fc2ブログ
車も寒い
- 2014/12/26(Fri) -
川内の冬が寒い、っていうのは覚悟をしてた。だから暖か―い家を作った訳なんだけど、車にまでは頭が回らなかった。
東京では考えられないトラブルがハスラーとキャリーに発生。

雪が降るまではウィンドウォッシャーは、ほとんど使ってなかった。そこで、そろそろ寒くなった11月、ハスラーのオイル交換でディーラーさんへ行ったときに確認。
 ドラ左エ門 「川内は寒いんだけど、ウィンドウォッシャー液凍らないですか」
 ディーラー  「大丈夫ですよ」
っていう会話が有ったんだけど、見事に氷結。
ディーラーさんに電話して、どーしたらいいの? と聞いたところ
 ディーラー  「お湯をかけて溶かしてください」
 ドラ左エ門 「溶かしたあと、また凍っちゃうでしょ」
 ディーラー  「使いきってください」
 ドラ左エ門 「モーター大丈夫なの?」
 ディーラー  「小さいモーターなんで、10秒位までなら…(大丈夫だと思う)」
だって!

そこでまずキャリー。
キャリー
キャリーのタンクは運転席の下。この形ならばチュルチュルポンプで行けそうなんで、100均でチュルチュルポンプを購入してタンク内のウィンドウォッシャー液を排出。これでキャリーはOK!

問題はハスラー。というのはタンクの形見てください。
ハスラー
エンジンルームとフェンダーの間に変則的なタンクが入ってる。しかもウィンドウォッシャー液の注ぎ口は直角に2回も曲がってる。
これじゃチュルチュルポンプは使えない。やむなくフロントとリアのウィンドウォッシャーを数秒ずつ出すこと、●十回。まだウィンドウォッシャー液は残ってるけど、まだマイナス10℃には行かないんで、耐寒のウィンドウォッシャー液ならば希釈OKだから…。
これでハスラーも何とか解決。でもハスラーは薄めのウィンドウォッシャー液が入ってるんで、こまめに補充しておかないと、また凍っちゃうな…
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<若葉マーク | メイン | 倉庫の棚>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/211-8ad3e9df
| メイン |