fc2ブログ
治水工事~土留め
- 2014/10/30(Thu) -
以前にも書いたけどドラ左エ門宅のある土地は、南に向かって下がってる。実はそれだけじゃなくって、東側も低くなってる。そこでアーデンホームさんが家を建てた時、基礎周辺に土盛りをして水平にして、その上に建物を建てた。この土盛りが今年の大雨で流れ出してる。
基礎周辺
このままだと基礎周辺の土まで流れちゃう。最悪、基礎まで傷んじゃうかもしれない。
ということで流出対策。

対策方針は…
 1.土盛り周辺に土留めを作る
 2.土留めの中に砂を入れ、新たな流出を防止

まずは土留めの材料を何にするか? 
 ①板……材にもよるけど、腐っちゃうのが早い
 ②石……石組の技術が無い
 ③丸太…比較的長持ち
ということで、丸太が良いだろうということになりました。

丸太をどうやって調達するかいろいろ聞いてみたところ、先輩移住者の方が「製材所あたってみたら?」のアドバイス。
その製材所は、ドラ左エ門宅から15分程度。お邪魔して丸太を拝見させていただきました。一人でハンドリングができる材じゃないと困るんで、3mの杉丸太を購入。軽トラで2往復して家まで運んだのがコチラ。
丸太

この丸太を留める杭はホームセンターで購入。念の為最低でも60cm打ち込めるような杭を手配。
記念すべき1本目。
1本目
この1本は太めの丸太を置いたら、ちょうど土盛りの高さに。

問題は2本目から。1本目が太めなんで、細めの丸太2本を重ねるしかない。しかし細めとはいえ2本重ねれば、土盛りよりかなり高くなっちゃう。ならば下を掘るしかない。
2本目
重ねる2本の丸太の、先と元それぞれの直径を計って、それに合わせての溝掘り。
丸太をはめたらこんなです。
2本目2

この要領で南側が完了したのがコチラ。
南側
3mの丸太を4つ繋いだんで計12m。3つは2本重ねだから、合計7本の丸太を使用。

東側も同じ要領で
東側
かなり砂が流れちゃってるのが、よーく判るでしょ。

東側に5本、西側に1本を設置。南側も合わせると全部で13本の丸太を使用。
丸太完了
これで、丸太設置は完了。
中々いい雰囲気でしょ! 素人工事とは思えない出来だね。

実は製材前の単なる丸太なんで、長さが微妙に違う。だから当然隙間ができる。埋めとかないとここから砂が流れちゃう。
適当な材料で隙間を潰してみました。
隙間1
これは杭の上端部分で隙間潰し。

南側と東側は90度で交差してないから、大きな隙間ができちゃった。
隙間2
端材をカットして隙間潰し。

ここに砂を入れて、一旦完成です。
西側から見たらこんなです。
完了西側

東側はこんなです。
完了東側

雨が降ったら沈むだろうから、しばらく様子を見て補修しなくっちゃね。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 住環境整備 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<白鳥 | メイン | 新兵器>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/193-1e49e8fa
| メイン |