FC2ブログ
”あじさい”が咲きました
- 2016/07/31(Sun) -
昨年の3月に植えた”あじさい”、3種類の花が咲きました。

この子はアナベル。
アナベル0731

この子がスカイブルー。
スカイブルー0731

そしてこの子が十二単。
十二単0731

何とか育ってくれてるようでっす。
でも全体はこんな感じ↓
あじさい全体0731

さびしい感じ…
どうも背の高い株は花が咲いてるけど、背の低い株は花が咲いてないみたい。
もっとたくさんの花を付けてくださいな。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
軒下の縄張り
- 2016/07/30(Sat) -
東北地方も梅雨明け。さすがに今の時期は暑い。

暑い時期は虫が一杯。トンボやセミとか蝶とかはいいんだけど、蚊・ブヨ・虻なんかは迷惑至極。でもそういった虫を捕食してくれるのが蜘蛛。そういった意味では蜘蛛は益虫なんだけど、どうもあの姿形は好きになれないし、目に見えない蜘蛛の糸にひっかかって不快な思いをすることも多いこの頃でっす。

我が家の軒下には蜘蛛が罠を巡らせてます。取っても取っても巣を作っちゃうんで、今の時期はほったらかし。涼しくなったら除去の予定。そんな軒下の光景でっす。
軒下のクモ0730
ここには4つの蜘蛛の巣があって、その間隔が微妙に同じ40~50cm。
先日右から2つ目の蜘蛛がいなくなってたので、”等間隔は錯覚か?”とも思ったんだけど、その後同じ場所に別の蜘蛛が入って来て、また居ついちゃった。(写真はこの時のもの)

蜘蛛にも縄張りがあるのかね?
はたまた自動車のように車間距離を取ることが決まっているんだろうか?
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚4号~その2
- 2016/07/24(Sun) -
第4薪棚は焚付や木端の置場も作っちゃう。なぜかっていうと今はこんな状態↓
P7240001P7240002P7240003
パレットの上に置いてたり、薪の上に置いてたり、倉庫の中にも… つまり、あっちゃこっちゃに置いてあって置き場所も無くなってきちゃった訳。

棚板を支える材を取り付け。
棚支柱10724
横から見たらこんなです。
棚支柱20724

この上にありあわせの板切れを装着。
棚板貼り0724
これで結構な数の焚付が置けるハズ!

ここで楽天さんで頼んでた釘が届きました。
釘到着0724

だから骨組みの補強を実施。
補強10724
補強20724
下の写真の一部、コーススレッドで留めてるのは、横の材が2×4じゃない。だからZN-40(釘)で留めちゃうと、飛び出しちゃうんだよね。
あとは屋根をかけたら完成。でも天気が?

さてこの釘の到着には、”情けない話”と”有り難い話”があったんでっす。
半分はグチなんで、興味が無い方はパスしてくださいね。
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚4号~その1
- 2016/07/23(Sat) -
ドラ左エ門の家には薪棚が3つ、ぜーんぶの延長だと24mの長さがある。でもこれで置けるのは推定5t。1シーズン半位。
薪割→乾燥→消費のサイクルに1年は必要なんで、2シーズン分以上置けないとちょっと心もとない、っていうことで4個目の薪棚の製作に取り掛かりました。

今回の薪棚はさらに進化。どこが進化したかって言うと2点。
 1.コスト削減
 2.焚付置場設置

それでは早速スタートでっす。
まずはピンコロ設置。
ピンコロ設置0723
ここがコスト削減ポイント1。今までの薪棚は計10個のピンコロで支えてたんだけど、今回は8個のピンコロ。
もちろん水平出してますよ(簡単にだけど)。

ピンコロの上に4×4材を設置。
ピンコロ設置0723
削減ポイント2。ピンコロが2個減ったんで、4×4材も1本減。
4×4材の長さは1m、防腐処理の材を使ってまっす。

2×4材を仮置き。
仮置き0723
削減ポイント3。今回は12フィートの2×4材をそのまま使用。今までは延長して4mにしてたけど、コスト削減。

柿渋を塗って、固定。
2×4固定0723
4×4と2×4の固定は例によってシンプソン金具。

杭を打って地面に固定。
杭打ち0723
削減ポイント4。杭を中央1カ所にして、10本から4本まで削減。
杭も防腐処理のものを使ってまっす。

柱を設置。柱と言っても屋根を支えるだけなんで2×4材を使用。
柱取付0723
ここでシンプソン金具の専用釘が無くなっちゃたんで、コーススレッドで仮止めまで。釘が届いたら補強しなくっちゃ。

柱の上部に角材を取り付けて、柱の間隔が等しくなるように調整。
調整材取付0723
こいつがないと柱が歪んじゃう。

屋根を支える横木も2×4。柱の上に乗っけて固定。
屋根支え取付0723

以上で骨格が完成したんで、骨格を安定させるために筋交いを取付。
筋交い取付0723
これでガッシリ。

この後屋根作りに入るんだけど、材料が足らないんで買いに行ってきまっす。
続きは後日あらためます。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハスラー法定1年点検
- 2016/07/18(Mon) -
もうちょっとでハスラーに乗って2年、ということでハスラーの法定1年点検。
この23カ月の走行距離は約22000km。
オドメーター0718
前回の点検からの燃費はっていうと、20.6km/ℓ。20km/ℓ超えは立派なんだけど、今までになくよろしくない。
推定原因は山越え。休みのたびに大越町に抜ける山道を走ってたのが燃費に出たみたい。どんな道かって言うと…
ドラ左エ門宅の標高が約580m。
そこから一つ目の山越えが約760mで、570mまで下る。
二つ目の山越えが630mで、520mまで下る。
三つ目の山越えが580mで、430mまで下る。
三つの登りを合計すると、300m。そして帰りの登り合計は450mだもんね。
ハスラーはCVTなんで強く踏み込まないと上り坂でキックダウンしないのも、響いちゃったみたい。

ところで点検に持ち込んだディーラーさんで車庫入れに失敗して、こんなんなっちゃいました。
修理前0718
幸いにしてケガは無い物の、ハスラーは大ケガ。
俗に言う”アクセルとブレーキの踏み間違い”っていうやつ。テレビニュースで聞いてた時は「何で踏み間違えるんだろう?」って思ってたんだけど、今回の場合”踏み間違えたっていう意識”がまったく無い。つまりブレーキを踏んでるつもりでアクセルを踏んじゃったっていうこと(つまり踏み間違いなんだけど…)。
こういうことで事故って起こるんだね。

復活のハスラー。
復活0718

こういうタイプの事故は”安全運転”とは関係なく発生しちゃうっていうことが判りました。
皆さんもくれぐれも気を付けてくださいね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
富岡町防潮堤工事
- 2016/07/17(Sun) -
富岡漁港の近くで防潮堤の工事が始まってます。
全体写真はこんなです。
防潮堤工事0717
奥のクレーンは漁港の整備。手前のユンボやダンプが防潮堤工事。
良く見えないという方のために拡大↓
防潮堤工事拡大0717

こちらは着工式典が行われた場所。
着工式典会場0717
地上4mの所から立ちあがって、トップが8.7mになってる。ただし、この高さだと海が見えにくくなっちゃうのはちょっと残念。でも安全とのトレードオフだから、しょうがない。

近くにあったパネルから、現状写真。
現状0717

完成予想ではこんな感じ。
完成予想0717
単なる防潮堤じゃなくって、上は道路になるみたいだね。
この防潮堤で、富岡駅や駅前の施設、近くの住宅なんかを守ることになるみたい。
(駅は写真中央のあたりでっす)
完成は平成30年度。

工事の皆さん、頑張ってください!
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
"きたあかり"の収穫
- 2016/07/16(Sat) -
4月に植えたジャガイモがそろそろ収穫時期。
種芋0716
今年植えたのは、メークインとキタアカリ。
うち、キタアカリを収穫しました(カミさんが)。

収穫前の畑↓
収穫前0716
うーん、これじゃ雑草にしか見えないじゃん。

収穫した後↓
収穫後0716

全部でこんだけ採れました。
収穫量0716
推定30kg。でも3kgの種芋を植えてるんで、上手に育てればもっとたくさん採れるんだろう。
残っているのはメークイン。
収穫後20716
写真上の葉っぱがメークイン。これはまた後ほどご報告。

ドラ左エ門の住んでる所では、残念なことだけど原発事故の影響が残ってるんでセシウム検査を実施。
放射線検査0716
検査の結果、検出限界値以下でした。(●⌒∇⌒●)
この辺りでは、畑の作物からセシウムが検出されることはほとんどないみたい。

さっそく食べちゃいました。
素揚げ0716
小さめのイモを巣揚げにして塩を振って、ビールのつまみに。

ところで今悩んでることが一つ。
風通しのいい暗い所が保管場所に適してるらしいけど、ドラ左エ門の所は床下もないし、適当な場所が無い。
どこに保管したらいいんだろうか?
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
網戸設置
- 2016/07/10(Sun) -
ドラ左エ門宅は標高で580mほど、いわゆる”高原”といって良い高さ。だからエアコンをつけてない。ところが昨年の夏のこと、これが結構暑かった。朝晩は気温がさがるんだけど、日中はそれなりに暑い。
窓の位置にも課題があった。東・西・南は窓があるんだけど、北側に窓が無い。だから風がリビングの奥の方を通過しない。こいつは失敗だった。そう言えば川内村のトラディショナルなお宅は、玄関を入るとリビング(茶の間)があって、その奥には大きな窓があるのが基本。つまり風が吹き抜ける構造になってる。

せっかくの高原暮らし。エアコンを付けて窓を閉め切るのも腹立たしいんで、北側にある玄関に網戸を付けてもらう事に。
格納時はこんな感じ。
格納時0710

展開するとこうなります。
展開時0710

どうなってるかというと、上の写真の左側にあるフレームに網戸が蛇腹状態で格納されてる。
仕組0710
こいつを引っ張り出せば網戸が出来て、虫さんが入ってこない。

これで夏もさわやかに過ごせる(ハズ?)
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アシナガバチの巣
- 2016/07/09(Sat) -
先日のスズメバチに続き、今度はアシナガバチが巣を作っちゃいました。
アシナガバチの巣10709
スズメバチに比べれば攻撃性は低いんだろうけど、良く見ると成虫が数匹、巣にたむろしてる。
アシナガバチは1匹で巣を作り始める訳で、つまり「幼虫がかえり既に成虫になっちゃった」っていう事なんだろう。そうすると攻撃性が増加するらしい。
巣の場所は第3薪棚の下、雨切り板の裏側なんで、気づくのが遅れちゃった。
反対側から見ると
アシナガバチの巣2709
働きバチがしきりに羽根を動かしてるじゃん。造成中の巣を乾かしてるのか、はたまた巣を冷却してるのか…
いずれにせよ駆除しちゃわないとね。

スズメバチの巣を駆除した後に、念の為買っておいた道具がコチラ↓
駆除道具709
虫よけネット付の帽子とスズメバチ用の殺虫剤。
殺虫剤はむろんアシナガバチにも有効。説明では約40秒で全ての薬剤を使っちゃうんだって。

長袖・長ズボン・長靴という服装で、この帽子をかぶり、皮手袋をつけ、手差しをつけた上で、殺虫剤を片手に巣のそばにって噴射! 10秒も噴射したら巣は薬剤でびしょ濡れになり、成虫も動かなくなっちゃいました。うーん強力!

棒で巣をかき落とした所↓
駆除後709
幼虫が頭を出してるし、小部屋にも結構な数の幼虫が居るみたい。

付近を見ると幼虫が落下。
幼虫709
君らに罪は無いんだが勘弁してね。

だけど、こいつらがぜーんぶ成虫になったら……
クワバラクワバラ。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
刈払機の手入れ
- 2016/07/03(Sun) -
2016年第1回 家の周り草刈が終了したんで、刈払機のお手入れをしてみました。
まずは刃を外してゴミの除去。
回転部0703
やっぱり草を巻きこんでる。去年は土が結構入ってたけど土は入ってない。少しは刈払機の操作が上手くなったっていう事??

刃もだいぶ切れなくなっちゃったんで新品に交換。
刃の交換0703
ドラ左エ門は去年チドリ刃を使ってから、このタイプがお気に入りで今回もチドリ刃。この刃、近くのホームセンターじゃ売ってないんで郡山まで買いに行かないといけない。先日郡山に行ったときにまとめ買いしときました。

だいぶ使ったんでグリスも給脂。
グリス注入0703
グリスは高速回転用のものでっす。

このほかエアフィルターも点検したけど、ほとんど汚れてなかったんでOKってことに。

刈払機のお手入れをしたのは、今日7月3日がクリーンアップ作戦っていう理由も。でもさっきから雨が降ってきた。
どうなるんでしょうか???
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アカゲラ登場
- 2016/07/02(Sat) -
今の季節、暑い夜には少し窓を開けて寝ることもある。朝になると、”ホーホケキョ”とか”テッペンカケタカ”とか、”キツツキの音”とかさわやかな音が聞こえてくる。東京にいた時に朝聞こえてくる音は、トラックの音ばかりだったから雲泥の違い。
そのさわやかな音源の一つなんだけど、今度はアカゲラちゃんが姿を見せてくれました。
窓越しアカゲラ0702
留まっているのはナラ(だと思う)の木の枯れ枝、場所はドラ左エ門宅の東側の木。
ちょっと色がおかしいのは、朝方で露光が不足してるのと、窓越しに撮ったから(勘弁してくんなまし)。

去年の5月にはコゲラが来てくれたけど、アカゲラは今回が初めてだね。
別の日にも登場↓
網越しアカゲラ0702
こっちは絵が荒いけど、網戸越しなんです。
首から上がおかしな形なのはドラミングの最中だから。よーく見ると、くちばし・胸部が二重になってるんだけど判りますかね?

また来てね!
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |