FC2ブログ
草刈り初日
- 2019/06/01(Sat) -
草刈りのシーズンになっちゃいましたね。
あっちでも、こっちでも田んぼの畦や土手の草刈りが始まってます。

ドラ左エ門の所もそろそろ始めないとダメ。
庭の土手は牧草がヒョロヒョロのびて、毛が抜けたブラシみたい。
土手_前0601

車庫の横は牧草のほかに本当の雑草。
車庫横_前0601

進入路も花盛り。
進入路_前0601

これじや汚いし、進入路の所は玉切りもできない。やっぱり薪割りは冬にやんないとダメなのね、と改めて実感。
そんなことも言ってられないんで草刈りにとっかかりました。

アフターです↓
土手_後0601

車庫横_後0601

進入路_後0601

これから数か月は伸びる草との闘い。
結構疲れます。

でも農家の方は何倍も何十倍もの面積を刈ってるんだよね~。
ご苦労様です。
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マルゲンのラーメン
- 2019/05/26(Sun) -
久しぶりに新しいラーメンスポットを発見しました。
このお店です。
のれん0526
場所は県道113号沿い、磐城常葉駅の向かい側に、この暖簾がかかったお店があります。

実はこのルート、食事スポットが少ない所。
あぶくま洞近くの神俣や菅谷付近には何件かラーメン店や食堂があるけど、そこから船引方面に向かうと食堂空白スポットだと思ってました。しかしそれは間違い。磐城常葉に食堂があったんですね。

暖簾をくぐって店内に入ると、テーブルが2つ、小座敷が2つ、計8席ほどの小さなお店。(2階があるかもしれません)
「やってますかー」とドラ左エ門。
女将らしき女性が「はーい」。

メニューは、かつ丼等の丼物、とんかつ定食、ラーメン等の麺類、そしてこんなお店(店主様へ、すみません)には場違いな刺身定食、など。
失礼ながらあまり繁盛してるとは見えないお店、刺身定食なんかメニューにいれて大丈夫なんだろうかとの疑念が…
家に帰ってからGoogleのストリートビューを確認してみて答えが判りました。隣のお店がマルゲン商店。そして”うなぎあります”のPOPが貼ってありました。
つまり、お隣は魚屋さんで、しかも経営が同じ、もしくは系列っていうことなんでしょうね。

そしてメニュー表にはすべての商品に値段が書いてありません。”すべて時価”のお店???
なーんてことは無いようで、お値段を聞いてみたらラーメンが550円。
ドラ左エ門は初見のお店ではラーメンを頼む、という鉄則通りラーメンを注文。
そして出てきたのがコチラ↓
ラーメン0526

おお! ナルト、ゆで卵、のり、メンマ、ホウレン草、チャーシューと一般的な具が全て乗ってる! これで550円は安い。
今時ちょっとこだわったお店だと800円はするラーメン。全部乗せで550円とは…
お味はトラディショナルな食堂のラーメンでした。

ところでお店の名前が判らない。
見たのは1枚目の写真の暖簾と、店外にある看板。看板も暖簾と同じ”〇と源”。
これじゃ皆さんに報告できないなぁ、と思ったら有りましたよ。店名。
マルゲン0526
これで判明しました。

また寄らせてもらいます!
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハウス準備
- 2019/05/25(Sat) -
去年の秋、ビニールを外して冬を越したハウス。遅ればせながらのビニール取付けです。

ハウスの中になる部分は先日耕しておいたんで見た目はキレイ。
でも外側は笹が茂っちゃって、これじゃビニールが張れましぇん。
ハウス内外0525

ビニールを張る前に草刈りをして、なんとかココまで。
お手入れ後0525

ビニールを張って、準備完了。
完成0525
一応、1週間前に除草剤を撒いておいたんだけど、それぐらいじゃまた笹が茂っちゃうよね。

防獣ネットのほうも笹が絡んじゃったんで去年の秋に一部だけ除去。
そこも笹が茂ってるんで、草刈りをしてネット張り。
防獣ネット0525
今年の秋には除草剤で笹退治をしないとダメだよね~。

でないと、こんな風になっちゃう。
笹ジャングル0525
本当はココも去年お手入れする予定だったんだけど、間に合わなかったんですよね。
今年の秋には絶対やるぞ!
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
永井のくわ
- 2019/05/19(Sun) -
今まで使っていたクワです。
旧クワ0519

先日購入した新しいクワです。
新クワ0519

実は結構な違いがあるんです。
2本並べたらハッキリ。
違い0519
柄の長さが長いんです。
普通のクワは96cm位の柄を使ってるけど、新しい方は120cmあるんです。

ドラ左エ門の場合、普通のクワで畑仕事をしていると、腰を曲げないと土がすくえない。ちっちゃな畑だけど腰がパンパンになっちゃう。そこで思いました。
「もっと柄が長ければ楽になるんじゃ?」
ホームセンターや農機具屋さんを見に行ったけど売ってません。でも教えてもらったクワ屋さんのHPにあったんです。
しかも売っているのが神俣駅(磐越東線)のそば、ドラ左エ門宅からは約40分の所にある”永井のくわ”さん。
早速行って買ってきました。
本格使用はこれからなんで使用感は今後機会をみて、ということで。

ところで”永井のくわ”さんは製造直売。工場の隣に小さなお店があってクワや鉈などを売ってます。
ただし鉈などは他の業者さんの制作だそうです。

ドラ左エ門にとっての収穫は農機具の修理もやってくれることが分かったこと。
斧1号の柄が折れちゃった時は樫の柄どころか樫の角材すら入手できなくって大変でした。聞いてみたら永井のくわさんで扱っているし、とうぜん頭にはめてくれるそうです。
さらに、クワはもちろん、鎌や斧の刃研ぎなどもOK。
今度困った時は永井のくわさんに持ち込み修理ですね。

永井のくわさんの情報をくださった”makiba kotarou”さん、有難うございました。
 
この記事のURL | 菜園生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ハンノキ
- 2019/05/18(Sat) -
通販で注文した商品が到着。
お届け物0518

こんな形で届くんですね。
苗木って。
ハンノキ0518
ハンノキの8本セットです。

何に使うかというと、先日切った桧の跡に植えるもの。
枯れちゃった、もしくは枯れそうな木だけを切ったので、水につかりやすい1か所に集中してる。その結果、道路から見るとそこだけ木が無い状態で家が丸見え。
さらに冬になったら川内の強風がそこから吹き付けてくるのは明白。
やっぱり代わりの木を植えないと…

ドラ左エ門のニーズはこんな木。
 水に強い(同じ桧を植えてもまた枯れちゃう可能性大)
 10m以上の樹高(目隠し・風よけにするので)
 成長が早い(できるだけ早く目隠し・風よけになってほしい)
 寒さに強い(マイナス10℃の川内でもOKな木)
 痩せた土地でもOK(植える場所は砂が多い)
地元の方になんの木がいいのか相談してみたんだけど妙案は無いみたい。
結果、ネットで調べてハンノキになりました。

ネットで調べたハンノキの特徴です。
 湿地帯に群生することもある
 樹高15m程度
 成長は早い
 北海道から九州まで生息
 貧栄養でも成長する
どうも今の所うってつけ。

切り株のそばに苗木を置いて位置決め。
位置決定0518

植えようと、ちょっと掘ったら水が出てきました。
水0518
これじゃ山の木は育たないよね。

ポットから移植。
植付け0518
こんな調子で8本の移植完了。

見える範囲を撮ってみました。
植付け20518

でも、これだけじゃ川内の強風で絶対に倒れちゃう。
やっぱり支柱で支えなきゃね。
杭打ち0518
今回の支柱は木杭。
園芸用の支柱の方が価格も安いし便利なんだけど、ズボラなドラ左エ門。絶対にほったらかしにする。園芸用の支柱はビニールで被覆してあるんで、長期間放置すると被覆してあるビニール(?)が劣化してマイクロプラスチック化する可能性が…
ここの下流には田んぼもあれば、イワナが住む川もあるんでそんなものは流したくない。ということで木杭にしました。

そして、もう一工夫。
麻ひも0518
苗木をしばっちゃうと成長して太くなったときにヒモに阻害されちゃうんで、”ゆるゆる”の輪っかで止めました。輪っかの素材は麻ヒモ。これなら自然に帰るでしょう。
”ゆるゆる”にしたんで風で杭にあたって傷んじゃうことも考えて、ボロ布で養生もしておきました。

こんだけ手間かけたんだから早く成長してね(15mになった姿を見てみたい)。
最も、この後は何も手入れしないと思うけど…
 
この記事のURL | 川内の暮らし | CM(4) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ