fc2ブログ
室外機の屋根作り
- 2016/05/15(Sun) -
今回はこいつの屋根を製作。
室外機0515
エコキュートの室外機でっす。何で屋根が必要かって言うと、大雪で室外機に氷がへばりついちゃうから(その時のブログはこちら)。

まずはあり物材料からの切出し。
材料10515
奥の2本と中ほどの3本は薪棚を作った残りの2×4材
手前の1本は杉の端材。
一番手前にあるのはクリのバタ材の残り。

こいつらをコーススレッドで組み上げたのがこちら↓
組立0515
これが屋根の骨組み。真ん中の3本の2×4材は1cmほど浮かして組んでまっす。

これだと室外機の幅なんで、左右10cmずつ出っ張るように杉材を切出し。
屋根幅拡張棒0515
こいつを骨組みの上に釘で固定。

さて次は屋根材。実はコイツが結構問題。お手軽なのは波板なんだけど、この室外機、上から”つらら”が落ちてくる位置にある。だから波板だと強度的に不安。大雪が積もった、氷点下10℃の中の修理なんてしたくないもんね。
次に考えたのが板材。たとえば塗装合板なんかにしようかと思ったんだけど、色目がねぇ~。

そしてある日のこと、ホームセンターをブラブラしてたら良いのがありました。
屋根材0515
幅を調節するため1山半カットしたとこ(左側)。
実はこれ、田んぼの畦に使うもの。詳しい使い方はドラ左エ門は判らないけど、畦が崩れたり、水が漏らないようにするための物なんだと推察。
こいつなら黒なんで、母屋の屋根の色とも同じだし違和感ないもんね!

この屋根材を骨組みにコーススレッドで固定。
屋根取付0515
波板なら傘釘があるけど、こいつにはそんな便利なものはないからしょうがない。

下から見たらこんなです。
屋根下から0515

室外機への取り付けは、こんなにしました。
室外機の隅にスポンジゴムを置いて
スポンジゴム0515

上から屋根を置いただけ。
屋根据付0515
屋根っていうより、帽子感覚。実は壁の向こうがトイレになってる。だからどこかに排水管が埋まってるはずなんだけど場所が判らない。それで地上から立ち上げるのを断念して、帽子方式にした次第。

でもさすがにこれだけじゃ風で飛ばされちゃう。なんせ川内の冬は強烈な風が吹きまくる。
そして、またまた良い物を発見。今度は100均で。
屋根固定0515
帽子にはあご紐をつけとかないとね! 実は梱包用のベルトだそうです。
ダンボール箱なんかテープで止めるとだんだん紙が破れてくるけど、ベルトなら何回も開閉できるもんね。さすが100均、面白い物があるねー。

最後にコーススレッドの周囲をコーキング。
コーキング0515
別に水が漏ってもなんてことは無いんだけど、なんとなくこだわってみました。(少しは長持ちするかもね)

これで今度の冬はバッチリ!
(まだ夏が来てないけど)
 
スポンサーサイト



この記事のURL | DIY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クローバーNOW | メイン | カミキリムシだらけ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/511-6cad287d
| メイン |