春の準備~イタリアン&オーチャード
- 2018/02/25(Sun) -
積もってた雪が「だいぶ融けてきたなぁ。今度の休みに薪割りができそう。」と思っては雪が積もり、また融けたと思ったら、また雪が積もり… という状態がもう半月ほど続いてる。ま、雪かきするほどの雪じゃないんで助かってるけどねぇ。

そんな川内でも徐々に温かい日がふえてるのは間違いなく、そろそろ春の準備をしておこうと、のーんびり準備中。
まずは第一段。牧草の種を準備しました。
こちらがイタリアングラス。
イタリアン0225
横になぜ手袋があるのかっていうと、この種通販で買いました。そしたらオマケについてきた次第。

ちなみにちょっと調べてみたらこんなヤツ。
一般的にはネズミムギっていうものでよく見られる雑草なんだそうな。背丈は30~100cm。外来種なんで原生的な自然界では在来の生態系に影響する懸念も。もう一つ、花粉症の原因にもなるらしい。

もう一つがオーチャードグラス。
オーチャード0225
こちらは船引町にあるサンガーデンっていう農業用品のお店で購入。

こちらはこんなヤツ。
和名カモガヤっていう多年草。背丈は100cm位になるらしい。英名は”cock's-foot grass”で、訳すときに cock(ニワトリ)を duck(カモ)と間違えたといわれてて、今では広く野生化。常緑芝として用いることもあるんだって。

何に使うかって言うと12月に改良してもらった宅盤の土手部分に種まきして、土手の保護に使う予定。いづれも工事してくださった方が「撒いときな」って教えてくださいました。

雪が融けたら種まきだね。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
トノカバー応急修理
- 2018/02/24(Sat) -
去年の5月に作ったキャリーのトノカバー、1年持たずに修理が必要な状態になっちゃいました。
ひび割れ0224
天板のベニヤと側面の2×4材の結合部が剥がれてきちゃってる。

手で押してみると釘が浮いちゃってる。
浮いたクギ0224
こんな風になるんじゃないかと、接着剤でくっつけた上で、釘止めしといたんだけど、軽トラの衝撃には耐えられなかったみたい。錆びないようにステンレスの釘を使ったし、2×4材だったから余計効きが悪かったかも。
ま、毎日70kmをメーター読み最高速度70km/h以上で走ってる訳だし、道路も震災の後遺症で激しい凸凹が残ってる所もあるしね。

このまま放っておけば割れ目ちゃんが拡大するばかり。とりあえず応急修理。
タッピング0224
左側が浮いて効いてない釘。右側のタッピングで押さえこんじゃう作戦。

釘を抜いた穴にタッピングをねじ込んで応急修理完了。
応急修理完了0224

暖かくなったらキチンと直さないとね。
 
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
詰め放題
- 2018/02/18(Sun) -
昨日は週1回の買い出し日。
ドラ左エ門宅の買い物はだいたい船引。なぜならばスーパーが4店、ホームセンターが2店、家電専門店が2店、ドラッグストアが4店など、ここら辺では一番の商業集積地だからね。
その他にもお店がいくつもあるんだけど、よく行くのが直売所。”ふぁーせるたむら”って言うJA系列のお店で、地場農産物を中心に品揃えをしているお店。

昨日も”ふぁーせるたむら”に立ち寄って入り口を入ったらこんなPOPを発見。
みかん詰め放題POP0218
カミさんが買い物してる間ヒマだし…
ドラ左エ門が始めた時は誰もいなかったんだけど、お客さんを呼んじゃったみたいで、いつの間にか4人ほどがみかんの山に集って、せっせと袋詰め作業。
となりのおばあちゃんなんか「買い物終わったんだけど戻ってきちゃったヨ」。

ドラ左エ門の成果がこちら↓
みかん結果0218
結構頑張ったよね!

ドラ左エ門流ノウハウ
 1.できるだけ円筒になるように詰める(同じ表面積で体積が最大になるからね)
 2.1個ずつ丁寧に詰める(時間制限もない訳だし)
 3.みかんの大きさを見極めて隙間を作らないように詰める。
 4.最上部は袋の縁に沿って盛り上げて積んで、内側に乗るだけ乗せる。

みかんを詰めてる間に店員さんも寄ってきて「玉ねぎ詰め放題もやってますよ」。
玉ねぎ詰め放題POP0218
今度はカミさんがチャレンジ。

カミさんの成果物↓
玉ねぎ結果0218

さて帰宅後、やっぱり成果物はきちんと把握しとかないとね!と自分に言い聞かせて数量チェック。
みかんの数0218
みかんが33個。
かなり小ぶりで3~4個でスーパーのみかん1個分かな? お味は、ほんのり甘味有っていう位です。

玉ねぎの数0218
玉ねぎが15個。
こちらはオニオンスライスで頂きました。

お近くの方、今日もやってる(と思います)のでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フロントガラス拭き
- 2018/02/17(Sat) -
雪が降った後、フロントガラスがベチャベチャ。車を運転する方なら判りますよね。
前の車の跳ね上げ、ダンプとすれ違った時なんか、思いっきり付着。
汚れたガラス0217

ちょっと見えにくいんで部分拡大↓
汚れたガラス拡大0217
矢印の所にあるんだけど、カメラのピントが合わなくってスミマセン。

そのままだと汚れで前が見えないは、太陽光の角度によっては乱反射しちゃって対向車が見ずらいはの厄介物。
だからウインドウォッシャーなる便利なものが付いてる訳だけど、出発時なんかのエンジン停止時に取りたい時が面倒。

初めのころは水拭きしてたんだけど、雪って雨と違って土ぼこりやタイヤカス、排気ガスに含まれるススや油分を含んでるんだろうか、水だけだときれいに取れないでしょ。
で、こんな事してみました。
ウォッシャー液0217
100均のスプレーボトルに、ウインドウォッシャー液を入れて携帯。出発前や到着後に吹きたい時にシュッ!っと吹き付けてから拭き取り。その後さらに水拭きっていうのがドラ左エ門的には一番いいみたい(な気がする)。
でも100点満点で70点といった所。
ウォッシャー液をワイパーで拭き取る方がやっぱりきれいに取れるんだよね~。

なんかいい方法ありませんかね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あせも & しもやけ
- 2018/02/12(Mon) -
いやー、”あせも”と”しもやけ”が同時にできちゃいました。
60年近く生きてるけど、こんなの初めて!

”あせも”の発生メカニズムは、こんな感じだと推定。

川内村の冬は寒い。そして雪が積もっちゃってるんで屋外のお仕事ができない。
      雪景色0212

そんな訳で暇つぶしをするんだけど、都会と違って映画館もなければ博物館や美術館もない。だからつい”かわうちの湯”に行ってあったまろう、っていう気持ちになっちゃう。
ゆっくりと湯船につかって体が温まると、ビールをグイっとやりたくなる。でも車だから家に帰らないとのめない。あくせくと服を着替えて体が冷える前に自宅到着。
ビールをグイっとやって、あぁ満足!

もちろん湯船から上がって汗はきれいにふき取るけど、体が温かいうちに服を着て、車のシートに密着する。これが”あせも”発生の原因だとドラ左エ門は推定。
”あせも”のできるリスクと、湯上りのビールのインセンティブ。インセンティブのほうが大きいと見えて、やめられない。
まぁ、”あせも”のほうはシーブリーズを塗っとけば直ぐによくなっちゃうけどね。

これに対して”しもやけ”発生の推定メカニズム。
家の中は薪ストーブでヌクヌク。お仕事に行くときは最低でも20℃近い温度になってる。
お仕事に行くため表に出ると、氷点下。ひどいときは-10℃近く。だから気温差が20~30℃。瞬間的ならもちろん”しもやけ”になるほどじゃないんだろう。でもここからが問題。
さて軽トラに乗って出勤。軽トラの中はほとんど外気温と同じ。床はマットと鉄板1枚でその下は、これまた氷点下。
もちろんヒーターは全開だけど走り始めてから20分ほどしないと温かくならないもんね。
毎日これなんで”しもやけ”も出来て当然かなぁ。

家の中の薬を調べてみたら、ありました。”しもやけ薬”。3種類も。
薬3種0212

一番上にあるのは一昨年の夏ブヨに食われたときに、置き薬じゃ効かなくって購入したやつ。
エースメタゾン0212

真ん中のは、カミさんが虫刺されに使ってるやつ。
ウナコーワジェル0212

一番下のはカミさんのヒビ・あかぎれ用。
ヒビエイド0212

現在ドラ左エ門は一番上のエースメタゾンで治療中。
ウナはメントールが入ってるんで寒そうだし(夏はいいんだろうけど)、ヒビエイドは効能がちょっと違うんでエースメタゾンが効かなければ使おうかと…

そして会社に行くときは靴下を二重にして、防寒シューズを新調。
防寒シューズ0212
これで治って頂戴ね!

まぁ、今年の冬はそれだけ寒いってことなんだろうね。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ワインセミナー
- 2018/02/11(Sun) -
昨日2月10日にワインセミナーに行ってきました。
正式には、第三回「かわうち産ワインを核とする地域おこしの検討」セミナー っていうタイトル。
ここで気づいた人はすごい。実は都合により第二回はパスしちゃいました。

昨日のプログラムは
 1.ワインの醸造技術と醸造設備(講師 山梨大学ワイン科学研究センター客員教授)
 2.今後の計画
の2本。
それではちょっとだけ内容をご報告します。全部は説明する能力がないんでご容赦を。

ワインの製造手順はこんな風になるんだって↓
ワイン製造手順0211
一番上にあるCCP1のCCPっていうのは重要管理ポイント。
CCP1はどういう計画で作っていくかっていうことらしい。

【除梗破砕】
昔はブドウを足で踏んで果皮を破砕してたっていうイメージあるでしょ。実は人の足はブドウの実をつぶすのに最適だったらしい。でも、さすがにそんなことはしてられないんで機械でつぶす。その時に果梗(ブドウを房から食べると最後にのこるやつ。枝から細くのびて、先に果実をつけている部分)が残ってると苦い・渋いっていうことになるんで除去して、実を適度な圧力をかけてつぶす工程。

【プレス(圧搾・搾汁)】
つぶした実に圧力をかけて果汁を絞る工程。圧力をかけすぎちゃうと種がつぶれちゃってこれも美味しいワインができないんだって。

【静置沈殿】
いままでの工程で自然にでちゃった果汁とプレスして出てきた果汁を、静置して上澄み果汁を得る工程。まぁ山で育ったブドウの実だから土もついてりゃ破砕カスもついてるもんね。

【発酵】
日本酒は麹を使って発酵させる事は知ってたけど、ワインの場合は酵母を添加して発酵させるんだって。知らなかったぁー。

【MLF】
マロラティック発酵って言って、リンゴ酸を乳酸菌が食べることにによって乳酸と炭酸ガスが発生する発酵。炭酸ガスが酵母に付いたままだと酵母が窒息しちゃうだそうな。

【ラッキング】
発酵槽を移し替えることで、不純物を除いたり、酸素補給の役割にもなる。

【ファイニング】
ワインには熱不安定タンパク質が含まれるんでほっておくと懸濁・沈殿する。赤ワインには過剰な苦味タンニンが含まれるんでこれらを除去。

【冷凍処理】
冷凍処理することで酒石を早期に結晶化して除去。これをやんないと「ガラス片が混入してる」なーんてクレームになっちゃうらいしい。
高級ワインは冷凍せずに長期保存してラッキングだけで酒石を除去する。(だから高いんだ)

【SO2添加】
二酸化硫黄(亜硫酸)を添加して酸化防止。

【濾過】
濁り成分を除去。

【保存】
瓶詰して熟成。

講師の先生は「これでワインが作れます」っておっしゃってたけど、少なくともドラ左エ門にはムリだねぇー。


今後の計画だけど、いろんな作業を別にすれば、今年(2018年)の秋に試験醸造、2019年秋には本格醸造となる計画。
そして醸造所は2019年の夏に、貯蔵庫は秋に作る予定だそうでっす。

今年は試験醸造のワインが飲めるかな?
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薪棚屋根の補強
- 2018/02/10(Sat) -
三年ほど前に作った薪棚1号の屋根、掘立柱に屋根材を”かすがい”で止めただけ。
こんな感じです。
かすがい0210

他の薪棚に比べても頑丈になるように、屋根材自体は3寸角など太ーいものを使ってるんで強度はあるはず。でも”かすがい”で止めただけなんで横からの力が加わったら、マッチ箱みたいにペシャンと潰れちゃうんじゃなかろうかという心配が…
そして本当に大雪になるとしたら冬型気圧配置がゆるむこれからの南岸低気圧による雪。
今のうちに補強しとこうっていう次第です。

実は前からやらなきゃって思ってはいたんだけど、近くのホームセンターだと適当な補強材が置いてない。そこで福島県最大の都市である郡山に行って買ってきました。
補強金具0210
でも郡山の大型ホームセンターでも数が不足。仕方ないんで小さいのも織り交ぜて調達。
さらに100均でも調達(台紙がついてるやつ)して、なんとか確保。

基本的補強方法はこんな感じ。
補強10210
”かすがい”をかわすようにT型金具を付けて、さらに左右を金具で補強。
でも”かすがい”の場所によってはT型金具がつけられないんで、その場所は左右の金具だけ。

そして掘立柱なんでフシがあって大きい補強金具がつけられない場所も。
そんなところは小さな補強金具で勘弁してもらって
補強20210
こんな感じになりました。
ホームセンターの在庫が無くって小さいのも取り交ぜて買ってきたんだけど、それが幸いしちゃいました。

横方向の力にはこれで頑張ってもらって、縦方向はこういう形に。
補強30210
なにせ薪棚の屋根を作った時には補強なんて考えてなかったもんで、ちょっと不細工だけどこれでOKっていうことにしちゃいました。100均で買ってきた金具も、同様に縦方向の補強に使用。

これでだいぶ強くなったはず!
大雪が降っても、まず大丈夫!
(だといいんだけど…)
 
この記事のURL | DIY | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ベランダマット
- 2018/02/04(Sun) -
つららシーズンになって困ることが一つ。玄関に上がる段の部分がつららから滴った水で凍っちゃう。
迂回路0204
黒の玄関マットが敷いてある下の所が丁度つららの水滴が落ちるところ。だからここに氷が固まっちゃってツルツル。

そこで有孔ラバーマットの成功体験(?)があるドラ左エ門は、こう考えた次第。
”ここにもマットを敷けばいいじゃん!”
ところがこんなに小さい有孔ラバーマットは近くのホームセンターには売ってない。そこで代替品を探してたらこんなのがありました。
ベランダマット0204
ベランダマット(ジョイントタイプ)。ちなみに見つけたのは100均。

このマットのジョイント用の突起をニッパーでプチプチ切断。
ジョイントカット0204

2枚つなげて氷が張るところに置いてみました。
設置0204

翌朝、少し雪が積もった朝。
朝A0204

ひっぺがしたら下はこんなでっす。
朝A効果0204
くっ付いてるのは雪。だから一掃きすれば雪はとれちゃう。
マットの方もペラペラっと振り回せば雪はとれちゃう。
コレ、イケるかも…

別の朝、今度は本命のつららからの水滴で凍っちゃってる。
朝B0204
氷の上に雪が少し積もってる状態。

ベランダマットをひっぺがしてみると、ぴっぺがす過程で氷が落ちるじゃん。
朝B効果0204
丸い部分が氷が落ちた所。
ならば縦に横にベランダマットを曲げてみると、ほとんどすべての氷の剥離に成功!
結構イケル。

別の日、一番困ったのが中途半端な氷。
ベランダマットに空いてる1mmぐらいの小さな穴。落ちてきた水滴がココだけに溜まって氷になっちゃった時。
あまりに小さくて曲げてみても取れない。でも表面はツルツル。
結局10回ほどゴシゴシこすったら摩擦熱なのか融けちゃいました。
水をかければ一発で融けちゃうんだろうね(もちろん別の場所で)。

有孔ラバーマットほどの効果は無いけど、十分使えそう。
100均。エライ!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
つららシーズン到来
- 2018/02/03(Sat) -
今年もやってきました、つららシーズン。
いやー寒い!
1月の最低気温は-11.6℃。だから屋根に積もった雪が融けなくって、すこーし融けては凍り、またすこーし融けてはまた凍りの繰り返しの結果こんなになっちゃいます。
つらら0203

放っておくと危ないんである程度長くなったらボキボキ折っちゃいます。
”落ちてきたつららが刺さって移住者が死亡”なぁーんて、ニュースには乗りたくないもんね。

ところでこの季節、もひとつ心配なのがエコキュートの室外機。移住初年度はつららが室外機を覆っちゃって溶かすのが大変だった。去年は屋根をかけといたんで大丈夫。
今年はこんなでした。
室外機0203
屋根の威力は絶大だねー。

いつまで続くやら、つらら折り!
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |