FC2ブログ
かかり木
- 2015/12/12(Sat) -
まずは写真を見てください。
玄関から1212
玄関付近から撮った写真なんだけど、裏山の矢印の木が他の木に寄りかかってる。こういうのを「かかり木」って言って、非常に危険と言われてまっす。倒れる時にどういう動きをするか予想できなくて、事故になりやすい。この木も下手に倒れると玄関まで転がってくることも…  こいつは倒しちゃわないと危ないんで処理することに。

林の中に入って確認するとこんなになってました。
近くから1212
右の矢印のところで折れて、木の中ほどが中央の矢印。木の先端がかかり木になってる。長さ約10mの松でした。

かかり木のほうも、支えている木も枝が張ってて、確かにどういう倒れ方をするか判らない状況。たまたまガレージを作ってもらった大工さんが来たんで見てもらったら、「下手に切らないで引っ張り倒したほうが良かろう」との判断。
それでこんな風にしてみました。
ロープで1212
お借りしてきたチェーンブロックを近くの木にチェーンで固定(養生のために板をあてがってます)。チェーンは念の為2重に。チェーンブロックのチェーンだけでは長さが足りないんで、かかり木になってる木に2重にロープを巻いてチェーンブロックと接続。これで引っ張り倒してみることに。

しかしながら失敗!
ロープ切断1212
かかり木に巻いてたロープがプッチン!

ロープじゃ無理そうなんで、2重に巻いてたチェーンを1重にして、チェーンブロックのチェーンを直接かかり木に巻き付けて再チャレンジ。
チェーンで1212

チェーンを撒きとること約10分。ズルズル、パタンと引き倒すことに成功。
成功1212
倒した木の左側に引きずったあとが約2m。

それにしても家の方まで落ちてこなくって良かったよ~。
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第2回玉切り | メイン | ハスラーも冬タイヤ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/453-d839ae4d
| メイン |