トノカバー~その2
- 2017/05/28(Sun) -
5月21日の続き、骨組みの組み立てでっす。

しっかり止めとかないといけないんでコーススレッドで固定。走行中に分解、なんて御免だもんね。
組立_リアとサイド
後ろの”あばら”と縁側部分。

こっちは”あばら”と背骨。
組立_センターとサイド

骨組みの組立は以上で完了。
組立終了

荷台に乗っけたらこんな感じ。
仮置き

コーススレッドの穴はパテで穴埋め。
コースレッド穴パテ

ついでに節やへこみも。
その他パテ

今度はストッパーの取り付け。”あばら”をアオリに引っ掛けてるから左右はズレないけど、前後もズレないようにしとかなきゃね。
これは前側のストッパー。
全部ストッパー

これは後ろ側。
後部ストッパー

この上で骨組みの凸凹を除去。
凸凹取り
写真はサンダーだけど、電気かんなも使用。

いよいよ板張り。
板は少し大きめにカット。仮置きした感じでっす↓
ベニヤ仮置き

横から見たら
大き目
大き目だってわかるでしょ。

骨組みとの取り付けは接着剤と小釘。
接着剤は
接着剤
”屋外にも使える” ”熱・水・ショックに強い”のコピーでこれに決定。
荷台だから屋外だし、夏の太陽にもあたる(熱)。雨や雪も降る(水)。ガタガタ揺れる(ショック)。ピッタリの接着剤だよね。

1枚貼ったところでっす。
接着
見えにくいけど48本の小さな釘も打ってます。

3枚張って
組立完了
組み立て完了。

次回は整形と塗装の予定でっす。
(時節ネタがあればそっちを優先します)
 
スポンサーサイト
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
田植えのお手伝い
- 2017/05/27(Sat) -
田植えのお手伝いに行ってきました。
田植え前の田んぼ↓
田んぼ0527

例によって、苗を運ぶだけなんで時間はたっぷり。
去年のブログを見てみたら動物系の写真を撮ってたんで、今年は植物系の”野の花”っていう感じで迫ってみます。
但し、花の名前はほとんど判らないんで、その点ご容赦ください。

花1
花10527
よっく見たら2種類写ってる。

花2
花20527
これも2種類に見えるね。

花3
花30527
おまけの蝶々付き。

花4
花40527
これも蝶々付き。

花5
花50527

これは名前が判る。
クローバー0527
白クローバー。

花7
花70527

花8
花80527

これも名前が判る。
サクラソウ0527
サクラソウ。

こんな事をしてたら、田植えの写真撮り忘れちゃいました。
(もちろん無事完了してまっす)
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
トノカバー~その1
- 2017/05/21(Sun) -
毎日通勤に使ってる軽トラのキャリー。荷台には、ゴミや落ち葉の侵入防止、荷台雪積防止の為にシートが掛けてある。
もう3年も使ってるシートなんで土ぼこりや走行中の排ガス・タイヤカスなんかで汚れがひどく、洗ってもなかなか落ちてくれない。
シート買い替えの時期なんだろう。

「エーイ! 思い切ってトノカバーを作っちゃえ」と思い立ったのが去年の夏、降雪や強風で作業ができないこともあったし、他の作業の合間を見ながら作ったもんで、ようやく完成。何回かに分けてご報告します。

構想はこんな感じ。
 ・2×4材で骨組みを組んで、ベニヤ板を貼る……本当は防水素材の方がいいけど、入手・加工の観点から断念
 ・ペンキで塗装
 ・荷台との固定はゴムバンド……他にいい方法を思いつかなかったから

まずは骨組み作りからスタート。
荷台が平だと雨が落ちない。だから2×4材を曲線に加工。
アール加工0521

4本並べて、曲がり具合を合わせたとこ。
アール調整0521
左から順に、最後尾の骨、中2本の骨、運転席側の骨。
最後尾の骨が短いのはアオリに乗っけちゃうから。他は削り込んで少し落とす感じ。

中の2本はセンターに背骨を通すんで、背骨になる2×2材の太さだけ切り込み。
背骨切り込み0521

同じく中の2本。両側のアオリに2×2材を乗っけるんで、その接続部分の加工。
えんがわ接続加工0521
飛び出してるところが2×2材との接続部分。切ったところはアオリにかかって横ズレ防止になる。

※以降、背骨(中央の2×2)、あばら(荷台をまたぐ4本)、縁側(左右のアオリに乗る2×2)、って呼びます。

あばらの中の2本は2×4材。だから軽量化のためホールソーで穴あけ。
軽量化0521
果たしてナンボ軽量化できたものやら?

あばらの運転席側は1×4材。これも切り込みを入れて横ズレ防止に。
前方材加工0521

これは縁側。
えんがわ接続部分0521
あばらの中2本との接続部分も少し切り落とし。

縁側の全景でっす。
えんがわ0521

縁側をあばらの曲線に合わせて斜めにカット。
えんがわ傾斜加工0521

背骨は単純。まっすぐな棒。
背骨材0521

以上で骨組みの材料は完成。
仮置きしてみました。
仮置10521
これでイメージ湧きましたよね。

別角度から。
仮置20521

次回は組立てと板張りになる予定。
でも時節のネタがあればそちらを優先しますので、トノカバーネタは繰り越しになりまっす。
ご了承くださいね。
 
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
カレハガ
- 2017/05/20(Sat) -
花桃の様子がなんか変。
なぜか葉っぱが出てこない。
被害木0520
新芽が芽吹いてるんで枯れてる訳じゃないし。
むしろちょっと前より葉っぱが減ってるような気がするけど…

もう1本の花桃は元気。
健全木0520
花桃の害虫といえば、カイガラムシとかアブラムシ。でもその兆候は無し。
病気は、縮葉病(葉が縮れる)・灰星病(花が腐る)・せんこう細菌病(葉に斑点が発生)。いずれも葉っぱが出てからの病だから違う。

しょうがないんで、もうちょっと様子見か? と思ってた矢先、原因判明。
ま、写真見てください。
発見0520
写真中央、他の部分に比べてかなり太いでしょ。
しかも樹皮の模様が微妙に違う。

割りばしで引っぺがしてみた犯人達。
正体0520

園芸素人のドラ左エ門には正体が判らないんで、調べてみました。
コイツラは”カレハガ”の幼虫。
幼虫はバラ科の樹木の葉を食べるとのこと。
つまり我が家の花桃ちゃんは、一生懸命に葉っぱを出しては、コイツラに給仕してやってたみたい。葉っぱの数が減ったのも納得。

これで元気になってくれればいいんだけど。
早く気づいてあげることができなくて、ゴメンね。花桃ちゃん。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
デスク回り整理棚
- 2017/05/14(Sun) -
2月にデスクトップPCからノートPCに変更。その後NEWPCは順調に稼働。
でもノートになったんで、デスクの中がグチャグチャ。
ライティングデスク内0514
ノートPCをデスクの中にしまうんで、右側にあった物が左側に山積み状態。
見た目も悪いし、物を取り出すときに引っかかっちゃう。

うん、ここは整理棚を作んなきゃ!

今回のメイン材料。
ボード0514
100均で買ってきたMDF合板。

右側の小さい板を2枚に切って、これも100均で買ってきた細板を張り付けて棚の横板に。
横板0514
木工用ボンドを塗った後、タッカーで固定してます。

展開した図↓
展開0514

ライティングデスクには傷をつけたくないんで、棚自体は固定せず置く様にする。でも棚が取り出せないと掃除や修理の時に面倒なんで微妙なサイズ調整が必要。
だからこんな感じで↓
サイズ調整0514
これなら1mm未満の精度でサイズが調整できるもんね。

組立完了です。
組立完了0514
これも木工用ボンドを塗った後、ミニ釘で固定。

今回の塗料はコレ↓
塗料0514
100均大活躍。

塗料が無くなるまで5回ほど重ね塗りして、色を濃くしました。
完成0514
以上、完成。

少しは整理できたかな??
 
この記事のURL | DIY | CM(1) | TB(0) | ▲ top
白加賀と豊後
- 2017/05/13(Sat) -
4月の終わりのこと、庭に植えた梅の木(高田豊後)が変。
高田豊後0513
”芽”のようなものが出てることは出てるんだけど、本来は葉になってなきゃいけない時期。
お隣の甲州小梅は元気な様子。
小梅0513

この高田豊後、二代目なんです。先代の高田豊後も枯れちゃったから、去年植え替えたもの。
土が合わないのか、気候が合わないのか、はたまた面倒見が悪いせいなのか?

梅は違う品種を植えないと実が付かないんで、もう1本品種を変えて植えることにしました。
今度は”白加賀”
白加賀タグ0513

植付け完了。
白加賀植付け完了0513
 
高田豊後のほうは、もうしばらく様子を見ることにしました。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野菜の植え付け
- 2017/05/07(Sun) -
GW中に植えた野菜達のご紹介です。
ホームセンターや直売所を回って買い集めました。

カボチャ↓
カボチャ0507
去年は戴いた苗で食べきれないぐらいに収穫したカボチャ。今年は小ぶりの”坊ちゃんカボチャ”です。

サニーレタス↓
サニーレタス0507
ペロッと食べられちゃうんで、いくらあってもOKだよね。

ズッキーニ↓
ズッキーニ0507
毎年豊作。我が家は夏の間、毎日ズッキーニ。緑と黄色、各1株づつ。

ブロッコリー↓
ブロッコリー0507
いっぺんに採れると消費しきれないんで、3株だけ。

大葉↓
大葉0507
花や実を食べるわけじゃないから、1株だけ。

白菜↓
白菜0507
毎日お漬物で食べてる白菜。とりあえずの3株。

枝豆↓
枝豆0507
夏のビールには枝豆がおいしい。採れたての枝豆は甘味たっぷりで最高。
枝豆は時間差攻撃(収穫時期をずらす)をもくろんで、種からも栽培中でっす。

耕運機を投入した今年は大量収穫の予感?
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サクランボの花が満開
- 2017/05/06(Sat) -
サクランボの花が満開です。といっても6輪だけですが。

つぼみに気づいたのは5月2日。
つぼみ0506
手前に3輪。上に2輪。このときは計5輪だと思ってた。

つぼみでも可愛い!
つぼみ拡大0506

開花が5月5日。
開花(0505)0506
2輪が開花。
そして6輪目のつぼみを発見(中央の上の方)。

そして今朝。
満開(0506)0506

可憐な花をお楽しみください。
満開拡大0506
自分で植えた桜が咲いて、プチ感激。

2015年の秋に植えた苗木が2本。花が咲いたのはナポレオン。
もう1本も元気みたいだけど、つぼみは見当たらないんで今年はサクランボにはならないはず(自分の花粉では受粉しない)。

来年はもう1本の高砂も花が咲くといいんだけどね。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
修繕あれこれ
- 2017/05/05(Fri) -
冬の間に壊れちゃった物、手直しが必要な物をGWのお休みを利用して一気にお手入れしちゃいました。
雪があったり、氷点下になるときはできないし、やりたくもないもんね。

まずは石頭ハンマー。
杭を打ったり、クサビを打ち込んだり、防獣ネットの支柱を打ったりと大活躍のハンマーだけど、気づいたらクサビが無い。
クサビなしハンマー0505

同じクサビなんか手に入れようもなく、やむなく買ってきたのがコレ↓
クサビ0505

このままじゃ当然入らないんで、ディスクグラインダーで加工したのがコチラ↓
加工済みクサビ0505

あとはハンマーで叩き込んじゃいました。
修理済みハンマー0505
一丁上がり!

玄関の踏み台もグラグラ。地面が凍って歪んじゃったのが、融けても平らにならなかった。
踏み台0505
冬の間は暫定的に板切れを挟んでた。
スコップで平衡をとって、石板を置きなおして二つ目完了。

これはちょっと判りにくいけどタイヤ痕。
タイヤ跡0505
雪が解けてビショビショに濡れた所にトラックなんかの重い車が入ってくると、重みで沈み込んじゃう。地面が締まってないからね。
こんなのが数か所。

こんな所には砕石を投入。
砕石投入0505
三丁上がり!

最後に雨水桝。塩ビ管と桝の継ぎ目に詰めていたセメントが剝がれちゃいました。
コンクリ剥落0505
たぶん隙間に入った水が凍っちゃって膨張、セメントを押し出したんだろうと…

セメントを再度充填して完了。
修理済み雨水桝0505
ただし、2年前のセメントだし、素人工作なんでいつまでもつことやら?

これで主だった所は完璧に修繕した(と思うんだけど…)
 
この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジャガイモの植付け
- 2017/05/04(Thu) -
やっとジャガイモの植付けにこぎつけました。
去年は4月中ごろたったんで、約半月遅れ。

今年の種イモちゃんたちでっす。
種イモ0504
キタアカリ3kg、北海こがね2kg、アンデス赤500g

植付け場所はこちら。
植付け場所0504
畑の一番南側。

植付け風景でっす。
植付け0504
30cmほど間隔を開けて、イモを並べた所。イモとイモの間には肥料を置いてあります。

上から土をかけて完了。
植付け完了0504
左側から、キタアカリが2畝、北海こがねが1畝半、アンデス赤が半畝。

去年は6kgの種イモを植えて、約60kgの収穫。今年の種イモは5.5kg。
環境は今年のが良いはず。
 1.3年目の畑なんでそれなりに土が育ってるはず
 2.耕運機の導入で土がふっくら
 3.今年の肥料はジャガイモ専用肥料を使用
だから今年の方が、たくさん採れると予想。

でも一番影響があるのはお天気だよね~。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
永泉寺の桜、小沢の桜
- 2017/05/03(Wed) -
もうそろそろ桜シーズンも終了。
その前に、ちょっと桜見物してきました。(行ったのは先月28日なんで、今頃は葉桜かな?)

今年はいろいろ多忙だったんで近場。
まずは永泉寺。
永泉寺0503
大越町にある小さなお寺。でも桜は立派。本堂とのバランスもいい感じだねー。
樹種は三春の滝桜と同じベニシダレ。樹齢400年。滝桜に次いでの巨木なんだって。
でも、こちらはご覧の通り、観光客はほとんどいない。落ち着いて見るんだったら、こっちのほうが良いかも?

角度を変えて
しだれ桜0503

そして小沢の桜。
永泉寺から国道349号を船引方向に走っていくと、立派な看板。
小沢カンバン0503
国道からも立派な桜が見える。

こっちは染井吉野。
小沢の桜0503
田園風景の中の一本桜。いいもんだよね。
樹齢90年って言われてる。

ところで川内村中心部の染井吉野は終わっちゃったけど、ドラ左エ門が住んでる辺りでは山桜がまだ咲いてない。
もう一度桜がみられるドラ左エ門は幸せ者?
 
この記事のURL | 川内の植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |