薪割り~その2・3
- 2017/12/31(Sun) -
本日は2回分の薪割りをまとめてご報告。

まずは先日頂いた原木。
このうち細身の物だけを割っちゃいます。細身の木なんで”割る”っていうより”切る”っていう作業。しかも獲物は丸ノコ。
丸ノコのメリットは、燃料・オイルの補給がいらないこと、お手入れが簡単なこと。だから細いのはこっちの方が便利。
そして今回の原木は切ってから1年以上経ってるらしいんで、水分量を測りながら切断してみました。
水分量11231
水分量21231

仕訳した結果がこちら↓
分別1231
右側の小山が20%以下ですぐに燃やせそうな分、左側は乾燥が必要な分。

乾燥が必要な分がこんだけ。
乾燥必要1231

すぐに燃やせそうな分がこんだけ。
乾燥不要1231
燃やせそうなのが1とすると、乾燥させなきゃいけないのが4位かね?

そして3回目の薪割りは宅盤の土留めにしてた杉。
割ったらこんだけです。
杉の薪割り1231
薪に良いのはこの辺りじゃナラって言われてるけど、杉だって太めに割れば結構長持ち。

積んでみたらちょうど1棚。
杉の積み込み1231
でも重さはナラの半分ぐらいしかないんじゃなかろうかと…

今年は寒ーいから、よっく乾くんじゃない?
よーく乾いて我が家を温めてね。


それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大風被害
- 2017/12/30(Sat) -
クリスマスの当日、12月25日に川内村に大風が襲来。
今夏の台風にもビクともしなかったのに、被害がでちゃいました。

薪棚があれれ!
薪棚4号1230
薪が半分無くなってる。
でも先日強風対策をした棚の方は無事。やってて良かった!

薪棚の裏側を見たら
崩落薪1230
崩落してる。

畑の方も被害あり。
防獣ネットが倒壊。
ネット1230
写真の中央に倒れてるのは人ではありません。

案山子ちゃんが骨折。
案山子1230

防獣ネットと案山子の修復は暖かくなってからだね。
今は畑が凍っててスコップが入らないから…
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダッチオーブン
- 2017/12/24(Sun) -
ダッチオーブン買っちゃいました。
ドラ左エ門が選んだのはコレ↓
ダッチオーブン1224
10インチのSOTO。底網とスタンド付き。

ダッチオーブンの多くは鋳鉄製。でもSOTOはステンレスなんで、”シーズニング”っていう購入後の準備作業が不要。そして何よりもサビないから、モノグサドラ左エ門にはピッタリ。お値段がちょっと高いのが玉にきずだけど…

時は12月、クリスマスも間近なんでちょっと早いけどローストチキンにチャレンジ!
レシピはクックパッドさんより、カミさんが選んだ「ダッチオーブンで骨付き腿のローストチキン

レシピに従って下ごしらえしたチキン。
チキン1224

ストーブの方は”おき”作り開始。
おき作り1224
暖房用より細めの薪を、一気に大量投入。
これで短時間でストーブの温度が上昇するんで、温度が上がったらエアを絞って蒸焼状態にしちゃいます。

”おき”を作ってる間に、ダッチオーブンに具材をセット。
具材投入1224

そして約40分で”おき”が完成。
おき完成1224

エイっと、ダッチオーブンをストーブに投入。
ストーブ投入1224

待つこと、これまた40分。取り出してみたらこんなです。
出来上がり1224
メチャ美味そうじゃん!
周囲のちっちゃ目のジャガイモちゃんと、2本の骨付きモモ、そして真ん中は骨なしモモでっす。

お皿に乗っけて、いただきまぁ~す。
メインディッシュ1224
皮はパリパリだけど、お肉は柔らか。
なるほど、電気のオーブンレンジとは一味違うね~。

これはヤミツキになるかも?
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宅盤改良工事始末
- 2017/12/23(Sat) -
予告してました”ドラ左エ門がやるチョットの後始末”完了しました。

まずは雨水桝。
雨水枡1223
この桝の目的は、雨水を受け入れて周辺の排水をすること。つまりこの蓋だと雨水がはいりません。

こちらが購入したグレーチングを設置したあと。
グレーチング1223
これでバッチリ排水できるはず。
ちなみに、こちらのグレーチングはAmazonで購入。Amazonって本当に便利だよね~。


次は松丸太。
松丸太1223
車庫を作った時、同時に土手も作ってもらったんだけど、その時の土留めに使ってたもの。
さすがに松は水に強いようで、まだまだ使用可能。

結果、こうなりました。
松丸太二次利用1223
お庭(って呼べる状態には程遠いけど)の一番下のあたりに、一直線に置いただけ。
ここも斜めになってるんで、雨で流れちゃう土砂を少しでも食い止めよう、っていう作戦。
もっとも、今回は置いただけなんで丸太の下には隙間あり。様子を見て隙間を埋めなきゃなんないかもしれない。


最後に杉丸太。
杉丸太1223
こちらは松と違って一部腐りかけの所もあって、あまり長持ちしそうもない。
ならば当然ストーブの燃料に使用しちゃいます。

チェーンソーで玉切り。
杉玉切り1223

裏側も。
杉玉切り21223

積んでみたらこんだけありました。
杉積み替え1223

ドラ左エ門が今できる後始末はココまで。
暖かくなったら、業者さんの追加工事の予定でっす。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぶどうの防寒対策~その2 & セミナー
- 2017/12/17(Sun) -
ぶどう防寒対策、2度目のお手伝いに行ってきました。
こちらが現在の圃場↓
圃場1217
見てる分にはとってもきれいだよね~。
でも雪が溶けかかってて足元はヌルヌル・グチャグチャ。

今回の作業は本当の防寒。こちらが対策作業中のぶどうでっす。
防寒対策1217
何が何だか良く判らない写真ですみません。
ぶどうは写真下から幹(?)が立ち上がってて、中央付近でワイヤーに沿って左右に誘引。
そのぶどうの幼木にプチプチを巻き付けて、その上をアルミ蒸着シートで覆って、麻ひもで固定、っていうのが今回の作業。なにぶん川内の冬は寒いんでね~。
一枚目の写真も、ぶどうの木のところは銀色に輝いてるんだけど、建築中の太陽光発電所みたい。

そして午後からはセミナー。「かわうち産ワインを核とする地域おこしの検討」っていうテーマの第1回目。
セミナーの一つが「ベニアハウス」。
べニアハウスってべニアで作った建物だろう。ドラ左エ門だって農業小屋作ったぜ! と思ってたらだいぶ違いました。

SUUMOジャーナルさんからお借りした画像です。
ベニヤハウスサンプル画像1217
詳しくはSUUMOジャーナルさんのページを読んでいただければと思いますが、講師の小林博人先生(建築家 / 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授)のお話の一部をかいつまんでご紹介するとこんな感じ…
 ●木っていうのはCO2を固定してくれる地球環境にやさしい材料
 ●近年木材価格の低迷で、間伐した木も山に放置されがち
 ●山に放置されるとCO2は放出されちゃうんで意味がなくなっちゃう
 ●建築材料として使われてこそCO2削減になる

 ●デジタルファブリケーション(コンピュータ制御の工作機械技術のこと?)により正確な木材カットが可能
 ●だから素人でも建築物が作れる(加工されたベニアを組み上げてくだけ)
 ●地域の住人でつくればコミュニティー構築になる

こんな方法でいろんなところにべニアハウスを作ってらっしゃるんだそうな。
ドラ左エ門のイメージでは実寸大の家のプラモデルって感じだね(素材はベニヤだけど)。
そして、ぶどう畑にべニアハウスで休憩所なんだか作業所なんだかを作ろう、っていう計画が進行中。

もう一つが前川泉先生によるワークショップ。ワインのブランドイメージを作るための住民への聞き取りっていう感じ。

うーん本格的になってきたね!

最後にオマケ。こんな感じにしようとしてるみたいでっす。
ぶどう圃場完成イメージ1217
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宅盤改良工事
- 2017/12/16(Sat) -
川内に移住した年の10月、宅盤の土砂が流れちゃうのを防止するためにやった丸太での土留め。
丸太完了

あれから3年が経ち修繕が必要になってきちゃいました。
丸太の方はもうちょっともちそうなんだけど、丸太を留めていた杭がもうダメ。
杭1216
ご覧の通りボロボロ。

杭を打ちなおせばあと数年はいけそうだけど、数年ごとに同じ作業が必要。さらに丸太本体がいかれちゃったら大事(おおごと)。3年前はお仕事もしてなかったけど、今は一応サラリーマンだから思うように時間も取れないし、その頃は体力も心配…
以上のような思考を経て、川内の土木業者さんに相談してみました。

結果、砂を追加投入して宅盤を平らにしちゃうのが安上がりだろう、っていう事で宅盤改良工事になりました。

初日
工事初日1216
3年前の丸太をどかして、砂の搬入。

2日目
工事2日目1216
ユンボで平らに。

3日目
工事3日目1216
仕上げ。

宅盤の端の土手も高く立派に造成。
土手1216

排水も2か所設置。
車庫の横は雨水桝。
排水11216

東側は半割りのプラ管(名前が判りましぇん)。
排水21216

以上で一旦工事終了。
これでいろいろ苦労てきた治水対策とも、おさらばできるかも?

でも続編があります。
ドラ左エ門がやるチョットの後始末と、業者さんにやっていただく本格工事。
都度、ご報告の予定でっす(乞うご期待)。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新型光BOX HB-2000
- 2017/12/10(Sun) -
先日、光テレビを見ていたら、こんな案内を発見。
モニター募集案内1210
光BOX+っていうのは、光テレビを子テレビで見るための機器。その他にもインターネットが使えたり、各種アプリが使えたりするNTT西日本の製品。
地上波テレビが映んない我が家では、メインが光テレビ、サブがインターネット閲覧、っていう感じ。

早速応募して届いたのがこちらの機器。
新型セット1210
ここで注目すべきはリモコン。

リモコンの新旧比較でっす。
リモコン比較1210
右の旧型に比べると、OA機器のリモコンらしく進化してるじゃん!

さらに注目すると
テレビ操作可能1210
テレビ操作ができるようになってる。

もひとつ注目できるのが
音声操作可能1210
リモコンにマイクボタンが付いてる。
つまり音声入力ができるんだね~。こいつは便利かも?

とりあえず接続を完了して、インターネットを試して見ると、ソフトウェアキーボードが進化してるじゃん。
こちらが旧型↓
ソフトウェアキーボード旧1210
ほぼ携帯電話と同じ入力方法。ところがリモコンでカーソルを出して操作するんで結構面倒。

そして新型↓
ソフトウェアキーボード新1210
50音が並んでるんでワンクリックで文字入力が可能になっちゃいました。
だいぶ楽ちんになったんだけど、さらに…

左端にマイクのボタンがあるじゃん!
音声入力ボタン1210
もしかして、と思ったら、やっぱりそうでした。
音声入力画面1210
このボタンのクリックで音声入力ができました。

やっぱり新型は違うね~。
これからいろいろ試してみなきゃ!
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚の棚の強風対策
- 2017/12/09(Sat) -
昨日の夕方から雪が…

そして今朝、こんな状態です。
雪の翌朝1209
先日頂いた原木も、粉砂糖をまぶしたチョコレート菓子みたい。

進入路はツルツル。
ツルツル1209
こりゃ道路も凍ってる所があるねぇー。

こういうシーズンになってくるとドラ左エ門宅の辺りでは、強烈な風が吹き始める。
先日の台風の時にも薪棚の棚に置いてあるカゴが飛ばされちゃいました。
対策前1209

カゴに入ってるのは木っ端や小枝。
焚き付け1209
ストーブの焚き付け用の材料を乾燥中。細かいから飛ばされちゃうと広範囲に広がって拾うのが大変。だから強風シーズンに向けて風対策をしました。

対策後↓
対策後1209
100均で買ってきたプラチェーンを張って脱落防止。

これで強風もなんのその!
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白馬のお○○さま
- 2017/12/03(Sun) -
さて問題です。
タイトル「白馬のお○○さま」の○○に入る文字はなんでしょうか?
(普通だったら”おうじさま”だけど、それじゃ問題にならないよね)

実は川内村にあるお馬さんの養老牧場である”みどりのまきば”さんに白馬が来てるんです。
10月21日に来たらしいんですけど、ドラ左エ門が多忙で、また時節ネタなんかもあってご紹介が今になっちゃいました。申し訳ございません。
その白馬の写真がこちら↓
翁さま1203
写真を見ると競走馬とはちょっと違う体型。”みどりのまきば”さんによると…
 名号   シルキー フェイス
 毛色   芦毛   
 品種   ウェストファーレン半血種
 経歴   障害・流鏑馬・野馬追・各種イベントに参加
だそうです。

ドラ左エ門が牧場の柵に近寄ると、他のお馬さんたちと一緒にご挨拶に来てくれた、礼儀正しいお馬さんです。
その証拠写真↓
翁さまのアップ1203

ここに来ることができたお馬さんは幸せだよね~。
走ることを強要されるわけじゃなし、思い物を運ぶ必要もないし。
食べたい時に牧草が食べられるし(冬はムリだけど)、アスファルトの上を歩く必要もないしね。
幸せの図↓
4頭揃って1203

シルキーちゃん、実は平成3年5月7日生まれ。つまり26歳。
人間の年齢でいうと80歳を超えてるお爺ちゃんなんだそうな。

なので問題の正解は、白馬のおきなさま、でした。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
また原木頂きました~その2
- 2017/12/02(Sat) -
前回の続きでっす。

まだ残ってた原木の運搬、5回目が終わったとこ。
5回目1202

6回目。
6回目1202
これで前回写真分、全ての運搬が完了。

でも、これで終わりじゃないんです。「できたらこっちも持ってって」と言われた分がこちら↓
他にもあります
有難く頂戴してきました。

累計7回目。
7回目1202

そして最後は長尺もの。
ラスト1202

今回は以上で終了。
これで2018シーズン分は確保完了。

この前頂いた原木が軽トラ3回分で薪棚2本分だから、今回は軽トラ7回分なんで薪棚4~5本分になりそう。
結構多いので、ボチボチ処理していきましょうかね!

有難うございました。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |