玉切り?~その4
- 2018/05/12(Sat) -
頂いた原木、ようやっと玉切りにこぎつけました。
今回は細いのが多いんで、まずは”極細”から。
極細0512

こいつを切るのにチェーンソーもないんで、道具はコレ↓
道具0512
燃料補給の必要もないし、使用後の油汚れもないから、これのほうがラクチン。難点は片手で操作が必要だから右手首に負担がかかること。

切断終了の図。
極細切断終了0512

さて、問題は保管。
薪棚のスペースは限られてるし、こんな細いのを積んどくのは効率悪いし、軽いから風で崩れちゃう可能性も…
結果、こうなりました。
結束して
極細結束0512

倉庫の一番上の段に保管。
極細保管10512

置ききれないんでこっちにも。
極細保管20512

残った原木がこんだけ。
残りの原木0512

まだ結構細いのがあるんで、今度は”細”を処理、”細”ならば丸鋸でイケるもんね。
(ちと長いんで)
”細”の中から直径5cm前後の物をピックアップして、20cmほどにカット。
まくら0512

こちらで保管。
まくら保管0512
これ何に使うかって言うと、着火時に薪の片方を持ち上げて、空気の流れを円滑にすることで着火性をUPするのに使います。
なので我が家での呼び名は”まくら”でっす。

まだまだ細いのがあるんで選別。
細0512

数時間後かかって切断終了。
細切断終了0512

パレットが空いてたんで、パレットにも保管。残りは薪棚に。
細保管0512

しかし、これも玉切りって言うんでしょうかね?
ちょっと違いますよね。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ストーブライフ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<新兵器 | メイン | 芝張り>>
コメント
--
仕事がキレイですね。
関心しますいつも。
2018/05/15 14:00  | URL | makiba kotarou #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
お褒めに預かって恐縮です。
でもドラ左エ門的には、仕事がキレイっていうよりはストーブに入るサイズに切って効率的に保管するために…
っていう感じです。
(そんなに几帳面な性格じゃありませんので)
2018/05/15 19:12  | URL | ドラ左エ門 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/747-6b43a2df
| メイン |