
成果物1220
今回のは太いでしょ。おかげさんで、ずいぶんガソリン使いました。腰もイタイしお疲れモードでっす。でも太い薪は火持ちが良いからね。
薪に線が入ってるやつは斧じゃ割れそうもないんで、クサビを打ち込む切れ目を入れたもの。1.1kgのハンマーでガンガン行くんだけどこれだけ太いのがあると、今度は腕が筋肉痛になる予感。

薪割り結果は後日UPします。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
原木頂きました
- 2015/12/19(Sat) -
「栗の木切ったんだけど、要るならどうぞ」っていう連絡を頂いたんで、当然ですが頂戴してまいりました。
原木1219
都合軽トラで2往復。積んであるのが2回目の分で、軽トラの右側に積んであるのが1回目の分。
ドラ左エ門の感覚では400~500kgかな?

樹種はクリの他にウメも。
クリの木は薪には不向きっていう人も多いみたいだけど、ドラ左エ門的には問題なし! バタ材の一部を燃やした経験上はね。クリは爆(は)ぜる、着火しにくい、すぐ燃えちゃう(火持ちが悪い)、なんて言われているけど、今のところそんな印象はないでっす。燃やすと”焼き栗”と同じ臭いがして、なんか食べたくなっちゃうヨン。
ウメは燃やしたことが無いんだけど、比重が0.81なんで結構いい薪になるんじゃなかろうかと…

クリとウメが生えてたところはこんなところ。
建築予定地1219
なんでもココに建物を作る予定があるんで、やむなく切ったんだそうです。

どうも有り難うございます。有効に活用させていただきます。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
第2回玉切り
- 2015/12/13(Sun) -
2016シーズン用の薪を雪が降る前にできるだけ割っちゃいたい。ということで今シーズン2回目の玉切り。

玉切り前がコチラ↓
玉切り前1213
手前に転がってる原木は先日頂いたもの。奥の原木は購入した分。

玉切り後がコチラ↓
玉切り後1213
頂いた分全部と、購入した原木の一部を、40cmを基準にチェーンソーでカット。

1日の労働の成果物。
成果物1213
切り口が赤いのはクワで、その他はほとんどがナラ。一部桜も混ざってる。

さぁ、薪割ガンバルぞ!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かかり木
- 2015/12/12(Sat) -
まずは写真を見てください。
玄関から1212
玄関付近から撮った写真なんだけど、裏山の矢印の木が他の木に寄りかかってる。こういうのを「かかり木」って言って、非常に危険と言われてまっす。倒れる時にどういう動きをするか予想できなくて、事故になりやすい。この木も下手に倒れると玄関まで転がってくることも…  こいつは倒しちゃわないと危ないんで処理することに。

林の中に入って確認するとこんなになってました。
近くから1212
右の矢印のところで折れて、木の中ほどが中央の矢印。木の先端がかかり木になってる。長さ約10mの松でした。

かかり木のほうも、支えている木も枝が張ってて、確かにどういう倒れ方をするか判らない状況。たまたまガレージを作ってもらった大工さんが来たんで見てもらったら、「下手に切らないで引っ張り倒したほうが良かろう」との判断。
それでこんな風にしてみました。
ロープで1212
お借りしてきたチェーンブロックを近くの木にチェーンで固定(養生のために板をあてがってます)。チェーンは念の為2重に。チェーンブロックのチェーンだけでは長さが足りないんで、かかり木になってる木に2重にロープを巻いてチェーンブロックと接続。これで引っ張り倒してみることに。

しかしながら失敗!
ロープ切断1212
かかり木に巻いてたロープがプッチン!

ロープじゃ無理そうなんで、2重に巻いてたチェーンを1重にして、チェーンブロックのチェーンを直接かかり木に巻き付けて再チャレンジ。
チェーンで1212

チェーンを撒きとること約10分。ズルズル、パタンと引き倒すことに成功。
成功1212
倒した木の左側に引きずったあとが約2m。

それにしても家の方まで落ちてこなくって良かったよ~。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |