キューティ”カメムシ”
- 2016/10/30(Sun) -
ここの所、川内村はだいぶ冷え込みが進んで、朝晩ストーブを運転。でも日が当たる昼間はまだ昆虫が動き回れる気温になることも… そんな時気をつけなきゃいけないのが”カメムシ”、こいつら屁をこく。なんとも嫌な臭い。そこで川内村では通称”ヘクサムシ”で通ってる。 

暖かい日に飛びまわって越冬する場所を探すんだよね。そして最適な越冬場所が家の中。だからなんとかして家の中に潜り込もうとしてる訳。こっちも家の中に入れないように防衛体制を構築。
 1.薪を家の中に持ち込む時は、払ってくる。
 2.洗濯物の取り込み時も要注意。
 3.家への出入り時も扉は速やかに開閉。
それでもいつの間にか入り込んで、”ブーン”と羽音をたてて家の中を空中散歩。

郵便ポストの中で発見したカメムシ。
カメムシ1030
茶色いのが一番多くって、緑色のやら、色々。

そして何とも憎めないやつを発見。
エサキモンキツノカメムシ1030
なんと背中にハートマーク付き。エサキモンキツノカメムシって言うんだそうな。

茶色いのは森の中に、緑色のは草の中に住んでるんだろうけど、コイツはいったいどこに住んでるんだろうか?
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車庫の雨樋修理完了
- 2016/10/29(Sat) -
車庫の雨樋、枡の部分が壊れちゃってました。
修理前1029

原因は今年の2月の雪。屋根に積もった雪が屋根を滑って来て、落ちる時に雨樋の枡の一部を引きちぎっちゃった形。

対策として、先日雪止めを設置
今回は雨樋の升を修理してもらった次第。
修理後1029
また雪が落ちても引っかからないように、新しいマスはミニサイズでスッキリ。

これで安心して冬が迎えられまっす。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
隼人瓜の収穫
- 2016/10/23(Sun) -
去年は一つも収穫できなかった隼人瓜。今年はちゃんと出来ました。
瓜二つ1023

うーん、色っぽいヒップ!
ヒップ1023

でも収穫出来たのは全部で10個ほど。
本来なら100個の単位で出来るはずなんだけど… 原因は土地が肥えてないせいはあるとして、8月の長雨もよろしくなかったかも?

収穫後の隼人瓜。
収穫済1023

食卓に並んだのは、
調理済1023
キンピラ(左)と酢漬け。

酒の肴にはもってこい。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花ちゃん・梅ちゃん
- 2016/10/22(Sat) -
川内村に馬がやってきました。来たのは先週15日の土曜日(らしい)。しかも2頭。

いらっしゃいませ、花ちゃん。
花ちゃん1022

ようこそ、梅ちゃん。
梅ちゃん1022

花ちゃんも、梅ちゃんも元競走馬。
でも走れなくなったお馬さん達には、普通は過酷な運命が待ってる。そんな馬たちを可哀そうに思い、養老牧場を始めた方が川内村にいるんです。もちろん前のオーナーさんも、馬を可愛がってないと養老牧場には入れてくれないはず。
つまり優しいオーナーさんと、優しい牧場主さん、それを仲立ち支援してくれた方々のハートで、花ちゃんも梅ちゃんも川内に来ることができたっていう事だね。

牧場主さんは馬たちを助けるために、大型免許を取り、大型特殊免許を取り(と記憶してます)、ほぼ一人で畑だった土地を牧場につくり変え、毎日馬たちの世話をやいてる”女性”です! ドラ左エ門にはとても出来そうもありません。

牧場主さんに代わって、ちょっとだけ紹介しちゃいます。
 花ちゃん  6歳 メス さく癖(空気を飲み込んじゃう癖)有 牧場主さん曰く「とても人懐こい子」
 梅ちゃん  5歳 メス ちょっと痩せすぎ体調不十分 牧場主さん曰く「少し体調が戻ったかな?」
詳しくは、牧場主さんのブログ「みどりのまきば」を見てください。

花ちゃんと梅ちゃんのツーショット
ツーショット1022

花ちゃんと梅ちゃんのお家
牧舎1022
実はこの牧舎の場所には、ちょっと前まで栗の木や梅の木が生えてたんです。その木はドラ左エ門が頂戴して薪として乾燥中

お馬さん達について、また情報がありましたらご報告します。


牧場主さんへ
 リンクを貼らせてもらいました。ご了承ください。 
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
稲刈り【2016】
- 2016/10/16(Sun) -
稲刈りのお手伝いをしてきました。
刈り入れ前の田んぼは黄金色。
田んぼ1016

アップで見ると稲穂が頭を下げてる。
稲1016

去年までのお手伝いは、コンバイン袋を運ぶだけだったけど、今年はちょっと進化。
初めての稲刈り1016
コンバインの進入場所の稲を鎌で刈りました。生まれて初めての本当の稲刈りでっす。

稲刈りが終わった田んぼ。
完了した田んぼ1016

この後、乾燥させて、放射線検査をしてから、出荷もしくは自家消費っていうことになるんで、食べられるのはもうちょっと先。
楽しみに待ってます。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ストーブ初日【2016シーズン】
- 2016/10/15(Sat) -
今年のストーブ初日は11日(火)。去年も一昨年も5日に初日を迎えてるんで、今年はちょっと遅い。それだけ暖かかったっていうことなんだろう。

11日の朝、起きて室内気温を確認すると18℃を切ってる。
室内温度計1015
我が家のストーブ運転目安は18℃。これより下がると足元がスースーしちゃうんでストーブを運転するのが通常パターン。

着火後、しばらくしてからのストーブ。
ストーブ1015
暖かくって、しかも癒されるね。
ちなみに今使ってる薪は、移住1年目の2015年2月頃に薪にしたもの。水分量を計ってみたら低いので13%、高いので18%といったところ。ただし、この年の薪は細いのが多いんで、もちょっと寒くなった時に、夜間の運転をどうしようかと悩んでるところでっす。

ストーブ着火後に外気温を見てみたら
屋外温度計1015
7~8℃。
そして気温は毎日少しずつ下がっていって、今日は5℃位。畑には霜が降りてました。

もう少ししたら、薪割シーズンがやって来る。
これも田舎暮らしの楽しみの一つだもんね。♪♪v(⌒o⌒)v♪♪イエーイ
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クモの巣除去装置
- 2016/10/10(Mon) -
ドラ左エ門宅も新築してから2年経過。2年も経つと在来の生物に家が浸食されてくる。
その最たるものがクモ。
この辺りの農家さんなんかは、クモの巣なんかは”ほったらかし”っていうお宅もある。もう慣れっこなんだか、虫を捕まえてくれるからなんだか、そのへんは良く判らないんだけど…

ドラ左エ門的には室内にクモの巣が張り巡らされてるのはあまりいただけない。ところがこれを除去するのがちょっと面倒。その訳は、適当な道具が無いから。整理するとこんな感じ
 1.天井付近に作られることが多いクモの巣、ティッシュで取ろうとするとその度に脚立が必要
 2.ホコリ取りのモップみたいのが良いんだけど、結構汚れるんで使い捨てじゃないと
 3.見つけた時、気になった時にさっと使えるものじゃないと、ついそのままになっちゃう
 4.目に見えないような小さなクモもいるんで、そんなのもキャッチできるといい

以上の様な不便を一気に解消したのが、ドラ左エ門考案の「クモの巣除去装置」。
その作り方をご紹介しちゃいます。

まず用意するのはホウキ。
ホウキ1010

こいつを分解。
分解1010

次に用意するのはホコリ取り。
ホコリ取り1010

これらを結合。
結合1010
結合は結束バンドを使用。
以上で完成。
完成1010

ホウキもホコリ取りも100均。ちなみにホコリ取りのほうはスペアも売ってるけど2枚しか入ってない。ていうことは1回クモの巣を除去すると50円(もうちょっと安くなんないかな…)。

クモの巣除去装置の試運転。
何にも見えない天井の一辺をひとこすりすると…
成果1010
見事にちいさなクモをキャッチ。

現在特許出願中。
(ウソです)
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梨狩りと磐梯吾妻スカイライン
- 2016/10/09(Sun) -
東京から娘がやってきたので、梨狩りと紅葉を見にドライブしてきました。
まぁ、娘と言っても、とうに嫁に行ってていい年なんだけど(早く嫁に行け!)…

まずは梨狩り。
今回お世話になったのは福島市のこちら↓
まるえ観光果樹園1009

梨ももうそろそろ終わりで、今食べられるのは「あきづき」と「豊水」。
あきづきと豊水1009
手前の木が「あきづき」、奥の木が「豊水」でっす。
豊水とか幸水、20世紀なんていうのはよくお目にかかるけど、「あきづき」ってあまり耳慣れない品種。新高よりは小さいけど豊水よりは大きい。食べてみたら、「甘い!」の一言。
なんでも、親の掛け合わせは「新高×豊水」×「幸水」。3つの優れたところを併せ持っている、っていう梨なんだって。

残念なことにこの日は雨模様。でもこちらは全天候?の食べ放題。
ハウス下1009
ぶどうのハウスの下にベンチがあって、梨をもいだらハウスの下で召し上がれ、っていうシステム。制限時間もあまり厳しくなく「3~40分だけど、どうぞ(ご自由に)」っていう感じでした。

ところが甘くって大きな「あきづき」を中心に食べた結果、一人2~3個が限界。それでも3人分の残骸がこんだけ↓
3人分の皮1009
バケツに半分よりはちょっと少ないかな?

ところでこのバケツ梨の色。ということは…
カラーバケツ1009
青いのが「ぶどうの食べ放題」用で、左上にちょっとだけ見える赤いのが「リンゴの食べ放題」用かな?
リンゴはちょっと早いみたいで、梨の他にはぶどうも食べ放題をやってました。(ドラ左エ門一家の他はみーんな「ぶどうの食べ放題」)

紅葉は、さすがに10月に入ったばっかりなんで、近郊の紅葉スポットは磐梯吾妻スカイラインのみ。ならばそちらへGO。
浄土平へ向かう途中の「つばくろ谷」でっす。
つばくろ谷1009
まだちょっと早いかな?

ここから浄土平への途中はそろそろ見頃が始まってるみたい。
浄土平へ途中1009

浄土平はこんなでした。
浄土平1009

あいにくの雨で遠方は見ることが叶わなかったけど、磐梯吾妻スカイラインなかなか風光明媚ですね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
草刈仕舞いとお手入れ
- 2016/10/08(Sat) -
9月の終わり頃、今年最後の草刈をしました。
草刈前↓
草刈前1008

草刈後↓
草刈後1008

そして10月に入ってから、寒い日は最低気温が10℃を切ってる川内。だから刈払機の越冬準備です。

まずは先日目詰まりしたエアフィルター。
今回は混合燃料で洗浄(これがマニュアル通り)。
エアクリーナー掃除1008
ちょうど良い容器だけど、実はお豆腐のパック。

燃料フィルターはこんな風に
燃料フィルター掃除1008
使用してるのはもちろんパーツクリーナー。

マフラーの周辺もベトベト。
マフラー周辺1008
ここもパーツクリーナーで洗浄。

回転部分も草の切れ端やら、土やら…
回転部分1008
竹串やらなんやらを使ってお掃除。

そしてギアBOXにグリス給脂。
グリス給脂1008
あれ、写真で見たら給脂口周辺が汚れてるじゃん。本来はキレイにしてから給脂しなきゃネ。
最後に、全体についてる汚れを拭き取って終了。

今年1年ご苦労様でした。
来年の春まで、ゆっくり休んでね。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長雨始末
- 2016/10/02(Sun) -
去年もそうだったけど、8月の終わり頃から天候が不順。台風が来て、行ったと思ったらまた別の台風、やっと台風が来なくなったら今度は秋雨前線が停滞。
ここにきてやっと天気が安定してきた感じ。

長雨のせいでメンテナンスしなきゃなんない所が2カ所。
1カ所目はドラ左エ門放水路。
盛っていた砂が流れちゃって丸太がむき出し状態(修繕前の写真撮り忘れちゃいました)。
これは砂を再度盛った後。
ドラ左エ門放水路1002
右半分、丸太が埋まってるでしょ。(これがむき出しになっちゃってました)

もう一カ所は第一薪棚下の盛り砂。
修繕前↓
薪棚下修理前1002
薪棚の下は水浸しにならないように一段高くして置いたんだけど、赤い線まで浸食されちゃいました。

修理後はこんな感じ↓
薪棚下修理後1002
ここまで盛っておけばしばらく大丈夫でしょ。

雨の季節が終わったら、もうすぐストーブのシーズン。
そろそろ足元がスースーするもんね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とみおか診療所OPEN
- 2016/10/01(Sat) -
今日10月1日、富岡町に”とみおか診療所”がOPENします。
富岡町は全町避難中。でも来年4月の一部帰還を目指していて、来年3月末までの準備宿泊も実施されてる。でも生活インフラはこれからっていうところ。そんな状況だけど早い内に医療機関が開業するのは心強いよね。

これが入口。
入口1001

そして診療所全体はこんな感じ。
全景1001
個人病院に比べれば、一回り大きい。

診療科目・診療時間は看板をどうぞ。
看板1001
やっぱり、内科は必須だよね。
復旧工事が行われてたり、自宅の手入れをしたりすれば、ケガしちゃう人も多いんだろうから外科も納得。
そして精神科は、状況が状況だから必要なんだろうか?
ちなみにCTなんかも装備されてるんだって。
場所は、国道6号の双葉警察署の交差点を海側にちょっと入った所。

そして所長は今村諭さん。
「あれ? 確か富岡町に今村病院っていう結構大きな病院があったんだけど…」と思って調べてみたら、ピンポン!
今村病院の院長さんでした。
富岡町のために頑張っちゃうんだ。カッコイイねぇ!
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |