FC2ブログ
花巻・江刺
- 2017/09/03(Sun) -
昨日の続きでっす。

この日お世話になったのは花巻温泉の”湯の杜 ホテル志戸平(しどだいら)”さん。じゃらんnetのお風呂の写真を見て決定。遠野に泊まることも検討したけど、遠野には温泉が無いみたいなんで、有名温泉地の花巻温泉になった次第。
お風呂は男女入れ替え制で、到着した日の露天風呂はこちら↓
日高見の湯露天0903
(志戸平さんHPより拝借)
この露天実は3階にあって天井は4階の床。つまり一般的に言う半露天。ドラ左エ門的にはちょっとガッカリ。
でも露天以外に檜風呂(一部だったけど)、陶器風呂、普通の大浴場、サウナ、源泉風呂、なんていうのが勢揃い。いろんなお風呂を楽しみたい方には良いかもね。

翌朝入れ替えになったのはこんな露天↓
天河の湯露天0903
(志戸平さんHPより拝借)
そうそう、これがじゃらんnetで見たお風呂。こういう風に頭の上に何もない露天が大好きなドラ左エ門でした。
写真右上に柵があるでしょ。実はその奥にもう一つ露天がありました。
千人風呂露天0903
(志戸平さんHPより拝借)
構造から考えて昔の露天風呂みたい。こっちのお風呂は川の曲がり角にあるんで風情があり、ドラ左エ門的にはNo.1
朝のお風呂にも大浴場が2個、ぬる湯、サウナが配置。

ちなみにこちらのホテルにはプールあり、からくり人形あり、歌謡ショーあり、ドラ左エ門は見てないけどペットハウスもあるみたいで、もり沢山。こんな元気な温泉旅館は久しぶり。

さて花巻と言えば宮沢賢治。だけどそこはドラ左エ門なんで宮沢賢治さんゴメンナサイ、江刺に直行。
江刺にはこんなテーマパークがあったんでっす。
えさし藤原の里入り口0903
”えさし藤原の郷”でっす。
奥州藤原氏の偉業を顕彰しながら、古代から中世にかけての東北の歴史文化を体感できるテーマパークです(えさし藤原の郷HPより)。
百聞は一見に如かず。マップを見てください。
えさし藤原の里マップ0903

順路に沿ってご紹介しますが、全部はムリなんでショートカットで。
入り口を入ると牛車。
牛車(撮影用)0903
これは記念撮影用だそうで、別に展示してあるものも。

政庁南側でっす(順路番号②)。
政庁南側0903
平安時代後期のものだそう。

清衡館(順路番号④)。
清衡館(豊田館)0903
藤原清衡といえば奥州藤原氏4代の基礎を築いた方。中尊寺金色堂を造営したことでも知られてるよね。平泉の前はこの江刺に住んでたんだって。

伊治城(順路番号⑤)。
伊治城0903
岩手県と宮城県の境に近いところにあったんだって。奈良時代の767年に、蝦夷に対抗し朝廷の勢力伸長のために造られた。
多賀城は有名だけど、多賀城が政治的側面が強かったのに対し、伊治城は軍事的最前戦。

こちらは金色堂(順路番号⑥)。
金色堂0903
ドラ左エ門も平泉で見てきたけど、実物とはずいぶんイメージが違うよね。こっちは覆堂がないからね。

伽羅御所(順路番号⑦)。
伽羅御所0903
御所っていうと京都のイメージがあるけど、こちらも平泉にあった藤原氏の居館。
御所の奥には平等院鳳凰堂を手本として建てられた無量光院のミニチュア↓
鳳凰堂0903

ロケ資料館(順路番号⑨)。
ロケ資料館0903
実はこのえさし藤原の郷は映画やTVなんかのロケにしょっちゅう使われてるんだって。
これをみてくださいな。
大河ポスター0903
左から真田丸、軍師官兵衛、平清盛。
例えば政庁の門は直虎で今川館の門として使われてる。真田丸では城柵なんかも使われた。どっちも見た記憶があるドラ左エ門でっす。
ロケ中も見学はできるみたいなんで、もしかしたら大スターに遭遇なんてこともあるかもね。

以上で今回は終了します。
まだまだ見てない日本が沢山あるね~。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<土留め丸太 | メイン | 遠野>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/665-93c64d5d
| メイン |