fc2ブログ
東日本大震災・原子力災害伝承館
- 2023/05/26(Fri) -
双葉町にある「東日本大震災・原子力災害伝承館」に行ってきました。
230526_01伝承館
ここも数年前までは立ち入ることができなかった場所と記憶してます。

館内に入るとまずは半円形のシアター。
230526_02シアター
写真の3面がスクリーンになっていて震災発生時の概要が流れます。映像が終わるとスクリーンの裏のスロープを登り2階へ。

2階では、いよいよ展示物と映像で伝承がスタート。
テーマ1.災害の始まり ここでは地震と原発事故発生当時の記録が残されています。
ドラ左エ門が印象に残ったものをいくつかご紹介します。
これは福島市の医療機関の記録。
230526_03病院の記録
実に生々しいです。こんな時でも医療機関の方々が懸命に対応してくださったんですね。改めて実感。

テーマ2.原子力発電所事故直後の対応
福島第二原子力発電所はなんとか事故にいたらずに済んだのですが、第一原発の事故の影に隠れてその状況はあまり知られてません。これは事故に至らずに済ませた電源ケーブルだそう。
230526_04第二原発ケーブル
第二原発でも電源喪失が発生。山側にある廃棄物建屋までは電源が来ていたので、そこから9kmの仮設ケーブルを30時間かかって付設したことで原子力災害を食い止めたそうです。現場の方々の努力に感謝です。

川内村の防災無線の記録です。
           230526_05川内村防災無線記録
3月12日 富岡町の方に避難指示が出され川内で受け入れを開始しました。
3月15日 半径30km内が屋内退避、川内村役場が閉鎖。
3月16日 自主避難指示がでます。避難先は郡山市ビッグパレットふくしま。

これは川内村に避難していた富岡町の方が書いたメッセージです(2分割になってます)。
230526_06黒板左
230526_07黒板右

テーマ3.県民の想い
震災・原発事故によって変わった日常についてのコーナーです

テーマ4.長期化する原子力災害への影響
除染や風評被害、健康への取り組みなど、原子力災害に対する対応がテーマです

テーマ5.復興への挑戦
廃炉作業の進捗や福島イノベーション・コースト構想などの取り組みが紹介されてます

さらに震災・原子力災害について体験者の語り部活動も実施されてます。

伝承館屋上からの景色です。
230526_08屋上より
元は田んぼだったところが今は公園開設に向け整備中。
230526_09公園計画

そういえばドラ左エ門が移住するときも「そんなところ(第一原発から25kmほど)に行って大丈夫なのか?」と聞かれました。震災から12年経ってようやくここまで来たんですね。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 復興への一歩 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<また枝打ち | メイン | 枝打ち>>
コメント
--
そうなんですよね
周りはたんぼでした。数件流されなかった家屋があり、喫茶店があり当時は泥々ぐちゃぐちゃでした。
伝承館、私は朝から夕方まで見させてもらいました。
町はここを観光地としてはアピールしてほしくないと私は思います。
2023/05/26 20:01  | URL | まいのすけ #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
公園ができたら、また行ってみたいですね。
2023/05/27 17:08  | URL | ドラ左エ門 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/1184-4ef1c753
| メイン |