fc2ブログ
ほっと大熊
- 2022/03/15(Tue) -
3月だというのに4月並みの陽気が続きますね。
川内でも梅の花が咲いてました。
220315_01梅

暖かさに誘われてお風呂にでも行こうかと思ったけど、あいにくと今日は火曜日、かわうちの湯は定休日。その他の近くのお風呂は田村市まで行かないといけない。そういえば震災前はリフレ富岡という施設が富岡町にあったけど再開してないよなー、と検索してみたら、リフレ富岡はやってませんでした。
しかし、大熊町に”ほっと大熊”なる施設がオープンしてたので行ってきました。
220315_02ほっと大熊

施設内の写真はありませんので、気になる方はこちらへ
こちらは宿泊も可能な温浴施設。湯船は2つで、一つは気泡風呂、もう一つはジェットバス。その他にサウナと水風呂。料金は500円でした。旅館のお風呂がすこし機能アップした感じです。でもマッサージ器が無料使用できるのでリフレッシュには良いかもしれません。
2021年10月にオープンしたばかりなので施設もピカピカでした。

”ほっと大熊”は大熊町の交流ゾーンの中にあります。
他に飲食店、コンビニ、電気屋さん、美容室、雑貨屋さん、コインランドリーが入ってます。
220315_03テナント

220315_04食堂

温まった後はラーメンが食べたくなるもの。でも残念なことに交流ゾーン内の飲食店にはラーメンは無いようです。近くを調べてみたら”大熊食堂”というお店があったので行ってみました。

街中華、もしくは町の食堂かと思いきや、全然違ってます。
外観です。
220315_06大熊食堂外観

間違いじゃありません。ちゃんと看板があります。
220315_05大熊食堂

どんなお店なんだろうかと入ってみたら、自販機で食券を購入する形の食堂ですが、スーパーのフードコート的な感じ。さらに一番近いのは社員食堂です。
購入した食券を厨房に出すと調理開始。セルフでテーブルにもっていき食後は食器を自分で返却。ただ、返却コーナーには食器洗浄用の水が散水されているので、自分の食べた食器を軽くゆすいで奥の大きなシンクに投入します。
ドラ左エ門が昔務めていた会社の社員食堂と同じシステムです。
ドラ左エ門は目的のラーメンを食べましたが、まずくもなく旨くもなくといった味付け、でもお値段はリーズナブル。
やっぱり社員食堂ですね。食べに来ている方も、近くで働いている方がほとんどの模様です。

大熊町もここまで復興したんですね。
次はチェーン店の出店、その次は街中華復活、と進んでいってほしいものです。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 復興への一歩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<地震です | メイン | Oregon PS52>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/1105-b78a7877
| メイン |