FC2ブログ
玉切り~その3
- 2018/01/28(Sun) -
実は前回の雪情報の前に、残ってた原木の玉切りは完了。
でも、まとまった時間が取れなかったんで2日に分けて玉切りしました。
初日分。
玉切り初日0128

2日目。
玉切り2日目0128
これで在庫してた原木の玉切りは完了。

薪割り準備で積み直した姿がこちらでっす。
積んでみたら0128

そして直径10cmに満たない分(もち大体10cmですが)は、めんどっちいんで割らずに薪に。
積んでみたらこっちにも0128
これだけでも薪棚に1/3位ありました。

でもこの後、前回ご報告の雪、加えて低温なんで、薪割りができるのはいつになることやら?
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
けっこうな雪
- 2018/01/27(Sat) -
22日(←ご指摘により修正しました)の月曜日は東京でも大雪だったそうな。東京に負けるわけにはいかない川内ももちろん雪。
朝起きたらこんなになってました。
朝起きたら0127
測ってみたら30cmオーバー。
こりゃ家から出られん。

明るくなって再確認。
明るくなって0127
やっぱりこれじゃ出かけたらスタックしちゃうかも?

やむなく雪かきに専念。
お昼までかかって車が出入りできるようになりました。
雪かき終了0127
でも道路の除雪はまだだから、やっぱりお出かけは困難。
道路の除雪をまつしかないね~。

ところが家の中では
チューリップ開花0127
鉢植えのチューリップが開花!
昼間は窓際の日の当たるとこに置いてポカポカ! 朝晩は薪ストーブでポカポカ! まぁ早く咲くわね。

ようやく1時半ごろ、除雪車が来ました。
待ってました! ご苦労さんでっす。
除雪車0127
これでカンズメ状態から解放。

でもその後、また雪模様。
また降雪0127
せっかく雪かきしたのにぃ~。

やっと川内の冬らしくなってきました。
(あまり嬉しくないけどね)
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
防潮堤 & オーバーパス
- 2018/01/21(Sun) -
久しぶりに富岡町のお話。
富岡の話は常磐線の運転再開以来。さらに土木建築のお話だと約1年ぶり。

ジャジャジャーン!
これが津波から富岡町を守ってくれる新しい防潮堤。
防潮堤0121
もちろんまだ完成したわけじゃありませんが、この写真は大体の形が見えてきた場所。

ちなみに、こいつの作り方、一昔前の家庭のお風呂と似てます。
防潮堤20121
ちょっと画像が荒くってすみません。でもなんとなくブロックを組み合わせてるの判りますよね。

作り方は、こんな感じです。
 1.土砂で土台を作る
 2.捨てコンを打つ
 3.ブロックを並べる(一つの大きさは1m×2m位かな?)
 4.ブロックの隙間をコンクリートで固める

まぁお風呂で言うなら、1・2がお風呂の形をセメントで作って、3はタイルを並べ、4は目地を充填、っていうところ。
さて、この後どうなっていくんでしょうか?

続いてオーバーパス。
まずは遠目から。
オーバーパス10121
クレーンがあるところで橋梁をかけてます。
一番右に見える建築物はJR富岡駅の歩行者用歩道橋。正式には跨線橋(こせんきょう)っていうみたい。

もうちょっと近めで。
オーバーパス20121
下部に見える砂利は線路。
その上の白いコンクリのラインが富岡駅のホーム。
そして右側のコンクリート構造物が橋桁の一つ。
つまりオーバーパスは富岡駅をまたぐ形で建築中。

はっきり建築中だってわかる写真がコチラ↓
オーバーパス30121
これは駅の西側(山側)から。
オーバーパスは右に見える小山からつながって行くんだね。

このオーバーパスの海側の接続先は陸前浜街道っていう話なんだけど、こっちはやっと建築が始まったところかな。
進展があればまたご報告しますね。
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
有孔ラバーマット
- 2018/01/20(Sat) -
先日、雪が積もった時の写真でっす。
積雪0120

奥に向かって”もっこり”盛り上がってるでしょ。これ”有孔ラバーマット”っていうやつ。
ドラ左エ門宅の玄関は北向き。冬になると積もった雪が融けないし、放っておくと玄関前が凍結。(寒冷地では玄関は日当たりの良いとこに作りましょう)
融雪剤も効果は限定的…

ある日ホームセンターに行ったら有孔ラバーマットを売ってました。
ん? こいつは我が家にピッタリかも? と購入し、玄関までの通路に敷いときました。
そこに雪が積もったのが上の写真。

除雪の仕方は至って簡単。端っこを持ち上げてパタパタと叩くだけ。
1枚だけ叩いたところがコチラ↓
半分除去0120
所要時間約10秒。

3枚全部完了まで1分もかかりません。
完全除去0120

雪さえ叩き落としちゃえばツルツルにもならないし、もしツルツルになってもこのマットを敷いておけば滑らない!
このマット、中々いい仕事してくれますよ。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
薪ストーブで焼き餅
- 2018/01/14(Sun) -
薪ストーブでいろんな料理ができるんなら、お餅ぐらい焼けるだろう。温度計も最低でも150℃は指してるし…

ならばやってみるべし!
アルミホイルを敷いてからお餅を2個置いてみました。
15分後の姿↓
15分後上から0114
水不足になった田んぼみたいに、ヒビが…

横から見たら
15分後0114
少し変化が…
薪ストーブに接している面が変形してる。

ならばひっくり返して、今度は蓋を置いてみました。
蓋0114

さらに15分後。
30分後0114
うん! いい感じ。
焼けたかどうか、食べてみよう。

結果、薪ストーブでも十分お餅は焼けます。
でもお餅には蓋をしましょう。さもないとお餅が乾いてお煎餅みたいになっちゃいます。

今度、再チャレンジするぞ!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダッチオーブンでタンドリーチキン
- 2018/01/13(Sat) -
ダッチオーブン料理の第二弾はタンドリーチキン。
実は先日の二重化はこの料理のため。

前日から下ごしらえしてたチキンをダッチオーブンに入れて
一段目セット0113
上段用の網を置いて、こっちにもチキンを乗っけて

準備完了の図↓
二段目セット0113

おき火を作ってからストーブに投入。
投入時の温度が約270℃。レシピには220℃~250℃で25~35分って書いてあるんで、短めの25分後に取り出したのがこちら↓
タンドリーチキン完成0113
うーん、美味そう!
二重化のほうもバッチリ成功だね。

お味の方は…
やっぱり美味い。電気オーブンで焼くよりカラっと仕上がってるし、お肉は柔らか。
欲を言えばもうちょっと皮がパリッと仕上がればBerryGoodだったんだけどねェ。

さて、次は何を作ろうかいな?
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
薪割り~その4
- 2018/01/08(Mon) -
雪が積もる前に、と薪割りに集中。
先日玉切りにした分、全部薪割り完了。
富士山完了0108
結構あったんで、3か所に分散して保管。

1か所目。
保管10108
ここは前回の薪割り分に積み増し。

2か所目。
保管20108
ここは棚の裏側なんでちょっと短め。

3か所目。
保管30108
ここも一杯。

こんだけあれば来シーズンも大丈夫でしょ!
ここからは余裕をもって薪の準備ができるね。
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
玉切り~その2
- 2018/01/07(Sun) -
先日いただいた原木、玉切りしました。

約半日かかって、こんだけ。
玉切りその20107
ここまで切ってガス欠で終了。

でもまだこんだけ残ってまっす。
残り0107
結構あるよねぇ。

薪割り用に積んだところ。
積んだら0107
こっちもそこそこのボリューム。

よっく見ると後ろの山が富士山のよう。
って言う事は、前の小山はさしずめ箱根山?
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ダッチオーブン二重化
- 2018/01/06(Sat) -
ダッチオーブンの二重化に挑戦。

前回の写真見てください。
鶏もも肉を2~3枚入れたら一杯になっちゃう。これだと4枚目を入れると”皮がパリパリ”になんない。でも上は空いてる。ならば二階建てにしちゃおう、っていう経緯。

近くのホームセンターで材料を探すも手頃なものがなく、やむなくこれで対応。
材料0106
揚げ物の油切りなんかに使うパットの網。

この網に折り曲げラインを印付け。
加工ライン0106

あとは根性で曲げていく。少しずつね。
曲げ0106
使った道具はラジオペンチ、プライヤーなど。

もうちょっと曲がったところ。
曲げ20106

ほぼ完成角度まで曲がったところ。
曲げ30106
ここからはダッチオーブンに入れながら微調整。

そして完成。
完成0106

簡単にできましたが、ちょっと安定が悪い。特に網が無い方向(上の写真だと天地方向)は、ツッパリがきかないんで不安定。でも上蓋さえ閉めちゃえば、上蓋がツッカエになるんで安定するはず…

近々、第二弾の料理で使用予定でっす。
上手くできますように!
 
この記事のURL | ストーブライフ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明けましておめでとうございます。
- 2018/01/01(Mon) -
新年 明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

              年賀状0101

今年は戌年、ドラ左エ門も戌年生まれ。ことし60歳になっちゃいます。
移住して3回目のお正月なんだけど、やっぱり川内は寒い。でも家の中は薪ストーブのおかげで”ぬくぬく”でっす。

さてお正月らしくバカバカしい、結婚35年目の夫婦の会話。
忙しい人は見ないでね。
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |