FC2ブログ
お米できました
- 2018/11/17(Sat) -
毎年お手伝いしているお宅で、玄米ができました。
稲刈りが10月の初め。
稲刈り1007_1117

諸般の事情により、それから2ヵ月しての籾摺り。
籾摺機の投入口に籾を投入。
籾1117

投入口の横には”ふるい”が付いてて、玄米は塩ビ管から吐出。
籾摺り1117

籾殻はブルーシートに排出。
籾殻1117

玄米は選別機で、未熟米を除いたうえでコメ袋に投入。
選別1117

しかも秤と選別機はつながってて、指定重量で投入中断という優れもの。
計量1117
(ここまでは3年前にも同様のブログがありますが、ご勘弁を)

この後、放射線検査→精米、となってごはんになります。
昼夜の寒暖差が大きい川内のお米は、美味しいですよ!

ところで、玄米と分離した籾、こんだけの量になりました。
籾殻の山1117
この中に入って遊びたい!
60過ぎても童心を忘れないドラ左エ門でした。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ヘビ除け、ハチ避け~その1
- 2018/11/11(Sun) -
初めて気づいたのは今年の初夏。
外壁の隙間にアリンボが列をなして入っていく。
外壁を確認したらこんな風になってました。
隙間1111
(斜めになっちゃってますが無理な体制なんでご勘弁ください)
下の白いのが水切り、上のレンガ模様が外壁。ここに約2cmの隙間。

アリンボの時は殺虫剤をしつこく撒いて事なきを得て一安心。家の中に侵入されたらいやだもんね。まして巣でも作られたら…

しかし、その後しばらくすると今度はハチが入っていく。ハチの場合、殺虫剤を撒いてもへっちゃらなのか出てこない。外壁の中で繁殖したら退治するのが大事になっちゃう。刺されたらたまらない…

極め付きは先日のヘビ。ツンツンつついてお引き取り頂いたのは良いんだけど、外壁の隙間に入っちゃいました。毒蛇でも入られたらタマラン…

こいつは隙間を埋めるしかないか? でも意味があって隙間があるはず。
っていうことで建築屋さんに電話確認。
「通気のために隙間があるですけど、埋めちゃっても大きな問題ないでしょう」
ならばヤルベシ!

こんな隙間なんでコーキングで埋めちゃうのが良いんじゃないかと思い、とりあえず6本を用意して
コーキング1111

試験注入。
試し埋め1111
ド素人のドラ左エ門でもなんとかキレイに埋まるじゃん。

追加購入15本。余らしちゃってもしょうがないんで少なめに購入してみました。
追加15本1111

今回はマスキングテープも用意してまっす。
マスキング1111

マスキングの最中に外壁部分の劣化も発見。
劣化1111

ここも直しちゃいましょう。
修復1111

最初の6本、追加の15本を使って家の半周分が注入完了。
半分注入完了1111

テープを取って、はみ出した所を拭いて、半周完了。
半分完了1111

出来栄えは
出来栄え1111
上出来ですよね。

実はこの作業、10月の中旬から初めてまだ終わってないんです。
天気見ながら、暇を見ながらの作業なんでしょうがないんだけど、中間報告っていうことでお許しください。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ビービー
- 2018/11/10(Sat) -
”みどりのまきば”さんののどかな光景。
5人目1110
いやー、時間の流れが止まったみたい。癒されますね~。

ところでここで気付いた方、”みどりのまきば”さんのファンですね。
気付かなかった方はお馬さんの数、数えてください。
(既にご承知の方、ご勘弁を)

手前に2頭、左奥に2頭、中央奥に1頭。
ちょっと前まで4頭だったんですが、お仲間が増えて5頭になりました。

実は1番手前にいたお馬さんが新たな住人。
アップでどうぞ。
アップで1110
すみません。逆光で…

反対から
単独で1110
ちょっと痩せ気味のサラブレッド、お名前はビービー。ちゃんとしたお名前はブラックビューティ、って言うんだそうです。
なんと平成2年生まれだから28歳。平均寿命が24・5歳っていうことなんで十分長寿。
そして人間に換算すると80歳っていうご高齢(いくつか算出方法はあるようですが)。
千葉の方で乗馬のお馬ちゃんとして暮らしてたんだそうですが、この度隠居して、川内村の”みどりのまきば”さんのところにやってきました。
おっと言い忘れましたが男の子(?)じゃなくって、おじいさんですね。
寒い川内だけど、ゆっくりしてほしいもんです。

そのビービーからプレゼントを頂きました。
プレゼント1110
ビービーの鼻水。

2年前には2頭だったお馬さん、今は5頭。
そのおかげで牧草地は緑の草があまり育ってないんだそうです。みんな食欲旺盛でなによりですけど。
緑の牧場じゃなくなっちゃいますよね。そこでお隣の農地に拡張する計画。
予定地↓
予定地1110

緑の若草が萌える”みどりのまきば”、なんとなく目に浮かんでくるような気がします。
makiba kotarouさん(オーナーさんです)、頑張ってください。
 
この記事のURL | 川内の動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
かわうち祭り~秋の陣
- 2018/11/04(Sun) -
昨日(11/3)と今日(11/4)は川内村のヘリポートでイベントをやってます。
”かわうち祭り”っていうイベントで、ちっちゃなお子ちゃまでも遊べるんで、良かったら来てください。

おっと、エンディングみたいな冒頭ですが昨日行ってきましたんでちょっとご紹介。
会場周辺には駐車場が無いんで、川内村総合グランドに車を駐車。そこからマイクロバスがピストンで案内してくれます。
(このマイクロバス、スクールバスです。生まれて60年+α、スクールバスっていう物に初めて乗りました!)

会場到着。
会場到着1104
右の黄色い軽トラはヤキトリ。この奥には牛の串焼き、イカ焼き、羊肉の串焼き、イワナの串焼き、など盛りだくさん。
その奥にはお蕎麦屋さんが4か所ほど。
大きなテントの向こうには野菜やキノコ、漬物なんかのお店がならんでます。

ドラ左エ門の目的はコチラ↓
ワイン1104
ワインの販売。
でもこのワインドラ左エ門たちが植えたブドウから作ったものじゃないんです。まだ販売するにはちょっと時間がかかりそう。代わりに社長が厳選した、リーズナブルで美味しい輸入物を販売してまっす。
ちなみにこの人が社長さんです↓
社長1104
(まるでカリブの海賊)

もう一つドラ左エ門の住む地域からは獅子舞。
獅子舞1104
子供たち結構引っ張りだこ。

会場内では殿様・姫様も歩いてます。
殿様姫様1104
姫様、陰になっちゃってますけど、とってもかわいかったですよ。

こっちはキノコ屋さん。
きのこ1104
栽培キノコなんで安全・安心。

こっちは野菜直売。
野菜1104

その結果、我が家の夕食は
きのこ鍋1104
キノコをメインとしたお鍋ってことになりました。
ごちそうさまでっす。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あぁー 水色の雨ぇー
- 2018/11/03(Sat) -
ある日のこと、かわうちの湯につかって退出しようとしたところ、チラシを発見。
「八神純子ミニライブ 駐車場」
なに? 八神純子ミニライブ? 聞いてないよ! しかも見つけたのは駐車場の案内!
いつ? 明日(10月28日)じゃん。

ちゅうことで10月28日(日)、行ってきました。
会場はCafe Amazon(カフェ・アメィゾン)。
アマゾン1103

ドラ左エ門が到着したとほぼ同時に八神さんも到着。
最初にやったことは、
コーヒー購入1103
コーヒー買ってます。

でも後ろ姿じゃ、もしかして影武者かも?
本人確認1103
ご本人ですね。

開始予定時刻の11時を過ぎても始まらず、どうしたのかと思ったら、リハーサルがスタート。
リハ1103
なんでも音響のチェックが終了してないそうで、調整しながら軽妙な八神さんのトークも聞くことができ、こっちのほうが良かった感が満載。

いよいよ開始。
1曲目は「There you are」
開始1103
さすが八神純子さん。あの恐るべし高音域の伸びと安定感は健在。
こうなると早く、”あぁー 水色の雨ぇー”とか”パープルタウン パープルタウン”とか聞きたいですね。

2曲目が「思い出は美しすぎて」

3曲目。待ってました「水色の雨」 しかも弾き語りですよ!
弾き語り1103
 
続いて、「約束」 「Mr.ブルー~私の地球~」 
最後に、お待たせしました「パープルタウン」
そしてアンコールに「翼」
以上、全7曲でした。

八神純子さんといえばやっぱり「水色の雨」とか「パープルタウン」が有名で、恋をテーマにしたシンガーソングライターのイメージが強かったんだけど、印象を改めました。
たとえば「Mr.ブルー~私の地球~」では、
”なんて青く美しい星 すべての生命がここに生まれここに生きる”なーんていうフレーズがあり、
「翼」でも
”がんばれ日本 愛する日本 通う心が翼にかわる”なーんて歌詞があるんですね。

八神さんは東日本大震災の被災地各地で応援活動をされているそうです。震災から7年以上経っても継続されてる姿に、ドラ左エ門、小感動。
八神純子さん、ありがとうございました。
これからもキレイな歌声を聞かせてくださいね。

最後にCafe Amazonを出たときに見つけました。ポスター。
ポスター1103
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |