fc2ブログ
ワクチン接種完了
- 2021/07/30(Fri) -
新型コロナがいよいよ本性をむき出しにしてきた感です。1日の感染者が1万人を超えちゃいました。福島県でも80人を超える感染者が出てます。ヤバいです。

そんな中ですが昨日、2回目のワクチン接種を終えることができました。
1回目の摂取が7/8、3週間たって7/29に2回目となりました。
210730注射痕
中央の黒っぽい点が注射痕です。(キタナイ腕でごめんなさい)

副反応ですが、注射部位の痛みを別にすると、1回目の時は軽い頭痛。ただし原因が他にあったかもしれません。
2回目ですが今現在、疲労感というか倦怠感というか、頭がすっきりしなくって少しボーっとした感じで、全身(特に下半身)が長時間歩いた後のように怠く、一部分の筋肉は疲れてるような感覚があります。こんな感じなんで重労働や車の運転は止めといた方がよさそうです。
それでも発熱はないので、まだ楽なほうなんでしょう。

ちなみにカミさんには念のためショートステイに入ってもらってます。

さてコロナとの戦いも正念場ですね。あと数か月で希望者全員にワクチン接種がされるようですので。
一人でも多くの方ができるだけ早くワクチン接種が終わり、できるだけコロナ前に近い生活を営むことができる日々が早く来ることを願ってます。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
二本松城跡(散歩コースその16)
- 2021/07/20(Tue) -
お久しぶりです。ご無沙汰しちゃいました。何もやってないわけじゃないんですが、草刈りや昔行った場所の散歩などが多かったので皆様にお知らせするまでもなく、間があいちゃいました。
今回は二本松まで足を延ばして二本松城跡を散歩してきました。

こちらは国の史跡に指定されていて、一部の建築物や石垣などが再建されてます。
正面から入っていくとまずはこれが目に入ります。
210720霞ヶ城址
二本松城は別名霞ヶ城というそうです。

少し先には二本松城跡の石柱も。
210720二本松城跡
ここで気になったのは址と跡。霞ヶ城のほうが址、二本松城のほうが跡。
何が違うか調べてみました。跡のほうは建築されていたあと、址のほうは土台のあとという意味が強いようです。

二本松城は戊辰戦争でほとんどの建造物が破壊されてしまったそうで、石垣や門などの多くは復元物だそうですが、天守があったお城として形が残っているのは、この辺りではここだけでしょうか?

案内図です。
210720案内図

先ほどの二本松城跡の碑を登って行くと箕輪門。もちろん復元物。
210720箕輪門
大手門ではありません。大手門はもっと南にあったそうです。

箕輪門を入ると三の丸。
下段と
210720三の丸下段

上段の二段構え。
210720三の丸上段

ここから本丸に向かっていきます。
これが二の丸跡。
210720二の丸(乙森)
案内図には乙森と記載されているので、随分探しちゃいました。

さらに登って行くと天守台が見えてきます。
210720天守台

本丸に上る前に虎口があります。
210720桝形虎口
虎口っていうのは、敵が侵入してきた時に足止めして、多方面から攻撃するための構造物。写真の正面は東の櫓になるので、正面の櫓と左側の石垣の上から攻撃する形。本丸の直前に設けられてます。

いよいよ本丸。
210720本丸
右側の石垣が天守台跡、左の石垣は西の櫓跡。天守台の右側には東の櫓跡が復元されてます。

高い所に登りたがるドラ左エ門。当然天守台に登ってます。
210720天守台眺望
正面に見える山の一つが大滝根山。ドラ左エ門宅の方向です。

こちらは搦手門の礎石。
210720搦手門礎石

こちらは空堀跡。
210720空堀

面白かったのが場内を往来するための通路。
210720場内路
お侍さんは、こんな所を闊歩していたんですね。
ジックリ解説していただける方がいらっしゃると、面白い散歩になるんですけどね。
 
 
この記事のURL | 散歩 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
気になるのぼり
- 2021/07/08(Thu) -
少し前から気になる”のぼり”があります。
これです↓
210708のぼり
読みづらくて申し訳ございません。定食・お弁当・お惣菜と書いてあったかと。
場所は川内村の駐在所のはす向かい、国道399号を富岡から登ってくると川内農協のちょっと先になります。

ここを通る度、気になっていたのですが正体不明。
のぼりの周辺にはお店らしきものは無いんです。
ご近所の奥様に聞いてみましたが、お弁当を作っている所はあるけど、食事のメニューやお惣菜の種類は判らないそうです。
商工会でも聞いてみました。どんなメニューか良く判らないけど、今年商工会に加入したお店だそうです。

近所に車を停めて確認したところお店の場所が判明。
210708あったかふれあいサロン
のぼりの奥にある一見民家としか見えない建物が、そのお店でした。

建物の右側に回り込むとこうなってます。
210708入り口
ここが入り口。ここを入るとテーブルと椅子がいくつかあります。そこで食事をとるようになってるようです。

どういうシステムなのか聞いてみました。
メニューは日替わりの一種のみ。11時過ぎには準備ができるそうです。
のぼりに総菜とあるのは、日替わりのメニューの詰め合わせ。
2週間程度は同じおかずは出さないとのこと、これなら毎日でも食べられますね。

この日の日替わりは鶏のから揚げ。ということでお弁当(税込み540円)を一ついただいてきました。
210708お弁当
暖かいおかず・ご飯がいただけるのは、コンビニ弁当にないメリットですね。
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大安場史跡公園(散歩コースその15)
- 2021/07/04(Sun) -
次はどこに散歩にいこうか、と調べていたら、郡山市には古墳がたくさんあるんですね。そのうちの一つに大安場古墳群というのがあって、公園として整備されているので行ってみました。
210704公園銘板

園内のマップです。
210704園内MAP
ここにあるのは1号墳から5号墳。それと古墳の解説などが展示されているガイダンス施設。ほかは学習・体験などの設備です。

まずはガイダンス施設で事前学習。
1号墳木棺模型
1号墳の棺の説明用の模型です。
1号墳は丸太から作られた木棺を直接土中に埋めたタイプ。

副葬品も発掘されてます。
2107041号墳副葬品
これは鉄剣。他には腕輪や農具などが展示されてます。

では1号墳へ。
210704一号墳
すごい迫力です。
1号墳は前方後方墳。前方後方墳としては東北最大。全長は83mもあるそうです。ドラ左エ門も前方後方墳を見るのは初めて、ちょっとウキウキ気分。
写真の手前、低い所が前方部で、祭祀などが行われたところ。奥の高い所が後方部で、木棺が埋められたところ。

高い所に登りたがるのはおバカの常。ドラ左エ門も登ってみました。
2107041号墳後方より
後方部から撮った写真で、手前の広い所が前方部、その先の半球上の小山は2号墳です。

こちらが2号墳。
2107042号墳
古墳、と言われなければ公園の小山です。
石棺が出土したそうですが、残念ながらどこにどのようにあったのかは明示されてませんでした。

さらに残念なのが3号墳から5号墳。
まずは3号墳をご覧ください。
2107043号墳
墳頂から奥が削られており民家が建ってます。もちろん現在お住まいの方が削ったわけではないのでしょうが。

4号墳も民家が建っており、造成時に大部分が削られたそうです。
5号墳は墳丘が無く発掘で古墳と判明したそうですが、最初から墳丘が無かったのか後年の活動で削られたのかは説明されていません。
2107044・5号墳
奥に見える民家の辺りが4号墳です。

そして大安場史跡公園の一番の人気スポットがコチラ↓
210704人気スポット
遊具がある”冒険広場”でした。
 
この記事のURL | 散歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |