防振手袋
- 2018/03/24(Sat) -
チェーンソーの使用時には欠かせない防振手袋。4年間使ったんでだいぶ、くたびれちゃってます。
4年使った手袋0324

指先には穴。
穴あき0324

これじゃ防振性能落ちちゃってるよね。ならば新調すっか!
と、インターネットで物色してたら、1000円もしないものから1万円近いものまであるじゃん。
何が違うんだろうってジックリと比較してたらISOが”なんちゃらかんちゃら…”って書いてある物を発見。
で、調べてみました。

---以下、”独立行政法人 労働安全衛生総合研究所”さんのHPより編集しました---
・防振手袋の性能を調べる方法と防振手袋が満たすべき性能要件を定めた工業規格 JIS T8114(2007)がある。
・この規格は、国際規格ISO 10819 (1996)(2013年に廃版)と整合性をとるかたちで制定された。
・現在の国際規格はISO 10819(2013)。この規格はISO 10819 (1996)の測定・評価方法を改訂したもの。
・JIS T8114 (2007)を満足する防振手袋であっても、改訂版ISO 10819 (2013)を満足しない可能性がある。

つまりISO 10819 (2013)を満足する商品が最新の防振性能評価を得ているっていうこと。

どうせ買うならISO 10819 (2013)基準に則った物をと、手配したのがこちら↓
NEW手袋0324
品名”アンセル・ヘルスケア・ジャパン アンセル7-112-9 [防振手袋 ビブラガードフルフィンガー L]”
これがISO規格を満足する中で一番お安い手袋でした(それでも約5000円)。

内側は全面パッドになってます。
全面パッド0324
前の手袋は振動工具に直接触れるところだけにパッドが入ってた。
さすがISO規格、”やっぱり性能が違うんだろうな”と思ったドラ左エ門。

手を入れたとたんに、”やっちまった”事に気づきました。
曲がらん0324
指が曲がらん!
(正確に言うと、力を入れないと指が曲がらない)

防振性能をとるか、使い勝手をとるか?
それが問題だ!
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ストーブライフ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<キャリー納車 | メイン | 万作の花が咲いてます>>
コメント
-新しいタイプの筋トレ手袋ですね-
作業しながらトレーニングできますね。
2018/03/24 21:50  | URL | まいのすけ #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: 新しいタイプの筋トレ手袋ですね-
なるほど。
そう考えれば…
2018/03/25 06:46  | URL | ドラ左エ門 #-[ 編集] |  ▲ top

--
見た目握った時滑りそうだけど、価格からすると革製かな。。
使い勝手教えて下さい。
2018/03/25 21:14  | URL | makiba kotarou #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
皮じゃないみたいです。商品説明ではニトリルゴムってなってますね。
【材質】
●掌部・手甲部:ニトリルゴム
●防振材:ジェルフォーム

ちなみにニトリルゴムも調べてみました。
耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に比較的優れるが、耐オゾン性や耐寒性が他のゴムより劣る。Oリングやガスケット等のシール材、また手袋の材料として良く用いられる。
2018/03/26 05:49  | URL | ドラ左エ門 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/730-b4ce4dc8
| メイン |