fc2ブログ
山形に行ってきました~その3
- 2019/08/31(Sat) -
前回の続きです。

気持ちを整理してよーく考えると、ナビには電話番号を入れて検索。その電話番号は事前にメモしておいたもの。ということは電話番号を書き間違えた、っていうことですよね。やっちまいました!

そうは言っても、やっちゃったものはしょうがない。リカバリーあるのみ。
まずは次に予約を入れておいたところ、出発時間に間に合わないので1時間遅れに予約変更。次いでお宿の到着時間も遅くなりそうなんで連絡をいれて、さぁ出発。

本来は30kmで済むところを70km走って到着したのが芭蕉ライン。最上川の舟下りです。この舟下りも期待していたスポット。
ここでやっと時間に余裕ができたのでお昼をいただいてから、出発。
ドラ左エ門は一番最初に並んでたんで、席は船の一番後方になっちゃいました。一番前に乗りたい方は最後に並びましょう。
船内0831

初めはゆるりとした流れに沿ってのーんびり。
辺りには民家、そしてシラサギなどの野鳥。

今回乗った舟の船頭さん、なかなかガイド上手の面白船頭さんでした。例えばこんな感じ。
-----------
乗っていた子供が「あ、シラサギだ!」というと、「あれはシラサギじゃない。白鳥だぞ。」 どう落とすのかと思っていたら「この辺じゃ白い鳥はぜーんぶハクチョウっていうだ。」

全行程50分のところ、「こないだは40分でいっちまった。女の人が一人もいない酔っ払いの団体だったからな。」

「ココからアトラクションだ(早瀬)。(若い)お姉さん、キャーキャー言うんだぞ。」 お姉さんが乗ってこないと、エンジン全開走行。

「こないだのお姉さん方、乗った時と降りたときとと顔が違うだ。早瀬で塗ってたものが落ちたんだな。」
----------

やがて人家もなくなり、辺りは自然の山と川。
カワウ0831

途中、前に出発した舟が回航中。
回送船0831
ドラ左エ門もこんな舟に乗ってます。

途中には滝も。
滝0831

3つほど瀬があるんですが、こんな感じ。
早瀬0831

そして到着するころには雨が、
雨0831

船着場につくころにも結構激しい雨。そして船着場には綱をもやう人がいるはずなのに、何故かいない。どうするのかと思いきや
雨の船内0831
船頭が中央にあるテーブルの上を走って行き、綱をもやいました。

宿に付いたのが6時ちょっと前。夕食が6時半からなんで慌てて入浴。こんなところでしわ寄せが来ちゃいました。
宿の窓からの夜景です。
宿の窓から0831
ここは銀山温泉。山形県温泉ランキングでは常にトップ争いをしている有名温泉地。周りには、なーんにも名所が無いけど、この温泉街だけで人気を博しているところ。

川まで降りてみるとこんな街並みです。
温泉街0831

お世話になったのは、昭和館さん。
昭和館0831
川沿いは木造3階建てですが、中はリフォーム済できれいでした。奥は6階建ての鉄筋コンクリート作りですが、内装は木をふんだんに使った純和風でしたよ。

最終日は天童に立ち寄って将棋資料館へ。
将棋資料館0831
実は昔、TV時代劇、水戸黄門で黄門様が天童の将棋職人を助けるっていうお話が、妙に印象に残っていたのでここに立ち寄ったんだけど、資料館の展示によると将棋作りは江戸末期の武家の内職として始まったということ。つまり黄門様のお話はフィクションっていうことですね。

次いで高畠ワイナリー。
高畠ワイナリー0831

全体はこんな感じ。
模型0831

こちらはガラス越しに見学できます。
醸造施設と冷却タンクです。
醸造施設0831

貯蔵庫です。
貯蔵庫0831
川内村にもワイナリーを作る、っていう話があるけど、どんなワイナリーができるんでしょうか?

最後に立ち寄ったのが上杉博物館。
上杉博物館0831
こちらは規模は大きくありませんが、米沢藩上杉家ゆかりの品々や文化が紹介展示されているところ。

以上で今回の山形旅行は終了。
全行程、約700kmのドライブでした。
さて来年はどうしようかしら!
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<免許証の更新に行ってきました | メイン | 山形に行ってきました~その2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kawauchikougen.blog.fc2.com/tb.php/899-0ecbe4d5
| メイン |