fc2ブログ
また枝打ち
- 2023/05/31(Wed) -
家に入る前の道路が「ずいぶん草がのびたなー。草刈りしておくか!」と思い立ち、草刈りしました。そしたらまた余計なものを見ちゃいました。
230531_01枝打ち前
木の枝が道路に覆いかぶさって通行の邪魔。
ちなみに草刈りしたのは枝の下のあたりです。

ドラ左エ門はここらはほとんど通らないので、まったく気が付きませんでしたが、ご近所の方はさぞかし迷惑でしょう。
車の通行の邪魔にならない程度には枝打ちしとかないと…

枝打ち後です↓
230531_02枝打ち後
あまり変わってないようにも見えますが、電柱見てください。奥の電柱が2本見えますよね。最初の写真では1本、しかも下の方だけ。

これで通りやすくなったでしょう。
枝打ちした後の切ったほうの枝、そこらへんに投げておくわけにも行かず、後始末が大変です。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東日本大震災・原子力災害伝承館
- 2023/05/26(Fri) -
双葉町にある「東日本大震災・原子力災害伝承館」に行ってきました。
230526_01伝承館
ここも数年前までは立ち入ることができなかった場所と記憶してます。

館内に入るとまずは半円形のシアター。
230526_02シアター
写真の3面がスクリーンになっていて震災発生時の概要が流れます。映像が終わるとスクリーンの裏のスロープを登り2階へ。

2階では、いよいよ展示物と映像で伝承がスタート。
テーマ1.災害の始まり ここでは地震と原発事故発生当時の記録が残されています。
ドラ左エ門が印象に残ったものをいくつかご紹介します。
これは福島市の医療機関の記録。
230526_03病院の記録
実に生々しいです。こんな時でも医療機関の方々が懸命に対応してくださったんですね。改めて実感。

テーマ2.原子力発電所事故直後の対応
福島第二原子力発電所はなんとか事故にいたらずに済んだのですが、第一原発の事故の影に隠れてその状況はあまり知られてません。これは事故に至らずに済ませた電源ケーブルだそう。
230526_04第二原発ケーブル
第二原発でも電源喪失が発生。山側にある廃棄物建屋までは電源が来ていたので、そこから9kmの仮設ケーブルを30時間かかって付設したことで原子力災害を食い止めたそうです。現場の方々の努力に感謝です。

川内村の防災無線の記録です。
           230526_05川内村防災無線記録
3月12日 富岡町の方に避難指示が出され川内で受け入れを開始しました。
3月15日 半径30km内が屋内退避、川内村役場が閉鎖。
3月16日 自主避難指示がでます。避難先は郡山市ビッグパレットふくしま。

これは川内村に避難していた富岡町の方が書いたメッセージです(2分割になってます)。
230526_06黒板左
230526_07黒板右

テーマ3.県民の想い
震災・原発事故によって変わった日常についてのコーナーです

テーマ4.長期化する原子力災害への影響
除染や風評被害、健康への取り組みなど、原子力災害に対する対応がテーマです

テーマ5.復興への挑戦
廃炉作業の進捗や福島イノベーション・コースト構想などの取り組みが紹介されてます

さらに震災・原子力災害について体験者の語り部活動も実施されてます。

伝承館屋上からの景色です。
230526_08屋上より
元は田んぼだったところが今は公園開設に向け整備中。
230526_09公園計画

そういえばドラ左エ門が移住するときも「そんなところ(第一原発から25kmほど)に行って大丈夫なのか?」と聞かれました。震災から12年経ってようやくここまで来たんですね。
 
この記事のURL | 復興への一歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
枝打ち
- 2023/05/22(Mon) -
帯状疱疹で草刈りもできないので家の周りをブラブラしてたらヤバイものを見つけちゃいました。
230522_01ケーブル
ちょっと分かりにくいですがケーブル3本が木の枝にかかっちゃってる。電気と光回線とテレビのケーブルです。テレビはともかくとして、他の2本が断線すると生活できなくなっちゃいます(ドラ左エ門宅はオール電化)。

そういえば進入路も枝がせり出してきて背の高い車は枝に当たるのでは?
230522_02進入路
カミさんのデイサービスのお迎えはキャラバンかハイエースかノア。当たりそうです。
ヤバイので直ちに枝を切りました。

さて高枝切り鋏はないしどうしたものか? ということでチャレンジ1です↓
230522_03ひもで固定
枝切り用のノコギリを物干し竿にヒモで固定してみました。
結果、切れないことはないけどグラグラしちゃって力が入らない。→失敗です。

チャレンジ2です↓
230522_04軽トラと脚立
軽トラの荷台に脚立をのせてノコギリで枝を切る作戦。これは成功。半分ほどの枝を切ることができました。
でも残りの半分は高くて届かない。

その結果、チャレンジ3です↓
230522_05結束バンドで固定
ヒモで失敗したんで結束バンドでノコギリと物干し竿を固定し、軽トラの荷台の脚立にまたがって枝切りする作戦。
これでなんとかケーブルにかかっていた枝を全部切ることができました。

枝切り後のケーブルです。
230522_07ケーブル後
多少風が吹いてもケーブルにかからない程度に空間確保。

進入路です。
230522_06進入路後
こちらもスッキリ!

これでしばらくは安心。
でも切った枝の一部は山桜だったんですよね。毎年春には花をつけて目を楽しませてくれるんです。
そして今は実をつけてます。
230522_08桜の実
山桜のサクランボです。食べられませんが残念!
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
野良仕事禁止中
- 2023/05/19(Fri) -
現在、野良仕事ができません。ドクターに禁止されちゃいました。
野良仕事だけじゃなく疲れるようなことは禁止です。

事の発端は先週の水曜日、10日のこと。
買い物から帰ってきて帽子を取ったら頭部に痛みが… 怪我をしたような痛みではなく、頭の表層部に電流が走ったようなビリビリといった感じの痛みでした。さらに暖簾に頭が触ると(あまりない)髪の毛を引っ張られるような違和感。でも手で触ってみても特になんでもない感じでした。
この状態が数日続き、ひどい肩こりか?とマッサージにいきホグしてもらいました。肩こりはだいぶ良くなったものの、頭部の症状は継続。マッサージの先生が言うには”帯状疱疹”かもしれないヨ。

そして14日日曜日の夜のこと、顔面にブツブツが発生。汚いものお見せします↓
230518_01帯状疱疹

15日月曜日、通院して帯状疱疹が確定。
ドラ左エ門は帯状疱疹は最初にブツブツができるんだと思っていたのですが、最初は皮膚の違和感や神経の痛みとして現れるそうです。あとからすると初期症状がピッタリ一致してたんですね。

そもそも帯状疱疹とは、昔かかった水疱瘡のウイルスが、水疱瘡が治った後に体内に潜伏し、体力が衰えたときに活性化して発症するんだそうです。
ドラ左エ門はというと、カミさん介護のストレス、加齢、笹刈りの疲れ、加えてゴールデンウイーク期間に車でちょっと遠出したことによる疲れも加わって発症しちゃったんでしょう。
なのでお薬による治療は当然として、疲れが貯まるようなことは禁止となり、野良仕事ができなくなってしまった次第です。
雑草も随分伸びてきたし、笹刈りも途中だし、手当しないといけないのだけど、治すのが優先。だからあと1周間から10日ほどはインドア派のドラ左エ門になるしかないようです。

早く治って!
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
駆除
- 2023/05/17(Wed) -
今朝家の周りを確認したら、アシナガバチが巣作りしてました。
230517_02アシナガバチの巣1
画像が荒くて申し訳ありません。写真中央に小さな巣があります。

こりゃ他にもあるかも?
一周したら”ビンゴ!”
230517_03アシナガバチの巣2
こちらは親バチが巣作りを始めたところなんでしょう。親バチに比べると巣がとても小さいです。

実はこの前に4個の巣を駆除しました。今日この2個を駆除したので都合6個駆除したことになります。

ここまでなら毎年の恒例行事ですが、最後にイレギュラーな駆除対象を発見しちゃいました。
230517_01アオダイショウ
たぶんアオダイショウです。寄って行っても逃げません。あまり元気じゃないような?
そんなことは言ってられないので、近くにあった棒で頭部を叩き、ぐったりしたところを長めの”ゴミ拾いトング”で掴んで川にポイしました。

初めての蛇退治経験でした。
(2回目やりたいもんじゃないですね)
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
草刈りプラスα
- 2023/05/04(Thu) -
早いものでもう5月です。
こちらも早いものです。
230504_01だいぶ伸びた
雑草がもう40cmオーバー。まだマバラだけど、そろそろ草刈りしないと。
ついこの間まで薪割りしてたのに…

ということでゴールデンウイークに草刈り開始です。いつものように草刈りしてとりあえず終了。

ところで気になっているところがあるんでちょっと確認。
230504_02笹が2m
笹です。移住してから平らなところ、すなわち住居周りは刈っていたものの、坂になっているところは上から届く範囲しか刈ってませんでした。確認してみたらドラ左エ門の背丈をオーバーし、2m近くになってます。
コリャヤバイ!
すべては無理としても、母屋に近いところだけでも刈っておかないと!

悪戦苦闘しながら刈進んでここまでやりました。
230504_03境目
中央の木の右側が刈ったあと、左側が手つかず。めっちゃ大変です。
草と違って刈っても倒れないんです。理由は笹どうしが上で絡んじゃって支え合っているから。一部つる植物なんかもあって倒れない。だから30cm程度刈ったら手でどかしてから刈り進むの繰り返し。しかも坂になっている場所なんで足場が悪く、落ち葉が積もっていて滑る滑る。

悪戦苦闘の証明↓
230504_04戦いの証
飛散防護カバーが45°傾いちゃいました。

まぁ気長にやるしかないですね。
 
この記事のURL | 住環境整備 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |